« いよいよ本腰! 裁判員制度は浸透するか? | トップページ | 嗚呼…〒…郵便ポストの受難 »

2006年2月11日 (土)

法隆寺もターゲット… 「仏像泥棒」の動機

 奈良県内で相次いだ仏像の盗難事件で、うち1件の窃盗容疑で逮捕された埼玉県朝霞市朝志ケ丘1丁目、自営業の男(43)が奈良県警の調べに対し、「東京の浅草寺などでも約20体の仏像を盗んだ」と供述していることがわかった。動機については「夢の中で、多くの仏像を集めるよう告げられた」などと話しているという。(朝日新聞)2006/02/08

 なるほどぉ。仏様のお告げなら仕方ありませんね。……って、そういうワケには参らぬぞよ。ひさしぶりの「ふしぎ発見」です。

 「仏像をコレクションせよ」と、如来や菩薩に選ばれしこのお方。お仕事はネイルサロンの経営者とのこと。ますます不思議な感じです。まぁ、仕事と趣味は分けたほうがいいですよね。私みたいに好きなことを仕事にしようとすると、バイトしなきゃ食えない事態になります。でも、好きなことでドロボーしようとは、さすがに思いませんが。

 この仏像ドロボー、世界遺産の法隆寺や観光名所の浅草寺など、メジャーどころを外さずに狙っており、しかも、すべて「拝観時間内」という白昼堂々の犯行。大寺院の警備体制が問われます。
 法隆寺では、大宝蔵院で展示されている「聖徳太子像」のガラスケースを割ろうとしているのを、朝番の清掃員によって発見されたのですが、駆けつけた警備員に彼が「弁償する」と言ったところ、その場は帰されたようなのです。その直後に、別の場所にあった文殊菩薩像の盗難が見つかった、という経緯です。

 ただ、この自称「仏像コレクター」も、そのわりには「戦利品」の扱いがぞんざいだったり、一部が破損している仏像もあったようで、「好きが高じて」とは単純に思えない部分も。壊すぐらいなら盗むなよ。

 そういえば、去年の春に滋賀県で、神社の「こま犬」の連続窃盗事件がありましたよね。あれも意味がわからない事件でした。続報は届いてきませんけど、解決したのでしょうか。こま犬なんて横流ししても、買い取ってくれるような「市場」があるとは思えないし……。

 かたや神社で、かたや仏閣か……。パッと見では「同好の士」みたいですが、テリトリーが違うと。切手コレクターと古銭コレクターみたいなもんでしょうか。

 

((( 過去の関連ニュース )))

>>> 懸賞金につられ……盗品の十一面観音「返還」で御用


 滋賀県西浅井町の腹帯観音堂で2003年9月、十一面観音菩薩(ぼさつ)像が盗まれる事件があり、滋賀県警木之本署などは23日、盗品であることを知りながら観音像を保管していたとして、京都市山科区、風俗店経営の男(36)、同区音羽役出町、中古車販売業の男(36)の両容疑者を盗品等保管容疑で逮捕した。
 この観音像に巻かれた腹帯を身に着けると安産がかなうと伝えられ、皇后陛下が皇太子さまをご懐妊の際、この腹帯を宮内庁に献納。指定文化財ではなく、時価約100万円だが、地元信徒は「大切な仏像」として、300万円の懸賞金をかけ、情報提供を呼びかけていた。

 調べでは、今月中旬、同町の信徒団体代表方に、容疑者から「盗難に遭った観音像を預かっている。京都市のマンションのごみ捨て場に捨ててあったので拾った。23日に返還したい」と電話があり、写真を郵送してきたため、代表は県警に連絡。同日午前10時ごろ、指定された京都市南区の神社の駐車場に行くと、容疑者ら2人が車で観音像(高さ1・6メートル、重さ約50キロ)を運んできたため、張り込み中の捜査員が2人を逮捕。

 調べに対し容疑者は「今月初め、インターネットで仏像を捜していることを知った。懸賞金が欲しかった」と供述、入手経路などを追及している。(読売新聞)2005/04/25

|

« いよいよ本腰! 裁判員制度は浸透するか? | トップページ | 嗚呼…〒…郵便ポストの受難 »

泥棒 ふしぎ発見!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/8604363

この記事へのトラックバック一覧です: 法隆寺もターゲット… 「仏像泥棒」の動機:

« いよいよ本腰! 裁判員制度は浸透するか? | トップページ | 嗚呼…〒…郵便ポストの受難 »