« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

注目の判決スケジュール 【4月第2週】

※ 判決期日等は、直前になって変更される場合があります。

 また、すでに期日の変更がされているにもかかわらず、私自身がフォローできていない場合もございますので、その点はご了承ください。

([ ]は、原審の結果や、関連する別件の裁判です)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月6日(木)/東京地裁】
 ●民事 慰謝料・損害賠償請求

──────────────────────────
 <東京駅 コンビニ店長刺殺事件・民事訴訟>
  2002年7月、パンやおにぎり550円相当を万引きして逃走した男が、追ってきた店長の脇腹を刺して死亡させた事件。当時、男は別の窃盗事件で、刑の執行猶予中だった。
──────────────────────────
 (原告)犠牲者の両親
  ↓請求総額:約8770万円
 (被告)加害者(37)
──────────────────────────
 [刑事公判] 無期懲役 (2004/02/23最高裁) 現在、服役中。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月7日(金)/東京地裁】
 ●民事/行政 国家賠償請求

──────────────────────────
 <青森・奥入瀬 落枝事故訴訟>
  2003年8月、十和田八幡平国立公園の渓流休憩所近くの遊歩道沿いで、昼食をとっていた茨城県の女性(40)の上に、地上約10mの高さから全長約7m、直径約20cmのブナの枯れ枝が落下。女性は下半身不随の重症で、現在リハビリ中。
・ 原告主張
 被告は枝の落下を予見できたと主張。青森県は奥入瀬渓流に誘客を図りながら、安全配慮義務を果たしていなかった。
 また「ブナは公の営造物に当たる」として、木の所有者である国の安全配慮義務違反も挙げた。
 さらに、国は県に土地を貸したと「誤信」して十分な管理をせず、責任の所在を不明確にしたとも主張。
・ 被告反論
 事故の予見可能性を全面否定。現場の管理責任について、県は国からの貸し付け区域外であり、権限はないとした。国も「ブナは自然に自生したもので、公の営造物には当たらない」とし、管理責任はないと主張。
──────────────────────────
 (原告)被害者とその夫
  ↓請求総額:約2億3600万円
 (被告)国、青森県
──────────────────────────
 (裁判長)佐村浩之
──────────────────────────
 (備考) 国立公園内での倒木・落枝事故をめぐる訴訟は、全国的にも珍しい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月7日(金)/大阪高裁】
 ■刑事 殺人未遂、銃刀法違反、建造物侵入

──────────────────────────
 <宇治小学校事件 *控訴審*
  2003年12月、正午ごろ、被告人は宇治小校舎に包丁(刃渡り約17.5センチ)を持って侵入。1年生の教室で男児2人を殺害しようとして頭に切りつけ、約10日間のけがをさせるなどした。
 検察側は、被告人には責任能力があるとして控訴していた。
──────────────────────────
 (被告人)無職の男(47)
──────────────────────────
 [第一審:京都地裁(2005/08)] 懲役3年 (※心神耗弱を認めて、刑を減軽)
──────────────────────────
 (裁判長)陶山博生
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<< 

◆ 刑法 第39条(心神喪失及び心神耗弱)
1 心神喪失者の行為は、罰しない。
2 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

 逮捕当時は、「最高裁での死刑確定まで30年かかる」といわれていた、オウム真理教の「欲張り尊師」ですが、思いがけず一審の死刑判決が確定しようとしています。 結局、なにが「真理」だったのかわからぬまま。

 法廷でブツブツつぶやいていたのも、いきなりカタコトの英語でしゃべりだしたのも、「責任能力なし」として極刑を回避しようとした「演技」「詐病」だったのか……。
 尊師は演技がヘタだったからよかったものの、じゃあ、裁判官や精神科医が見破れないほど卓越した演技力の持ち主が法廷に出てきたら、どうなる……?

 いったい責任能力って、誰の何を守るためにあるんだろう。 精神鑑定って、誰の何をどんなふうに鑑定してるんだろう。 事件当時にさかのぼって精神状態を診ることなんか、本当に可能なんだろうか。 刑法総論の教科書をいったん脇に置いて、この機会に考えてみませんか?

 この問題、正直ここまで多彩な意見があるとは想像していませんでした。

刑法三九条は削除せよ!是か非か
刑法三九条は削除せよ!是か非か 呉 智英 佐藤 幹夫

おすすめ平均
stars私の印象では、削除反対派が優勢みたいなんだけど…
stars深くは無いがバランスのいい本。
starsそれぞれの立場
stars削除の正当性と、反対論者の支離滅裂ぶりが明らかに
stars考えてみましょう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

割りばし事故 【医師無罪】を、ちょびっと分析

 「政治とカネ」で話題になった、“1億円献金隠し”をめぐる村岡兼造氏の裁判。 私、無罪判決が出る瞬間を、今日初めてナマで見ちゃいました。 傍聴席から「ウワッ」と歓声がわいたり、報道記者がドタバタ出ていったり。 ちょっと興奮しました。

 村岡さんは、2時間半以上にわたる判決理由の読み上げを聞きながら、顔を真っ赤にして男泣きしておられましたし、川口裁判長は「これからどうなるかわかりませんが、今晩ぐらいは桜を眺めて楽しまれてはいかがでしょうか」という言葉で、判決言い渡しを締めくくりました。 ひじ杖をついたり、顔にシワを寄せたりといった検察官の悔しそうな表情も印象的でしたね。 

 判決の中では、「瀧川証言は信用できない」「渡辺証言は信用できない」と延々と繰り返され、このような虚偽証言の理由を「派閥会長である橋本龍太郎氏に、刑事責任が及ぶのを避けるため」とハッキリぶっちゃけちゃいました。 ここまでケチョンケチョンに言われても控訴はあるんでしょうかね。

 こうなったら、橋本さんを起訴してみます? ひょっとして、もう時効?

 

 近ごろ、重要な法律系ニュースが立て続けに報じられて、更新がまったく追いつかない状態です。 すみません。

 
 1999年7月10日、杉並区の盆踊り大会に参加していた男児(4つ)が転倒。持っていた綿あめの割りばしをのどに刺した。救急車で三鷹市の杏林大医学部付属病院に運ばれる間も、嘔吐を繰り返し、意識レベルも低下していた。
 担当医(37)は、消炎鎮痛剤(塗り薬)をつけただけでCTスキャンなどはせず、家に帰した。 翌朝、男児の容態は急変。頭がい内損傷で死亡した。

 この男の子から、笑顔と将来を強引に奪い去ってしまった不幸な事故。 それから3年以上が経過した2002年8月、担当医師は業務上過失致死容疑で在宅起訴されることになります。 立件まで3年かかっているという事実こそ、被告人を有罪にするため、かなりの無理をしていたんじゃないかな、と思わずにはいられません。

 そして、おとといの一審無罪判決。 出したのはなんと、今日と同じく川口政明裁判長だったのです。

 

◆ 刑法 第211条(業務上過失致死傷等)
 業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。(※以下略)

 

 ここにいう『業務上』とは、

  • 社会生活上の地位に基づいて行われていること
  • 反復継続して行われていること
  • 人の生命・身体の危険にかかわること

……の3つを満たして初めてあてはまる、と考えるのが判例です。医師という資格に基づく医療行為は、当然『業務』に該当します。 そして、『人を死傷させた』という結果も生じています。

 問題は、その担当医師が『必要な注意を怠』っていたといえるか。言い換えれば、業務上過失致死罪としての『過失』があったのか? 男児の死亡という不幸な結果の責任を、その医師にかぶせるべきなのか?です。

 

◆ 刑法 第38条(故意)
1 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。

 

 もともと刑事法というのは、「わざと」やったことを処罰するための決まりごとでして、「うっかり」やってしまったことを処罰するのは、むしろ例外的な位置づけなのです。
 「わざと」他人の物を壊すのは器物損壊罪ですが、「うっかり」他人の物を壊してしまった行為を処罰する規定はありません。 もちろん、民法的には、その持ち主への弁償(損害賠償)が問題になり、道徳的には謝罪をしなければならないという話にはなるでしょうけど。

 残念ながら、刑法は「過失」「うっかり」ということについて、それほど一生懸命には規定していないのです。 それこそ刑法を作った立法府の「うっかり」なのかもしれませんし、テレビもねえ、ラジオもねえ、クルマもそれほど走ってねえ文明開化の時代に、「業務上の過失ぐらいキッチリ定義しておけ」と求めるのは酷ともいえます。

 しかし現代は、危険性と引き換えに便利さや効率、有用性を求める数々の道具であふれています。 光が強くなれば、影もまた色濃くなるのが世の常。 ひとたび「うっかり」が生じたときに、計り知れないほどの被害が生じることも少なくありません。 にもかかわらず、「うっかり」の責任を誰も取らない、というのではマズい場合もあるでしょう。

 そこで、言い方が足りない「口ベタ」な刑法に代わって、裁判所や刑法学者たちが、『過失犯とは何ぞや?』を懸命に探してきたわけです。

 刑法211条『必要な注意を怠り』という言葉の意味ですが、これは「客観面(見た目)」と「主観面(気持ち)」に分けて考えることになっています。そして、主観面での「必要な注意を怠り」こそが「過失」であり、裁判所で通じる用語としての「うっかり」です。

 法律的には、過失犯というのは以下のように解剖されています。

 

<客観ジャンル(見た目)>
1.「原因となった行為」(※目に見える『必要な注意を怠り』)
2.「結果」 (※『人を死傷させた』)
3. 1と2の間にある「因果関係」 (※『よって』)

<主観ジャンル(気持ち)>
4.「過失」 (※目に見えない『必要な注意を怠り』)

 

 この事故において、1「原因となった行為」は、男の子を診察して入院もさせずに帰した事実です。2「結果」は、男の子が力尽きてしまった事実。では、その両者に 3「因果関係」はあるのか。これは立ち止まって考えてみる必要がありそうです。 ……が、いったん置いておきます。

 次に、メインである4「過失」ですが、こいつはさらに細かく分けられます。


 A.結果を予見できた可能性があったこと
 B.結果を予見する義務を怠ったこと
 C.結果を回避できた可能性があったこと
 D.結果を回避する義務を怠ったこと

 ここにいう「結果」とは、もちろん2の『人を死傷させた』結果です。

 もう…… どこまでミジン切りにしてくれるのかと、昔から刑法が苦手な私は悲しくなってくるのですが、処罰すべき人をキッチリ処罰し、処罰しちゃいけない人を決して処罰しないようにするためには仕方のないマニュアルです。

 ……それはわかってるんです。それはわかってるんですが!

 

A.死亡結果の予見可能性があった?
B.死亡結果を予見する義務を怠った?

 まず本件では、男児が転んで割りばしをのどに刺してしまったときの状況を、母親はまったく見ていなかった、という事情があったようです。 なので、割りばしが折れて、一部が体内に残っていることについて、母親も駆けつけた救急隊員も意識していなかったのです。お母さんは、気が動転して冷静でいられなかったのは理解できますけれども。

 当時、救急隊員から病院は、男児の状況について「二次救急相当」と伝えられていたとのことでした。 この「二次救急相当」とは、ただちに救命救急措置を必要とする状態ではない、という意味だそうです。

 消防署長の署名で裁判所に提出された回答書には、「意識清明 散瞳なし 対光反射あり バイタルサイン異常なし」という救急隊長の判断が書かれています。 まさか脳が致命的なダメージを受けているとは夢にも思わなかったに違いありません。

 「男児がのどを箸で突いた」との連絡を受けたのは「皮膚科の講師」だったそうで、その連絡を聞いた皮膚科講師は「のど(首)の外側表面をケガした」と解釈したらしく、形成外科の受診を手配していたといいます。 到着した救急隊が、「耳鼻科の受診」と再度申し出ることによって、耳鼻咽喉科医である被告人が呼ばれることになります。

 ほんとうに、この担当医師のみが全面的に重たい責任を負わされるべき事例なのでしょうか。 言っちゃ悪いですけれども、うちのおふくろ、わが子に外で立ち食いなんかさせませんでしたよ。 夏祭りで綿アメを食べるのもいいですけど、最低限の「行儀」を保つ意味でも、ベンチに座らせて食べさせておけば、割りばしをくわえたまま転ぶことも無かったでしょうに。

 以上のように、本件に至るまでには、さまざまな人たちが関わり、複雑に絡み合った状況があったようなのです。 にもかかわらず「詳細な問診によって割りばしが見つかっていないことの聴取を怠った」というふうに一方的に被告人を責めたててしまう、その検察官の態度ははたして妥当だったのかどうか。 いくら被告人を問い詰めることが仕事とはいえ、ですよ。 そこまで厳格な結果責任を負わされたら、救急医療なんて怖くて誰もやりたがりません。

 さらには、体内の割りばしというのは、レントゲンでは発見できないのだそうです。釘などの金属ならX線を通さずにハッキリ映るんですが。 CTスキャンでは、ボンヤリ映るそうですが発見は難しい。 それ以前に、CTは幼児の身体に悪いそうで。 なにしろ放射線を浴びせますのでね。

 割りばしが刺さっているのを発見できるとしたら、MRI(磁気共鳴装置)らしいのです。 それでも、割りばしが直接映るというのではなく、のどや脳の一部が欠損して見えることから、割りばしの存在を疑う、推認する、といった手続きを踏むようですが。

 

 C.死亡結果の回避可能性があったか?
 D.死亡結果を回避する義務を怠ったか?

 仮に、割りばしが脳に刺さっていることを発見でき、これが命にかかわる傷であることを耳鼻科の医師が認識できたとして、はたして救命の可能性はあったのかどうか。

 この判断については、医療の専門家にご意見を求めるしかないのですが、本件の検察側主張でも「50%はあった」とする程度です。 「2割以下」や「限りなくゼロに近い」という意見も少なくないようです。

 過失犯についての直接の判例ではありませんが、違法薬物を女性に打って、そのまま放置した事件について、その被告人の責任を問うには、もし適切な処置がとられた場合に少なくとも「十中八九」、つまり8割から9割の救命可能性が必要だとした最高裁の判断があります。

 残念ながら、大学病院にブラックジャックはいないのです。 だとすれば、たとえ、予見可能性あり・予見義務違反(AB)があったとしても、回避可能性なし(C×)と認定され、4「過失」無しとされる公算は高いかもしれません。

 

 しかし、川口裁判長は、4「過失」はあるけど、3「因果関係」が無いと認定して無罪という判断を導きました。 どっちみち結論に変わりはないのですが、「過失はあったのだ」という国家権力からの宣言は重いものです。

 ただ、気になるのは、判決理由の中で「割りばしがのどを突いて頭に刺さっていることに気付いても、救えた可能性は極めて低かった」とされていることです。 じゃあ、結果回避可能性を満たしてないから、やっぱり4「過失」が無いんじゃないか、とも思えます。

 実は、3「因果関係」と、4「過失」は、一部で似たようなことを言っているのです。

 

 「因果関係」の正体は、分析するとこうなります。

 ア)「1『原因行為』を取り除けば、2『結果』も無かった」という関係(条件関係)

 イ)「生じた 2『結果』の責任を、1『原因行為』を行った者に負わせることが、この社会の常識としてふさわしいか」(相当性)

 本当に刑法って「概念のミジン切り」が多いんです。 ロシア民芸品「マトリョーシカ」どころの騒ぎじゃありません。 人形の中に、2個か3個の人形が入っていて、さらにそれぞれの人形の中に5,6個ずつ……、という有り様。 
 そういう細か~いミジン切りをイライラせずに愛する余裕のある人が、刑法を得意になれるんですよね。 「刑法学は、文科系の数学だ」といわれるゆえんです。 頑張ってください。 誰に言ってんだろう。

 この ア『条件関係』ですが、要するに「そんなことやらなきゃ、結果は避けられたのに」と言っているわけでして、これはまさしくC「結果回避可能性」と似たような話なんですよ。
 これは、過失犯の体系を構築する過程で、故意犯の枠組みを借りてきたがために生じてしまった悲しみです。

 なので、刑法のココロを解さぬ大ざっぱなO型の私に言わせてもられば、本件は、「過失なし」として切ろうが、「因果関係なし」として切ろうが、どっちでもよかったんだと思います。  しかし、川口裁判長はあえて「無罪にはするけど、過失はあるよ」と宣言し、医療現場、殊に救急救命の現場に向けて警鐘を鳴らしておきたかったのかもしれません。

 理論的というより、政策的な理由づけなんでしょうかね。

 ご両親は2000年、担当医師と大学病院(学校法人)を相手取って、約8900万円の損害賠償を求めて提訴しています。 民法上の損害賠償が認められるかどうかについては、また基準が違ってきますので、精神的苦痛に基づく慰謝料であれば、一部認容される可能性はありそうです。 第一、こうして刑事で「過失」が認定されていますしね。

 それにしても、民事訴訟は時間がかかりますね。 仕方がないのでしょうか。

 

>>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<<<

 文字だけで、どうしてこんなに面白い? ここまで笑わせてしまう魔力は何なのか。電車の中で読んどると、周囲から気持ち悪がられるので、ご注意を。

 他の誰にも似ていない、唯一無二のコント芸人。彼らの舞台脚本を公開! たとえDVDボックスを買う金が無くても、この本さえ手元にあれば、まだオレは耐えられる。

小林賢太郎戯曲集―home FLAT news
小林賢太郎戯曲集―home FLAT news 小林 賢太郎

おすすめ平均
starsファンの方に怒られるかもしれませんが…
stars目的のはっきりした本
stars二人のすごさを実感
starsこりゃやばい。
stars戯曲と言うと大袈裟ですが、

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (17) | トラックバック (2)

2006年3月27日 (月)

買えば、嫁がもらえます?

>>> 「これを買えば嫁がもらえる」・・ふとん店に業務改善指示-秋田
 「息子さんの嫁を世話します」「この帯を買えば嫁がもらえる」―。 嫁や婿の世話を口実に「縁結びの帯」と称し、訪問着や帯などを売りつけたとして、県は24日、由利本荘市、「塚本ふとん店」に対し、特定商取引法に基づく行政処分(業務改善の指示)を行った。同法に基づく行政処分は県内で2件目。(秋田魁新聞)2006/03/24

 本当にこのふとん店が、オマケといいますか、アフターサービスといいますか、商品の付加価値として「お見合いの仲介」までしてくれるというんであれば、そのこと自体に違法性はないと思われます。 どんな内容の契約を結ぼうが、自由であるのが原則ですから。

 多少値が張ろうが、商品にお見合いという特典が付いて、それでお相手を見繕ってくれるんなら、実質的には格安です。良心的な業者ですよ。 結婚相談所や紹介所などだと、ちゃんとしたところなら年会費で何十万円か取られるというご時世ですから。

 いいじゃないですか。テンション上がるじゃないですか。 紹介してくださいよ、素敵な秋田小町を。

  50歳代の女性は、娘の婿欲しさに一度着物を購入。実際に男性を紹介され、店からは「相手も来る気になった」などと言われ続けた。見合いまでに計121万円の着物などを買ったが、男性からは結局年齢差を理由に断わられたという。見合い相手との年の差が10歳以上だったり、「相手が体調を崩した」と中止になったりしたケースが多く、被害は数十件とみられる。

 県は「嫁不足、婿不足という地域事情と親の心情に乗じて違法な勧誘を繰り返し、悪質」として、業者名公表に踏み切った。(読売新聞)

 この記事を読むだけだと、「嫁不足・婿不足」という過酷な状況の中、なんとかお相手を探してきたけれども、結果として縁が無かった……という可能性も残るように思えてきます。

 県によると、塚本代表(83)の妻(80)らは2002年1月~05年11月、未婚の息子や娘がいることを知ったうえで、同市内の50~80歳代の男女6人の自宅を訪れ、着物など計約270万円を販売。(読売新聞)

 本件は、ご主人でなく、奥さん主導なんですか?  うーむ、そういう仲人的なことがお好きな、ご年配の女性っていらっしゃいますからね。 特に地方にはたくさんいそうな思い込みがあります。

 それでも、「お相手」として紹介された彼らは、ふとん店から幾ばくかの謝礼をもらっているサクラである、と断言できるだけの決め手になる証拠を、秋田県側はお持ちなのでしょう。だからこその行政処分のはずです。

 まだ、秋田に桜前線が到来するには早い季節でしょうけど。

 ただ、本件は「不実の告知」の疑いだけでなく、

  • 「縁結びの帯は断るものではない」などと勧める威迫的な勧誘行為
  • クーリングオフの申し立てに対して返金を拒否した債務不履行
  • 着物の販売目的であることを隠して、各家庭を訪問した

……などの不当な販売形態があったとされています。 なるほど、ここまで揃ってしまえば逃げられませんかね。

 店の経営に携わる塚本代表の長男(52)は「違反になるとは思わなかった。二度としない」と話している。(読売新聞)

 だから、塚本代表ご自身のコメントは?

 それとも、「代表」というのは名ばかりで、すでに隠居なさってるのかね。 それにしても、80歳の奥様はお元気そうで。 なんか気になります。

 

◆  特定商取引に関する法律 第3条(訪問販売における氏名等の明示)
 販売業者又は役務提供事業者は、訪問販売をしようとするときは、その相手方に対し、販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称及び商品若しくは権利又は役務の種類を明らかにしなければならない。

◆ 特定商取引に関する法律 第6条(禁止行為)
1 販売業者又は役務提供事業者は、訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約の締結について勧誘をするに際し、又は訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約の申込みの撤回若しくは解除を妨げるため、当該売買契約又は当該役務提供契約に関する事項であつて、顧客又は購入者若しくは役務の提供を受ける者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものにつき、不実のことを告げる行為をしてはならない。
2 販売業者又は役務提供事業者は、訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約を締結させ、又は訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約の申込みの撤回若しくは解除を妨げるため、人を威迫して困惑させてはならない。 (※以下略)

◆ 特定商取引に関する法律 第7条(指示)
 主務大臣は、販売業者又は役務提供事業者が第三条から前条までの規定に違反し、又は次に掲げる行為をした場合において、訪問販売に係る取引の公正及び購入者又は役務の提供を受ける者の利益が害されるおそれがあると認めるときは、その販売業者又は役務提供事業者に対し、必要な措置をとるべきことを指示することができる。

 1.  訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約に基づく債務又は訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約の解除によつて生ずる債務の全部又は一部の履行を拒否し、又は不当に遅延させること。
 2.  訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約の締結について勧誘をするに際し、又は訪問販売に係る売買契約若しくは役務提供契約の申込みの撤回若しくは解除を妨げるため、当該売買契約又は当該役務提供契約に関する事項であつて、顧客又は購入者若しくは役務の提供を受ける者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものにつき、故意に事実を告げないこと。
 3.  前二号に掲げるもののほか、訪問販売に関する行為であつて、訪問販売に係る取引の公正及び購入者又は役務の提供を受ける者の利益を害するおそれがあるものとして経済産業省令で定めるもの。

◆ 特定商取引に関する法律 第68条(都道府県が処理する事務)
 この法律に規定する主務大臣の権限に属する事務の一部は、政令で定めるところにより、都道府県知事が行うこととすることができる。
 
◆ 特定商取引に関する法律 第70条(罰則)
 次の各号のいずれかに該当する者は、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
 1.第6条第1項から第3項まで……の規定に違反した者 (※以下略)
 
◆ 特定商取引に関する法律 第74条(罰則)
 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号で定める罰金刑を、その人に対して各本条の罰金刑を科する。
 2.第70条第1号又は前3条  各本条の罰金刑
 
 
 
>>>>>>> みそしるのオススメ本 <<<<<<<
 
 放送法第1条第2号「放送の不偏不党、真実および自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」……
 
 私が「放送禁止歌」と聞いて真っ先に連想してしまうのが、つぼいのりお氏の「金太の大冒険」だったりするのが恥ずかしいですが、たとえば「金太の大冒険」が、リリース後わずか2,3週間でラジオ放送禁止になったり、梅宮辰夫兄貴の「シンボルロック」も放送禁止扱いになった理由は、だいぶわかりやすいと思います。単純に、当時の価値観で「品が無かった」からです。
 
 この本は、「闘うエンターテイメント」が規制されていく様子を通して、同和や反体制という時代背景を浮き彫りにしようとする、非常に興味深い構成で展開されています。放送の世界にある「政治」が見えてきますね。
 
放送禁止歌
放送禁止歌 森 達也

おすすめ平均
stars幾重もの<驚き>が織り込まれて
starsまだ大丈夫
stars規制するのは誰?
stars哀悼 山平和彦さま
starsいったい、誰が?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

注目の判決スケジュール 【3月第5週】

※ 判決期日等は、直前になって変更される場合があります。

([ ]は、原審の結果や、関連する別件の裁判です)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月27日(月)/名古屋地裁】
 ■刑事 補助金適正化法違反、関税法違反など
──────────────────────────
 <BSE補助金の不正受給・輸入豚肉の差額関税を脱税>
  2000年当時、被告人の事業で借り入れ総額は500億円を超えていた。そこに翌年のBSE騒動で牛肉価格が急落し、大打撃を受ける。
  同年10月にBSE全頭検査が実施されることになり、すでに解体処理されていた国産牛肉が市場に出回るのを防ぐため、食肉業者が買い上げて保管し(保管事業)、その牛肉を焼却処分することになった(処分事業)。これらの事業には、国から補助金が出されることが決定した。
  被告人らは輸入牛肉を国産牛肉用の段ボールに詰め替え、それでも割り当て枠に足りないぶんを、空の段ボールを組み立てるなどで偽装し、虚偽の在庫証明書を提出することによって10億円あまりの補助金を不当に利得した疑い。
──────────────────────────
 (被告人)大手食肉卸業「フジチク」 元社長 藤村芳治(63)
 (求刑) 懲役13年
──────────────────────────
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9D%91%E8%8A%B3%E6%B2%BB
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月27日(月)/東京地裁】
 ■刑事 証券取引法違反(有価証券報告書 虚偽記載)
──────────────────────────
 <カネボウ粉飾決算事件>
 両被告人は、中央青山監査法人に所属していた公認会計士3人と共謀し、カネボウの2002、03年3月期の連結決算で、最大で約829億円を粉飾した有価証券報告書を関東財務局に提出した疑い。
 検察側は、同社の粉飾が1960年代後半から続いていたとも主張。
──────────────────────────
 (被告人・求刑)元 社長  帆足隆(70)←懲役2年
          元 副社長 宮原卓(64)←懲役1年6ヶ月
    ……「証券市場の信頼を著しく失墜させた」と検察側
──────────────────────────
 (裁判長)渡辺英敬
──────────────────────────
 (備考) 30日(木)には、同監査法人の4人の公認会計士につき、初公判が東京地裁で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月28日(火)/東京地裁】
 ■刑事/医療 業務上過失致死罪

──────────────────────────
 <割りばし死亡事故>
 1999年、保育園児(当時4つ)が、綿アメの割りばしを誤ってのどに突き刺して死亡した事故。
 ・ 脳の損傷を予見できたか。
 ・ 救命の可能性がどれだけあったか。
──────────────────────────
 (被告人)私立大学付属病院 元医師(37) ※無罪主張
 (求刑) 禁錮1年
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月28日(火)/東京地裁】
 ■刑事 詐欺罪

──────────────────────────
 <NHK不祥事> 
 被告人は、複数の企画会社と共謀し、そのスタッフらが放送作家として、「紅白歌合戦」や「ポップジャム」などNHKの番組の構成にかかわったように偽装し、委託料名目で金銭をNHKから詐取させ、被告人へその金銭の多くを還流させていた疑い。被害総額は約1億円。
 被告人はその詐取金を、交際していた愛人との海外旅行などで費消していた。
──────────────────────────
 (被告人)元NHKチーフプロデューサー 磯野克巳(49)
 (求刑) 懲役8年  「国民の受信料から出ている経費を詐取した悪質な犯行」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月28日(火)/那覇地裁】
 ●民事 人格権侵害に基づく差し止め請求

──────────────────────────
 <西表島リゾート開発>
 河口付近でのリゾートホテルの建設は、歴史的、文化的聖地の侵害であり、生物の多様性も損なわれると主張。
──────────────────────────
 (原告)住民ら463名
  ↓差し止め請求
 (被告)リゾート開発業者
──────────────────────────
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2032/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月29日(水)/長野地裁 松本支部】
 ●行政 国家賠償請求

──────────────────────────
 <小谷村の土石流災害> 
 1996年12月、小谷村と新潟県糸魚川市の県境にある「蒲原沢砂防ダム災害関連緊急工事」の災害復旧工事中に作業員14人が死亡、9人が重軽傷を負った事故。
 土石流は幅約100メートル、高さ約20メートル。95年7月の大雨のため、同所で起きた土砂災害で流れ出した土砂を食い止めるための工事だった。
 土石流が発生した蒲原沢は、姫川本流に流れ込むV字形をした切り立った沢で、現地の地形を知る担当者は「滑り台のような急な沢」と話している。この沢をまたぐ国界橋付近で幅約40メートル、橋までの高さは約30メートルという。
 ・ 土石流の発見が予見できたか。
 ・ 安全対策の指導を怠っていたか。
──────────────────────────
 (原告)作業員3名の遺族
  ↓請求総額:約1億2000万円
 (被告)国、長野県
──────────────────────────
http://landslide.dpri.kyoto-u.ac.jp/otari.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月30日(木)/東京地裁】
 ■刑事 政治資金規正法違反(収支報告書 不記載)

──────────────────────────
 <1億円政治献金隠し>
 2002年3月13日に10分間だけ行われたという、平成研究会(当時の“橋本派”)幹部会で、『日本歯科医師連盟からの献金(2001年7月、赤坂の料亭で、日歯連 前会長・臼田貞夫から橋本元首相に1億円の小切手を渡された件)に関しては、領収書を出さない』ということにつき共謀があったのかどうか。
  同派閥の会計責任者 滝川俊行は、小切手受領直後の段階で、被告人と野中広務 元自民党幹事長(当時・同派閥の事務総長)に報告していた。 しかし野中氏については、本件で起訴猶予処分。
 被告人は、同派閥の会長代理という地位にありながら、小泉内閣を支持する姿勢を見せ、野中氏から「ポスト欲しさに毒まんじゅうを食った」と揶揄されたこともあったが、結局は小泉内閣のポストに就くことは無かった。 2003年総選挙で落選し、政界からの引退を表明。
──────────────────────────
 (被告人)元内閣官房長官 村岡兼造(74) ※否認・無罪主張
 (求刑) 禁錮1年
──────────────────────────
 [会計責任者 滝川俊行] 禁固10ヶ月 執行猶予4年 (2004/12/03)
──────────────────────────
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%B2%A1%E5%85%BC%E9%80%A0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%90%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月31日(金)/さいたま地裁】
 ●民事 慰謝料・損害賠償請求

──────────────────────────
 <桶川ストーカー殺人事件・民事訴訟>
 1999年10月、JR桶川駅前で、女子大生(当時21)が元交際相手とその兄が雇った男に殺害された事件。事前に女子大生を中傷するビラも撒かれていた。
 ・ 実行犯とされる元交際相手(当時27 - 翌年1月に北海道で自殺)に、殺意があったのかが争点。
──────────────────────────
 (原告)殺害された女子大生の両親
  ↓請求総額:約1億1463万円
 (被告)元交際相手の兄である首謀の男(39・元消防士)、その両親、男の共犯者
     (※17人いた被告のうち、すでに5人と和解、8人に計1億円賠償命令)
──────────────────────────
 [刑事公判] 首謀の男 : 一審、控訴審ともに無期懲役。最高裁に上告中。
         実行犯3名 : 懲役18年-15年。服役中?
 [国家賠償訴訟] 警察の責任 : 一審、控訴審ともに550万円(中傷ビラでの捜査怠慢のみ認定し、怠慢と殺害発生の関連性は否定)。最高裁に上告中。
──────────────────────────
http://okegawa-support.web.infoseek.co.jp/page7.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

>>>>>>> みそしるの個人的趣味リンク <<<<<<<

 芸術はバクハツだっっ! 太陽の塔につづく、原爆モチーフ二部作の完結編「明日の神話」が修復を終え、7月に東京で公開予定! 太郎からの挑戦に、私も受けて立つことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月24日 (金)

最高裁ドタキャン弁護士 安田好弘さんの基礎知識

((参考過去ログ))
待てど暮らせど来ぬ人を(2006/03/17) 

060324yasuda  安田好弘(やすだ・よしひろ)
 1947(昭和22)年12月4日生(58歳)
 本籍:兵庫県

 第二東京弁護士会 所属
 港合同法律事務所

1975(昭和50)年 一橋大学法学部卒
1977(昭和52)年 司法試験最終合格
1980(昭和55)年 司法修習修了(32期)

 

  •  1980年8月「新宿駅西口バス放火事件」(6人死亡、14人全身やけど)公判の弁護人を務める。 ⇒ 心神耗弱が認定され減刑。 無期懲役が確定。
     
  •  1980年12月「名古屋女子学生殺人事件」の弁護人。 しかし、一審・控訴審・上告審すべてで死刑判決が維持され、1995年に刑執行。
     ただし、このとき開かれた最高裁の口頭弁論が終結した後も、「弁論補充書」と題した書面を、判決が出るときまで、2,3週間に1度のペースで最高裁へ提出しつづけたという。 死刑判決後も、判決訂正の申し立て恩赦の出願など、自らの信念にもとづき、刑の執行阻止に力を尽くす。
     
  •  特に、アイヌ民族問題、山間部の日雇い労働者に関する権利擁護や、精神病院患者の人権問題などに力を入れる。
     
  •  1972年「あさま山荘事件」坂口弘死刑囚につき、再審請求を担当。
     
  •  オウム真理教の「尊師」松本智津夫の主任弁護人

 

■ 著書:「『生きる』という権利 ─ 麻原彰晃主任弁護人の手記」(講談社)より

 「(大学のころは)全共闘運動が高揚していた時代だった。そのころは自分が何になろうかなど、考えてもみなかったが、ただひとつだけ『常に少数派でありつづける』という思いは、ずっと持ちつづけていた」(PP.105-106)

 「公安調査庁は、破防法では負けたものの、団体規制法によって復活した。人員を増やし、定期的に隊列を作って、旧オウム信者の施設に乗り込んでいくという新たな仕事を得たのだ。 どれだけ多くのジャーナリストが、そしてマスメディアが、そして警察と検察と裁判所と弁護士が、オウム事件により職を得、利益を得たのか」(P.41)

  •  1998年12月、顧問を務めていた中国系不動産会社の資産隠しを指南したとする、強制執行妨害容疑で逮捕される。 それにともない、尊師の国選弁護人としての職務も解任される。
     しかし、2003年12月、東京地裁は無罪判決を言い渡す。 現在、控訴審にて審理中で、今年2月にようやく初公判が開かれたばかり。
     
  •  1998年7月「和歌山毒物カレー事件」の上告審主任弁護人。
     
  •  「ヒューザー」社長の提訴する民事訴訟における代理人。

 

■ 「週刊現代」2006/03/11 「ライブドア事件『検察の暴走』」より

 「私は今回の事件は、戦前の二・二六事件と同じような匂いを感じています。 つまり、二・二六事件で青年将校が世直ししようとしたように、今回のホリエモン逮捕は、特捜検事の彼らなりの世直し、国体護持のための運動ではないかと」

 「株価暴落で損をした人たちは、ホリエモンの株価操作で被害を受けたと錯覚しています。この間の検察の情報操作は、実に見事です。 株主は検察に対してではなく、ライブドアに対して損害賠償請求を打とうとしている始末ですからね。 これで株が上がったのは特捜ですし、ヤメ検と言われている弁護士集団の株も上がったんですね。これこそ偽計取引ですよ」

 「ホリエモンの調書がもし本当に作成されていないとしたら、私は逆に、検事がまともに取調べも何もしていないんじゃないかと思う。 むしろ喜んで否認させている。 それによって憎らしくてふてぶてしいホリエモンというイメージを作り上げているわけです」

================ 

 検察という権力組織をお嫌いなのも結構なことですし、近ごろでは最高裁の口頭弁論よりも、週刊誌の座談会のほうを重く見てらっしゃるということも、よくわかりました。 それにしても、「名古屋女子学生殺人事件」を担当なさってた頃の情熱や行動力は、どこへ行ってしまったんでしょうかね。

 次は、事件現場である山口・光市に程近い、広島弁護士会所属の足立修一弁護士について特集してみます。 今日、国会図書館で調べてみたんですが、通り一遍のプロフィールぐらいしか見つかりませんでした。 なにかご存知の方、情報をお寄せください。

 

>>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<<<

 「頭の良くなる薬を、ほんとうに見つけてしまった…… どうしよう?」

 東大薬学博士の著者が、「おいしい生活」という名フレーズを編み出してブレイクした(古っ。いつの話や)コピーライター 糸井重里氏との対談形式で、目からウロコの脳科学を楽しく解説。

 糸井さんの、それとない発言の中から「糸井さんが嫌いなタイプの人」というのも、いくつか見えてきます。 それがわかってどうだ、ってこともないんですが。

 頭は30歳を過ぎてから良くなる? 「頭がいいと思う人=自分の好きな人」? センスも記憶のなせるワザ??

 私たちが気にすべきなのは、脳機能の低下よりも、まわりの世界に慣れずに新鮮な気持ちで見ることができているかどうか、だといいます。 最近「脳年齢ゲーム」がブームですけど、ああいうのを繰り返しこなして、パターン慣れで叩き出した「脳年齢」というハイスコアに一喜一憂しとる場合じゃないかもよ。

海馬 ― 脳は疲れない
海馬―脳は疲れない 池谷 裕二 糸井 重里

おすすめ平均
stars脳の活用の仕方がわかる本
stars軽く読めて、ちょっと明日に希望が持てます
stars「創造」とは「つながりの発見」なんですね、つまり「組み合わせの妙」ってこと!
starsとどのつまり
stars忘れられない名糖ホームランバー・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (5) | トラックバック (4)

2006年3月23日 (木)

法廷の匿名希望さん

>>> 窃盗罪:初公判で男が「刑務所から出たらまた万引きやる」
 東京都台東区で店からケーキなどを盗んだとして常習累犯窃盗罪に問われ、身元を明かさず「上野警察署留置番号第7号」として起訴された男の初公判が22日、東京地裁であった。男は過去3回、同様に身元不明のまま窃盗罪で実刑判決を受けており、被告人質問で「服役して刑務所から出てきたら、すぐまた万引きをやるのは間違いない」と答え、裁判官や検察官を困惑させた。(毎日新聞)2006/03/22

 いきなり、ものすごい開き直りで、かましてくれてますが。

 この公判、昨日の午後3時15分から行われたものです。開廷予定表の被告人欄で「氏名不詳」となっておりまして、ずっと気になって観ようか観まいか迷っていたんですが、有料メルマガの今週号を書き上げないといけないということで、午前中だけで裁判所から帰ってきました。

 「ひょっとしたら、一見の価値があったのかもなぁ……」と思っていたんですが、毎日新聞さんが代わりに傍聴してくれて助かりました。
 私が昨日の午前中に傍聴した「巣鴨のご長寿スリ(御歳80、前科19犯)」も、見ごたえあったんですよ。 この方は事件当時、自分の財布に7万円持ってたのに、他人のポケットに手を入れていたそうです。

 男は白髪交じりで、人定質問には答えず、2月4日にディスカウントストアの食品売り場でケーキなど4点(計795円)を盗んだとの起訴事実は認めた。「仕事にありつけるか分からず、生活のため食料品を万引きして暮らすしかなかった。社会に戻ると被害が増えるので、できるだけ長く刑務所に入れたほうがいい」。検察側が読み上げた調書で、男はそう供述していた。(同)

 裁判を傍聴しても、報道を見ていても実感しますが、万引きで生計を立てる人って多いですよね。犯罪心理学者によると、おもに社会的なストレスが原因らしいですが。

 昨年、石川県警が独自に行ったという調査によると、同県内で万引きで検挙された成人は、2000年は282人だったのが、2004年には約2.5倍の707人にまで増加しているのだそうです。万引きの全検挙人員の65%を成人が占めており、「もはや『大人の犯罪』とも表現できるような状況だ」としています。困りましたね。

 しかも、この被告人は、人定質問(※最初に氏名・生年月日・本籍地・住所・職業を裁判官が尋ねて、法廷に出てきているのが被告人本人であることを確認する儀式)で全部黙秘してみせたそうで。

 名前を黙秘した結果として、みんなから無機質な番号で呼ばれることになった被告人。 ひょっとしたら、被告人の本名は、他人に言えないぐらい恥ずかしいものなのでしょうか。 たとえば、『山田チョメチョメ丸』とか。
 でも、いくら人前で口にできないような名前でも、言うべきだと思えば言えばいいし、言いたくなければ黙っていればいいんです。 いくら気恥ずかしくても、名前は親からの最初にして最高の贈り物。 チョメチョメ丸ならチョメチョメ丸として、その運命を広い心で受け入れ、堂々と胸を張って生きていけばいいじゃありませんか。 なぁ、チョメチョメ丸よ。

 こういう「氏名黙秘」という戦略が認められるかは微妙です。法律上(憲法上)規定されている被告人の黙秘権は、特に「包括的黙秘権」と呼ばれていまして、名前どころか、何を聞かれても最初から最後まで一貫して黙っていることだって許されるとされます。

 ただ、これは学説上の話であり、最高裁の判例は、黙秘権は氏名におよばないとも言っています。

 かつては、黙秘権といったら『国家権力の横暴に屈しない覚悟』を見せつけたい、運動家の被疑者が行使するなど、イデオロギー的色合いが強かったのですが。

 この第7号さん、以前の裁判でも名前を言わなかったようですので、この黙秘作戦は、弁護人からの入れ知恵というわけでは無さそうです。

 

◆ 日本国憲法 第38条(自己負罪拒否特権)
1 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

◆ 刑事訴訟法 第311条(被告人の黙秘権)
1 被告人は、終始沈黙し、又は個々の質問に対し、供述を拒むことができる。

◆ 刑事訴訟法 第291条(黙秘権の告知)
2 裁判長は、起訴状の朗読が終つた後、被告人に対し、終始沈黙し、又は個々の質問に対し陳述を拒むことができる旨その他裁判所の規則で定める被告人の権利を保護するため必要な事項を告げた上、被告人及び弁護人に対し、被告事件について陳述する機会を与えなければならない。

 

 こういう権利は、「しゃべるかしゃべらないかを決める」という最低限の自由を保障しているわけです。裏を返せば、訴追側による無茶な拷問や自白強要に対抗する武器にもなりえますし、捜査官に都合のいい供述調書を作らせることを避け、被告人がぬれぎぬを着せられないための防波堤としても機能します。

 でも、「黙秘権」という権利は、一般の方にはなかなか理解していただきにくい概念ですよね。黙りこくる被告人に対して、皆さんは「悪いことをしたなら、サッサと認めろよ」と、一種のイラ立ちを覚えるかもしれません。
 たしかに、それも正しいのですが、

 ・ 誰ひとりとして、絶対にぬれぎぬを着せてはならない。たとえ真犯人を取り逃がしても。

 ・ 一部はやったとしても、そこからのなし崩しで、やってないことまで罪をかぶる必要はない。
 

……という要請だってあります。

 コナン君の言うとおり、「真実」は、いつもひとつかもしれませんが、「正義」は、立場によって複数ありえるのです。

 いくら賢かろうと、裁判官は神ではありません。 間違いを起こす人間だからこそ、また、間違ったら取り返しのつかない結果が引き起こされるからこそ、最終判断者は結論を決めつけてはなりませんし、つねに謙虚な態度で臨むべきです。

 とはいえ、本件被告人の、開き直ったその態度も気に入らないのよぉ~~♪  氏名の黙秘が、まるで2ちゃんねるでの匿名性みたいに、傍若無人に振る舞うための免罪符のようになっては残念です。

 ちなみに、判例では、氏名を黙秘したままの弁護人選任届は無効だとされていますので(※私にはその理由がわかりませんけど。この場合「上野署第7号」と署名しておけば、誰がどの弁護士を依頼したか識別できるんですから)、本件で就いた弁護人は、私選ではなく国選だということがわかります。

 裁判官が「今度出所した時は、盗みをしなくても何とかなるよう考えなくては」と更生を促すと「年を重ねるだけで駄目ですね。何だか不思議な裁判になっちゃいましたね」と返答。裁判官も「本当、不思議な裁判だね」と苦笑した。(同)

 不思議にしちゃってるのは、あなた自身ですよ。第7号さん。

 

>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<

 裁判官の人数が絶対的に足りない日本の司法権に、なぜ、無視できない数の「裁判しない裁判官」たちが存在しうるのか。

 そして、「裁判官の独立」というタテマエをぼやかす、最高裁からの人事的圧力。さらに、日本全国の裁判官の判断内容を、最高裁がトップダウン方式で統制しているとウワサされる、「長官所長会同」という名の集い。

 これらも司法権の正義なのか? それとも必要悪なのか?

 詳細な図表が多く収録されているためか、少し値が張ってしまう本なのが玉にキズですが、司法権という聖職組織が抱えるドロドロした現実を少しでものぞいてみたい方には、ぜひお勧めしたい一冊です。

日本司法の逆説―最高裁事務総局の「裁判しない裁判官」たち
日本司法の逆説―最高裁事務総局の「裁判しない裁判官」たち 西川 伸一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

九州男児、他人の飯を喰らう

>>> 空腹の“ごはん泥棒”を逮捕
 長崎県警川棚署は21日までに、炊飯器からご飯を盗んだとして窃盗容疑で長崎県川棚町の無職男性(51)を逮捕した。「仕事がなくおなかがすいたから盗んだ」と容疑を認めている。
 調べでは、容疑者は昨年12月20日正午ごろ、川棚町の無職女性(65)宅の台所窓から身を乗り出し、炊飯器のご飯約1合半を盗んだ疑い。逮捕時所持金はまったくなかったという。
 容疑者はこれまでにもこの女性宅から8回前後、みそ汁やご飯を盗んだと供述しており、川棚署は裏付け捜査を進めている。[2006年3月21日14時12分]ニッカンスポーツ

((参考過去ログ))
 2億キロカロリー泥棒(2005/07/04)

 

 お米58トン盗難事件の次は、ごはん1合半だそうです。急に手のひらサイズ。

 盗むぐらいなら、恥を忍んで事情を話して「ごはんを分けてくれませんか」と頼めばいいのに。 そういう弱みを見せるわけにはいかないのが、九州男児のプライドってヤツなのかねぇ。 こんなコソコソしたセコい窃盗容疑で警察のお世話になるほうが、よっぽど恥ずかしいと思いますけどね。

 格好ばっかり付けたがる、見栄っぱりで無頼きどりの九州男児も、少しはヨネスケ氏のずうずうしい「突撃魂」を見習ったほうがいいようです。

 それにしても、なんだか状況がよくわからんのですけどねぇ。 箸や茶わんは持っていってないんでしょうか。所持金も無いぐらいですから、しゃもじから直接?

 みそ汁は、おわんに入れてから頂いたほうがいいと思いますけど、これも、おたまから直接?

 さぞ腹が減っていたんでしょう。 オカズなんか無くても食えるんでしょうね。 まぁ、ご飯はよく噛んでいれば、唾液に含まれる消化酵素アミラーゼの作用で、でんぷんが麦芽糖に変わって甘く感じますしね。

………どこが法律系ブログなんだか。

 同じ女性宅から盗むという点には、何か意味があるんですかね。台所の窓から届く範囲に炊飯器が置いてある家が、その1軒しか無かったとか、そういうことでしょうか。 それとも、そのご飯とみそ汁が、容疑者の中に染み付く「おふくろの味」に似てたんでしょうか。

 川棚。 川棚温泉が有名ですが、そりゃ山口県です。  長崎の川棚は……、えーと。 何で有名だっけか? まぁ、近くにハウステンボスがありますか。

長崎県川棚町ホームページ

 あ、ハイハイ、クジャクの町か。 家族でクジャク見に連れて行ってもらったかもしれないですね。2歳か3歳ぐらいであんまり物心ついてなかったかもしれませんが。

 私は、クジャクという鳥に、妙な親近感を覚えるんです。 女性の皆さん、合コンの席では、必死に場を盛り上げようと頑張る男たちがいますが、あれはクジャクが必死にバサバサ羽を広げとる状態に相当するものとお考えください。オスとしての求愛行動です。 よろしくお願い申し上げます。

 オレなんか、もう何年求愛行動やっとらんか。 羽がホコリかぶっとるわ。 ゴホゴホ。

 というわけで、今回の事件は、51歳 九州男児による「求飯行動」ということでよろしいでしょうか。

 

>>>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<<<<

 ズバリ、超エリート裁判官たちの「表情」や「体温」を感じることのできる傑作ドキュメンタリー。

 面白いのは、政治経済だけじゃありませんぜ。ダンナ。

最高裁物語〈上〉秘密主義と謀略の時代
最高裁物語〈上〉秘密主義と謀略の時代 山本 祐司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

最高裁物語〈下〉激動と変革の時代
最高裁物語〈下〉激動と変革の時代 山本 祐司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月20日 (月)

車載カメラ「ウィットネス」の意外?な使い方

((参考過去ログ))
 普及するか? ドライブレコーダー (2005/07/26)

 今日のフジ系「FNNスーパーニュース」で、交差点の信号機に設置されたカメラや、某タクシー会社の全車に配備された車載カメラ「ウィットネス」が記録した交通事故の映像が、次々に公開されていました。 いやー、生々しいですね。そして怖い。

 雪道やアイスバーンでのスリップ事故や、直進車と右折車の接触事故の模様も。 なんでも、右折車が「曲がれそうだな」と錯覚しがちな、対抗車線の直進車同士の間隔は「3秒間」なのだそうです。
 2秒なら、たいてい「無理、曲がれない」と思うし、4秒以上空いてくれれば、右折は総じてうまく行く。 しかし、3秒空いた隙に「行ってしまえ」と発進させれば、しこたまぶつかってしまう可能性が格段に上がる、というのです。その統計データが、『魔の3秒間』というフレーズとともに紹介されていました。

 ドライバーの方々、くれぐれも気をつけてくださいね。 金無しペーパードライバーの私も、こんなリスクを犯してまで将来的にマイカーが欲しいかなぁと、ちょっとためらいそうになりますけど。

 今 私は、被告人が事実関係を一部争っている交通事故の裁判を、継続して傍聴中です。 現在、こういう交通事故関連の裁判では、被告人の主張と、他の証拠・証言とを突き合わせて、「どこかに食い違い、矛盾点がないか?」を探していくのが主です。 検察官に加えて裁判官も「あなたの言うことはおかしいよねぇ」「さっきと言ってること違いますよねぇ」と、被告人に逐一確認する作業に終始するような印象です。

 まさに手さぐり状態。 そういった追及の様子を傍聴席から見ていた私には、「♪見えないものを見ようとして~~」というBGMが聞こえたような気がしましたが、空耳でした。

 そんなところに、車載カメラが記録した動画が、証拠として法廷に持ち込まれるようになったなら、裁判は劇的に、というより革命的に変わるんでしょうね。

 ただ、こういう映像モノや機械モノの記録は、なまじっか人間に与えるインパクトが強烈なだけに、全面的に信用するような姿勢もまた慎みたいものです。 先日、オービスの速度記録は信用できないとして、あるスピード違反事件で公訴棄却判決(※「こんなの起訴しちゃダメやんか!」と、検察官が怒られちゃった判決)が出ていましたしね。

 今日の「スーパーニュース」の特集で、私の中で最も深く印象に残ったのは、交差点でのクルマと自転車がぶつかって、自転車に乗った人が転倒している様子の映像です。 この場合は、カメラを載せた自車が事故を起こしたのでも巻き込まれたのでもなく、ただ信号待ちをしていたにすぎません。 そんなときに目の前で起こった事故を、第三者の立場から収録しているわけですね。 まさに文字どおりの「ウィットネス(目撃者)」。

 前回もご説明しましたが、この車載カメラは、運転中のフロントガラス越しに見える光景をすべて保存しつづけるものではありません。 事故や急ブレーキ・急ハンドルなどの衝撃を受けたときに限って、『衝撃前12秒間と衝撃後6秒間』の計18秒間の映像だけをCFカードに保存する、というシステムになっています。
 つまり、カメラ自体は運転中ずっとスイッチが入っていて、映像も記録しつづけている状態なのですが、事故も起こらず平穏無事に過ぎていれば、いったん記録された映像は12秒後に、片っぱしから消されていくわけです。 映像の記録と消去が、同時並行的に行われているんでしょう。

 この「録画制限」が付けられている理由としては、おそらく、映像の記憶容量が限られているという物理的な要因と、「街中にカメラが増えつづける監視社会」を警戒し、「個人の肖像権を保護すべし」と強調する人々に配慮する社会的な要因との2種類があると思われます。
 車載カメラの映像そのものも、決して解像度の高いものではなく、ちょっと性能が良くなった携帯テレビ電話ぐらいのガタガタ感があります。なので、運転者や歩行者の顔や表情は認識できないけれども、どんなクルマがどのタイミングでどう動いているかは判別できる、そんなちょうどいい感じになっていますしね。

 ま、それはともかく、前方で接触事故が起こり、その模様を客観的に記録したいと思ったなら、そのカメラを手ではじいて衝撃を与えてやればいいらしいんです。 そうすれば、かりそめに記憶していた過去の直近12秒間の映像も含めて、カメラはメモリーカードへ格納してくれるというわけですか。 なるほどなぁ。

 でも、こんな便利なものも、思いがけない方法で誰かが悪用することになるんでしょうか。 以前にも書きましたけれども、良いように使えるものは、悪くも使えてしまうのが世の常ですから。

 

>>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<<


 私、最近ちょくちょく、東京地裁の法廷で大噴火さんをお見かけします。 スカートをはいたヒゲ面の男性なので、まずご本人に間違いなかろうと思うのですが、ちょっと声はかけられませんねぇ。 こないだの簡易裁判所における「賭博罪」被告事件に至っては、大噴火さんと二人きりの傍聴席。 ……じつは、好みが似ているのか!?

 著者の奇抜なビジュアルに反して(?)、文章がかなり上手いのに、まずビックリ。大川興業の総裁から「オウム裁判を見たい」と命じられ、傍聴券を取りに並んだのが、事の始まりなのだそう。

 全員がマスクを付けるよう命じられる裁判、長野「日本司法博物館」のリポート、山梨の甲府地裁他 地方都市での傍聴体験、ヨルダン軍事法廷の傍聴経験者へのインタビューなどなど、その内容はとことんマニアックかつディープ。 宗教めぐりも趣味ということもあって、「法の華」裁判に関する章は、特に読ませます。

 一方で、一般人としての素朴な視点で貫かれているので、法律業界の人には出せない親しみやすさも漂っていますね。

裁判大噴火 ─ 若手芸人 渾身の裁判傍聴記 
裁判大噴火 阿曽山大噴火

おすすめ平均
starsとてもお笑いとは思えない!イイ!
starsこれで、わたしも地裁ウォッチャー
stars大噴火≠天災=天才。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月17日 (金)

待てど暮らせど来ぬ人を……

 メールマガジンには書きましたが、私、14日の最高裁口頭弁論に行ってまいりました。あの「山口・光市 母子殺害事件」の上告審です。しかし、皆さんご存知の通りの顛末です。

 弁護側ドタキャン……裁判員模擬裁判のリハーサルが理由?

 せっかく寒い中待って傍聴券を当てたのになぁ……。 来月、弁論がやり直されますが、こうして変な注目のされ方をしてしまったので、今回みたいな61名という傍聴希望者の数じゃ済まないかもしれません。だとしたら、また運よく中に入れるとは限らないし。

 弁護士稼業を一生やっていても、1度あるかないかの貴重な機会だという最高裁の弁論。それを平気ですっぽかしてみせた、安田好弘、足立修一の両弁護人。 言っときますけど、裁判官の心証だけでなく、私の心証も悪くなってますからね。(笑) どんだけ多忙だと思われたいのかね。

 あのですねぇ、私が法廷を傍聴するときの気持ちって、たとえば、元 野球少年がプロ野球の選手を応援しに球場へ通い詰めるのと似てるんじゃないかと思ってるんです。 志半ばに夢を断念した者たちは、晴れの舞台で輝くヒーローを憧れのまなざしで見つめています。 それが、このていたらくですか。

 死刑廃止という高尚な持論も結構です。 しかし、書面審理がポリシーである最高裁が、わざわざ時間や手間をかけて口頭弁論を開くというのは、暗黙の「逆転判決メッセージ」なわけです。 このままでは被告人に逆転死刑判決が出てしまいますよ。 よろしいんですか? 言動不一致な状態のままで。 弁護士って、そういう商売でしたっけ?

 来月、ちゃんと姿を現して、目の前でプロの技を見せてくださいよ。お待ちしてます。 だいたい、濱田裁判長は再来月で定年なんですから。 たぶん最後の大仕事ですよ。

 そういえば、傍聴席。 私の隣にはなんと、あの佐木隆三先生が座ってこられて、少しビビりました。 この世界の第一人者は、どういうノートを取るのかなぁと、ちょびっと覗き見しちゃいましたけど。えへ。

 最高裁って、驚くほど頻繁に有名人に会えますね。 会えますね、というか、見れますね。

 

>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<

 話題を集める重大事件だけでなく、意外に細かい裁判も積極的に傍聴されておられる、このお方。

 法廷メモが解禁された「レペタ訴訟 最高裁判決」の前時代、確信犯的に高性能の小型テープレコーダーを法廷内へ持ちこんだという、なんとも大胆なエピソードも明かされています。

 第1章 : 少年犯罪という社会的病理
 第2章 : あなたが犯罪者になったら
 第3章 : 裁く側の「人間」が見えるとき
 第4章 : 判決を受ける背中が語る
 第5章 : 裁きの場の深遠を知る

人が人を裁くということ―罪と人間のはざまにある“心”の記録を追って
人が人を裁くということ―罪と人間のはざまにある“心”の記録を追って 佐木 隆三

おすすめ平均
stars裁判のかかえる問題点

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ロボ弁護士、参上

060313robo

 ロボ弁護士、殉職……。 ひとりの無罪判決と引き換えに。

んー、美しいっスねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

“ドレイ”になりきれなかった男?

>>> 女王様 イケナイ放置プレイ……1400万円結婚詐欺

 風俗嬢時代の女王様の立場を悪用し、常連客の男性に「海外留学費用を出してくれたら帰国後、結婚してあげる」と持ちかけ、現金1400万円をだまし取っていた元女王様が大阪府警天満署に詐欺容疑で逮捕された。元女王様は約束を破ったうえ、故郷に戻り、幼なじみと結婚。夫婦で起業し、女社長の座に納まっていた。さすがの男性も、この究極ともいえる「放置プレー」には耐えられなかったようだ。(夕刊フジ)2006/02/27

 「元女王様」という肩書きも、いかがなものなんでしょうか。でも、そう呼ぶしかないのかもしれませんね。昔だったら、革命が起こって王朝が崩壊したぐらいの大げさな話だと思われそうですけど。

 被害者は、大阪ミナミのSMクラブに通う常連だった、会社員の男性(36)。

 逮捕された元女王様は、大分市大津町の女(29)で、現役時代はナース姿がよく似合っていたという。(同)

 なるほどぉ。女王様でなくともナースの前では、患者は受け身のスタンスにならざるをえませんもんね。この元女王様は准看護師を6年勤めあげた後に、いったん病院をやめ、当時は正看護師の資格を取るための専門学校に通いながら、アルバイトとして女王様をやっていたのだそう。

 バイト女王様。 「あーあ、女王様のシフトが決まらねぇよぉ」 ……すいません。ただ書いてみたかっただけです。

 捜査関係者がいう。 「男性が女に一目ぼれし、常連になった。基本的に女性が女王様になり、『言葉責め』などを行う店だったが、プレーを行ったのも最初のうちだけ。数回通ううちに男性が買ってきた弁当を2人で食べながら、『正看護師の勉強をするため、ドイツに医学留学をする。その資金をためるために風俗で働いている』などの身の上話をしていた。男性は多いときで週に3回ほど通っていたようだ」(同)

 ドイツに留学する看護師って、どんだけエリート肌なのよ。でも、惚れた男の弱みで、憧れの人との差を埋めるために、とことん尽くしたくなったのか。恋は盲目で、ちょっと話がオカシイことに気づかなかったのか。それとも、その両方なのか。
 なぜ、会社員が週3回もクラブに通えるのかというと、父親の遺産であるマンションがあったかららしいんですね。それを売却すれば、まとまった金になる。おそらく、そういう話もポロッと女王様に申告していたのかもしれません。

 私には、女王様が初めから詐欺をはたらこうと、客であるドレイを日々物色していたとは思えないのです(この元女王様は容疑を否認していますので、頭ごなしに犯行を決めつけられないという事情もありますが)。やっぱり、

 ○ かなりの大金を持ってる(しかも金を持ち慣れてない感じの)客がいる。
 ○ その客は、自分にゾッコンLOVEである。

 といった要素が重なることで、今まで仕事上の演技だった(と思われる)彼女のS心に火がついたというか。 ……って、こんなもん、SとかMとかで済まされる話じゃありませんけどね。犯罪ですから。

 女は約半年後の11月になってSM店を辞めたが、男性とは携帯電話などで連絡を取り合っていたといい、年が明けた17年1月ごろから、「ドイツ留学のためのお金が足りない」などと男性に無心を始めた。(同)

 仕事を辞めた……。よっぽど金を騙し取れる確信があったのか。あるいは、留学という話に信憑性を持たせるための賭けだったのか。

 4月には大阪市内のホテルで男性と待ち合わせ、直接交渉。「ドイツは治安が悪いので、ガードマンつきのホテルに住む。費用が1400万円いる。半年後に帰国したら結婚してあげる。戻ってくるまで待ってて」と話し、初めて体を許したという。
 信用してしまった男性は数日後、父親の遺産だったマンションの売却代金の一部1400万円を女の銀行口座に入金。(同)

 すごいなぁ。よっぽど魅力的な女王様なんでしょうね。『帰国したら結婚してあげる』という言葉責めも効果的に作用しています。クラブを離れても、二人のプレイはまだ続いてたんですね。
 1400万円という留学費用もベラボウです。完全にドレイの足元を見ていますねぇ。高くついたエッチでした。

 女は「ドイツに着いたら、連絡先を教えるから」と言い残し、そのまま大阪を飛び立ったという。だが、女の行き先はドイツではなく、実家のある大分だった。「女は幼なじみの男性に『30歳までに結婚できなかったら、おれが嫁にもらってやる』といわれていた。(※中略)」(捜査関係者)
 結婚後は大分市内に、観葉樹の販売などを手がける有限会社を資本金300万円で設立。自身は代表に納まっていた。(同)

 旦那さまは、「おれが嫁にもらってやる」と、九州男児らしく自分がイニシアチブを持とうとしたようですが、夫婦で経営していたという会社の代表者は、元女王様のほうなんですか。 そこはもちろん自由なんですけど、ふしぎ発見。

 女王様のお仕置きには慣れているはずの男性もさすがに、この「放置プレー」には耐えられなかったようだ。女の帰国予定の11月まで待ったが、連絡がつかなかったため、不審に思い、今年1月、天満署に被害届を出した。
 女は「本当に留学しようと思っていた。結婚の話はしていない」と容疑を否認しているが、旅券の期限も切れており、留学準備をした形跡はないという。
 一方、女の夫は「妻が風俗で働いていたことも、結婚詐欺をしていたことも知らなかった」と絶句しているという。(同)

 なんか、悲しいですよね。 この男性も、憧れの女王様と音信不通になるくらいなら、生活が破綻してしまうぐらい、ケツの毛までむしられて虐げてほしかったでしょうに。
 どうか、早く新しい女王様を見つけていただいて、心の傷を癒していただきたい、そして改めて身体の傷を増やしていただきたいと祈っております。何を書いとるんだ、私は。

 うーん、この裁判は傍聴してみたいけどなぁ。大阪か。

 

>>>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<<<

 あの構造改革も、あの画期的な新法も、すべてアメリカ政府からの要望に応えた日本の出血大サービスだった……。

 しかもアメリカは「年次改革要望書」という“日本改造計画文書”の存在を、ウェブ上に堂々と公開しています。つまり、どういうことか。近未来の日本の設計図をせっせと作っているのは、かつて、日本に2発の原爆を落とした国だということです。

 マスコミが報じない、中韓も顔負けの露骨な内政干渉。あるいは、白昼堂々と行われている、国際SMプレイ。すべての日本人に、この事実を知っておく義務があるだろうと考えます。

拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる
拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる 関岡 英之

おすすめ平均
stars大いなる警鐘!要熟読玩味熟考慎重行動。
stars日本人はよく考えた方がよいかも
stars日本、これからどうなるの?
starsこの本はベストセラーになるだろう。なって欲しい。
stars凄い本だ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月10日 (金)

だって、なりたかったんだもん!

>>> 愛知でニセ建築士を逮捕…43歳男、無免許で設計

1級建築士の免許がないのに住宅の工事監理をしていたとして、愛知県警生活経済課と瑞穂署は7日、建築士法違反の疑いで、住所不定の貨物配送業、奈良村元久容疑者(43)を逮捕した。

奈良村容疑者は「これまで愛知と三重両県で計15棟の個人住宅の設計や工事監理にかかわった」と供述。「1級建築士になりたかったが、5、6回受験しても受からなかった」と話し、容疑を認めているという。奈良村容疑者は、昭和60年に大学の建築学科を卒業し、平成9年に事務所を開設。17年に閉鎖するまで、架空の建築士番号を使うなどして、建築確認申請や設計・監理をしていた。テレビ出演もしていたという。(サンケイスポーツ)

 なんでも地元では「カリスマ建築士」で通っていたらしいですね。建築士の協会にも加盟していたとのこと。どうやったんだろう……。それとも協会の審査がスカスカなのか?

 「5,6回受験しても受からなかった」「1級建築士になりたかった」……泣けます。泣かせます。心の叫びですよね。 私だって7回受験しても受からなかったしぃ、ムカつくから、なりすましちゃおっかなぁ。 だって、なりたかったもーん。弁護士ぃ。

 奈良村さんの手がけた物件で、後に「雨漏りがする」とのクレームが入り、それがきっかけで、本件の無免許が明らかになったんだとのこと。あーあ。

 資格試験の勉強って、続けているとだんだんバカらしくなってくるんですよね。「なんでこんな気持ち悪い出題のしかたをするんだよ」と、文句のひとつも言いたくなってくるわけです。
 ただ、それはやっぱりねぇ、ワナですよ。 なんだかんだで、国家試験というのは、ちゃんと受験者の才覚や能力を、的確に測定しているものなんですよ。悔しいですけどね。だって、現に雨漏りさせちゃったじゃないですか。

 昨年逮捕されて公判中の、東京 江戸川のニセ医者ですけれども、ちゃんと内科のお医者さんとして、患者さんからの評判も上々。診療や投薬だけでなく、縫合や抜糸なども、しっかりこなしていたそうです。ヤクルトスワローズのクラブハウスに出入りして、選手にニンニク注射などを施していたことも発覚して話題になりました。

 でも、この人、医師国家試験なんか受けたこともないんですよね。 中国かどこかの「伝統医学」みたいなものを大学で履修していたそうですが、在籍は確認できず、しかも「伝統医学」を勉強したところで、中国でも医者にはなれないんだと。

 なのに、見よう見まねでキッチリ結果を出してきたという……。ある患者さんは「難しい医学用語を使わずに、やさしい言葉で説明してくれた」と話していたそうですけど、ま、そりゃそうですよね。
 

 悲しいですねぇ、奈良村さん。 受験勉強、あんなに頑張ったのに ……って知りませんけど。

 個人的には、同じズルなら、浪人・挫折組の奈良村容疑者のほうに、つい同情を寄せてしまいますかねぇ。

 

>>>>>>>>>> みそしるのオススメ本 <<<<<<<<<<<

 昨年他界された法廷画家の第一人者、大橋さんによる著書。冒頭にカラーで掲載された法廷画は圧巻です。

 オウムの尊師からカレーの真須美さんまで。早稲田サークルの大学8年生から手鏡エコノミストまで。これはまさに“大物”被告人たちの想い出アルバム。少女買春裁判官の弾劾裁判といったマニアックな法廷もあまさず収録されています。

 TBSの専属画家という立場だからこそ、これだけ話題の裁判をすべて傍聴することもかなうわけですが、それでも大橋さんは、まず一般傍聴希望者の列に並ぶようにしていたそうです。

 法廷記録も、著者の価値観や思いがストレートにぶつけられており、読んでいて爽快です。

法廷絵師は見た!
法廷絵師は見た! 大橋 伸一

KKベストセラーズ 2005-11
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 8日 (水)

今日から復帰です

 大変ごぶさたしておりました。皆さま。

 去る2月20日午後10時、うちの愛機が見事にブッ壊れてしまいまして、起動しなくなったため、やむなく修理に出しておりました。 何の予告もなく長い間、更新を途切れさせてしまい、メールを下さった方々はじめ、読者の皆さまにご心配をおかけしましたことを、ここにおわびいたします。

 メールマガジンのほうは、一足早く昨日から発行を再開しておりますが、おかげで、たまったメールを読んで返信する作業に追われています。お互い、パソコンの使い過ぎには注意しましょうね。ほどほどに。

 しかし、ここ2週間ほど、パソコンに全く触れられない状態が続いたことで、どこか思考回路でも切り替わったのか、いろんな場面で、いろんなアイデアが浮かぶようになっておりました。 まぁ、良いアイデアかどうかは別にしまして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »