« 投長! | トップページ | 日本の医療ミス訴訟 初の1000件超え »

2005年6月 4日 (土)

救いようのない「わいせつ語録」

女子中学生にわいせつな行為をしたとして神奈川県警神奈川署は31日、横浜市内の県立高校1年の男子生徒(15)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕したと発表した。

男子生徒は「女性に興味があり、体に触ると興奮するのでやった」と話しているという。 (毎日新聞)


 

 さ……さようでございますか。 女性の体に触ると興奮なさいますか。

 私もこういうふうに、自分に正直に、身もフタもなく生きてみたいものですね。たぶん、毎日ガマンしすぎなんだと思います。オスとして。


 高1男子の脳内を覗いてみると、約95%は間違いなくスケベ情報で占拠されています。今年30歳の私でこそ、さすがに、93%ほどに落ち着いてきましたが。

 高坊たちは、残りの5%を食事や睡眠、部活や趣味、しょうもないバカ話や連れションなどのために費やすのですから、勉学に注ぎ込める余力は、1%あって良いほうです。わずか1%の残り容量を使って、分詞構文やら微分積分を憶えなきゃならないんですから、本来は無茶な話なんですよ。

 でもね、しょうがないじゃない。だって、男の子だもん。

 私は高校卒業まで弟と2人部屋でしたので、いろんな「お楽しみアイテム」の隠し場所に特に苦労した思い出がございます。うまい隠し場所をなかなか開拓できず、そのせいで母親に通算4回ほど発掘されたでしょうか。敵もさるもの。そして、その後1週間ぐらいは、母親とただ一言交わすだけでも気まずいものです。
 だがねぇ、そういう『創意工夫』を重ねながら、オトナの男になっていくものなのだよ。 スケベだからこそ、生身の女を大切にしたくなるはずなのだ。

 キミはスケベ失格じゃ。出直してきたまえ。 スケベの先輩として忠告しておく。


 私が集めているニュースストックの中に、こんなものが埋もれているのを発見しました。このブログかメルマガで出そうと思って保管してたんでしょうけど、タイミングを逃して、そのまま忘れてましたね。今年3月の記事です。


 秋田県教育委員会は24日、女子生徒にキスを迫るなどのセクハラ行為をしたとして、同県山本郡の中学校の40代の男性教諭を停職3カ月の懲戒処分にした。

 県教育庁義務教育課によると、男性教諭は2001年度に当時勤務していた南秋田郡の中学校で、担当していた運動部の女子生徒を、体育館で練習中に廊下へ連れ出し、ミスをした謝罪としてキスをするよう迫った。また、用具室で同生徒の両肩をつかみ「一生懸命プレーする君が好きだ」 と言ったり、本をプレゼントするなどしたという。 (共同通信)


 
 こんな失態をさらす前に、早めに逮捕されてよかったのかもね。 > 男子生徒(15)


◆ 刑法 第176条(強制わいせつ)
 13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月
以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、
同様とする。

◆ 刑事訴訟法 第213条
 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

|

« 投長! | トップページ | 日本の医療ミス訴訟 初の1000件超え »

18禁法律学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/4409809

この記事へのトラックバック一覧です: 救いようのない「わいせつ語録」:

« 投長! | トップページ | 日本の医療ミス訴訟 初の1000件超え »