« 自民党が国民審査制度を廃止しようとしている | トップページ | あけましておめでとうございます(遅ればせながら) »

2004年11月24日 (水)

ロースクール院生「詐欺だ!」

 今週号(12/5)の「Yomiuri Weekly」の記事(pp.26-27)によります。

 法科大学院卒業生の司法試験合格率を「7-8割」にして、「法曹人口の大幅な増加」を図るはずが、結局は「2-3割」程度の合格率に抑えられかねないことについて、学生たちから「ペテンだ」「話が違う」という声が出て、複数の私立大学の各院生が、合格者増加を求める署名運動を始めたのだそうです。

 しかし、語学力や交渉能力など、多様な能力を持って各方面から集結した優秀な皆さんのことですから、当然そのようなことは先刻承知・覚悟の上で法科大学院に通っておられるものとばかり思っていました。現行司法試験を7回受けて、結局弁護士を諦めた私に言わせてもらえば、「なんで、そんな単純な詐欺にだまされる連中が、法律のプロを目指すのか。この世界をナメとんのか」と思ってしまうんですね。ハッキリ申し上げて、甘ちゃんです。

 現在2%台の合格率で推移しているものが、70とか80%になると信じ込める思考回路が信じられませんし、「最終合格者を3000人に」というのも、2010年までの目標です。目標なんですから、遵守する法的義務なんて無いでしょう。しかも、皆さんが1回目の「ネオ司法試験」を受ける2006-7年には、3000人に遠く及ばない合格枠を、現行の「レトロ司法試験」と二分しなければならないわけです。どんなに多く見積もっても、ネオ司法試験の合格人数は千人台の前半に落ち着くことが容易に予想できるはずです。そして先日、ネオ司法試験の第1回最終合格人数は、結局「800人前後」と発表されてしまったわけですが。
 まぁ、文部科学省が、露骨に予備校と連携しようとしたり、明らかに講師人数が足りなかったりした設置志望大学院を除いて、全国で68校(約6000人分)もの法科大学院が昨年の今ごろ認可された段階で、ちょこっと頭の中で暗算して、「こりゃ70%は無理だ」と即座に気づかなければなりません。さらに暗算して、初回のネオ司法試験に落ちたロー卒生が次年度に受け直すことを思えば、初回の合格率水準がピークだということも読み取るべきです。署名運動も結構ですが、やるんだったら、この時点でやらなければなりませんでした。

 でもねぇ、法務省や司法試験委員会と文科省のすれ違い。よくある縦割り行政ですよ。

 合格枠800名の試験の合格率を80%にするには、受験者は1000人に規制しなければなりません。現在全国に約6000人いらっしゃる法科大学院生のうち、再来年に受験する既習者は1000名まで。それ以外は退学するか未習者枠に編入するかしてもらわなければなりません。もちろん、激しい競争が2007年度へ先延ばしになるだけですが。

 司法改革審議会は、ありもしない「法曹になるべき人材の多様性」「新規参入の開放性」をアピールする象徴として、「合格率7割」という客寄せパンダで皆さん方を釣っただけです。ちょっとキレイごとを言ってみたかっただけで、悪気はなかったんです。許してやってくださいよ。でも、まさか本気で信用した人たちが、こんなに釣れるとはさすがに思わなかったでしょう。おじいちゃん達もビックリしたんじゃないですか。
 しかも、仮に「合格率7割」の枠が実現したとして、その中に、皆さんが入れる保障なんて無いんですよ。皆さん方は、かつて受験競争の勝ち組だったんでしょうけど、司法試験受験生というのは、皆さん方が昔誇っていた偏差値レベルなんて、当然の前提です。その中で争うんですから、大学受験とは母集団が異質なんですよ。そのへんの覚悟がどれだけリアルにできているのか。

 署名運動でお上が動くと信じているのなら、しかも、一度決まった政策が署名運動で覆ると真剣に思いこめるのなら、なにもわざわざ法律屋になる必要なんてないでしょうにね。とにかく、生まれ変わる司法試験に向けて、精一杯頑張ってください。理想を追いながらも、現実は直視し続けてください。硬直しきっている司法に新鮮な風を吹き込んで、思いっきり引っかき回してください。応援しています。

 


Click Here!

|

« 自民党が国民審査制度を廃止しようとしている | トップページ | あけましておめでとうございます(遅ればせながら) »

法科大学院 ふしぎ発見!」カテゴリの記事

コメント

いや、たぶん院生誰も8割を信じてないと思いますよ。
そもそも、8割は無理って言い始めたのが
法科大学院受験生なんですから。
マスコミは、誇張に表現して煽ってますが
院生や大学院自体は気にもとめていません。

ただ、「いい加減にしろ」と言ってるだけです。
あまりにもバカにしてるので。
定員の定め方がおかしいし。
そもそも、定員定めてるのがおかしいし。

署名運動は、先日司法修習の給与制について成功したので
それに続いて行ったのでしょう。

投稿: みやっち | 2004年11月26日 (金) 19:22

 いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
院生の認識が、みやっちさんのおっしゃる通りなら、かなり
救いがある感じはしますね。貸与になるかと騒がれていた
修習の給与制も、とりあえず維持される方向性は決まった
そうですが、それは署名運動の成果だったんですね。

 でも、司法修習の給与を今まで通り、修習生を「準公務員」の
立場とみなして国費の中からまかなうのなら、それこそ、司法
試験合格者の「定員」も維持されなければならないんではない
でしょうか。研修所もまだ和光に1カ所しかないわけだし、
物理的キャパシティの問題としても。
 片方はいいけど、もう片方は…と言っているようでは、やっぱり
ワガママだと思われても仕方がない気もします。

投稿: みそしる | 2004年12月11日 (土) 11:20

まあ司法試験諦めた者の僻み全開の文章ですね

投稿: 名無しさん | 2008年4月28日 (月) 17:46

>名無しさま

こんにちは。

私もそう思います。 気が合いますね。

「文章」と呼んでいただくことすら褒めすぎで、恐縮です。

投稿: みそしる | 2008年4月29日 (火) 11:05

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/2050854

この記事へのトラックバック一覧です: ロースクール院生「詐欺だ!」:

» では! [パクス・ツナシマーナ]
報告します。 現地時間の11月22日月曜に、例のミッションは開始された。 父親に [続きを読む]

受信: 2004年12月 5日 (日) 21:26

« 自民党が国民審査制度を廃止しようとしている | トップページ | あけましておめでとうございます(遅ればせながら) »