« 交番をねらって寸借詐欺 | トップページ | タクシー運転手を殴る弁護士 »

2005年6月20日 (月)

私立大学が民事再生法を申請

萩国際大学ホームページ

>>> 萩国際大が民事再生法申請へ~定員割れ原因で初


 民事再生法の適用を申請する萩国際大(20日、山口県萩市で、本社ヘリから) 大幅な定員割れで経営危機に陥っている山口県萩市の萩国際大を運営する学校法人萩学園(安部一成理事長)が民事再生法の適用を申請することが20日明らかになった。負債総額は三十数億円にのぼるとみられ、同日午後、理事会を開いて正式決定し、21日にも東京地裁に申請する。文部科学省によると、私立大を運営する学校法人が定員割れが原因で同法適用を申請するのは初めて。(読売新聞)

 設立7年目の申請です。前身は萩女子短大。地方都市が「街おこし」の一環でつくった4年制大学ですが、市内のゴルフ場を買い取って「ゴルファー養成コース」を新設するなど、かなり大胆な手法で学生を集めようとしたのです。どうやら、なかなか集まらなかったようですね。

 学生の側にしたら「なんでゴルファー目指して大学に通わにゃならんのか」と、あまり魅力や必要性を感じなかったということだったのかもしれません。
 地に足の付いた対策を採れず、地元が浮き足立っているのも、学生が都会に出たがる消極的理由のひとつです。残念ながら、「国際」の2文字を出しておけば、世界的な広い視野を演出できた時代は、とっくに終わっていると思います。

 萩国際大学は、2年後を目処に名称も変更し、福祉をベースにした教育環境づくりに励んでいくとのこと。ただ、この萩国際大学がたまたま全国で最初に法的支援を求めたということであって、「明日は我が身」と戦々恐々としている破綻予備軍の大学は各地に存在するものと思われます。少子化社会の副産物「大学全入時代」は、もうすぐそこです。

 「すべり止めの利益を享受した」などとして、入学を辞退した合格者が前もって納めた入学金や授業料を返そうとしない私学を相手取った「ぼったくり訴訟」が、関西を中心にここ数年で増加しています。大学は、ひとりひとりの学生を社会に通用する人材に育成する役割も担っています。なのに、大学組織を延命させる金づるとしてしか学生を見ないのでは、裁判所に違法だと認定ても仕方がないでしょう。「授業料は講義の対価」……当たり前のことです。

 10年前、金融機関や私立大学も倒産するということを、理屈では大学で勉強しましたが、本当に山一証券が破綻したときは衝撃でした。しかし、破綻すべきところが破綻せずに体裁を保っていただけだったのでしょうけれども。そういう意味ではゴマカシが効かない、本物だけが生き残る、厳しくも良い時代に入りはじめたのかもしれません。

 ただ、多様性を無意味に愛する私は、マジメでマトモな大学ばっかりでもつまらないな、とも思っとるんですけど。 たとえば、会計士を目指す学生と、漁師になりたい学生と、フライトアテンダントに憧れる学生と、占い師を夢見る学生が交流し、同じ学食で談笑する風景というのも、なかなかステキかなと思いますし。……しかし、資本主義という現実は、そんな呑気な空想を許してはくれないのでしょう。

 なお、私立大学が民事再生法を申請することは、これが初めてではなく、東北文化学園大(仙台市)に次いで2例目。この大学は、大学設置認可申請の虚偽記載から経営難に陥ったとのことです。

 なるほど、一度失った信用を取り戻すのは、並大抵のことではありませんよね。ねぇ、信州大学法科大学院 首脳陣の方々。
……どさくさにまぎれて言ってみました。

【参考過去ログ】信州大学法科大学院の誤算


↓送料のみで名刺を作ってくれます。


|

« 交番をねらって寸借詐欺 | トップページ | タクシー運転手を殴る弁護士 »

地方 ふしぎ発見!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/4637898

この記事へのトラックバック一覧です: 私立大学が民事再生法を申請:

» 山陰4年制大学の末路 [かきなぐりプレス]
開学からわずか6年で山口県萩市の私大が民事再生の適用を申請した、という。そもそも中国人留学で大学経営を維持しようとしたところに、学校経営の不純さが伺える。当然の帰結だろう。 問題の大学は萩国際大学。山陰地方では初の4年生大学として99年に開校したが、前身は萩女子短期大学。定員割れに歯止めをかけるために4年制に移行した経緯がある。 経営の活路を中国人留学生の受け入れを求めた時点で、学校“経営”だけに専念して学生集めに奔走したことが伺える。 まじめに勉強をしたい中国人が開学したばかりの... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 00:35

» 大学初の再生法申請!! [私立大学職員の情報オフィス]
萩国際大学のこと。 開校後、わずか7年での出来事で、当初から定員割れが続いていた... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 17:48

» 萩国際大が再生法申請 [AKIO'S BLOG]
―萩国際大学 定員割れ続き経営難に―     大幅な定員割れで経営不振が続く山口県萩市の萩国際大学(安部一成理事長)が、21日にも民事再生法の適用を東京地裁に申請する方針を固めたことが20日、分かった。文部科学省によると、定員割れで経営難に陥った大学が同法を申請するのは初めて。  2007年度に大学の志願者数と定員がほぼ同じになる「大学全入時代」が迫っており、今後、同様のケースが出てくることも予想される。    萩国際大は20日午後の理事会で申請を決定した後、同日夕、記者会見を開き、正式に... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 18:34

» 萩国際大が民事再生法申請へ [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
日本の大学は生き残りをかけて大変な時代となっていますが、山口県萩市の萩国際大学は、大幅な定員割れで経営難に陥り、民事再生法の摘要を申請する運びとなりました。ここ数年、少子化による生徒数の減少や、新しく設立された大学数が増加するなどで経営難に陥り、学生募集... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 18:54

» 萩国際大学の破綻 [聞いた、見た、読んだ。]
山口県の萩国際大学が民事再生法の適用を申請して事実上破綻しました。 この萩国際大学、山口県と萩市が地域振興を名目に補助金を出して設立した公設民営方式による大学だそうですが、1999年に設立してわずか6年で破綻してしまいました。 設立当初からずっと定員割れの... [続きを読む]

受信: 2005年6月23日 (木) 13:16

» 大学が潰れる [さわの多事多事論]
←クリックをよろしくお願いいたします。  多かれ少なかれ、07年の大学全入時代(大学の定員=受験生の数)を迎える前にそろそろ出てくるだろうなぁっと思っていましたが。やっぱり出ました。99年から定員割れが続き、経営難に陥った萩国際大学。同大学は民事再生法の適.... [続きを読む]

受信: 2005年6月24日 (金) 18:08

» つぶれる大学 ふえる大学 [大学教員の日常・非日常]
萩国際大学の話題を出遅れたなりにまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2005年7月10日 (日) 01:09

» もう一つの犠牲者?就学査証? [CASA ROSSA]
炎熱地獄化での選挙を強いられる自民党造反組み ・・・ 刺客を放たれた東京10区の先生を抱えたPP業界、ここがPP業界の力の見せ所と1ヶ月間総動員で頑張り抜くのか? はたまた、もうPP業界は?青息吐息?だから、もう関係ない!と逃げの一手か ・・・ まさに見ものだ。ところで順... [続きを読む]

受信: 2005年8月11日 (木) 13:50

« 交番をねらって寸借詐欺 | トップページ | タクシー運転手を殴る弁護士 »