« 疑わしきは「法曹三者の連携」 | トップページ | 「極刑」としての終身刑 ― 生きる刑罰 »

2006年2月 1日 (水)

東京地裁に「立川支部」が仲間入り

地・家裁 地検八王子支部 立川移転が正式決定(産経新聞)

 なるほど。私は八王子支部がパンク状態だから、新しい支部を設置しようとしてたのかと勘違いしておりました。立川って、八王子から近いんですね。まだまだトーキョー・メトロポリスの地理がよくわかっていません。こないだも、東京地裁から歩いて日比谷まで行こうとしたら、新橋に着いてしまって、「霞ヶ関と新橋って、こんなに近かったのか!」と、妙にココロが打ち震えてしまいました。

 大田区の「大田」は、「大森」と「蒲田」の一文字ずつを取ったんですね。先週まで知りませんでした。妥協案だったのね。へぇ~。
 そこを、「蒲田区」だったらわかりやすいのに……と、ヨソ者がボソッと言いでもしたら、大森の住民から襲撃されたりするのでしょうか。……大丈夫ですよね、「“平和”島」ですし。

 そういう地名って、地元の住民の間ではすごくモメますよね。特に昨今の「平成の大合併」では。結局、どこからともなく第3案が持ち込まれて決着しているようです。まぁ、「四国中央市」や「南アルプス市」は、まだ許せるけど、「南セントレア市」って……。そんな浸透まもない新参者に飛びついていいの? 国際空港なんか、昨日かおとといできたようなハナ垂れ小僧じゃろう。 ヨソ者から見ても違和感があります。

 福岡県の県庁所在地は福岡市ですが、最初のネーミングの際、「博多市」という案と最後までモメて、結局1票差で振り切ったというのは、福岡市民の間では知られている話です。その交換条件で、国鉄・山陽新幹線のターミナル駅は「博多駅」になったのだそう。 そんな内輪もめの産物だなんて、ヨソから来た人はわかりませんよね。
 ちなみに、福岡の街は、中洲(那珂川)が基準です。そこから東側が商人の街「博多」で、西側が武士の街(黒田家)の「福岡」にわかれます。でも、最近は結構ぐちゃぐちゃですけどね。初夏には、天神や福岡ドーム付近にも、「“博多”祇園山笠」の飾り山が設置されたりしますし。ボーダーレス時代です。

 んー、何の話でしたっけ?  えーと、あ、裁判所ですね。 八王子支部は昨年の今ごろ、あの野球部の卑劣な集団痴漢行為に判決を言い渡したことで全国的に知られました。 立川支部ができるのは、いよいよ裁判員制度のスタートが秒読みになってるはずの2008年度中とのこと。 いったい、どんな世の中になるんでしょうか。

<<<<<<<< 新刊のご紹介 >>>>>>>>

 「ソ○ータイマー」という言葉があります。大手家電AV機器メーカーとして知られる、◎ニー社の製品は、しばらく経つと必ずといっていいほど、どこかが壊れてしまい、修理や買い換えを余儀なくされるさまを皮肉ったものです。

 あろうことか、日本のマンションにも「タイマー」が?? はたして……。

亡国マンション The Truth of Defective Condominiums
亡国マンション The Truth of Defective Condominiums 平松 朝彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 疑わしきは「法曹三者の連携」 | トップページ | 「極刑」としての終身刑 ― 生きる刑罰 »

裁判所 このワンダーランド」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/8448947

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地裁に「立川支部」が仲間入り:

« 疑わしきは「法曹三者の連携」 | トップページ | 「極刑」としての終身刑 ― 生きる刑罰 »