« 「原則」「例外」という論理 | トップページ | 泥棒たちの「ジャイアン的発想」 »

2005年11月 4日 (金)

サインしません

 杉浦法相が31日の初登庁後の会見で、死刑執行命令書に「サインしない」といったん明言し、1時間後に撤回した問題で、同法相は1日の閣議後会見で「舌足らずというか、もう少し説明すべきだった」と改めて釈明した。また、一連の経緯を小泉首相に説明したところ、首相から「気を付けて下さい」と、閣僚として発言に注意するよう指示されたことも明らかにした。
 法務省によると、法相が就任時に死刑執行命令拒否を明言したのは異例で、「おそらく初めて」という。(読売新聞)2005/11/02

杉浦正健 公式サイト

杉浦法相 画像(時事通信)

【参考過去ログ】
 刑事訴訟法475条(2005/06/09)

 

◆ 刑事訴訟法 第475条
1 死刑の執行は、法務大臣の命令による。
2 前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。(※以下略)
 
 
 
 
 もう、皆さんすでにご存じのニュースでしょう。単に、私が乗り遅れてしまっただけです。
 死刑執行を巡っては、1990~91年に法務大臣を務めた左藤恵氏が、宗教上の理由で拒み、この期間を含む89年11月~93年3月には執行がなされなかったことがあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「サインしない。私の宗教、哲学の問題」「(死刑制度は)廃止の方向に向かうのでは」

 ↓1時間後

「私個人の心情を吐露したもので、法相の職務執行について述べたものではない」

 ↓1日後

「法相の職務にはあらゆる要素を加味して、厳正に対処しなければいけない。個人の心情で動かされるべき問題じゃない」「職務執行に当たっては個々の事案、千差万別なので、そういうものを十分、大臣としての職責を検討したうえで判断する」

 ↓だけど

「他人の命を奪うということは、理由を問わず『許すべからざることだ』という気持ちが根底にある」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 悩みに悩んでいる様子は、人間らしくて結構なんですけれども、「結局どないやねん」と言いたくなるのも確かです。死刑執行命令書に「サインしない」というのが「法相の職務執行について述べたものではない」という発言が特に意味不明ですし。命令書へのサインは、法務大臣にしか許されていない特命なのですよ。

 
 昨年5月30日、官房副長官だった杉浦氏は、曽我ひとみさんと面会したことがありました。北朝鮮に残る夫のジェンキンスさんと娘2人との再会実現について、話し合うためです。杉浦氏は、金正日総書記が提案した北京での再会を望んでいたんですが、曽我さんはかねてから「中国で面会したら、私も一緒に北朝鮮へ連れ戻されてしまう」と拒絶しており、すれ違いが予想されていました。
 しかし、杉浦氏は面会後、報道陣に向けて、曽我さんが北京での面会を容認したと発表したのです。「意向は十分聞き、信頼関係ができた」とも強調していました。翌日、杉浦氏の発言に驚いた曽我さんは、佐渡市を通じ「私の真意について」とする声明を発表。その中には遠回しながら「できれば北京以外で再会したいと思います」との願いが込められていたといいます。

 うーむ、もともと、人騒がせな方なんでしょうか……。

 「私の宗教、哲学の問題」と語った杉浦大臣。先生は、浄土真宗大谷派の信徒だということですけれども。もうちょっと、突っ込んで調べてみたいものですね。

 一方で、われらが内閣総理大臣。

>>> 死刑制度「あっていい」

 小泉純一郎首相は1日夜、首相官邸で記者団に対し、死刑制度について「うん、あっていいと思いますよ」と肯定した。(時事通信)2005/11/02

 なんだか、軽いなぁ。 まるで「うん、あっていいと思いますよ。黄色いピーマンも」ぐらいの口ぶりです。



|

« 「原則」「例外」という論理 | トップページ | 泥棒たちの「ジャイアン的発想」 »

とほほ権力」カテゴリの記事

ニッポン「違法状態」探訪」カテゴリの記事

死刑という刑罰」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております。

>まるで「うん、あっていいと思いますよ。黄色いピーマンも」ぐらいの口ぶりです。

みそしるさんのユーモアのセンスは抜群ですね。
読んでいて飽きないし、おもしろい。

杉浦大臣ですが、今回の発言は軽率だったと
言わざるを得ません。

投稿: カプラン | 2005年11月 4日 (金) 19:39

いらっしゃいませ。

お褒めの言葉、ありがとうございます。何よりも「面白い」と言ってもらえるのが、一番うれしいです。その証拠に、あちこちから漏れ聞こえてくる「みそしるさん、カッコイイ」だとか「ステキ」との声も、必死で跳ねのけてまいりましたから。(ウソ)

今までの人生、「面白そうかどうか」の判断基準で、ほとんどすべてのことを決めてきた私です。

「黄色いピーマン」より面白いワードがあるはずだがなぁぁ、と、あれこれバイト中にも考えていたんですが、変えなくて正解でしたね。

これからもよろしくお願いします。

投稿: みそしる | 2005年11月 5日 (土) 09:23

いつも楽しく拝見しております☆
みそしるさん、かっこいい(≧~≦)!!(嘘)
ご要望に、軽くお答えしました♪♪

黄色いピーマン。。。そうですねぇ。。。
じゃぁ、頑張って対抗してみて。。。
「うん、あっていいと思いますよ。具のない味噌汁も」。。。
イヤです!!私は具がいっぱいのみそしるが好きです!!(どないやねん)

独り遊びしてしまいました☆もはや修論疲れも限界なのでしょうか??  
月下美人☆、本日25回目の誕生日を迎えました!(*^-^*)/

投稿: 月下美人☆ | 2005年11月 5日 (土) 20:58

あぁ、なるほど。みそしるさんは、かっこいいですか。まぁ無理もないですね。……って、嘘かよ!

もっと素直になればいいのに。

たぶん、こういうのって、固有名詞を持ち出してきたほうがやりやすい、っていう公式みたいな要素はありますよね。「うん、あっていいと思いますよ。アフロの歌丸師匠も」とか……。こ、これはイマイチですけども。

25歳になられましたか。女性にとって誕生日がめでたいものなのかどうか不明ですので、あえて「おめでとう」とは書かないことにいたします。……って、月下さんが男だったら面白いけど。

投稿: みそしる | 2005年11月 5日 (土) 21:59

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/6888670

この記事へのトラックバック一覧です: サインしません:

» 死刑執行のサインを拒否する法相は即刻辞任すべきである [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
自民党に下記抗議メールを送りました。 杉浦正健氏は、法相として「死刑のサインをしない」と発言し、それを1時間で 実質上撤回された由。はっきり言って、「死刑執行のサインをします」と明確に 前言を撤回されるべきではないでしょうか。 さもなければ、死刑制度を擁している現行法制度を司る「法相ポスト」はそもそも 受けるべきではなかったのではないでしょうか。 私の刑事制度に関する意見は下記URLをご参照ください。 http://www31.ocn.ne.jp/~matsuo2000..... [続きを読む]

受信: 2005年11月 4日 (金) 14:25

« 「原則」「例外」という論理 | トップページ | 泥棒たちの「ジャイアン的発想」 »