« もったいない | トップページ | 普及するか? ドライブレコーダー »

2005年7月25日 (月)

新しい最高裁判事が内定

最高裁判事に古田・元最高検次長検事(日本経済新聞)

 これで、15名の最高裁判事のうち、検察官が2名に戻りましたが、役人出身が横尾判事の1名のみとなりました。

 過去の実績を調査する前に、肩書きだけで決めつけるのもどうかと思いますが、ま、お世辞にも大胆人事とは言い難いものです。法科大学院だとか裁判員といった、表向きの司法制度改革で世間に目くらまししておいて、このあたりの旧態依然さについては鉄壁の守りを貫いている最高裁。さぞ政府にとって都合がいいでしょう。

 それに、本年中の衆院解散・総選挙がウワサされている昨今ですが、もし、そのウワサどおりになった場合、そこで行われる国民審査までに、古田判事が何らかの最高裁判決に関与することは不可能です。1件も判決を出していない判事につき、適任か否かを投票する……。やっぱり国民審査というシステムには無理があるのかなぁ。

 いずれにせよ、10年間にわたって最高裁で尽力してこられた福田判事、おつかれさまでした。

|

« もったいない | トップページ | 普及するか? ドライブレコーダー »

第20回最高裁判事国民審査に向けて」カテゴリの記事

コメント

 私は、衆議院解散の場合、今回の最高裁判事国民審査において対象となる6人すべてに「×」をつけることをここに宣言いたします。理由は、私が裁判員制度を徹底糾弾する立場上、裁判員制度成立の連帯責任を負うべき(理由はトラックバック先に記載)と考えるからで、裁判員制度に反対する国民の皆様には、最高裁判事国民審査でなるべく「×」をつけるように広報いたします。

投稿: 高野 善通 | 2005年8月 5日 (金) 19:42

 いらっしゃいませ。トラックバックありがとうございます。

 国民審査に関心を寄せておられ、制度を活用しようとしていらっしゃるのは嬉しいことですが、その「×」を付ける理由について、ひとこと申し上げたいことがございます。
 トラックバック記事にコメントを付しておきます。これからもよろしくお願いします。

投稿: みそしる | 2005年8月 8日 (月) 21:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい最高裁判事が内定:

» 衆議院総選挙モード?そのウラで [高野 善通のブログ雑記帳]
 郵政民営化法案が参議院で可決か否決か微妙な情勢になっていて、もし否決された場合、小泉首相が衆議院を解散する強い姿勢を改めて言明しています。来週8日にも採決が行われ、もし法案が否決されて衆議院が解散...... [続きを読む]

受信: 2005年8月 5日 (金) 19:38

« もったいない | トップページ | 普及するか? ドライブレコーダー »