« 法隆寺もターゲット… 「仏像泥棒」の動機 | トップページ | 4年ぶりに蘇る、お遊び企画 »

2006年2月12日 (日)

嗚呼…〒…郵便ポストの受難

>>> ポストにアイス投げ入れた男逮捕
 埼玉県警狭山署は3日、狭山市、派遣社員の男(42)を郵便法違反の疑いで逮捕した。調べでは、容疑者は3日午後7時半ごろ、同所の新狭山駅前郵便局前の郵便ポストに棒状のチョコレートアイスクリームを投げ入れ、郵便物を汚そうとした疑い。
 現場周辺では先月から計4回、アイスや液体石けんでポスト内が汚され、同署が余罪を調べている。容疑者は「仕事がうまくいかず、うさ晴らししたかった」と供述しているという。(毎日新聞)2006/02/04

 ヒドい話ですよ。さいわいこの日は寒波が到来して気温が下がっていたので、アイスクリームも溶けず、被害は最小限におさまったようですが。 (※埼玉県所沢方面の2006年2月3日20時の気温は1.2℃、同23時は-0.4℃……気象庁ホームページより)

 この犯罪には「郵便法」という特別法が適用されています。 普通はポストの中の封書やハガキ等に対する器物損壊罪が成立しそうなものですが、料金を徴収して郵便局が預かっている、という郵便物の社会的な重要性から、刑が重く設定されているのです。


◆ 刑法 第261条(器物損壊等)
 (※前略)他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。

◆ 郵便法 第78条(郵便用物件を損傷する等の罪)
 郵便専用の物件又は現に郵便の用に供する物件に対し損傷その他郵便の障害となるべき行為をした者は、これを5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

 

 ポストに入れられた郵便物は「現に郵便の用に供する物件」にあたります。 また、郵便ポストや郵便配達のスーパーカブを蹴り壊したりした場合も、郵便法で刑が加重されると考えられます。 これらは78条にいう「郵便専用の物件」ですからね。

 郵便法って、あまり耳にしない法律ですけど、ニュースの記事をよく読んでいると、たまーに散見されます。

  

>>> 許せない!……年賀状用投かん口に人糞投げ込まれる
 5日午前5時40分ごろ、千葉県船橋市の郵便ポストに汚物が付着しているのを、年賀状を投かんしようとした女性が発見、県警船橋東署に通報した。このポストと、約800メートル離れた別のポストの年賀状用投かん口から 人糞が投げ込まれており、中にあった計147枚の年賀状が汚れていた。
(※中略)
 両ポストを管轄する船橋東郵便局によると、汚れをふき取ってビニール袋に入れた年賀状と、新しい年賀状、おわび用のタオルを持って差出人方を回り、事情を説明するという。同局は「一年に一度の思い出を踏みにじる許せない行為」と憤っている。(毎日新聞)2006/01/05

 私の名推理によると、犯人は、非常に脚の長い人物ですね。 ポストの投入口の高さにお尻の穴が届くぐらいの足長オジサンです。 その夜は新年会で酔っぱらって、ポストと公衆トイレを間違えてしまったのでしょう。

 まったく、いくら郵便事業が民営化されるからって、誰かの人糞を配達するほどのサービス向上は望むべくもありません。 切手はちゃんと貼ったんでしょうか。

 

>>> ポストに火付いた紙入れる 容疑の男逮捕
 郵便ポストに入った郵便物を燃やそうとしたとして、栄署は3日、郵便法違反(郵便用物件損傷など)の現行犯で、鎌倉市の無職(24)を逮捕したと発表した。犯行現場のポストは、県警学校のすぐ前。たまたま通りがかった学校入学中の男性巡査(26)が犯行を目撃し“御用”となった。
 調べでは、清水容疑者は2日午後8時45分ごろ、横浜市栄区桂町の県警学校前の郵便ポストへ、火を付けた紙を投げ込んで郵便物を燃やそうとした疑い。
 紙はポスト内部の受け皿に防がれて郵便物がある下まで落ちず、火もすぐに消えた。容疑者は調べに「火を付けたかった。そこにライターがあったからやった」などと容疑を認めているという。(中日新聞)2005/03/03

 「そこに山があるから登るのだ」という誇り高き名言に比べれば、なんとも涙が止まらない宣言です。

 本件は未遂に終わっているようですが、郵便法の第85条で「第78条……の未遂罪は、これを罰する」とハッキリ書かれちゃってますので、やはり言い逃れはできません。

 また、一見すると放火罪のようにも思えますけれども、金属製のポストの中に火種を入れたとしても、ポストごと燃え上がる可能性は極めて低いので、放火罪までは成立しません。 ポストの上から油を撒いて火を付けたなら、また話は違ってきますけど。
 

◆ 刑法 第110条(建造物等以外放火)
 放火して、前2条に規定する物(※建造物等)以外の物を焼損し、よって公共の危険を生じさせた者は、1年以上10年以下の懲役に処する。

 

 それにしても、ポストの内側には「受け皿」があるんですね。 へぇ~。 こういう良からぬ輩の行動に対する、最低限の防波堤としての役割を果たしているんでしょう。

 

<<<<<<<<< みそしるオススメ本 >>>>>>>>>>

 「どうせ、アメリカ様に命令されてのグローバル大改正だろ?」と、いまさら斜に構えても仕方がありません。変わるものは変わるんです。会社法。

 まぁ、この方は相変わらず書き方が上手いですね。これだけ上手かったら、別にイラストは要らないんじゃ…… とは言わないお約束で。イラスト担当の方も頑張っていらっしゃいます。

 最初から「売れる」と分かっているからできる、この価格設定。 私もこの域まで達したいです。

 

山田真哉のつまみ食い新会社法
山田真哉のつまみ食い新会社法 山田 真哉 宮崎 剛 緒方 美樹

青春出版社 2005-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

|

« 法隆寺もターゲット… 「仏像泥棒」の動機 | トップページ | 4年ぶりに蘇る、お遊び企画 »

本日の乱暴者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼…〒…郵便ポストの受難:

« 法隆寺もターゲット… 「仏像泥棒」の動機 | トップページ | 4年ぶりに蘇る、お遊び企画 »