« 司法試験挫折後…… 「人生再建」あれこれ | トップページ | 信州大学法科大学院の誤算 »

2005年6月14日 (火)

黒が白になる

 『黒が白になる』……それはもちろん、マイケル・ジャクソン被告の肌の色を指して言っておるわけではございません。米カリフォルニア地裁は、本日、マイケルさんの容疑10件すべてを疑わしいとして、無罪の評決を下しました。

 私がまだレジ打ち派遣をしていた頃、仕事上の唯一の理解者だった某新宿区100円ショップの、前の店長から言われたことがあったんです。『ナガミネ君、マイケル裁判について調べたりしないの?』と。
 それに対して『いえ、あんまり興味ないです。ライブドアとフジの件のほうが、まだ調べ甲斐がありますねぇ』と答えていました。マイケル裁判って、結局は『出された証拠や証言から、どういう事実を認定するか』という問題に終始してますから、実際に証拠を見聞きしていない外野が口を出す余地って、あんまり残ってないんですよね。

 そりゃまぁ、カリフォルニア州の法律にだって、もちろん口は出せませんけど。まったく何も知りませんので。ただ、私としては、アメリカの陪審員制度を、4年後に日本で始まる『裁判員制度』と重ねて見ています。

 アメリカ全土でも、マイケルさんの『疑惑』について、あれだけ大々的にマスコミがあおっていたんですよ。黒を白にして、鼻をつまみ出して、赤ん坊をマンションの窓から放り投げようとした、マイケルさんの『奇行』を連日報じて。そんな奇行と重ねて『疑惑』を伝えたり。
 そんな空気や先入観に流されず、果たして日本の裁判員は、無罪の可能性を少しでも考慮に入れることができるのだろうか、と。また、そうして裁判員という素人が出した結論を、一般国民が受け入れ、支持することができるのだろうか、と。

 私が最も注目したのは、全面的に負けてしまった検察側のコメントです。素人に恥をかかされて、刑事裁判のプロフェッショナルとしては相当プライドは傷つけられているはずです。しかし、『評決は受け入れる』と締めくくり、毅然とした態度をとりました。
 もちろん、受け入れるしかない状況なのは確かですが、あの検察官の立ち振る舞いから、陪審員というシステムと、その歴史に対する敬意を感じました。訴訟国家のプラス面を見た気がいたします。


 本件で選ばれた陪審員12名の中には、黒人がひとりも含まれておらず、人種的な偏見を前提にしての『マイケル不利』説が、まことしやかに囁かれていました。それでも陪審員らは全員一致で、

 ・ 検察の出した証拠が不十分。
 ・ 被害を受けたとされる少年の母親が、カネ目当てのような言動をしており怪しげだ。
    (1)少年とマイケルさんが、同じ寝室でともに
     寝ることを事前に了承していた。
    (2)別の裁判で勝ちとった賠償金でプラズマ
     テレビを買ったらしい。
    (3)“ネバーランド”管理アシスタントの女性
     に対して、脱毛処理のため、市街地の美容
     サロンに連れて行くよう要求。この時の費用
     はマイケルさんが負担したらしい。

……といったことを重視し、世間の雰囲気から独立して無罪の評決を出したのです。

 陪審員らは『疑わしきは罰せず』の原理を念頭に、中立公正を貫いてみせたんでしょう。また、マイケルさんの『やり手弁護士』は、今回どういう形で動いたのか、興味があります。
 一方で、密室での出来事だということもあって、犯行の立証は困難を極めたんじゃないかと思われます。訴追側も大変だったはずですよ。ただ、気になるのは、特に女性陪審員らが耳をふさいで嫌がったといわれる、あの生々しい起訴状の記載内容です。ありゃいったい何だったんでしょうか。そして、こんなわいせつ裁判に巻き込まれてしまった少年らは、これからスクスクと育っていけるのでしょうか。同級生の女子や年上のおねえさんに、ちゃんと発情できるのでしょうか。少し心配です。

 まぁ、いずれにせよ、この評決は、アメリカ全土にセンセーショナルな衝撃を与えたのは間違いないようですね。ハリウッドでもなかなか作れない逆転劇の物語だといえましょう。

 カリフォルニア州の法律によると、この事案での控訴はできないらしいですね。無罪が確定します。細かいことは分かりませんが、どうやらこれで裁判も『おしマイケル』といったところでしょうか。

406212940Xマイケル・ジャクソン 少年愛と白い肌の真実
ボブ・ジョーンズ 楡井 浩一

講談社 2005-06-10
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 司法試験挫折後…… 「人生再建」あれこれ | トップページ | 信州大学法科大学院の誤算 »

18禁法律学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/4548723

この記事へのトラックバック一覧です: 黒が白になる:

» マイケルジャクソン・無罪判決だって・・・いろんな意味で驚き [ケータイメール♪お小遣いUPへの挑戦]
ソースは、ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050614-00000045-mai-int M・ジャクソン被告の無罪に全米驚きだそうです。 そりゃそうでしょうね・・・。 全米どころか、全世界が驚いたのでは? 日本の場合、起訴されたら99%有罪っていわれてるから、 ..... [続きを読む]

受信: 2005年6月14日 (火) 15:34

» マイケル・ジャクソン完全無罪!に感じる「壮大なる自作自演」 [エンタメ情報 メッタ斬りぎり]
いや~驚いたね。 マイケル・ジャクソン、完全無罪だそうだ。 未成年への性的虐待のほか、犯罪を目的に未成年に飲酒をさせた罪など、合計10!の罪状で起 訴されていたのだが、本日晴れて「完全無罪」となった。 現実的に考えて、これだけの罪に問われながら「完全無罪」ってちょっとありあなくないか? もうさ、ちょっと飛躍した考えだが、これってマイケルの「壮大なる自作自演」なのでは? ジャクソン5でデビューし、ソロ2作目の「スリラー」の世界的な大ヒットで、名実共に世界のトップスターとなった。が、その後... [続きを読む]

受信: 2005年6月14日 (火) 18:03

« 司法試験挫折後…… 「人生再建」あれこれ | トップページ | 信州大学法科大学院の誤算 »