« 2円盗んで捕まった男 | トップページ | 花屋さんの森林法違反 »

2005年11月12日 (土)

「男の家事大賞」への応募、わずか2件

 収納上手や料理名人など、家事が得意な男性を「家事の達人」として認定する仙台市の「男の家事大賞」への応募が集まらず、関係者が気をもんでいる。家事や育児に奮闘する男性のエッセーやアイデア、写真などを募集しているが、応募は10日現在で2件だけ。このため当初、18日だった締め切りを30日まで延長することにした。
 家事大賞の募集は昨年に続き2回目。男(ダン)性が家事(カジ)の早業・裏業・名人芸などを紹介する「ダンカジ部門」に加え、今回は男性の家事に関する写真に200字以内のエピソードを添えた「フォト・メッセージ部門」も新設した。
 来月中旬の大賞決定に向け、先月1日から申し込みを受け付けているが、ダンカジ部門に応募が2件あっただけで、フォト・メッセージ部門はいまだゼロ。両部門への問い合わせも数件しか寄せられていない。(河北新報)


 「応募が2件」という表現が曲者です。これが2名からの応募であれば、そう書くはずなのであって、「ある1人が2件応募してくれた」というのが事の真相である可能性も十分に考えられます。人気無いですねぇ。

 ただ、この出来事を指して、「そりゃそうだ。やっぱり『ジェンダーフリー』という考え方が間違っておるのだ。ザマーミロ」と、誇らしげに高笑いするのは、ちょっと違うかな、と思います。
 これは、「男らしさ」「女らしさ」の性差が、先天的・生物学的か、あるいは後天的・文化的なものか、とかいう難しい話は不要です。

 それ以前の問題で、たぶん、企画として面白くなかったから……ではないでしょうか。そんなこと、すでに2つの出版企画をボツらせている私から言われれば、腹も立つでしょうけれども。

 料理の早技・裏技、上手な収納の方法って、もう世間で腹いっぱい出尽くしてしまってますもん。手抜き料理・豪快料理だって、決して男の専売特許ではありません。そんな飽和状態の中で、どんなものを「大賞」として選出しようというのでしょう。

 昨年は28人、57件の応募があった。大賞には、仙台市泉区の小学校教諭米沢俊彦さんが、高校生だった長女と長男の弁当を6年間、毎朝作った体験をまとめた「高校に通う子どもの弁当を作る―6年で推定1500個の父親のお弁当」が選ばれた。
 市は昨年6月に策定した「男女共同参画せんだいプラン2004」で、男性の一日平均家事時間を5年間で30分増やすよう数値目標を掲げ、男性の家事参加を促すキャンペーンに取り組んでいる。(同上)

 

 どうして、数の大小のような、こういう定量的な物の見方しかできないのでしょうか。ガキの頃から、ノルマやボーダーラインに追われ続けてきた彼らの育ち方が目に浮かびます。可哀想で涙が止まりません。

 誰かに与えられた答えを詰め込んで試験に勝ち抜き、横並び・画一的な価値観を金科玉条とすることと引き替えに、公費でオマンマ食うことを許される役人たち。その画一化の薬が効きすぎて、「男らしさ」「女らしさ」という、たった2種類の多様性すら認められなくなってしまったのでしょうか。二元性にすぎないものを「多様性」と呼ぶのも、本来はおかしいのですが。
 社会環境が皆に押し付けているとされる性差を薄め、削ぎ落とし、この世から「セクシー」を無くそうと暗躍する彼らの試み。理解に苦しみます。

 それに、男の家事を推進することと、「らしさ」を撲滅させること、この2つがどうしても結びつかないのです。もともと自炊が好きな男、欲しい物があるので自炊して節約したい男、部屋で待ってくれる恋人も外食するカネも無い男たちは、放っておいても家でメシを作ります。だからといって、彼らが「男らしさから解放されている」とは言い切れないでしょう。逆に、毎晩コンビニ弁当を買って帰り、それを平らげた後には爪楊枝でシーシーやっとるニューハーフもいるでしょう。

 たしかに毎朝、育ち盛りの息子や娘の弁当をつくるのは大変なことだろうとお察しします。昨年の大賞を受賞なさった高校の先生による惜しみない努力には敬服するばかりです。ただ、そういった作業をこなす母親は、仙台じゅうにたくさんいるはずなのです。それと同等のことを、チ○コの付いている人間がやれば「男女共同参画の鏡だ」として特別に持ち上げるという、この失礼な逆差別。無理があります。

 こんなあからさまな矛盾にも気づかないお役所仕事とは何なのでしょうか。ここまで来ると、彼らはその異常性を十分にわかっていながらワザとやっているとしか思えないのですが。だとしたらナゼ? ねぇねぇ、「男女共同参画社会」って、どういうことなのっ? と、あえてカマ口調で。


 市男女共同参画課は「今回は昨年以上の参加者を期待していたのだが…。PR不足だったのか問い合わせも少ない。関心がないはずはないと思う。締め切りを延ばし、PR活動に努めるしかない」と頭を抱えている。

 問い合わせは、せんだい男女共同参画財団(※連絡先は略)。(同上)

 
 

 千葉市が作成した男女共同参画のチラシには、両性具有のカタツムリがマスコットとして使われており、「かたつむりがうらやましい」とまで書かれているそうです。仙台市の男女共同参画財団のメンバーも、同じようにカタツムリへ羨望の眼差しを向けているとまでは決めつけられませんが、こんな神をも恐れぬ発想に、どんな一般生活者が付いていけるというのでしょう。

 漫画「ドラゴンボール」で、神様やピッコロは、地球にドラゴンボールをもたらした両性具有のナメック星人でしたよね。宇宙船でナメック星を訪れたブルマが思わず「ねぇ、聞いた? 男も女も無いんだ。つまんない星よねー」と言ってのけた、あのセリフ。あれがフツーの人間の意識であろうと、私は強く思います。

 ジェンダーフリーの推進に躍起になっておられる皆さん、今一度、窓からベランダの外を覗いてみてください。そろそろナメック星からお迎えが来ている頃じゃないですか。
 
 
 
◆ 男女共同参画社会基本法  前文

 我が国においては、日本国憲法に個人の尊重と法の下の平等がうたわれ、男女平等の実現に向けた様々な取組が、国際社会における取組とも連動しつつ、着実に進められてきたが、なお一層の努力が必要とされている。
 一方、少子高齢化の進展、国内経済活動の成熟化等我が国の社会経済情勢の急速な変化に対応していく上で、男女が、互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現は、緊要な課題となっている。
 このような状況にかんがみ、男女共同参画社会の実現を二十一世紀の我が国社会を決定する最重要課題と位置付け、社会のあらゆる分野において、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の推進を図っていくことが重要である。
 ここに、男女共同参画社会の形成についての基本理念を明らかにしてその方向を示し、将来に向かって国、地方公共団体及び国民の男女共同参画社会の形成に関する取組を総合的かつ計画的に推進するため、この法律を制定する。

◆ 同法 第2条(定義)
 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
  一  男女共同参画社会の形成   男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会を形成することをいう。
  二  積極的改善措置   前号に規定する機会に係る男女間の格差を改善するため必要な範囲内において、男女のいずれか一方に対し、当該機会を積極的に提供することをいう。

 

 

男と女の戦争―反フェミニズム入門
4886562469千葉 展正

展転社 2004-04

おすすめ平均 star
starフェミニストの実態を知る
star素晴らしい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 2円盗んで捕まった男 | トップページ | 花屋さんの森林法違反 »

地方 ふしぎ発見!」カテゴリの記事

コメント

はぁぁ~(* ̄▽ ̄*)=33 スッキリ♪♪♪
ジェンダーフリーとか言えばいいと思っている、勘違いさんたちに、ずぅっと言いたかったこと、みそしるさんのボキャブラリーのよいコメントで、ほとんど代弁してもらった感じ☆☆☆
1年分の便秘解消ってくらいの爽快感ですわ。
もはやカタルシス♪超浄化作用満点です(≧~≦)

>社会環境が皆に押し付けているとされる性差を薄め、削ぎ落とし、この世から「セクシー」を無くそうと暗躍する彼らの試み。
このままじゃ、なんか、ちがーう!!と思っていたの。そうです、セクシーさとか、そういうの、ホントなくしてどうするのって♪♪何より大事なのに。違う性があるって。男と女がいるってことが!!

ほんと、ありがとうございましたですよ。感謝感謝。
スッキリしてまた、論文かけますわ(*^▽^*)ノ

頑張っていますよ。自分なりにご褒美を作って、目の前にお馬さんのようにぶら下げながらも、毎日楽しく書いております♪
なんと、月下美人、あまりお部屋は散らかしてないですよ☆そりゃ、莫大な資料だけは作成場所の周囲にきちんと散らばってますが☆☆☆。。。散らかってるのか!!??(^^;;)

投稿: 月下美人☆ | 2005年11月13日 (日) 19:15

 たぶん、差別に逆差別をぶつけることによってプラマイゼロにできるとお考えなんでしょうね。たしかに、それが効果的な場面も無きにしもあらずかもしれませんが……、私にはそんな特殊な計算ができませんので、差別が増えているようにしか見えないのです。

 散らかし方がうまい人っていますよね。大量に物があっても、どこに何があるかちゃんと把握しておると。私もガキの頃から訓練して、だいぶうまくなりましたぜ。(おい)

 うち、狭い部屋のクセに物が多いので、最近なんか、本棚の空いてるとこにTシャツやジーパンをしまい始めてますし。(笑)
 そろそろ、もうひとつ本棚が欲しい頃です。その前にタンスか。

投稿: みそしる | 2005年11月14日 (月) 08:46

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/7065702

この記事へのトラックバック一覧です: 「男の家事大賞」への応募、わずか2件:

» 男性の家事と弁当作り [単身赴任 杜の都STYLE]
先週末、ネットを賑わせたちょっと寂しい仙台の話題がありました。仙台市が募集してい [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 12:15

« 2円盗んで捕まった男 | トップページ | 花屋さんの森林法違反 »