« 戦前のポップな法律雑誌 | トップページ | どのツラさげて来るのカナ? »

2006年4月16日 (日)

注目の判決スケジュール 【4月第4週】

※ 判決期日等は、直前になって変更される場合があります。
  また、すでに期日の変更がされているにもかかわらず、私自身がフォローできていない場合もございますので、その点はご了承ください。

  ([ ]は、原審の結果や、関連する別件の裁判です)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月18日(火)/東京地裁】
 ●民事 損害賠償請求、国家賠償請求

──────────────────────────
 <三菱車・タイヤ脱落事故>
 2002年1月、横浜市瀬谷区で走行中の大型トレーラーの左前輪が外れ、歩道上で直径1メートル、重さ約140キロのタイヤの直撃を受けた主婦=当時(29)=が死亡、長男と二男が負傷した。
 タイヤと車軸を連結する部品「ハブ」の破損が原因。ブレーキドラムごと脱落した可能性が高い。
 三菱自動車製の大型車では1992年から母子死傷事故を含め、これまでに57件のハブ破損が発生している。
──────────────────────────
 (原告)亡くなった主婦の母親
  ↓請求総額:“制裁的慰謝料”含め、約1億6500万円(当初500万円)
 (被告)三菱自動車(現在は三菱ふそうトラック・バスに分社)、国
──────────────────────────
 [和解不成立 2004/04]  制裁的慰謝料の支払いをめぐり、交渉は平行線に。
 [逮捕 2004/05/06] 三菱ふそうトラック・バスの前会長(宇佐美隆)ら、当時の三菱自幹部7人(業務上過失致死・国への虚偽報告容疑)
──────────────────────────
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月18日(火)/金沢地裁】
 ■刑事 窃盗

──────────────────────────
 <自衛官の窃盗事件>
  昨年12月31日、石川県 小松基地内の寮で、被告人が同僚の私物であるノートパソコンや付属品一式(12万円相当)を盗むなどした疑い。
──────────────────────────
 (被告人)元航空自衛官、重並秀多佳(30)
 (求刑) 懲役1年6ヶ月
       「自衛隊に対する一般市民の信頼も損ねた」
──────────────────────────
 (裁判官)田中智子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月19日(水)/東京地裁】
 ●行政 個人情報の不提供、デジタル記録からの削除等

──────────────────────────
 <住基ネット差し止め・東京統一訴訟>
──────────────────────────
 (原告)448名(※全国13裁判所あわせて)
  ↓差し止め請求+ひとり11万円の慰謝料請求も
 (被告)東京都、地方自治情報センター
──────────────────────────
 [金沢地裁 2005/05/30]違憲(離脱を希望する原告らに限り、プライバシー侵害)
 [名古屋地裁2005/05/31]合憲(権利侵害を容易に引き起こすシステムではない)
 [福岡地裁 2005/10/14]合憲
 [大阪地裁 2006/02/09]合憲
 [千葉地裁 2006/03/20]合憲
 [東京地裁 2006/04/07]合憲 ※ジャーナリスト 斎藤貴男氏の提訴分
──────────────────────────
http://www005.upp.so-net.ne.jp/jukisosho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月19日(木)/鳥取地裁】
 ■刑事 殺人、死体遺棄など

──────────────────────────
 <夫婦げんかがエスカレートか 妻を殺害>
  今年1月28─29日、被告人の妻(当時34歳)が、同居人だった知人の男=死体遺棄罪の共犯で、懲役1年の判決=と浮気していると思い込み、自宅で妻と男を模造刀で殴った。その後、浮気を認めるようしつこく追及し、両腕で妻の首を5分以上絞めて殺害。その遺体を、近くに駐車した軽乗用車の中へ、男と運びそのまま遺棄した。
──────────────────────────
 (被告人)造園業、谷口賀保(45)
 (求刑) 懲役12年
       「殺害行為を目撃した息子に『誰にも言うな』などと言い、犯行の発覚をまぬかれるために死体を隠したのは身勝手」
──────────────────────────
 (裁判官)松尾昭彦
──────────────────────────
 (備考)公判前整理手続きを採用し、1回の公判で結審。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月21日(金)/奈良地裁】
 ■刑事 傷害罪、暴行罪

──────────────────────────
 <奈良「騒音おばさん」事件>
 被告人は、2002年11月から2005年4月の逮捕までの間、自宅の勝手口付近に置いたラジカセから連日、大音量の音楽を流し続けた。近隣に住む女性は、高血圧・頭痛・睡眠障害・めまいで通院治療を受けた。
 起訴状記載の期間以前から、平群町役場の職員が、約10年にわたり100回以上「静かにしなさい」と口頭で注意していたが、やめさせる法的根拠がなかった。
──────────────────────────
 (被告人)無職女性(奈良県平群町・58)
       ※無罪主張 症状との因果関係を否定
 (求刑) 懲役3年
      「長期間、大音量を流しつづけた犯行は執拗で陰湿」
──────────────────────────
 (裁判長)奥田哲也
──────────────────────────
 (備考)今年2月、ラジカセ没収権限など、今回のような事件に対応する実効的な強制執行権などを付与した「新法」の制定を、平群町が国会議員に要望する考えを表明。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月21日(金)/横浜地裁】
 ■刑事 業務上過失致死

──────────────────────────
 <トンネル死亡事故・役人の対策怠慢責任>
 横浜・戸塚区の市道トンネル入口には、高さ制限(2・8メートル)を示す鉄骨棒が斜めに設置され、車や積み荷が接触すれば車体や積載物が転落して歩行者に危険を及ぼす恐れがあった。2003年に相次いで接触事故が続き、被告人は住民から改善の陳情2件を受けていたが、1年以上にわたり放置していた。
 2004年11月、トンネルを通っていたトラックの上部が鉄骨棒に接触、荷台からショベルカーが落下し、歩行中の男性(当時65歳)がその下敷きとなり死亡する事故が発生した。
──────────────────────────
 (被告人)横浜市 戸塚土木事務所道路係 木ノ内伸一(51)
 (求刑) 禁固8ヶ月
       「上司・同僚へ報告・相談すらせず、過失責任は明らか」
──────────────────────────
 (裁判長)松尾昭一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

|

« 戦前のポップな法律雑誌 | トップページ | どのツラさげて来るのカナ? »

『話題』『重大』の判決日程表」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/9625456

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の判決スケジュール 【4月第4週】:

« 戦前のポップな法律雑誌 | トップページ | どのツラさげて来るのカナ? »