« 薬害エイズ報道をめぐる櫻井よしこさん名誉毀損民事(4/14最高裁第一小法廷) | トップページ | 「裁判員制度」キャッチフレーズ募集 »

2005年4月29日 (金)

4月のオススメ本

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉

おすすめ平均
さおだけ屋は商売になる
入門書の入門書としては良書だと思う。
お薦めしない
入門書として。
痛快で愉快、納得でお得なベストセラー。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 会計という分野の面白さを感じるというより、『読ませ方』の巧さが際だっている本だと思います。章の最初に「ミステリー」を持ってきて、「謎解き」をしながら、経済の仕組みを説明していく。
 この手法は、法律本でも十分に使えそうですよね。私に書けるかどうかは別として。


憲法の常識常識の憲法
百地 章

おすすめ平均
憲法が分かる1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今は無きサイト「司法試験に呑まれるな!」に、「人権にモノ申す!」という長文を公開したことがありました。当時は「人が人であるゆえに当然に……」なる、あの決まり文句から漂うスカスカした違和感を、受験生時代の私なりに、なんとかして拭い去りたかったんです。今では、あんな論理的に破綻しきっている文章を大々的に書いて、心底恥ずかしいという気持ちしか残ってませんが。

 いわゆる「人権論」の虚しさは、権力の行きすぎを防ぐためのシステムや法技術を、「人間性」という定義不明の抽象論から導こうとしている点にあると思います。別に抽象論が問題なのではありません。歴史の積み重ねでできている現代社会を、そこから人工的に切り離された実体の見えない概念で動かそうとする姿勢を問題にしているんです。

 もちろん、王が民を支配し搾取し……という時代は、そういった抽象的スローガンを連呼することにも、それなりの意味があったのかもしれませんけどね。
 憲法とは、国民と公権力の関係を規律する法であり、その関係にトラブルが生じた場合に、裁判所が裁定するための基準です。にもかかわらず、『個人の尊重』という重みづけばかりを強調して、国民という一方当事者ばかりに肩入れしては、そんな人権スローガンそのものが『法の下の平等』に反するといわれても仕方がないでしょう。
 公的機関は、国民の基本的人権という目的を達成するための手段なんでしょうか。私はそんな主張を聞くたびに、「人権も手段じゃないのか」とツッコミを入れたくなります。

 行政訴訟で、公権力側ばっかりが勝つのは、『個人の尊重』が浸透していないというよりも、裁判所の『事なかれ主義』体質のせい。つまり、憲法以前の問題だと私は考えています。


憲法とはなにか
櫻井 よしこ

おすすめ平均
わかりやすい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 当の安部英氏は、先日お亡くなりになりましたが、法律上、損害賠償請求権は相続の対象ですので、故人のご遺族に引き継がれて、名誉毀損裁判はまだ続くはずです。

 それで、“櫻井よしこさん逆転勝訴祈願”……というわけでもないのですが、発売当時、某司法試験塾の塾長が内容を批判なさって話題となった、この本をご紹介。国民の権利と同列に、義務も憲法上に列挙すべきという意見には、私も「うーん」と考え込んでしまいます。そういう義務は、法律でさんざん規定してあるから、それでいいんじゃないの?というのが私の「憲法感覚」です。
 とはいえ、難しいはずのことを歯切れよく、明快に書きつづってある、お勧めの憲法本です。

|

« 薬害エイズ報道をめぐる櫻井よしこさん名誉毀損民事(4/14最高裁第一小法廷) | トップページ | 「裁判員制度」キャッチフレーズ募集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月のオススメ本:

« 薬害エイズ報道をめぐる櫻井よしこさん名誉毀損民事(4/14最高裁第一小法廷) | トップページ | 「裁判員制度」キャッチフレーズ募集 »