« 明日、メルマガ復刊です! | トップページ | 高いところからすいません »

2006年1月24日 (火)

ライブドア弁護団「最初の一手」

 皆さんご存じの通り、堀江前社長はじめ、ライブドア社の幹部4名が昨夜逮捕され、まもなく勾留手続きに切り替わります。「逮捕」から「勾留」と呼び名が変わっても、結局は東京拘置所の中に閉じこめていることには変わりありません。

 このニュースに対し、世論は「同情・がんばって派」と「爽快・ザマーミロ派」に、大きく二分されているようですね。私は、既存の価値観をひっかきまわすライブドアの勇気は大好きですし、何も価値を生み出さずに儲けようとするライブドアの姿勢は大嫌いです。

 氷点下の独居房で寝泊まり。広さは3畳といいますから、我が住まいの半分ということになります。この「ヒルズ貴族」たちの見事なまでの転落ぶりに「ザマーミロ派」はカタルシスを覚えるわけです。しかし、決して忘れてはならないのは、「逮捕・勾留は刑罰ではない」という厳然たる事実です。当たり前ですよね。判決が確定するまでは、彼らはあくまで「疑いを掛けられた者」にすぎません。東京地検に刑罰権があってたまるもんですか。

◆ 刑事訴訟法 第60条(勾留の要件)
 裁判所は、被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある場合で、左の各号の一(※ひとつ)にあたるときは、これを勾留することができる。
  一  被告人が定まつた住居を有しないとき。
  二  被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
  三  被告人が逃亡し又は逃亡すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

 

 お分かりでしょうか。逮捕や勾留は、被疑者に対するオシオキではありません。以上の3つの条件にあてはまらなければ、身柄を拘束する必要なしとして、誰が何と言おうと釈放されるルールです。

 世間的には、逮捕・起訴・裁判がセットのように捉えられているかもしれません。しかし、あくまで無罪が推定されている身なのですから、本来は自由であるべきです。マスコミは犯人を決めつけなければ商売にならんのでしょうが、法律上は決めつけちゃマズいのです。

 あくまで、書類送検・在宅起訴が本来の姿で、逮捕は「証拠を隠すおそれ」「逃げるおそれ」などがある場合に、仕方なく行う例外的措置です。

 堀江さんは、六本木の家賃225万円の部屋にお住まいなのが明らかですし、すでに家宅捜索で物的証拠をゴッソリ持って行かれた後なので、罪証隠滅したくてもできない。どこかに逃げたくても、全国の子供からお年寄りにまで面が割れているのだから、逃亡しようがありません。勾留の要件は満たしませんね。

 とすれば、ライブドア弁護団が講ずるべき措置で、もっとも現実的なものとしてあがるのが「保釈請求」でしょう。保釈とは、被疑者が「取られたら痛いなぁ」と感じる額を裁判所が設定して、それを保証金として預かり、もし逃亡や証拠隠滅をしたら保証金を没収する、という条件で釈放する制度です。

 そのうち、裁判所が、堀江氏はじめ被疑者たちに要求する保釈保証金の額に注目が集まりそうです。いちおう「月収の3ヶ月ぶん」という結婚指輪の宣伝みたいな目安があるようですが、どうなりますやら。ちなみに、保釈保証金の日本記録は、住専事件がらみでの15億円とのこと。さて、ライブドアは日本一になれるのでしょうか。


(注)コメント欄でご指摘いただきましたが、まず保釈よりも先に「準抗告」で、逮捕・勾留に異議を申し立てることが考えられます。保釈は起訴された後(マスコミが「容疑者」から「被告」と言い換える頃)ですから、あと1ヶ月ぐらい先の話でしょうか。ウソを書いてすみませんでした。 ……でも、準抗告よりは保釈のほうが「現実的」なのは確かかも(見苦しいイイワケ)。



<<<<<<<<<<<< みそしるオススメ本 >>>>>>>>>>>>>>>


 あなたは、裁判官にも「個性」があることをイメージできますか? 支部も含め、東京・神奈川・千葉の裁判長クラス裁判官170名につき、プロフィール・履歴や、おもなな担当判決を網羅。

 マニアも感激の情報量。 裁判官の性格傾向や肖像画イラストは、一般の方でも十分に楽しめます。ちょっと値は張りますが、買って損ナシ! 判決ニュースの読み方が180度変わりますよ。

裁判官Who’s Who (首都圏編)
裁判官Who’s Who (首都圏編) 池添徳明+『裁判官Who’s Who』刊行委員会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 明日、メルマガ復刊です! | トップページ | 高いところからすいません »

逮捕ニュースつまみぐい」カテゴリの記事

コメント

準抗告?

投稿: meta | 2006年1月24日 (火) 22:59

はじめまして。

 私は恐ろしく寝ぼけたことを堂々と書いてましたね。おっしゃるとおりです。保釈は被告人、つまり検察に起訴されたあとの問題です。

 間違った内容をお伝えしましたことを、訪問者の皆さまにお詫び申し上げます。

 被疑者段階で逮捕や勾留に異議をとなえるとすれば、法律上の条件(要件)を満たしていないので、そもそも不当だから釈放せよと、準抗告という手続きで申し立てることができます。こっちが先ですね。
 こんな基本的な話で思い違いをするとは、すごく恥ずかしいですね。衰えたものです。

 わずか4文字で的確な指摘をしていただき、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: みそしる | 2006年1月25日 (水) 00:07

法の建前としてはそうですが、
今回のように事件が大きくなるといろいろと有りそうですから・・・
ttp://www.diary.ne.jp/search.cgi?user=31174&cmd=search&word=%8CF%8D%E8

間違いをしっかりと認める潔さは素敵ですよ

投稿: カレーうどん | 2006年1月28日 (土) 08:48

はじめまして。コメントありがとうございます。

リンク先を拝見しましたが、つまり、どういうことなんですか? 「自殺防止」ということですか?あるいは……

故 野口さんの「他殺説」は、どこかで読みましたけれども、つづいて狙われていたターゲットが堀江さんで、その情報をいちはやくキャッチした地検が、予定を繰り上げて身柄確保したということですか?

堀江さんは自宅にこもっていたらしいですよね。それでも、たとえば窓の外からライフルの銃口が向けられていたとか、そういうことなんでしょうか。

だとしたら堀江さんは、「命の恩人」である検察の捜査への協力を惜しんじゃいけないのかもしれませんね。

投稿: みそしる | 2006年1月28日 (土) 20:16

返信ありがとうございます

ずっと引きこもってる訳にも行かないですから
いつかは外出するでしょうしね。

耐震偽造との絡みもあって、政治的には
何が起きてもおかしくない感じを受けました

構造的にはこの映画の時代となにも変ってないかな、とも
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD23234/index.html

政治ブログではないのでこの辺で。

投稿: カレーうどん | 2006年1月30日 (月) 15:33

なんだか難しそうなお話ですね。あいにく予備知識が乏しいので、詳しいことはわかりかねますが、ダウンタウン浜田さんが言うところの「ごっついチカラ働いとるでぇ~」ってヤツなんでしょうか。

よろしかったら、またの機会にもコメントお願いします。

投稿: みそしる | 2006年1月31日 (火) 11:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/8319022

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドア弁護団「最初の一手」:

« 明日、メルマガ復刊です! | トップページ | 高いところからすいません »