« 国民審査のオカズ | トップページ | 古田判事の出身地 »

2005年8月27日 (土)

いよいよ

 今月に新任された古田判事のプロフィールも、いよいよ「公示」されました。

古田佑紀

 私も図書館で紳士録をチェックして、古田判事の略歴は現役最高裁判事プロフィールにかかげておいたのですが、やっぱり最高裁公式のほうが詳しいですね。

 最高裁国民審査の判断資料、いかがでしょうか。一時期は、1日のユニークアクセスが3000を超えてしまって、うっすらと冷や汗をかいたのですが、現在は落ち着いてきました。各ブログでもおおむね好意的に紹介していただいているようで、嬉しい限りです。次回は、バイトが休みの明後日に更新する予定です。

 これだけ国民審査について調査しておきながら、私は、うちの選挙区が「東京何区」なのか知りません。「法治国家つまみぐい」は、そんなアンバランスさを原動力に運営されております。よろしくお願いします。

 そろそろメルマガも発行したいんですが、「不定期宣言」してしまってから、その宣言に甘えて、どうしても後回しになってしまいます。すみません。好き勝手に書けるメディアなので、私自身、発行したくてたまらないんですが、現実がそれを許してくれない状況なのです。
 応援メールをくださった読者の皆さん、本当にありがとうございました。あのメルマガを待ってくれている人々がいるなんて知りませんでした。


<<<最近買った本>>>

 芸人さんの細かい情報も興味深いのですが、むしろ私の目を引いたのは「お笑いテレビ番組の作り方」。つまり、制作サイドの立場に立った場合の、「ウケる企画」「売れる企画」という飛び道具の見極め方、貫き方、いさぎよい割り切り方ですかね。すでに2つの出版企画をボツらせている私は、そういうクールな心構えも少しは身につける必要がありそうです。

 ……でも、今あたためてる3つ目の企画は、いけると思うんやけどなぁ~(遠い目)。

お笑い芸人就職読本
4794214189増田 晶文

草思社 2005-07
売り上げランキング : 3,171

おすすめ平均 star
starお笑い業界の裏を見た!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 国民審査のオカズ | トップページ | 古田判事の出身地 »

第20回最高裁判事国民審査に向けて」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ:

« 国民審査のオカズ | トップページ | 古田判事の出身地 »