« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日 (木)

残念!? 村民総会設置案が否決

>>> 王滝村会が村民総会と定数削減案を否決

 王滝村議会は6月定例会最終日の29日、議会に代えて「村民総会」を設置する条例案と、議員定数を10から6に削減する条例案を、総務文教委員長の報告通り否決した。議員定数削減を提案していた小谷洋子議員は議会終了後、抗議の意志を示す辞職願を提出した。(長野日報)

【参考過去ログ】
 現代の直接民主制「村民総会」(6/29)

 あぁ……、惜しいな。それにしても、村民総会どころか、定数削減という現実的な案まで通らないとは、なかなか強硬ですね。小谷議員は「それなら7への削減はどうだ」と、なおも食い下がったようですが、「急に出てきた案件なので議長預かりとしたい」と言われてしまい、けんもほろろだったそうです。

 一方で、総会設置条例案を提出した無所属2人のうち、三浦清吉議員は「官と民を近づける一つの方法で、議員の歳費など歳出削減にもつながる」「小村の生き残り策として、議会をなくす方法もあることを示したかった」と、作戦の意図を説明しています。

 村民総会が実現するなら、ぜひ王滝村まで行って取材したかったんですけどね。いや、実現しなくても「長野の山奥で、直接民主制の芽生え?」とでも題して、雑誌社に売り込めば、私の説得力次第では企画を通せるかもしれません。そうなれば、王滝村までの往復交通費は編集部持ちですしね。

 ただ、唯一の問題は、読者の求める記事になりうるという、その「説得力」をいかに演出するかなんですが……。そりゃ、唯一にして最大の問題です。ただ、自腹で長野まで行きよったら、また借金増えますので、どうにかこうにか企画を通すしかありません。頑張って悩んでみます。
 
 

地方分権ひとつの形―スイス:発言し、行動する直接民主制
4172609104国枝 昌樹

おすすめ平均
starsお奨め!スイス地方自治案内

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月29日 (水)

現代の直接民主制「村民総会」

>>> 議会廃止し村民総会に 王滝村(長野県)で異例の議員提案

 木曽郡王滝村議会の6月定例会は23日開会し、議員定数を現在の10から6に削減する条例改正案と、村議会を廃止し代わりに「村民総会」を設置する条例案が、いずれも議員提案された。総会設置条例案は、町村議会を置かずに、有権者の「総会」を設けることができるとした地方自治法の規定に基づくが、提案されるのは異例。王滝村は近隣町村と合併できず、村営スキー場関連の多額債務を抱えて財政再建団体への転落も予想される状況。定数を削減せず、チェック機能も果たしていない、として、住民グループが村議会解散を請求している。(信濃毎日新聞)6/24

◆ 地方自治法 第76条(リコール)
 選挙権を有する者は、政令の定めるところにより、その総数の3分の1(※中略)以上の者の連署をもつて、その代表者から、普通地方公共団体の選挙管理委員会に対し、当該普通地方公共団体の議会の解散の請求をすることができる。

◆地方自治法 第94条(町村総会)
 町村は、条例で、第89条の規定(※普通地方公共団体の議会設置)にかかわらず、議会を置かず、選挙権を有する者の総会を設けることができる。

 いわゆる「平成の大合併」によって、地方自治体は中規模のものばかりになり、過疎地域の財政難は解消されると思われていました。しかし、このように「大合併」の流れに取り残されてしまった小さな村もあるわけです。

 長野県王滝村は、2000年の国勢調査によると1,205人。その中に10人いる村議会議員を6人に削減しようと2議員(共産1無所属1)が提案し、また、村議会そのものをつぶして、住民みんなでつくる「村民総会」を置こうという案が別の2議員(いずれも無所属)から提起されています。このまま読むと、既得権を失うことを恐れない議員さんの英断のようにも思えます。おそらく、その通りなのでしょう。

 「条例案は、村民総会は18歳以上の全村民を構成員とし、定例会を年1回開催、半数以上を定足数とし、報酬は支給しない」……これが、画期的な王滝村の総会設置案です。

 だいたい、選挙にも議会の維持にも、とにかく金がかかるんです。そして、人口が少なく、社会的構成もそれほど複雑ではない地域では、住民が一堂に会して議論をすることにも、それほど支障はないはずで、むしろメリットのほうが大きいと思われるんですね。自分たちの住む故郷の方針を自分たちで決められたら、少なくとも地方政治に対して不満やグチを言い合う必要はなくなります。 まぁ、その代わりに小泉さんに向けて、倍の集中砲火が浴びせられることになるのかもしれませんが。

 しかし、現在、町村総会が設けられている自治体は存在しません。戦前には、神奈川県の足柄下郡芦之湯村(※現在の箱根町の一部)に町村総会が設けられていたことはあったようですが、昭和22年4月に議会が設置されました。戦前には、地方自治体が、なんと7万以上あったらしいので、現在では考えられないほど規模が小さい町村が多数散在していたのでしょうが、それでも設置例はただ1つでした。また、戦後の地方自治法施行後ですと、東京都八丈支庁管内の宇津木村(人口61人、有権者数30人前後)に総会が設置されたことがありましたが、やがて合併によって八丈町の一部とされたようです。

 地方自治法94条の規定を読むと、間接民主制のもとに村議会を設置するのが原則で、それができない場合に例外的に直接民主制の町村議会を開くというふうな印象を受けがちかもしれません。それに、司法試験受験生にとっては「たしか大昔の憲法過去問で1回だけ聞かれとったな。でも、今の出題傾向なら無視無視……」という程度の認識だと思うんです。町村総会。

 しかし、あらためて考えてみたら、間接民主制の権化である議会制と、地域の将来に利害のある住民たちが直接話し合って決める総会との間に、理論的には原則例外の関係や優劣の差は無いように感じるんです。むしろ、住民が集まって議論する町村総会こそ、地方自治が理想とする本来の姿で、それができないほど膨れ上がった自治体では、しょうがないので代表者を選出して政治を任せようというふうな構成ではなかろうかと考えています。私に言わせりゃ、議会のほうが地方自治の「仮の姿」です。ちなみに、スイスには「コンミューン」という制度があって、地域住民が全員参加で、まさに町村総会さながらに物事を決めていくようですが。

 たしかに、憲法が制定している地方自治の形は首長議会制で、町村総会については明文を置いていません。とはいえ、住民の意思によって地方自治が行われるべきという「住民自治」、憲法用語でいえば「地方自治の本旨」に、より近いのは、果たしてどちらでしょうか。

 とはいうものの、直接民主的な町村総会は、戦前の「町村制」の遺物で原始的だ、という捉え方をされがちなのも確かです。なにせ、これから都道府県が「道州制」に切り替わろうとし、自治体がどんどん肥大化する流れになっていますので、町村総会の精神は、今にも消えそうな風前の灯火にも見えます。
 ただ、一方で並行してブロードバンドや多チャンネルの技術も急速に広がりを見せているのです。家で自由に議会を傍聴でき、掲示板や音声などでリアルタイムに議員に質問できたり、長ったらしいヨタ話にツッコミを入れられるような仕組みができれば、われわれの政治離れも少しは解消されるのかな、と思っています。

 野党の皆さん、投票率を上げて、政権を勝ち取りたいんでしょ? だったら、世間からの批判を直接耳に入れる勇気も振り絞って、「直接民主制」のエッセンスを取り入れてみるのも、ひとつかもしれませんよ。

 今日は、新生「会社法」が国会で成立した日でもありますが、時代を切り開くのは、そんな耳目を集める最先端の新法だけではないのかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日 (火)

ニュース映像の証拠採用…毒物カレー事件

 今日は、全国各地で重大な判決が立て続けに言い渡されました。下関駅通り魔事件(5名死亡)で広島高裁、和歌山の毒物カレー事件(4名死亡)で大阪高裁、それぞれ控訴を棄却し、一審の死刑判決を支持しました。

 前者は、無差別殺傷行為の事実関係に争いはなく、もっぱら責任能力の有無が争点となりました。後者は逆に、被告人が無差別殺傷を行ったという物的証拠や目撃証言がなく、確たる動機も不明というので、情況証拠の積み重ね、つまり「怪しさの足し算」で確信にまで持っていったというわけです。

 この2つの死刑判決の陰で、このような最高裁決定が奇しくも本日出されています。なぜ、よりによって今日なのか?という疑問もよぎってきますが、皮肉なものです。
 遺族の逆転敗訴が確定 毒カレー事件の医療訴訟で(共同通信)

 さらに、このようなニュースも報じられています。

 読売テレビなど関西の民放6社とNHKは28日、毒物カレー事件で、同日の大阪高裁判決が、テレビで放映された林真須美被告(43)らへのインタビューを録画したビデオテープに証拠能力を認めたことに抗議する見解を発表した。「報道目的以外の利用は市民の信頼を裏切る。報道に重大な制約を加え、取材の自由を軽視する判決に、強く抗議する」などとしている。(読売新聞)

 おっしゃっていることの理屈はわかりますよ。われわれマスコミは、裁判の証拠集めのために動いているのではない。国民の知る権利に資するために……ということなんでしょうが、この高尚なはずの「抗議」から受ける、なんともスカスカした印象は何なんでしょうか。

 自分たちの主張や先入観にとって都合のいいようにつなぎ合わせて、おどろおどろしいBGMを流し、有限の地上波をそんな面白おかしい「電波紙芝居」でお茶を濁しているような現状で、「報道目的以外の利用は市民の信頼を裏切る」は無いもんです。その「市民」って、どこの誰ですか?

 このブログが多少荒らされるのを覚悟で、あえて書きますが、庶民の多くは、真実を知ることにそれほど興味はありません。とりあえず、庶民の総意である林真須美の死刑判決に資するためにマスコミの仕事が援用されたのなら万々歳です。それならば、国民の信頼を裏切るどころか、逆に「公共の利益」として支持してくれるはずです。

 憲法の教科書をひもとけば、何だかいろいろ書いてあります。未編集の生テープや未放送の映像作品について司法当局から提出命令を受けたというなら、抗議したくなる気持ちもまだ理解できます。が、現実問題、さんざん放映済みの映像資料が裁判に流用された程度のことで、本当に報道は萎縮するんでしょうか。マスコミってそんなタマなのか、はなはだ疑問でなりません。頭の中でこねくりまわした単なるイチャモンのようにしか聞こえないんです。

 どうして報道だけをマスコミの使命だと強調したがるんですか。誰にだって向き不向きはあるんですから、もう背伸びはやめて、地上波放送局はバラエティづくりに徹すればいいんです。バラエティ番組のほうが、下手な娯楽ニュース番組より、よっぽど世の中の真実を映し出している場合もあるんですから。特にフジテレビには、来月の「25時間テレビ」に大きな期待を寄せています。去年の「27時間テレビ」が奇跡的な面白さでしたので。

 一方で、明石市花火大会の将棋倒し事故(11名死亡)の民事判決で、神戸地裁は、兵庫県と明石市と警備会社の3者に連帯して5億6800万円の賠償を命じました。また、芸能関係でも某俳優の出演料恐喝未遂事件で、東京地裁において有罪判決が出されていますね。

 今日は、豪雨と猛暑という異常気象に加えて、重要判決の特異日といえたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月27日 (月)

鹿蛇

>>> 鹿と衝突しJR山陰線に遅れ /京都
 22日午後11時40分ごろ、亀岡市篠町のJR山陰線馬堀・保津峡駅間で、園部発京都行き上り普通電車(6両編成)が線路内にいた鹿をはね、現場に約10分停車した。乗客にけが人はなかった。線路上の鹿の死体撤去などで上下線で列車3本に最大26分の遅れが出た。(JR調べ) 毎日新聞 2005年6月24日

 けが人は出ませんでしたが、先日の熊に続いて、死鹿が1頭出ております。ご冥福をお祈りいたします。

 シカは、ライトなど明るいものを立ち止まって見入る習性があるため、列車に衝突する動物の中でもかなりの割合を占めているのだそう。人間が後から山林を切り開いてきた以上、できうる限りの対策を講じて共存をはかれればいいなと思っています。ちなみに、和歌山では、ライオンなど肉食獣のフンを水に混ぜて撒き、シカができるだけ線路に近づかないような工夫もしているそうです。

 たしか、京都って、鹿ヶ谷とかいうとこがありましたよね。風情があります。花札的な風景が浮かびますよ。花札のルール知らんけど。




 
 

>>> へびが東北新幹線とめる
 15日午後0時25分ごろ、東北新幹線大宮―宇都宮間の送電が一斉に止まり、栃木県内の小山駅に到着間近だった東京発郡山行き「なすの235号」(10両編成)が、ホーム手前で緊急停止した。間もなく送電は再開されたが、列車は自力走行できず、約600人の乗客が閉じこめられる状態が続いた。JR東日本は午後2時前、後続列車を上り線に入れて横付けし、渡り板を使って乗客を移乗させた。

 係員が調べたところ、4号車のパンタグラフの根元に、長さ約30センチ、太さ約1.5センチのへびが黒こげになって巻きついているのが見つかった。同社によると、へびが屋根の金属部分に触れ、ショートを引き起こしたのが原因とみられるという。 (朝日新聞)6/15

 このヘビも、新幹線にからみつくから迷惑がられるんです。4月25日朝の、あのJR福知山線の電車にからみついてストップさせれば、乗員乗客106名の命は救われていたのかもしれません。そしたら英雄ですよ、このヘビは。黒こげの亡きがらは、交通科学博物館に永久展示されることでしょう。

 いや、逆に、もしヘビが新幹線を止めなかったら、直後にこの新幹線は脱線して、1964年の開業以来初めて、乗客に死者が出る大惨事になっていたのかもしれません。
 んなわけなかろうって? いえいえ、そんなこと断言できないはずですよ。まぁ、ヘビが死んでなければ新幹線が事故った、などということのほうが、よっぽど断言しちゃなりませんが。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

電気窃盗と電線窃盗?

>>> メーターに細工し電気を盗む 36歳男逮捕
 北見署は24日、自宅の電気メーターに細工をして電気を盗んだとして窃盗の疑いで、北見市内のトラック運転手の男(36)を逮捕した。  同署などによると、男は料金滞納で北電から電気を止められていたが、5月26日から6月21日にかけ自宅の電気メーター(電力量計)内で電気需給線を無断でつなぎ、約5800円相当の電気を盗んだ疑い。(北海道新聞)

 
◆ 刑法 第245条(電気)
 この章の罪(※窃盗・強盗)については、電気は、財物とみなす。
 
 
 学校・職場や友達の家などで、勝手に携帯やノートパソコンの充電をするのは、窃盗に該当する行為です。これは、一般の方にも広く知られている豆知識かと思います。いわゆる『電気窃盗』ですね。

 2003年11月には、大阪・枚方駅前で、ストリートパフォーマンスとしてダンスミュージックを流そうと、ジュース自販機のプラグを勝手に引き抜き、ラジカセをつないだ罪で、22歳の男子大学生が検挙されています(送検されず)。被害額は電気代にして1円程度だったのとのこと。なるほど、乾電池より安上がりだったからか……って、いけませんよ。

 本当は、流れてくる音楽がうるさいと近隣からの苦情を受けて警察が動いたとのこと。それで窃盗罪を適用することになるとは、ちょっと面白いですね。  そ、そうですか。面白くありませんか。……がっかり。

 こんなふうに、電気窃盗なら、まだ事件としてイメージできるんです。少し前に、こんな窃盗事件がありました。
 
 

>>>電線5巻盗んだ容疑の男を逮捕  群馬 2005/05

 大泉署は1日、大泉町の無職男(60)を盗みの疑いで逮捕した。
 調べでは、容疑者は4月11日午前9時半ごろ、同町の電気工事会社の敷地に置いてあった電線5巻(約5万円相当)を盗んだ疑い。電線は家庭向けなどのものを直径50~60センチほどに巻いて束ねてあった。

 容疑者は「生活費が欲しくて盗んで売った」と容疑を認めているという。同署は余罪がないか調べている。 (読売新聞)


 
 どうして生活費を稼ぐために電線を盗まなければならなかったのかナゾでしたが、ヒントのひとつになりそうな情報が見つかりました。

 たった今、ネット検索で引っかけたばかりの情報を披露するのも恥ずかしいのですが、銅の相場は現在、1989年以来の高値を付けているんだそうです。89年といえば消費税導入の平成元年。バブル絶頂の頃ですよね。銅の値段が高い今、銅線を盗む。それなら少し話が見えます。

 現在、日本ではキロあたり440円前後が銅の建値になっているようです。でも、どれぐらいの価格で業者が実際に買い取っているのかが不明ですね。そしたら、このオッサンが何キロの銅を盗んだのか計算できるのに。計算してどうすんのかというツッコミは、この際置いといて。
 金属の取引など、そういう経済的なことに詳しい方、どなたかご教示ください。
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

新連載? セクシー判事

050625sexy

 く……くだらねぇ。

 この4コマまんがは、ブログを更新できないほど、精神的・肉体的にシンドイ日のために、余裕があるときにあらかじめ書き貯めているものです。これだったら、スキャナで取り込んでアップするだけだから、5分で終了。

 いやぁ、今日は助かった。 ありがとう、セクシー判事!
 今、夜の9時前ですが、もう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金)

裁判官の「クールビズ」

>>> <長官・所長会同>クールビズも、ノーネクタイ派は10人

 全国の高裁長官と地・家裁所長を集めた会議「長官・所長会同」が22日、最高裁で始まった。恒例の会議で、今年は司法制度改革をテーマに2日間にわたって約80人が出席して行われる。「クールビズ」運動に合わせ、軽装での参加を促したが、町田顕(あきら)最高裁長官らノーネクタイ派は10人前後で、裁判官の“きまじめぶり”が際立った。
 夏の職員の服装について、最高裁は今年5月「上着を脱ぎネクタイを外す軽装で差し支えない」とする79年の通達を周知徹底。6月にも再度「軽装で執務を行うように」と全国の裁判所に伝えている。
 今回も軽装での参加が認められていたが、「司法制度改革の定着のためには合理的で柔軟な組織のあり方について検討することも必要」とあいさつした町田長官はスーツ姿にノーネクタイ。他の参加者はさすがに上着は着ていなかったが、ほとんどが白いワイシャツにネクタイをしていた。
 軽装推奨の裁判所だが、法廷での裁判官の服装は最高裁規則で法服と定められており、軽装は認められない。(毎日新聞) - 6月22日

 ほぇぇ、裁判所は26年も前から「クールビズ」を先取りしとったのかね。たいしたもんやねぇ……と思っていたんですが、ひょっとして、通達ってこれのことでしょうか?

石油消費節減対策の推進について(国会・裁判所・地方自治体にまで周知)


 全国には8つの高等裁判所と50の地方裁判所があります。高等裁判所のトップは長官と呼ばれ、地方裁判所のトップは所長です。そんなお偉い方が、6月の中旬、ちょうど今ごろですが、年に1度『長官・所長会同』として、最高裁判所へ集うのです。

 『長官・所長会同』については、「最高裁マニアックス」の中で、少しだけ詳しく書きましたが、そこで、いったい何をするのかと言いますと……

 タテマエでは、全国各地の裁判所を代表する者たちで開かれる「自由闊達な意見交換の場」ということになっています。しかし、近年では、最高裁から伝達される「事務総局見解」を、各裁判官がひたすらメモするという光景が珍しくないようです。

 この会同では、長官のマチケンさんを中心とした最高裁事務総局を基準に、全国の裁判官が「前にならえ」をして、ある種の事件につき判断を揃える『意見統制』が行われているのだとウワサされています。もちろん、会同で行われている行事の全部が全部そうだとは言えないでしょうけど、かつて国会の法務委員会でも問題として採り上げられたことがあります。

 会同に集う裁判官らの、今後の判断に干渉し影響を与えるのは、裁判所の独立を害する憲法違反行為ではないのか、と。そういうわけです。

 この『意見統制』が、仮に密室で現実に行われているとして、それが善なのか悪なのか、現時点の私には判断いたしかねます。たしかに、抽象的には憲法76条3項に抵触しそうなコントロールかもしれません。しかし、たとえば、同じ損害賠償請求事件について、この裁判所に持っていったら棄却されたのに、この裁判所では認容された、という現象は、訴訟当事者の立場からすれば不公平や不意打ちと感じることにもなると思うからです。

 そんな難しい話はともかく。 この最高裁判所、下級審裁判官たちの判断は統制できても、ノーネクタイは統制できないというのが、少しおかしかったです。チカラがあるのかないのか、ようわかりません。

◆ 日本国憲法 第76条
3 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。
 
 
 ↓ オススメ本です。『長官・所長会同』を含む、最高裁の裏側について、幅広く解説されています。値が張るのが玉にキズですけれども。

 

4772704299日本司法の逆説―最高裁事務総局の「裁判しない裁判官」たち
西川 伸一

五月書房 2005-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年6月23日 (木)

ワシが名誉町民じゃ

>>> 町長が名誉町民を自己推薦

 佐賀県北方町の松本和夫町長(73)が、町議会で自分自身を名誉町民に推薦する議案を提案、賛成多数で可決されていたことが23日、分かった。同町の条例で名誉町民は町長からの推薦しか認めないとする規定に基づくものだが、異例の「自己推薦」に疑問の声も上がっている。

 同町は来年3月に武雄市、山内町との合併が決まっている。そのため複数の議員が「町長を名誉町民に」と検討していたが、条例の規定で議員提案はできないことが判明。22日の議会で異例の本人提案となった。

 議会では、助役が提案理由を説明。議員からは「町長の功績は認めるが、在任中に名誉町民の称号を贈るのはどうか」などとの反対意見も出たものの、賛成13、反対1で可決した。

 松本町長は1974年に初当選し、現在8期目。政府税制調査会委員や全国町村会副会長などを歴任した。同町の名誉町民は、同町出身で文相や最高裁長官などを歴任した故田中耕太郎氏に次いで2人目。(東京新聞)

 名誉町民からのメッセージ

 8期目31年というのはスゴいですね。町長選において無敵じゃないですか。ムテキング町長じゃないですか。もし来年の合併がなく、このままいってれば、たぶん450戦無敗だろうと思います。

 31年……。 先日、佐賀地裁で被告人に無罪判決が出された「北方事件」は、1987年から89年にかけて、3人の女性が殺害された事件です。殺人事件の時効直前に被告人が逮捕され、話題を呼びましたが、その時効期間の倍以上にもわたって町長を務められたとは驚異的です。 比較するものを間違えていますが。

 合併で「北方町」の名が無くなったりだとか、条例の規定という事情もわかります。わかりますけど、町長はどんな顔して「ワシば名誉町民にせんばバイ」と言ったのでしょうか。そのずうずうしさが、ある意味名誉に値しますね。

 たしかに報道で紹介されているような経歴も素晴らしいです。ここは、5期目か6期目ぐらいで「ここらがワシの引き際じゃ」と立候補を辞退していただきたかったですね。そうしていたのなら、次の町長さんが松本氏を名誉町民に推薦してくださって、皆から素直に祝福されたでしょうに。
 結局、町長選における彼の無敵の強さがアダとなって、町長人生の最期をこんなこっぱずかしい形で締めくくることになってしまったのです。強すぎる人間は、その強さゆえに苦しまねばならぬときもあるのですね。

 個人的には、町長の自己推薦に抵抗し、正論を吐いて最後まで反対しつづけた1人の議員さんに、その勇気をたたえ名誉町民の称号を贈りたいと思います。私は、この議員さんの今後が、ちょっぴり心配です。


4334974546「税金ムダ喰い」のカラクリ 政治家、公務員、都道府県別「ひどさ」を総検証!
樺嶋 秀吉

光文社 2004-06-23
売り上げランキング : 176,230
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

住民票コードと免許証番号の違い?

 「法治国家つまみぐい」の有料メルマガで、住基ネット訴訟について書いているんですが、その関連で調べていたら、このような興味深い文を発見しました。

 名前は他者も自分も自分を参照する際に用いるという対称性が存在する関係のもとで用いられる。これに対して、番号は一方的に参照される関係での『名前』であり、人間関係でいえば対等性を意味する『参照の対称性』を前提としていない。番号で自分を参照することを自分はしない。

(「『IT化』によって自覚される社会関係と対称性」藤本一男 氏  作新学院大学 人間文化学部紀要より)


 
 
 これが、私たちに付されている11桁の住民票コードに対して、人々が抱く根元的な違和感だということです。

 つまり、『田中一郎』という名前で呼ばれれば、自分が呼ばれていることはわかるが、『12345678901』と示されても、自分を指している記号だとは分からない。しかし相手は自分を指す記号として使っている。しかも、その番号は生まれてから死ぬまで不変だという。この場合、田中さんは疎外されている感覚を持ってしまう、ということでしょうか。

 たとえば、学級単位で付けられる児童や生徒の出席番号は、1年ごとに入れ替わるわけですし、自分でも何番か把握できるのですから、番号で識別されても違和感を持つことはありません。それに、出席番号は、番号そのもので個人を識別するというより、便宜上、生徒らをその順番に並べるという使われ方をしますけれど。

 免許証番号やクレジット番号の場合はどうでしょうか。特に免許証番号は、再発行の際に下1桁が変更される以外は一生不変である点では、住民票コードと似ています。しかし、警察やクレジット会社から、その番号で個人を識別されることに対しての違和感は、それほどありませんよね。なぜなんでしょうか。
 おそらく運転免許証は、いわば自分が乗用車を運転できる地位に付着するものですから、個人の属性とまでは感じないのでしょうね。そこが違和感の薄い原因かもしれません。

 2003年の初登場以来、とてつもなく普及が低調な住基カードですが、今後、民間利用が解放されるようになれば、保険証や通行証代わりに使われるなど、日常生活に無くてはならない一枚となるのでしょう。そうなれば、ますます住民票コードが個人に付着するものになりますね。

 番号で識別されるその違和感に慣れれば、かなり便利な世の中が実現しそうなんですが。私は、どちらかといえば住基ネットに賛成派です。その意見は、ただいま執筆中の有料メルマガにもにじみ出ているかと思います。

 でも、慣れていく自分に対して違和感を持ったりして。……それは、あんまり『慣れ』とは言わんか。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月21日 (火)

タクシー運転手を殴る弁護士

>>> タクシー運転手殴る・仙台の弁護士 現行犯逮捕

 きょう未明仙台市内で、タクシーの運転手の顔を殴ってけがをさせた弁護士の男が傷害の現行犯で逮捕されました。逮捕されたのは、仙台弁護士会所属の弁護士で青葉区上杉6丁目の須貝仁志容疑者(42)です。
 調べによりますと須貝容疑者はきょう午前0時過ぎ、青葉区立町の市道で、乗っていたタクシーの運転手に「道が違う」などと言いがかりをつけて口論になった末、運転手の顔を殴って顔に擦り傷を負わせたうえ様子を見にきた別のタクシーの運転手も殴って軽い怪我をさせたものです。須貝容疑者は、青葉区米ヶ袋の事務所から上杉の自宅に帰る途中だったということで調べに対し須貝容疑者は「運転手が道を間違えたことに腹が立った」と供述しているということです。今回の逮捕を受けて所属する仙台弁護士会は記者会見で「極めて遺憾。事実関係を調査して厳正な処置を取りたい。」と話しています。(TBC東北放送)

 あぁ、神様。もしも願いが叶うなら、こいつの弁護士資格を譲ってほしい。

 当然、実名でご紹介いたします。今度図書館に行ったときにでも、経歴をチェックしてきます。

 1999年10月18日、京都地裁の裁判官が、判決公判中、「一般論でいえば、タクシー乗務員には雲助まがいの者や、かけ事などで借財を抱えた者が、まま見受けられる」とし、こうした内容について「顕著な事実と言ってよいかと思われる」と発言したことがありました。
 ここにいう「顕著な事実」とは、証拠で立証する必要がないくらい当然に知られている事実を指します。たとえば、JR福知山線の列車事故ですとか、藤井隆さんが乙葉ちゃんと婚約して、夜な夜なあんなことこんなことやっとるとか、それらと同じぐらいのレベルで、彼は「タクシー運転手は雲助まがい」と強調したかったわけです。

 その民事訴訟は、強盗殺人罪で起訴されているタクシー運転手を相手取って行われていた損害賠償請求事件でした。しかし、いくらその犯行憎しといえ、請求の認否や認容額を検討するにあたって、タクシー業界全体を敵に回して、独自の『一般論』を振りかざす必要などありえません。
 また、今回など、当該タクシー運転手の犯した『罪』は、目的地へ辿り着くまでの道を「間違えた(※あくまで乗客の弁護士談)」ことでした。では、この弁護士ご自身は、今まで弁護ミスをしたことが無いのか、あっても気づいていないのか。

 自由と正義を錦の御旗として掲げているはずの法曹界でも、職業差別の意識はジットリと潜伏しているのかもしれません。もちろん、これらのように差別意識が露骨に表へ出てくる場合は例外事例に属するんでしょうけど。
 
 
◆ 刑法 第204条(傷害)
 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

◆ 刑法 第234条(威力業務妨害)
 威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例(※3年以下の懲役または50万円以下の罰金)による。

◆ 刑事訴訟法 第213条
 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

◆ 民事訴訟法 第179条(証明することを要しない事実)
 裁判所において当事者が自白した事実及び顕著な事実は、証明することを要しない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月20日 (月)

私立大学が民事再生法を申請

萩国際大学ホームページ

>>> 萩国際大が民事再生法申請へ~定員割れ原因で初


 民事再生法の適用を申請する萩国際大(20日、山口県萩市で、本社ヘリから) 大幅な定員割れで経営危機に陥っている山口県萩市の萩国際大を運営する学校法人萩学園(安部一成理事長)が民事再生法の適用を申請することが20日明らかになった。負債総額は三十数億円にのぼるとみられ、同日午後、理事会を開いて正式決定し、21日にも東京地裁に申請する。文部科学省によると、私立大を運営する学校法人が定員割れが原因で同法適用を申請するのは初めて。(読売新聞)

 設立7年目の申請です。前身は萩女子短大。地方都市が「街おこし」の一環でつくった4年制大学ですが、市内のゴルフ場を買い取って「ゴルファー養成コース」を新設するなど、かなり大胆な手法で学生を集めようとしたのです。どうやら、なかなか集まらなかったようですね。

 学生の側にしたら「なんでゴルファー目指して大学に通わにゃならんのか」と、あまり魅力や必要性を感じなかったということだったのかもしれません。
 地に足の付いた対策を採れず、地元が浮き足立っているのも、学生が都会に出たがる消極的理由のひとつです。残念ながら、「国際」の2文字を出しておけば、世界的な広い視野を演出できた時代は、とっくに終わっていると思います。

 萩国際大学は、2年後を目処に名称も変更し、福祉をベースにした教育環境づくりに励んでいくとのこと。ただ、この萩国際大学がたまたま全国で最初に法的支援を求めたということであって、「明日は我が身」と戦々恐々としている破綻予備軍の大学は各地に存在するものと思われます。少子化社会の副産物「大学全入時代」は、もうすぐそこです。

 「すべり止めの利益を享受した」などとして、入学を辞退した合格者が前もって納めた入学金や授業料を返そうとしない私学を相手取った「ぼったくり訴訟」が、関西を中心にここ数年で増加しています。大学は、ひとりひとりの学生を社会に通用する人材に育成する役割も担っています。なのに、大学組織を延命させる金づるとしてしか学生を見ないのでは、裁判所に違法だと認定ても仕方がないでしょう。「授業料は講義の対価」……当たり前のことです。

 10年前、金融機関や私立大学も倒産するということを、理屈では大学で勉強しましたが、本当に山一証券が破綻したときは衝撃でした。しかし、破綻すべきところが破綻せずに体裁を保っていただけだったのでしょうけれども。そういう意味ではゴマカシが効かない、本物だけが生き残る、厳しくも良い時代に入りはじめたのかもしれません。

 ただ、多様性を無意味に愛する私は、マジメでマトモな大学ばっかりでもつまらないな、とも思っとるんですけど。 たとえば、会計士を目指す学生と、漁師になりたい学生と、フライトアテンダントに憧れる学生と、占い師を夢見る学生が交流し、同じ学食で談笑する風景というのも、なかなかステキかなと思いますし。……しかし、資本主義という現実は、そんな呑気な空想を許してはくれないのでしょう。

 なお、私立大学が民事再生法を申請することは、これが初めてではなく、東北文化学園大(仙台市)に次いで2例目。この大学は、大学設置認可申請の虚偽記載から経営難に陥ったとのことです。

 なるほど、一度失った信用を取り戻すのは、並大抵のことではありませんよね。ねぇ、信州大学法科大学院 首脳陣の方々。
……どさくさにまぎれて言ってみました。

【参考過去ログ】信州大学法科大学院の誤算


↓送料のみで名刺を作ってくれます。


| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005年6月19日 (日)

交番をねらって寸借詐欺

>>> 「財布落とした」と警官だます  藤沢署は9日、東京都三鷹市の無職男(71)と妻(66)の両容疑者を詐欺の疑いで緊急逮捕した。    調べでは、容疑者らは5月28日、JR逗子駅前にある逗子署逗子駅前交番で、勤務中の同署員(28)に「財布を落として東京まで帰れない。金を貸してほしい」と頼み、署員から5000円をだまし取った疑い。    同様手口の寸借詐欺が県内で数件相次いだため警戒中、2容疑者が9日、藤沢署藤沢駅北口交番に現れ、借金を申し入れた。同署員が名前と住所を聞くと手配があった通りに名乗ったため、犯行が分かったという。 (6/10) 朝日新聞

 警察には財布を落とすなどした人に現金を貸す「公衆接遇弁償費」という制度があって、1回の申し出につき原則1000円以内を貸しています。1960年代に始まったのですが、それ以前は、警官がポケットマネーで貸していた時期もあったらしいですね。その貸金を回収できる保障なんてないんですから、ここまで来ると人情の世界です。

 「公衆接遇弁償費」については、ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。機会があったら活用してみてください。……まぁ、そんな機会が無いに越したことはないのですが。

 一方で、この善意の制度を悪用する輩も少なくないのが現状です。警視庁管内だけでも、2003年度には約3万3千件の貸し出しがあり、返済率は、金額ベースで約67%と前年度に比べ、約3ポイント低下したといいます。
 また、本件のような詐欺・詐欺未遂での逮捕者は、2003年の14人から2004年は27人とほぼ倍増しています。

 税金泥棒は、いろんなところに形を変えて潜んでいるものです。

なんでこれが交通違反なの!?―警察は教えない126の基礎知識
479421409X今井 亮一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

説諭判事(4コマ)

050618setsuyu

>>> 「パソコンより、人との交際を」 集団自殺裁判で裁判官が説諭 
 ネットの自殺サイトで知り合った男性3人が3月、富山市で集団自殺を図り、1人が死亡した事件で、自らは生き残り自殺幇助(ほうじょ)罪に問われた東京都西東京市の大学生(21)の公判が6日、富山地裁であった。手崎政人裁判官は大学生に「人と関係を持ちなさい」と異例の語りかけをした。

 手崎裁判官は、パソコンが趣味の大学生が特定の掲示板を通じて自殺サイトに接するようになったとの調書を取り上げ、「君はマイナスの情報を拾った。見ることを考え直した方がいい」とした。さらに、「孤立する原因は人づき合いにある。パソコンだけと向き合うのでなく、いろいろな人とつきあうことが君には欠けていた」と語った。

 論告によると、大学生は練炭と七輪2個を用意、3月31日、富山市の常願寺川河川敷で軽乗用車内で練炭に火を付けて3人で自殺しようとし、無職男性を一酸化炭素中毒で死亡させたとされる。検察側は懲役2年を求刑した。 (朝日新聞)



 審理に直に携わった立場として、それぞれの裁判官が言葉に工夫を加えることも結構でしょう。そのことを否定するつもりはございません。なにも、すべての説諭が通り一遍のものである必要はありませんから。

 ただ、現代競争社会の勝ち組、その中でも最上級のレールに乗ることに成功した裁判官たちが、レールから外れてしまった者に向けて、法壇の上から投げかける言葉です。安全圏に座る選良から、国家権力を背景にして一方的に吐かれる説教です。被告人の側からすれば、そのメッセージに反論することすら叶いません。説諭の内容には、各裁判官が十分に責任を持つ必要があるでしょう。

 そんな説諭が、少しでも事件の確信を突き、被告人が今後生きる上での指針となれば、たいへん意義のあることだと思います。決して、自分の言葉や社会的地位に酔うだけのために、若者たちの自殺原因を想像で決めつけるようなものであってはなりません。

 以上、へっぽこライターからの説諭でした。
 
 
◆ 刑事訴訟規則 第221条(判決宣告後の訓戒)
 裁判長は、判決の宣告をした後、被告人に対し、その将来について適当な訓戒をすることができる。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年6月17日 (金)

危機一髪! ピンクローター爆弾!?

>>> カゲキな爆破予告!不審物の正体は“ピンクローター” (6/14)

   「爆弾を仕掛ける」の電話で警戒中のJR関西線柏原駅(大阪府柏原市)で午前8時前、ホームで不審な透明な箱を発見。客らを避難させ、府警爆発物処理班が出動すると……出てきたのは大人のオモチャ「ピンクローター」。コードやコントローラーが爆弾ぽかったとか。

 柏原署は悪質ないたずらの可能性があるとみて、業務妨害容疑などで捜査。同駅ホームには防犯カメラがあるが、ピンクローターが置かれた階段裏は死角になって不審人物の映像は確認できず、目撃情報もない。同署はこのピンクローターを「1000円くらい」とみており、販売店などから犯人の特定を急ぐ。
 JR西日本によると、この騒ぎで関西線は午前8時25分ころから同57分までの30分余り、難波-奈良間で上下線がストップ。47本が運休、33本が最大47分遅れ、約3万3000人に影響に。捜査関係者も「ピンクローターとは…市民と警察をナメてる」と怒っている。(サンケイスポーツ)


 
 悪ふざけにも程があるわ。 腹が立つというか、力が抜けるというか……。

 最初、前日の午前11時ごろに、電話で「あす午前10時半に柏原駅に爆弾を仕掛ける」という犯行予告があったのだそうです。しかも、110番通報で警察に向けて予告したというのですから大胆です。声の感じでは、20代の男ふうだとのこと。
 それを受けて、柏原署員が同駅構内に急行して捜索を行ったのですが、不審物は見つからず。当日も午前7時に、10名で調べたのですが、異常は無かったようです。

 動きがあったのは7時50分。

 「出た~! 爆弾や!!」

 上りホーム階段裏の鉄柱の上に小さい透明な箱があるのを発見した駅員は大慌てで通報。見上げるとダイヤル付きの筒状の物体が透けて見えています。 あれは何だ……。起爆スイッチか?

 8時15分。「不審物が見つかりました。ホームから出てください」との構内放送。利用客約200人が、改札口から緊急避難。なにしろ、朝の通勤通学ラッシュ時ですから、現場は大混乱です。 爆弾テロ? 毒ガス? 憶測が飛び交います。

 8時50分。府警機動隊の爆発物処理班22人が到着。 騒然とした中で、班員が脚立に登って鉄柱から箱を下ろしたのです。緊張の瞬間です。

 その筒状物体は、長さ6センチほどで、内部に単3電池2本。 ダイヤルの数字は10段階で、両端に「強弱」の表記。 ん? 強弱??

 
 ……それは夜の玩具、ピンクローターでした。直径約3センチ、長さ約8センチのたまご型。色は、スタンダードなピンク。

 たぶん、現場は解放感とも失笑ともとれぬ、なんとも微妙な空気に包まれていたであろうことは、容易に想像できます。なにが悲しくて、朝っぱらから大の大人たちが、ピンクローターの周りを取り囲まにゃならんのか。シュールでハタ迷惑な風景です。

 しかし! ……ピンクローター型をした小型爆弾である可能性も、依然捨てきれない! 処理班は厳粛な雰囲気を保ちながら、箱とともに駅から引き揚げました。そして、府警での精密調査の結果も、正真正銘のピンクローター。新品で使用した形跡は無かったのが、唯一の救いだったかもしれません。
 悔しいことに、小箱が隠されていた柱の付近は、監視カメラの死角になっていたようで、犯人が何者かはわかっていません。

 ただ、私は、電話で爆破予告したのと、駅にピンクローターを置いたのが、まったく関係のない別人物だという可能性もあるんじゃないか、と見ているんですよね。でなければ、あまりにもふざけすぎた事件です。

 前者は単なる愉快犯だとして、後者は……何だろう。そういう「アウトドア・プレイ」好きのオヤジが密かに保管していたとか? 人目に付かない公共エリアを借用して、お気に入りグッズの隠し場所にしていたのかもしれません。常にカバンに入れてたら、誰かに見つかったときに言い訳が付かなくなって恥ずかしいでしょうし。

 それに、駅員や警官がしらみつぶしに捜索して、ようやく見つかったということなら、だいぶ以前から置かれていたものだとも考えられます。また、そのローター入りの小箱が乗せられていたという柱の高さは、約2メートル20センチ。そんなところに箱を乗せて隠すことができるということは、かなり長身のスケベオヤジであろうと、私はプロファイリングしております。
 
 
◆ 刑法 第233条(信用毀損及び業務妨害)
 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

◆ 刑法 第222条(脅迫)
 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

名誉毀損の分かれ目…… 櫻井よしこ氏と新潮社

>>> 桜井さん逆転勝訴 薬害エイズ名誉棄損訴訟・最高裁
   薬害エイズ事件を巡る記事で名誉を傷付けられたとして、安部英・元帝京大副学長=今年4月死去=がジャーナリストの桜井よしこさんに1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決が16日、最高裁第一小法廷(才口千晴裁判長)であった。同小法廷は桜井さんに400万円の支払いを命じた二審判決を破棄、元副学長の請求を棄却した。桜井さんの逆転勝訴が確定した。

 問題となったのは、1994年の月刊誌「中央公論」に掲載された記事「私の傍聴した『HIV訴訟』裁判」と同年発行の著書「エイズ犯罪 血友病患者の悲劇」で、桜井さんが「安部元副学長が製薬会社に配慮して加熱血液製剤の治験開始を遅らせた」などと指摘した点。元副学長側は6カ所の記述が名誉棄損に当たると主張した。

 判決理由で同小法廷は、問題となった6カ所の記述について「真実であると信じたことには相当の理由があり、意見や論評の域も逸脱していない」と述べ、違法性を全面的に否定した。(日本経済新聞)
 
 
>>> 桜井さん「表現の自由守った判決」・薬害エイズ名誉棄損訴訟

 「表現の自由は最大限守られなければならず、大変な喜びを感じている」。最高裁判決を受け、ジャーナリストの桜井よしこさんは16日午前、東京・霞が関の司法クラブで会見し、逆転勝利した心境を語った。

 グレーのスーツ姿で背筋をまっすぐ伸ばした桜井さんは「勇気を持って、社会の問題点を調査・報道することを後押ししてもらった判決」と評価。「支えてくださった(薬害エイズの)患者さんや弁護団に感謝したい」とゆっくり話した。

 安部英元副学長は今年4月に死亡し、司法の場での真相究明の道は絶たれている。「医師としての説明責任を果たさず、亡くなられたことは安部さんにとっても不名誉なこと。患者や遺族にきちんと説明してほしかった」と語気を強めた。

 一方、安部元副学長の弁護団は同日、「最高裁判決は、記事の内容を真実であると認めたものではなく、控訴審での判断は維持された」などとするコメントを出した。 (日本経済新聞)

【参考過去ログ】
 櫻井よしこさん「薬害エイズ」著作名誉毀損訴訟 最高裁口頭弁論傍聴録(4月16日)
 
 
 最高裁が上告を棄却し、原審の判断を維持する場合には、両当事者の言い分を直接に聞く弁論を開く必要はなく、いきなり棄却判決・決定を行えるものとされています。裏を返せば、第一小法廷が口頭弁論を開くことを決めた時点で、櫻井さんに400万円の賠償を命じた東京高裁判決が見直されることは、十分に予想されていました。

 櫻井さんは著作の中で、安部氏を評して『一体いかほどの金に染まって医師の心を売り渡したのか』という、一歩踏み込んだ表現を採用しました。薬害エイズという厄介な大事件に巻き込まれたくないと考える関係者たちから、証言を得ることに難儀したという彼女ですが、そんな取材活動の中で、安部氏が治験をめぐって袖の下を受け取っていた事実の存在に確信を持っていたのでしょう。
 
 
 第一小法廷は、治験で不利だった製薬会社の弱みにつけこみ、安部氏が『寄付』を受け取っていた報道について「真実と信じる相当な理由があった」として、違法性を否定しました。
 少し難しい話ですが、その報道内容が客観的に真実なのかどうかは、とりあえず置いておくんです。そして、「自分は真実を報じている」と櫻井さんが信じたことが相当なのか、それとも軽率な思いこみだったのかという、表現者の主観面について判断しているところがミソです。その主観面で「相当性あり」と認定できれば、請求を退けるのに十分だからです。

 また、「医者の心を売り飛ばした」うんぬんの表現について、「意見または評論の域を脱するものではない」として、こちらも原告の名誉を傷つけるものではないと結論づけました。

 女性フリーランス・ジャーナリストの草分け的存在として、広く知られる櫻井よしこさんですが、その国家体制のたたき方や世論のあおり方には違和感を持つ方が少なくないようです。思想的には保守寄りの方だとは思うんですが、私自身「そういう言い方は、少し品がなかろう」と感じてしまうこともあります。特に小泉内閣に対しての物言いなど。
 しかし、薬害エイズという巨悪にも敢然と立ち向かってきた、その姿勢には敬服しております。

 また、同じ第一小法廷で、安部氏が、薬害エイズ事件を巡る「週刊新潮」の報道で名誉を傷つけられたとして、賠償を求めた訴訟について、上告棄却決定が言い渡されました。こちらは、新潮社に300万円の支払いを命じた1、2審判決が確定しています。

 業務上過失致死傷容疑の薬害エイズ刑事裁判で一審無罪となった安部氏を名指しして、新潮は『大量殺人の容疑者』と書いたのですが、その表現に違法性を認めたんですね。安部氏は決して殺人罪で起訴されているわけではありませんから、真実性も真実だと信じる相当性もない、という結論は、いちおう筋が通っています。

 一方で、その結論に立ち向かい、ひとり異を唱えたのは、裁判長の島田仁郎判事。「表現に相当性を欠く部分があるが、刑事責任を追及・指弾したものであり、元副学長の権力の大きさと責任の重さを考えれば許容範囲」として、これも「意見または評論の域」を出ないと述べました。櫻井さんの事案同様、損害賠償請求を棄却すべきだとの反対意見です。
 ただ、いくら裁判長という立場とはいえ、1対4の少数意見であることに変わりはなく、上告棄却決定に影響を及ぼす言葉とはなりえないのでした。

エイズ犯罪 血友病患者の悲劇
4122032148櫻井 よしこ

中央公論社 1998-08


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

信州大学法科大学院の誤算

信州大学大学院法曹法務研究科

>>> 未完成論文を「完成」と申請か 信州大、法科大学院設置で(共同通信)2005/04/03

 信州大(長野県松本市)は、昨年6月に法科大学院設置申請をした際、予定教官の未完成の論文について「完成」と証明する書類を提出した疑いがあると文部科学省に指摘され、調査を始めたと発表した。
 文科省は設置申請以降に投稿予定の論文については、申請書に含めないよう指示していた。

 予定教官で、論文が未完成だった学部長は「申請の時点では完成原稿を出していないが、8月発刊の論文集には掲載されており、問題があるとは考えなかった」と話している。

 
>>> 信州大法科大学院の募集を停止 虚偽申請問題で (朝日新聞)2005/06/15

 信州大学(小宮山淳学長)が法科大学院の設置をめぐり、5人の教員の未完成論文を 「完成済み」として申請した問題で、文部科学省は14日、同大に対して法科大学院の新規学生の募集を停止するよう指導した。再発防止策のほか、この問題で引責辞任する教員の後任を決めるなど教育体制の見直しが実現するまで募集停止を継続する方針。 法科大学院での募集停止措置は初めてとなる。

 信州大学の小宮山学長は「新たな教員の確保ができるまでは来年度の学生募集を自粛する」と話した。

 
 「教員集め」という問題は、とくに地方で法科大学院を設置しようとする組織にとって、悩みの種となります。弁護士などから教員として迎える場合は、今までの高い収入水準を維持することを保障しなければなりません。ボランティア気分ではなかなか来てくれないからですね。
 ただ、法科大学院の教育は少数精鋭ですから、教員の報酬を上げるなら、院生ひとりひとりが負担する学費も引き上げざるをえません。しかし、高い学費を取っておきながら、それにしては司法試験合格者も大して出せていないということであれば、志願者たちは当然離れていくのです。これと似たジレンマ構造はどこかで見たなぁ……と思っていたら、何のことはない。日本の少子化・年金問題でした。

 また、大学教授が教員として就任する場合にも、配置する各科目それぞれについて、文部科学省が要求する数々の条件をクリアしていなければなりません。信州大学は、その条件クリアをねつ造していたわけです。

 有識者でつくる文科省の「大学設置・学校法人審議会」は、設置予定の法科大学院について、施設の状況や、個々の教員が担当科目を受け持つ能力があるかどうかなどの点について審査します。その審査は、法科大学院をつくりたい組織が申請してきた内容をもとに行われます。そして、その申請に関して、文科省が各大学に示した「大学設置申請書類作成手引」では、発行・発表予定の論文や著書につき、申請以降に投稿予定のものは含めないよう指示しています。

 予定教員のデータの中で、何が設置認可のプラス要素で、何がマイナスに作用するのかは、ほとんど知らされていません。たとえば「大学での指導歴が5年以上の者」だとか「教員の年齢構成は、過半数が60歳以下になるように」などは、文部科学省が求めているとされる目安ですが、細かいところは非公表とされています。ただ、「どうやら、過去5年間の論文の内容や数が重要らしい」というのが、暗黙の了解事項になっている模様です。

 「直近5年間の論文実績」と聞いて、ここ十数年ほど論文を書いていない信州大学の教授たちは、あわてて論文を執筆しにかかったのだろうと考えられます。新しく発足する大学院の設置に向けて、つじつまを合わせる目的での学術論文だったのかもしれません。しかし、大学院の申請期日までに書き上がらなかったと。
 そこで、やむなく現在進行形で執筆中の論文を「完成」として申請したのでしょう。「いくらワシが遅筆でも、大学院が始動する頃にゃあ論文は出来上がっとるんだから、文句無いじゃん。 だいたいさぁ、文科省もそこまで厳格にチェックせんだろう。 しょせんお役所だし。うちらみたいな国立大学法人は甘く見てくれるだろう」と踏んでいたのでしょう。残念ながら、そうは問屋が下ろしませんでした。

 「大学設置・学校法人審議会」のやり方は、決してぬるくないぞ、あなどれんぞ、ということは、すでに世間に了解済みだったはずです。信州大学は、なぜそれを忘れてしまったのでしょう。

 2003年に、北は北海道大から南は琉球大まで、全国で72校が、法科大学院の第1次設置に名乗りを上げました。そのころから既に、文部科学省はうるさく各校に文句を付けていたことから、「ひょっとしたら、このうち半数ぐらいは認可されないんじゃないか」として、先行きを危ぶむ声もありました。でも、審査は形式的なもので、どうせ全部認可されてシャンシャンだろ? オレたちにはわかってんだぜ? という予定調和の空気が支配的だったのも確かです。

 しかし、文部科学省はマジでした。関係者たちを震撼させた、同年の「11・21事件」。72校中4校に「設置不認可」を、2校に「設置保留」を言い渡したのです。

 青森山田学園が設置しようとしていた「東京法科大学院」は、某司法試験予備校との提携が嫌がられ、ボツになりました。全般的に新司法試験の受験対応に偏っており、「鋭い人権感覚を持った弁護士の育成」という教育理念が形だけのものだと指摘されてしまったのです。同学園は、募集定員を100名と比較的多めに設定し、社会人挑戦者向けの夜間指導を計画していました。仕事を終えた彼らが夕方から大学院に通いやすいよう、年間1億円以上のテナント料をかけて、渋谷駅前の一等地に校舎とキャンパスを確保していたのです。
 ただ、今年か来年あたりに再申請のウワサもありますので、今後の動向に注目です。

 京都の龍谷大学法科大学院も、某司法試験塾と提携し、東京の施設を借りて運用することになっていました。こちらは6月の段階で、申請書に提携の事実を記載しておらず、しかも、文科省が正式に説明を受けたのは、設置答申(11・21事件)の1ヶ月前だったということで、その不意打ち行為が逆鱗に触れ、マイナス要因になったらしいです。そのおかげで「自ら創造的に思考する法曹を育てる、という理念にかなった教育が実現可能であると判定することは困難」と言われてしまいました。

 残りの不認可2校(愛知学院大学・北陸大学)と、保留2校(大阪大学・専修大学)については、今回の信州大学事件と似たような、教員体制の不備に関する物言いでした。特に国立、しかも旧帝大である阪大がクレームを受けてしまったことは、誇りを傷つけられショックだったようですね。

 1年半前に起こったばかりの、このようなゴタゴタを、ついつい信州大学は「対岸の火事」として捉えてしまったんじゃないでしょうか。そこに、「ウソ申請問題」を生じさせてしまった最大の原因があるように思えてならないのです。

めざせロースクール、めざせ弁護士
448403218X宮沢 節生 池添 徳明

おすすめ平均
stars大宮ローはすばらしい。
stars特に社会人の志望動機に参考になります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

黒が白になる

 『黒が白になる』……それはもちろん、マイケル・ジャクソン被告の肌の色を指して言っておるわけではございません。米カリフォルニア地裁は、本日、マイケルさんの容疑10件すべてを疑わしいとして、無罪の評決を下しました。

 私がまだレジ打ち派遣をしていた頃、仕事上の唯一の理解者だった某新宿区100円ショップの、前の店長から言われたことがあったんです。『ナガミネ君、マイケル裁判について調べたりしないの?』と。
 それに対して『いえ、あんまり興味ないです。ライブドアとフジの件のほうが、まだ調べ甲斐がありますねぇ』と答えていました。マイケル裁判って、結局は『出された証拠や証言から、どういう事実を認定するか』という問題に終始してますから、実際に証拠を見聞きしていない外野が口を出す余地って、あんまり残ってないんですよね。

 そりゃまぁ、カリフォルニア州の法律にだって、もちろん口は出せませんけど。まったく何も知りませんので。ただ、私としては、アメリカの陪審員制度を、4年後に日本で始まる『裁判員制度』と重ねて見ています。

 アメリカ全土でも、マイケルさんの『疑惑』について、あれだけ大々的にマスコミがあおっていたんですよ。黒を白にして、鼻をつまみ出して、赤ん坊をマンションの窓から放り投げようとした、マイケルさんの『奇行』を連日報じて。そんな奇行と重ねて『疑惑』を伝えたり。
 そんな空気や先入観に流されず、果たして日本の裁判員は、無罪の可能性を少しでも考慮に入れることができるのだろうか、と。また、そうして裁判員という素人が出した結論を、一般国民が受け入れ、支持することができるのだろうか、と。

 私が最も注目したのは、全面的に負けてしまった検察側のコメントです。素人に恥をかかされて、刑事裁判のプロフェッショナルとしては相当プライドは傷つけられているはずです。しかし、『評決は受け入れる』と締めくくり、毅然とした態度をとりました。
 もちろん、受け入れるしかない状況なのは確かですが、あの検察官の立ち振る舞いから、陪審員というシステムと、その歴史に対する敬意を感じました。訴訟国家のプラス面を見た気がいたします。


 本件で選ばれた陪審員12名の中には、黒人がひとりも含まれておらず、人種的な偏見を前提にしての『マイケル不利』説が、まことしやかに囁かれていました。それでも陪審員らは全員一致で、

 ・ 検察の出した証拠が不十分。
 ・ 被害を受けたとされる少年の母親が、カネ目当てのような言動をしており怪しげだ。
    (1)少年とマイケルさんが、同じ寝室でともに
     寝ることを事前に了承していた。
    (2)別の裁判で勝ちとった賠償金でプラズマ
     テレビを買ったらしい。
    (3)“ネバーランド”管理アシスタントの女性
     に対して、脱毛処理のため、市街地の美容
     サロンに連れて行くよう要求。この時の費用
     はマイケルさんが負担したらしい。

……といったことを重視し、世間の雰囲気から独立して無罪の評決を出したのです。

 陪審員らは『疑わしきは罰せず』の原理を念頭に、中立公正を貫いてみせたんでしょう。また、マイケルさんの『やり手弁護士』は、今回どういう形で動いたのか、興味があります。
 一方で、密室での出来事だということもあって、犯行の立証は困難を極めたんじゃないかと思われます。訴追側も大変だったはずですよ。ただ、気になるのは、特に女性陪審員らが耳をふさいで嫌がったといわれる、あの生々しい起訴状の記載内容です。ありゃいったい何だったんでしょうか。そして、こんなわいせつ裁判に巻き込まれてしまった少年らは、これからスクスクと育っていけるのでしょうか。同級生の女子や年上のおねえさんに、ちゃんと発情できるのでしょうか。少し心配です。

 まぁ、いずれにせよ、この評決は、アメリカ全土にセンセーショナルな衝撃を与えたのは間違いないようですね。ハリウッドでもなかなか作れない逆転劇の物語だといえましょう。

 カリフォルニア州の法律によると、この事案での控訴はできないらしいですね。無罪が確定します。細かいことは分かりませんが、どうやらこれで裁判も『おしマイケル』といったところでしょうか。

406212940Xマイケル・ジャクソン 少年愛と白い肌の真実
ボブ・ジョーンズ 楡井 浩一

講談社 2005-06-10
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年6月13日 (月)

司法試験挫折後…… 「人生再建」あれこれ

 司法試験の世界では、すでに「2008年問題」「2009年問題」ということが囁かれています。

 弁護士・裁判官・検察官になりたいと、うかつにも夢見てしまった者たちに、現在は2つの方法が与えられています。今までの司法試験を受験する方法と、法科大学院という特殊機関に通って修士号をとり、来年から新しく実施される司法試験を受ける方法です。
 法学部出身である、生粋の「法律漬け」院生は2年、他学部から来た人は3年で法科大学院を修了することになっていますから、首尾良くいけば、各大学院の1期生は、それぞれ、2006年、2007年から新司法試験の受験資格をゲットすることになります。

 受験センスがある人の立場で見たら、大学に2年間通って単位を揃えれば誰でも受験可能な従来の司法試験は、合格することで、一気に「社会的ステイタス」と「高収入」と「先生呼ばわり」を同時に獲得できるステップとなりえます。しかし、司法試験は、何回受けても受けても受けいれられず、先の見えない不安と同じことの繰り返しで、不器用な者たちの精神を傷めてしまいかねない暗黒面も持ち合わせています。良く言えば粘り強く、悪く言えば往生際の悪い者たちを、ずっと底なし沼にハメてきたのが、今までの司法試験です。

 そこで、新しい司法試験は、『5年間で3回』という受験制限を設けました。これからは、司法試験の年間合格者数が3000人に増やされます。それで3回受けてもダメな受験生は、法曹界にとって粗悪な人材なのだから要らん。言うことを素直に聞いてくれるお利口さんだけを純粋に選別しよう、という小賢しくも真っ当な方針です。
 受験制限に『5年間で3回』という、若干の幅が設けられているとはいえ、早く法律屋になって現場に出たいと願う受験生なら、よほどの事情がない限り3年連続で挑戦します。すると、受験3年目にあたる2008年や2009年以降、司法試験の受験制限を切らしてしまった浪人たちが、日本中に溢れることになります。それが、2008年ないし2009年問題と呼ばれるものです。

 最終合格者は当然、蝶よ花よと大切に育てられ、各方面の有力者たちがこぞって、エリートへの『王道』を連続的に指し示してくれることでしょう。しかし、相対評価の抽選から漏れた者は、あきらめて民間企業に就職するなどして、それぞれの『人生の再建』を求められるわけです。たしかに、予備試験合格などで再度司法試験の受験資格を得るという選択肢もありますが、そこは鬼の棲む熾烈な競争地獄。ヘタすれば現行司法浪人以上の泥沼に陥るであろうことは目に見えています。
 当然ですが、司法試験委員会は、ダメな受験生に不合格を言い渡しても、再就職の世話までしてくれるほどお人好しではありません。おじいちゃんたちは、毎年の問題づくりと採点でお忙しいんですから。これ以上仕事を増やしたら、お身体に障ります。

 法曹資格を得るために多額の投資をしながら、結局は志半ばに撤退を余儀なくされてしまう。われわれにとって、いったん外れたレールにまた乗っかろうとするのも、レールに見切りを付けて新しい道を求めるのも、まるっきり自己責任です。なぜなら、司法試験は公営ギャンブルだからです。ハイリスク・ハイリターンを公認する国家政策なのは、法律屋を目指す前の段階で、誰もが大なり小なり覚悟していますから、これはやむを得ません。

 長年ダラダラと司法浪人を続けたあげく、結局『王道』を踏み外した世間知らずのアナタを、再就職の面接で嘲笑する面接官もいるでしょう。めでたく企業法務のイスにありつけても、法の理論面しか学習していないアナタを『けっ、使い物にならん』と、苦虫を噛みつぶしたような顔で小バカにする年下の上司もいるはずです。

 そこで、そんな現状を憂う私は、一般企業の方々に向けて、どうか司法試験挫折者を邪魔者扱いしないでいただきたいと、声を大にして訴えていきたいのです。2008年に間に合うように。

 別に温かく迎えなくてもいい。ただ、せめて理解だけはしていただきたいと願い、このブログで、いろんな挫折者の生き方を随時ご紹介していきます。私も、これからネット上や書籍・雑誌で探していきますし、皆さまからの自薦・他薦も大歓迎です。

 なにも、合格者だけにデカい顔をさせておくことは無いんです。司法試験に魂を売ってしまった暗い経歴を引きずっている、司法試験挫折者たちだって、『あぁ、あのとき落とされて助かったわぁ』と、もっと胸を張っていいはずなんです。

 おそらく、有名人や成功者と呼ばれている人たちの中にも、過去に司法試験で失敗した方がたくさん埋もれていると私は見込んでいます。そこを発掘して、お一人おひとりに勝手なスポットライトを当てていければと考えております。

 もちろん、会社に収まるだけでなく、たとえば、文章を書くのが3度の飯より好きだという挫折者は、私のようにライターへの道を模索するのも結構でしょう。この私も、まだまだ見苦しくもがいている最中ですが、少しでも『未来の挫折者たち』にヒントを分けていけるようなもがき方をしたいものです。




| | コメント (7) | トラックバック (2)

2005年6月12日 (日)

「法律占い」で、ズバリ当てるわよ

http://u-maker.com/57770.html


> みそしるさんは 民法657条 です!

 ろ、657条? 突然そんなマイナー条文を持ち出してこられるとは……、何の条文だったか一瞬思い出せませんでしたよ。なかなか一筋縄では行かない占いのようです。


> ● 民法657条【寄託】

 でも、よかったです。「みそしるさんは 民法587条【借金】です! ふくらむ利息と引き替えに、無謀な夢がしぼんでいくから気をつけて」なんて書かれてたら、危うく富士の樹海へ旅立つところでした。

 ありがとうございます。これからも、いろんなものを受寄させていただきますんで、よろしくお願いします。ちなみに私、銀行に消費寄託しているもの(預金)が、ジリジリと減っていっておる今日この頃です。


> 民法657条のあなたは、とても思いやりに満ち溢れ
>た人。細かな気づかいで相手を幸せに出来る人です。

 ありがとうございます。あなたの幸せが私の幸せです。


> なので、人から頼まれたことは断る事はできませ
> ん。悩みの相談にのることも多いのでは?

 あぁ、当たってますね。派遣先から明らかに無茶な仕事が依頼されても、「せっかく探してきてくれた仕事だから、乗ってみるか」と思ってしまい、結局ババを引かされるタイプです。もう、労働力を平気で使い捨てる派遣のやり方には懲りました。


> しかし、仕事や勉強や恋でも、自分が望んだ場所
> や物とは結果的に違うものになったりして、悩むことも
> 多いようです。

 当たってます。でも、人生の悩みって、唯一そういう「理想と現実のギャップ」に関することしか無いような気もいたしますけどね。すみません、空気も読まずにマジなこと書いて。


> そんな時は今度は、あなたがまわりに相談して
> みましょう。普段、よくしてくれてるあなたの頼みです。
> まわりも快く相談にのってくれるでしょう。そして、
> あなた自身もより成長出来るはずです。

 ほぉ。そういうことになってるのですか。どなたか、私を成長させてください。

 ……と、お遊び占いに対して、ひとつひとつ律儀に答えてしまうあたり、私はやっぱり「細かな気づかい」の人なのか。 などと自分で言うとるうちは世話ないわ。


> ● みそしるさんの開運ポーズは、三角座りです!

 おぉ、ビックリした。一瞬「M字開脚」が頭に浮かんだ。

 ……体育座りのことですかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年6月11日 (土)

おすすめ本「放送禁止歌」

放送禁止歌
4759254102森 達也

おすすめ平均
starsノンフィクションの星
starsいい本だけど せつないね
stars最近の大収穫
stars哀悼 山平和彦さま
stars放送禁止歌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 放送法第1条第2号「放送の不偏不党、真実および自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」……

 私が「放送禁止歌」と聞いて真っ先に連想してしまうのが、つぼいのりお氏の「金太の大冒険」だったりするのが恥ずかしいですが、たとえば「金太の大冒険」が、リリース後わずか2,3週間でラジオ放送禁止になったり、梅宮辰夫兄貴の「シンボルロック」も放送禁止扱いになった理由は、だいぶわかりやすいと思います。単純に、当時の価値観で「品が無かった」からです。
 この本は、「闘うエンターテイメント」が規制されていく様子を通して、同和や反体制という時代背景を浮き彫りにしようとする、非常に興味深い構成で展開されています。放送の世界にある「政治」が見えてきます。

 それに、意外な曲が民放連によって「要注意歌謡曲」に指定されているのも目を引きます。ピンクレディーの「SOS」も、「不適当な箇所を削除・改訂すれば可」という取り扱いだったらしいです。それは「♪男は狼なのっよー」の歌詞が眉をひそめられたわけではなく、イントロ部分にあるSOSを表すモールス信号が、災害や緊急事態が発生したとの誤解を生みかねないからだとのウワサ。
 ただ、モロに公共の電波に乗せられなかった「イムジン河」や「自衛隊に入ろう」は、要注意歌謡曲としてリストアップされていないのが不思議です。こちらは本当に自主規制で、現場の判断だということなんでしょうね。きっと。
 

放送禁止歌
4334782256森 達也

おすすめ平均
starsノンフィクションの星
starsいい本だけど せつないね
stars最近の大収穫
stars哀悼 山平和彦さま
stars放送禁止歌

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

私の知らない航空法の世界

 日航は、大阪乗員部所属の機長(59)が、気管支ぜんそくで服薬していたことを会社に3年間報告せず、乗務を続けていたことを明らかにした。

 日航は機長の乗務を停止し、同日までに国土交通省に報告。同省は、薬物の影響で正常な運航ができない恐れがある場合の操縦を禁じた航空法に違反した疑いもあるとみて、行政処分を検討している。

 日航によると、機長は2002年1月に気管支ぜんそくの診断を受けて以降、今年5月までに計30回通院し、症状が出た時には服薬もしていた。この間、運航乗務員に義務付けられた年2回の航空身体検査はパスしていたが、今月6日の検査で肺活量が基準値以下だったため医師が確認したところ、服薬を認めた。処方薬を確認したところ、眠気が出る恐れのある薬で、航空法に抵触する疑いがあるという。 (四国新聞) 2005/05/27


 

 少し前のニュースですが、気になったので採り上げてみました。 ちなみに、航空法施行規則には、身体検査基準が法定されているんですが、そのひとつとして『活動性の呼吸器系疾患がないこと』という条件が、バッチリ書かれています。


 同じころ全日空も、操縦士13人が乗務前に飲酒していたということで、処分を受けていましたが、薬の服用禁止と同じ条文で規制されているものだったんですね。航空法70条です。
 
 
 
◆ 航空法 第70条(酒精飲料等)
 航空機乗組員は、酒精飲料又は麻酔剤その他の薬品の影響により航空機の正常な運航ができないおそれがある間は、その航空業務を行つてはならない。

◆ 航空法 第149条(所定の資格を有しないで航空業務を行う等の罪)
 次の各号の一に該当する者は、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
   三  第70条の規定に違反して、その航空業務に従事した者
 
 
 
 ただ、飲酒の件は、全日空の内部規則(乗務前12時間以内の飲酒禁止)に触れたということでの処分だったようです。法律上は、そこまで具体的な数字を出して禁止してはいない様子であります。

 航空法の世界も、意外と面白そうですね。30年の歴史がある愛知県の「常滑納涼大花火大会」は、今年は航空法の規制がアダとなって開催が危ぶまれていたのだそうです。なぜなら、近くに中部国際空港ができたからです。
 原則として滑走路の中心から半径4キロ以内では、最高到達点が150メートル以上になる花火を打ち上げることができず、国交省が航空機の飛行に影響を及ぼす恐れがないと認めた場合に限り、打ち上げが可能になるとのこと。

 「常滑納涼大花火大会」の打ち上げ場所は、滑走路の中心から北東約3.5キロの地点。尺玉だと高さ375メートルに達するため、開催の是非の判断は国に委ねられました。そして先日、「航空機の運航に支障なし」として、ゴーサインが出たようです。よかったですね、常滑市。
 
 
 
◆ 航空法 第99条の2(飛行に影響を及ぼすおそれのある行為)
 何人も、航空交通管制圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない。ただし、国土交通大臣が、当該行為について、航空機の飛行に影響を及ぼすおそれがないものであると認め、又は公益上必要やむを得ず、かつ、一時的なものであると認めて許可をした場合は、この限りでない。

◆ 航空法施行規則 第209条の3(飛行に影響を及ぼすおそれのある行為)
1 法第99条の2第1項 の航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為で国土交通省令で定めるものは、次の各号に掲げる行為とする。
   一  ロケット、花火、ロックーンその他の物件を法第99条の2第1項 の空域(当該空域が管制圏である場合にあつては、地表又は水面から150メートル以上の高さの空域及び進入表面、転移表面若しくは水平表面又は法第56条第1項 の規定により国土交通大臣が指定した延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域に限る。)に打ちあげること。
   二  気球(玩具用のもの及びこれに類する構造のものを除く。)を前号の空域に放し、又は浮揚させること。
   三  模型航空機を第1号の空域で飛行させること。
   四  航空機の集団飛行を第1号の空域で行うこと。
   五  ハンググライダー又はパラグライダーの飛行を第1号の空域で行うこと。
2 法第99条の2第1項 ただし書の許可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した申請書を国土交通大臣に提出しなければならない。
   一  氏名、住所及び連絡場所
   二  当該行為を行う目的
   三  当該行為の内容並びに当該行為を行う日時及び場所
   四  その他参考となる事項
 
 
 
 ちなみに「ロックーン」とは、気球にロケットをくくりつけて飛ばし、ある程度の高度を稼いでから発射させるという、創生期のロケット技術なのだそうです。 へぇー、ロックーン。
 
 
 
◆ 航空法 第56条(第一種空港等の特例)
1 国土交通大臣は、第一種空港及び政令で定める第二種空港について、延長進入表面、円錐表面又は外側水平表面を指定することができる。
2 延長進入表面は、進入表面を含む平面のうち、進入表面の外側底辺、進入表面の斜辺の外側上方への延長線及び当該底辺に平行な直線でその進入表面の内側底辺からの水平距離が15000メートルであるものにより囲まれる部分とする。
3 円錐表面は、水平表面の外縁に接続し、且つ、空港の標点を含む鉛直面との交線が水平面に対し外側上方へ50分の1以上で国土交通省令で定める勾配を有する円錐面であつて、その投影面が当該標点を中心として16500メートル以下で国土交通省令で定める長さの半径で水平に描いた円周で囲まれるもののうち、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要な部分とする。
4 外側水平表面は、前項の円錐面の上縁を含む水平面であつて、その投影面が空港の標点を中心として24000メートル以下で国土交通省令で定める長さの半径で水平に描いた円周で囲まれるもの(投影面が水平表面又は円錐表面の投影面と一致する部分を除く。)のうち、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要な部分とする。
 
 
 
 ……うーむ、この条文からどうやって、「滑走路の中心から半径4キロ」という、花火打ち上げ禁止区域を読み取ることができるのだろうか。くっそー、文系にはわからん。 どうせ……、オレなんか、分数の足し算のテストで0点とった伝説の持ち主さ。どうせ。
 と思ってたら、56条は何の関係も無かったことが判明しました。 あぁよかった。あやうく数学コンプレックスが悪化して立ち直れなくなるところだった。
 
 

◆ 航空法 第2条(定義)
8 この法律において「水平表面」とは、飛行場の標点の垂直上方45メートルの点を含む水平面のうち、この点を中心として4000メートル以下で国土交通省令で定める長さの半径で描いた円周で囲まれた部分をいう。
 
 
 
 それでも、ボンヤリとしか意味がわからん。それに『飛行場の標点』って、航空法の中で定義されてないんですけど。何なんだろう……。  まぁいいわ、飛行機を安全に飛ばしてくれさえすれば。

 あぁ、ロケットとバルーンで、合わせて「ロックーン」か。ハイハイ、今わかりました。
 なるほどねぇー、ロックーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

刑事訴訟法475条2項

◆ 刑事訴訟法 第475条
1 死刑の執行は、法務大臣の命令による。
2 前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。
 
 
 
 死刑確定から、わずか半年で法務大臣がハンコを押すという運用は、実際にはされておりません。死刑被執行者のページをご覧いただくとわかりますが、だいたい5,6年、長くて10年以上経過してから、忘れた頃に許可を出す形になっています。
 昨年、大阪の小学校乱入 児童殺傷事件で死刑判決を受けた囚人が処刑されました。死刑確定(控訴取り下げ)から1年が経過していたんですが、それを指して『異例のスピード処刑』と報じられていたほどです。

 なんだか、法務大臣だけが死刑に関して重責を担っているようですが、もちろんそんなことはありません。死刑を言い渡した裁判官、死刑を求刑した検察官、実際に絞首刑を執行する刑務官、法務大臣を任命した内閣総理大臣……。ひいては現在の法制度を享受するわれわれひとりひとりが、その『死』について責任を負っています。

 もちろん、刑が執行されないまま、何十年も拘置所で死刑囚として毎日を過ごす人もいます。これは形式的には違法状態なのですが、中には、再審請求が認められ、裁判のやり直しを行う場合もあります。死刑という刑罰の最大の弱点は、死刑囚がぬれぎぬを着せられていた場合に取り返しが付かないことです。

 私な、死刑という物騒な刑罰は、無いに越したことはなかろうと思っています。しかし、無いに越したことはないから無くすべきかは別の問題です。『死刑は国家による殺人だ』と主張する人は、仮釈放の可能性を断つ「終身刑」を、死刑の代替に据えようとします。では、終身刑は国家による殺人ではないのでしょうか。終身刑って、早い話が『軟禁殺人』ですよね。非人道の度合いに関して、どこかに根本的な違いでもあるのでしょうか。

 身勝手な殺人・死体遺棄事件が横行し、それらを憎み、恐れる気持ちを持っている以上、『国家による殺人』は、われわれ国民が引き受けて、抱えこみ、支えておかなければならない『罪』だと思います。それに、私はもう、『殺人事件もイヤだが、死刑もイヤ』と、無邪気なワガママを言えるような歳じゃありませんし。

 だからこそ、死刑が予告なしに行われたり、情報が隠蔽されたりしてもならないと考えます。死刑制度を支える責務を負う者は、死刑の現実を知る権利も持ててしかるべきです。(※当然ですが、なにも『公開処刑をしろ』と言っているわけではございません。念のため)
 
 
 
■ 南野法務大臣 就任記者会見 2004/09/27
 
 【Q】法務大臣になられると、必ず死刑の問題に直面すると思うんですけれども、その死刑制度に対する基本的なお考えと、その運用についてですが、先日執行された死刑は、確定から1年という短期間で執行になりました。この点について賛否もあったわけですけれども、どのように執行対象を選んでいかれるのか。

 【A】死刑についてどう考えているかということだろうと思いますが、いろいろな方々がいろいろなことをお考えになられると思いますが、大半の国民の方々もやはり死刑というものについてはいまだそのまま賛同している方が多いのではないかと思っております。そういう意味では、現在の法体系ということについて、さらに死刑はだめよということは今の時点では申し上げにくいことではないかなと思っております。
 それから、死刑執行に当たってどのように考えているかというお話でございますが、これは個別にいろいろな課題があろうかというふうに思っております。個別の案件につきましては、少し差し控えさせていただきたいというふうに思っております。この前死刑があったじゃないかというお話でもございましたが、その案件につきましても、これは個別の課題というふうに理解したいと思っておりますので、その件につきましては、どうぞご容赦いただきたいと思っております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

ブログのゴーストライター はじめました

 ただ今、どうしようもないぐらい頭が痛いので、いますぐ横になりたいんです
が、もう少しだけ耐えつつ、お知らせいたします。

 メルマガで予告しておりました「ブログの代行執筆」、本日から開業いたします。

http://homepage2.nifty.com/misoshiru/writing/

 たとえば、頭痛がひどくて横になりたい日、ブログの更新をこなすのは面倒です
よね。そんなあなたに代わって執筆いたします。ご自分のブログが知らない間に
自動的に更新されている心地よさ、ぜひ体験してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 7日 (火)

「みだらな性交」?

 14歳の少女を自宅に連れ込みわいせつな行為をしたとして、警視庁少年育成課は6日までに、東京都江戸川区の会社員(24)を都青少年健全育成条例違反で逮捕した。18歳未満の青少年との性行為を禁止した改正都条例は今月から施行されており、初摘発。

 調べによると、容疑者は先月31日、JR北千住駅前で都内の中学2年の少女(14)に声をかけ、携帯電話の番号を交換。その後、同駅近くで待ち合わせて自宅に連れ込み、少女にわいせつな行為した疑い。

 調べに対し、容疑者は「好みの子だったので声をかけた。(幼くて)まずいと思ったが抑えきれなかった」と供述している。 (日本経済新聞)

 先月31日、つまり施行日の前日に知り合った。それで処罰されているということは、日を改めて、施行日(6月1日)以降に会い、事に及んだということでしょうね。そこでもっと検索をかけて見つけました夕刊フジの報道によりますと「6月2日」ということでした。本人たちにしてみたら「タイミングが悪かった」ということになろうかと思われます。
 
 
◆ 東京都青少年の健全な育成に関する条例 第18条の3(青少年の性に関する保護者等の責務)
1 保護者及び青少年の育成にかかわる者は、異性との交友が相互の豊かな人格のかん養に資することを伝えるため並びに青少年が男女の性の特性に配慮し、安易な性行動により、自己及び他人の尊厳を傷つけ、若しくは心身の健康を損ね、調和の取れた人間形成が阻害され、又は自ら対処できない責任を負うことのないよう、慎重な行動をとることを促すため、青少年に対する啓発及び教育に努めるとともに、これらに反する社会的風潮を改めるように努めなければならない。
2 保護者及び青少年の育成にかかわる者は、青少年のうち特に心身の変化が著しく、かつ、人格が形成途上である者に対しては、性行動について特に慎重であるよう配慮を促すように努めなければならない。
3 保護者は、青少年の性的関心の高まり、心身の変化等に十分な注意を払うとともに、青少年と性に関する対話を深めるように努めなければならない。

◆ 第18条の4(青少年の性に関する都の責務)
 都は、青少年の性に関する健全な判断能力の育成を図るため、普及啓発、 教育、相談等の施策の推進に努めるものとする。
 
◆ 第18条の5(安易な性行動を助長する情報を提供しないための自主的な取組)
 青少年に対して情報の提供を行うことを業とする者は、青少年の安易な性行動をいたずらに助長するなど青少年の性に関する健全な成長を阻害するおそれがある情報を提供することのないよう、自主的な取組に努めなければならない。
 
◆ 第18条の6(青少年に対する反倫理的な性交等の禁止)
 何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない。

◆ 第24条の3(罰則)
 第18条の6の規定に違反した者は、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
 
 
 売買春に限らず、18歳未満との性交を一律に禁じる、いわゆる「恋愛禁止条例」は、私が知っているだけでも、他に北海道・岐阜・富山・福岡にあります。金のチカラに頼らず、男の魅力とノリで落としたのに、どうして処罰を受けにゃならんのか、何もハレンチなことはしていない、という反論は考えられます。が、それは女を口説き落としたというより、子供だましに近いでしょう。このまま、日本の男たちのロリコン趣味が進めば、少子化はさらに加速します。公的政策としても、ガキンチョ狙いのニャンニャンは規制するのが相当でしょう。

 別に青少年の恋愛を禁止しているわけじゃないのです。コンドームの付け方なんか知らなくても恋はできます。そんなことより、女がある男を尊敬し、尽くして振り回され、男がある女に惚れまくってバカ丸出しになる経験こそ真っ先に、若いうちに積ませるべきだと思うんですね。
 それに、「恋愛禁止条例」は、結婚を前提としている者同士まで規制するような運用は、ほとんどなされていません。あっちゃなりませんが、あるとすれば例外事例に属します。また、18歳未満の青少年同士の性交に関しても問題にされず、事実上黙認されているのが現状です。

 子どもが成人するまでの間、「オトナの快楽」は徹底的に排除すべきだと私は考えます。特に性的快感は強烈なものですからね。むしろ、「本気で惚れた相手とじゃなければ、セックスなんか少しも気持ちよくない」ということをキッチリ教え込むべきです。それはあながちウソでもないですし。
 早い段階で「オトナの快楽」へ突き進んでしまう子どもが一部にいるのは、そういった性体験以外に彼ら、彼女らを支えてくれるものがないからです。誰よりも早く「オトナ」になったという優越感でしか自分を肯定できないのだとすれば、たしかに、子どもの世界から「オトナの快楽」を排除するだけでは、オトナの責任として十分でないかもしれません。少なくとも、彼らの気持ちを酌む努力はすべきなのでしょう。

 また、家庭内でも、性的な事柄は忌み嫌われるのがまっとうではないかと思います。母親に隠れてエロ書物やエロ映像を鑑賞する、ほのかな後ろめたさに包まれた行動によって、少年はマザコンになりすぎず、よりよい距離感が保たれるのだと考えるわけです。だから母親は、息子のエロ行動を徹底的に潰しにかかるべきなんです。そんな親の目を盗んでいく過程で、男子に少しずつ知恵が付いていきます。

 情報化社会だからといって、何から何までオープンにするのでは、夢も希望も活力もない平板な世の中しかもたらされないのではないかと危惧します。青少年のエロ(幻想)は、社会ぐるみ(現実)で崩していくのが、バランスがよく、アイデアにあふれる人材を育てる第一歩になりえます。まぁ、バランスがいい連中ばかりでもつまらないんですが、自然と変なヤツも一定割合で混じってくるようになりますから、それはいいんです。

 むしろ、都の青少年条例が問題なのは、純粋に法的な観点としてですね。かつて、福岡県の青少年条例10条1項(当時)にある「何人も、青少年に対し、淫行又はわいせつの行為をしてはならない」という文言の解釈が刑事裁判で争われ、1985年に最高裁まで持って行かれたことがあります。なにが問題かというと、『淫行』という言葉があいまいすぎて、取り締まる側の都合でいくらでも意味が広げられかねないため、憲法31条(適正手続)違反じゃないか、という点(明確性の理論)にあります。

 大法廷は、「淫行」とは、広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきでなく、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうものと解するのが相当である、との限定解釈をほどこし、条例を合憲、被告人を有罪としました。
 一方で、伊藤正己、谷口正孝、島谷六郎という、当時の3判事は、法文の漠然不明確性を指摘し、憲法31条違反で条例は無効、被告人を無罪とする反対意見を出しました。しかし、15人中3人の少数意見ですので、最高裁の判断に影響はありません。

 この問題は、性行為を規制する青少年条例に常につきまといます。性行為について、あんまり生々しく具体的に列挙するわけにはいかない、という事情もあるからでしょう。

 ただねぇ……、都条例18条の6にいう「みだらな性交又は性交類似行為」って何だ? じゃあ、みだらじゃない性交なんかあるのか? ところで『性交類似行為』って? あんなことやこんなことも含まれるのか? ……あらぬ想像を膨らませるだけなら、笑い話で済みますが、罰則付きの規制条例ですから、どこかで落としどころをつけないとマズいでしょうね。
 
 


| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

前の車のトランクから、人の手が…!

 「前の車のトランクから人の手が出ている!」――。3日午前10時半ごろ、福岡県北九州市小倉南区の路上を走行中の車の運転手から通報があり「殺人か? 拉致か?」とパトカーや白バイなど十数台が一斉出動する騒ぎがあった。定員5人の車に乗った6人目がトランク内から手を出していたためで警察は「人騒がせだが、大事件ではなくてよかった」と胸をなでおろしている。

 小倉南署によると、通報直後に北九州市警機動警察隊にも応援要請。車の進行方向の田川市までパトカーを配備した。約40分後、現場から約2キロ離れた同区長行東2の路上で車を発見し、パトカー6台で囲んで停車させた。運転していた同区の専門学校の男子生徒(20)から事情を聴いたところ「定員オーバーだったのでトランクに1人乗せた。息苦しいというので半分開けた」と話した。

 6人は同じ専門学校の同級生。遊びに行く途中だったという。運転者は道交法違反(定員オーバー)容疑で反則切符(反則金6000円▽点数1点)を切られた。いきなりパトカーに囲まれてびっくりした6人。署でもきっちりお灸(きゅう)をすえられて、しょげ返っていたらしい。
(毎日新聞)〔北九州版〕 - 6月4日


 
 
 まぁ、このトランクから手を出した6人目は、90%以上の確率で、出発前のジャンケンに負けたんでしょうね。「ただ、フタだけは開けとかんばよ。せめて酸素は吸わしてよ」という妥協をしたのでしょう。人の最低限の営みとして。

 で、パトカー6台に囲まれる大ごとになって……。ちょうど、1人1台あってよかったですね。パトカーのトランクにまで入りたくないですもんね。

 でも、5ナンバーでも乗れますよね。後部座席に4人。ちょっと腰やケツが痛くなりますが、少なくとも、トランクから1人手を出して乗るよりは、はるかに定員オーバーが目立ちませんよ
 乗車人員が5人だから5人しか乗れないと思い込むとは。青年たちのそのマジメさが、今回はアダとなってしまった模様です。……などと書いたら、まるで違反を助長しているようで、法律系ブログとしてはふさわしくないですかね。ごめんなさい。

 定員オーバーはダメですよ。ガソリンの無駄づかいになりますしね。

  
 
◆ 道路交通法 第57条(乗車又は積載の制限等)
1 車両(軽車両を除く。※中略)の運転者は、当該車両について政令で定める乗車人員又は積載物の重量、大きさ若しくは積載の方法(以下この条において「積載重量等」という。)の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。ただし、第55条第1項ただし書の規定により、又は前条第2項の規定による許可を受けて貨物自動車の荷台に乗車させる場合にあつては、当該制限を超える乗車をさせて運転することができる。

◆ 道路交通法 第55条(乗車又は積載の方法)
1 車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。ただし、もつぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第57条において「貨物自動車」という。)で貨物を積載しているものにあつては、当該貨物を看守するため必要な最小限度の人員をその荷台に乗車させて運転することができる。

◆ 道路交通法 第120条
 次の各号のいずれかに該当する者は、5万円以下の罰金に処する。
    十  第55条(乗車又は積載の方法)第1項(※中略)の規定に違反した者
    十の二  第57条(乗車又は積載の制限等)第1項の規定に違反した者(第118条第1項第2号及び第119条第1項第3号の2に該当する者(※貨物がらみ)を除く。)


 東京ではまだ見ませんが、福岡で原付に乗っていたころ、夏なんかに信号待ちしていると、軽トラックの荷台にガキンチョが何人か乗っていたりするのを見かけました。1回、そこにパトカーが通りかかって、急いで身を伏せているのがおかしかったり。私もガキの頃、大分の田舎で軽トラの荷台に載っけられて海にマテ貝を採りに行ったりしましたね。

 でも、こうして荷台に乗ったりするのも、トラックが走る道のりから判断して安全だと認められ、警察署長の許可を取っていればオッケーということになります。そういえば、走行するゴミ収集車に作業員がつかまっているのは道交法違反じゃないかというのが数年前に話題になりましたね。
 
 
 
 すみません。ただいま、有料版「法治国家つまみぐい」の創刊号が配信遅延しております。 張り切りすぎて、私にとっては負担が大きすぎるテーマを選んでしまったのか……。ただいま、メルマガ執筆でオーバーヒートした頭を休めておるところです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

日本の医療ミス訴訟 初の1000件超え

 全国の地裁に昨年起こされた医療訴訟が初めて1000件を超えたことが、最高裁のまとめでわかった。訴訟件数はここ10年で2.3倍に増えた。最高裁は(1)医療を受ける側の意識が「専門家にお任せ」ではなくなってきた(2)審理の迅速化で訴訟という手段が使いやすくなった――などが原因ではないかとみている。

 昨年の提訴は1107件。95年には488件だったが、毎年増え続け、03年は998件に達していた。04年末現在審理中の事件は2138件で、同じく過去最高。

 判決や和解などで終了したのは1004件と前年からほぼ横ばいだった。原告側の請求が一部でも認められたのは39.5%。ここ10年、4割前後を推移しており、民事訴訟全体だと8割以上、証人調べをしたものに限っても7割前後なのと比べるとかなり低めになっている。 (朝日新聞)2005/06/03


 

 勝訴率4割前後というと、意外と低いなという感じも受けます。私たちが新聞等で目にするのは、患者側勝訴の判決ニュースがほとんどですからね。
 今から35年前、昭和45年の統計で、医療訴訟における原告側勝訴率は約11%にすぎませんでした。それが、5年後の昭和50年に一気に30%超えを果たしています。逆に言えば、ここ30年間、原告の請求が認容された率は、ほぼ横ばい状態なんですよね。
 医療訴訟の専門弁護士も増えて、訴訟追行のノウハウも相当に蓄積されているはずなのに、裁判所がなかなか勝たせてくれないのは、どこに原因があるのか。関連して、日本の弁護士が訴えられる「弁護ミス訴訟」は、どうなっているのか。私はそっちのほうに興味があります。

 本当は「勝訴率」という言い方はおかしいんですけどね。医療ミスで大切な人を失ったり障害を負ったりさせられた、それぞれの原告にとっては、抱えているその1件が全てなんですから。

 しかし、あえて司法統計としての「勝訴率」を問題にすれば、国や地方自治体が被告となる行政訴訟なんて、いまだに住民側の勝訴率は1桁台という有りさまです。もちろん、いろいろ理由はあります。ちょっと政治色の濃い団体による、提訴のための提訴というのも混じってますから。

 にしてもです。そんな事情を差し引いても、結論が明らかに偏りすぎています。

 私は「正義の法律用語辞典」の中で、行政訴訟のことを「出来レースの別称」と書きました。ここまで露骨に行政の肩を持ち、あらかじめ結論が見えるような裁判しかできないのはなぜか。「肥大化した行政に、司法権が取り込まれている」といった抽象的な批判もできるでしょうけど、そもそも、住民側の勝たせ方を裁判官たちがご存じないからではないか……と、私は勘ぐってしまうのです。失礼ながら。
 一昔前の司法試験には、選択必修として「行政法」科目が用意されてましたけれども、かなりマイナーな存在でした。ましてや、ここ数年は選択科目そのものが廃止されています。それもあって、挫折者の私(1999年まで破産法を選択)も含めて、行政法をほとんど勉強していない法曹が大多数なんですよね。

 今、法科大学院時代の法曹志願者たちは、なにかにつけ「質が低い」「粗製濫造」と叩かれたりしています。しかし、院で医療訴訟について考察し、新司法試験の必修科目として、集中して行政法を学習している彼らに、私は熱い期待を寄せておるのです。勝手ながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

救いようのない「わいせつ語録」

女子中学生にわいせつな行為をしたとして神奈川県警神奈川署は31日、横浜市内の県立高校1年の男子生徒(15)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕したと発表した。

男子生徒は「女性に興味があり、体に触ると興奮するのでやった」と話しているという。 (毎日新聞)


 

 さ……さようでございますか。 女性の体に触ると興奮なさいますか。

 私もこういうふうに、自分に正直に、身もフタもなく生きてみたいものですね。たぶん、毎日ガマンしすぎなんだと思います。オスとして。


 高1男子の脳内を覗いてみると、約95%は間違いなくスケベ情報で占拠されています。今年30歳の私でこそ、さすがに、93%ほどに落ち着いてきましたが。

 高坊たちは、残りの5%を食事や睡眠、部活や趣味、しょうもないバカ話や連れションなどのために費やすのですから、勉学に注ぎ込める余力は、1%あって良いほうです。わずか1%の残り容量を使って、分詞構文やら微分積分を憶えなきゃならないんですから、本来は無茶な話なんですよ。

 でもね、しょうがないじゃない。だって、男の子だもん。

 私は高校卒業まで弟と2人部屋でしたので、いろんな「お楽しみアイテム」の隠し場所に特に苦労した思い出がございます。うまい隠し場所をなかなか開拓できず、そのせいで母親に通算4回ほど発掘されたでしょうか。敵もさるもの。そして、その後1週間ぐらいは、母親とただ一言交わすだけでも気まずいものです。
 だがねぇ、そういう『創意工夫』を重ねながら、オトナの男になっていくものなのだよ。 スケベだからこそ、生身の女を大切にしたくなるはずなのだ。

 キミはスケベ失格じゃ。出直してきたまえ。 スケベの先輩として忠告しておく。


 私が集めているニュースストックの中に、こんなものが埋もれているのを発見しました。このブログかメルマガで出そうと思って保管してたんでしょうけど、タイミングを逃して、そのまま忘れてましたね。今年3月の記事です。


 秋田県教育委員会は24日、女子生徒にキスを迫るなどのセクハラ行為をしたとして、同県山本郡の中学校の40代の男性教諭を停職3カ月の懲戒処分にした。

 県教育庁義務教育課によると、男性教諭は2001年度に当時勤務していた南秋田郡の中学校で、担当していた運動部の女子生徒を、体育館で練習中に廊下へ連れ出し、ミスをした謝罪としてキスをするよう迫った。また、用具室で同生徒の両肩をつかみ「一生懸命プレーする君が好きだ」 と言ったり、本をプレゼントするなどしたという。 (共同通信)


 
 こんな失態をさらす前に、早めに逮捕されてよかったのかもね。 > 男子生徒(15)


◆ 刑法 第176条(強制わいせつ)
 13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月
以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、
同様とする。

◆ 刑事訴訟法 第213条
 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日 (金)

投長!

「卵投会(らんとうかい)」と名乗り、タクシーを狙って東京都港区のアパート7階から生卵を投げつけたとして、警視庁は、同区に住む私立大学1年生(18)や都立高校2年生(17)ら少年4人を器物損壊などの疑いで逮捕した、と2日発表した。「バイクに乗っているので、邪魔なタクシーは敵だと思った」などと供述しているという。

少年事件課と赤坂署の調べでは、4人は3月17日未明、港区南青山1丁目にある12階建ての都営アパート7階廊下から、信号待ちをしていたタクシーに生卵を投げつけ、ドアなどを壊した疑い。運転手の男性(58)にけがはなかった。

リーダー格の大学1年生は高校時代、野球部に所属。仲間内で「投長」と呼ばれていた。昨年11月ごろから数回、1回あたり数十個を投げており、車のフロントガラスなどが割れたこともあったという。

調べに対し、「人が驚く様子が楽しかった。卵が地面で割れる音がたまらなかった」などと話しているという。 (朝日新聞)


 
 
 アホですねぇ。アホきわまりないです。 個人的には「卵投会(らんとうかい)」というネーミングセンスが嫌いじゃないだけに、そいつらがやったことに対して、余計に腹が立ちます。
 
  投長『邪魔なタクシーは敵だ!』
 
  一同「そうだ! タクシーは敵だぁぁぁ」

  投員A「お待たせしました 投長! タマを買ってまいりました!」

 副投長「バカ野郎ぉぉぉ! 投長専用の卵は茶色いヤツだと、何べん言ったら分かるんじゃあぁぁ!」

  投員A「すっ、すみませんっ! お許しください」

  投長『副投長よ。 もうそのくらいにしておけ』

 副投長「はっ、御意。 もうそろそろ、敵が来襲してくる頃でありますな」

  投長『者ども! ぬかるなよぉぉ!』

  一同「オォォォォ!  卵はみんなのために! みんなは卵のために!」

 副投長「Egg for all!」

  一同「All for egg!」

見張り投員「投長! 見えました。 300メートル先に個人タクシーです!」

  投長『よし、タマ用ーーー意!』

  一同「ラジャー! エッグ・スタンバイ!」

見張り投員「100メートル…… 50……  30……」

  投長『撃てぇぇーーーー! エッグ・ファイヤー!!』

 副投長「だ、ダメです! ヤツのスピードが速くて命中しません!」

  投長『どうせ、会社に遅刻しそうな客でも乗せとるんだろう。 えぇい、タマを貸せぃ!』

 副投長「と……投長。 皆の者、撃ち方やめぃ! エッグ・ブレイク!」

見張り投員「で……出るぞ。投長の必殺ワザが」

  投長『どりゃあああぁぁぁぁぁああぁ! エッーーーグ・スクランブルッッ!!』

 副投長「おぉ、タクシーがスピンしている! 投長のお投げになったタマで、路面がヌルヌルになっているのか!」

  投長『よし、投了だ』

  投員A「やったぞ! 遅刻しそうな客の妨害に成功だ!」

  投長『あぁぁぁ、タマが地面で割れる音がたまらんぜ』

  投員B「見てみろ、客のあのキレっぷり」

  投長『ハッハッハッ、愉快じゃ。 あの運ちゃん、客をひとり失ったわい。 しめしめ』

 副投長「皆の者! われわれの偉大なる領導者であらせられる、投長を胴上げだ!」

  一同「投長! 投長! 投長!」

 
◆ 暴力行為等処罰ニ関スル法律 第1条(※共同器物損壊)
 団体若ハ多衆ノ威力ヲ示シ、団体若ハ多衆ヲ仮装シテ威力ヲ示シ又ハ兇器ヲ示シ若ハ数人共同シテ刑法第208条(暴行) 、第222条(脅迫)又ハ第261条(器物損壊)ノ罪ヲ犯シタル者ハ3年以下ノ懲役又ハ30万円以下ノ罰金ニ処ス
◆ 暴力行為等処罰ニ関スル法律 第1条ノ3(※常習器物損壊)
 常習トシテ刑法第204条(傷害)、第208条(暴行)、第222条(脅迫)又ハ第261条(器物損壊)ノ罪ヲ犯シタル者人ヲ傷害シタルモノナルトキハ1年以上15年以下ノ懲役ニ処シ其ノ他ノ場合ニ在リテハ3月以上5年以下ノ懲役ニ処ス

 
◆ 道路交通法 第76条(禁止行為)
4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。
   四  石、ガラスびん、金属片その他道路上の人若しくは車両等を損傷するおそれのある物件を投げ、又は発射すること。
◆ 道路交通法 第119条
1 次の各号のいずれかに該当する者は、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金に処する。
   十二の四  第76条(禁止行為)第3項又は第77条(道路の使用の許可)第1項の規定に違反した者

◆ 軽犯罪法 第1条
 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
   十一  相当の注意をしないで、他人の身体又は物件に害を及ぼす虞のある場所に物を投げ、注ぎ、又は発射した者



| | コメント (4) | トラックバック (5)

2005年6月 2日 (木)

四十八の夜

 少年らとともに暴走行為に参加したとして、福島県警いわき中央署は25日、道交法違反(共同危険行為)の疑いで、同県いわき市の無職(48)を逮捕した。

 県警によると、同容疑では県内最高齢者の摘発で、容疑者は「若いころに暴走行為に参加した興奮が忘れられない。集会に参加したくなる」と話しているという。全国的に暴走族の“高年齢化”が進んでいるが、警察庁幹部も「そんな高齢の暴走行為は聞いた事がない」とあきれている。

 調べでは、容疑者は4月23日深夜、軽乗用車で、いわき市の国道6号バイパスで16~20歳の暴走族の少年ら10人と集団で蛇行運転などをした疑い。信号無視や低速走行、空ぶかしを繰り返していた。

警察庁によると、04年の暴走族に占める成人の割合は、5年前の約1・5倍となっている。(日刊スポーツ)


 
 
 オッサン、何やってんスか。 もう、人生折り返してるんですから。

 福島県最高齢の珍走が48歳ですか。 日本国最高齢を知りたいような、知りたくないような。

 今日は雨ですね。東京では、あさってまでぐずついた空模様だそうで。梅雨のはしりなのでしょうか。でも、雨の日にも珍走してる団員って、ほとんど見ないですよね。

 風が吹こうとヤリが降ろうと珍走活動。それぐらいの根性は見せていただきたいものです。

 なに中途半端にチンタラやりようとや。 自分の欲望を純粋に貫きたければ、徹底せえよ。 他人に迷惑をかけることすら地道にコンスタントにできんようじゃ、なにやったってダメやろ。
 
 
◆ 道路交通法 第68条 (共同危険行為等の禁止)
 二人以上の自動車又は原動機付自転車の運転者は、道路において二台以上の自動車又は原動機付自転車を連ねて通行させ、又は並進させる場合において、共同して、著しく道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく他人に迷惑を及ぼすこととなる行為をしてはならない。

◆ 道路交通法 第117条の3
 第68条(共同危険行為等の禁止)の規定に違反した者は、2年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

◆ 道路交通法 第119条
 次の各号のいずれかに該当する者は、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金に処する。
   一の二  第7条(信号機の信号等に従う義務)(※中略)の規定に違反した車両等の運転者

◆ 福島県暴走族等根絶条例
 午後10時から午前6時の間、バイクなどが路上で空ぶかしをした場合、20万円以下の罰金。(※空ぶかし罰則条例は全国初)
 
 
暴走族を珍走団とお呼び!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »