« 海で、そして空でも…… | トップページ | 「適切な職務」 »

2006年4月23日 (日)

注目の判決スケジュール 【4月第5週】

 ※ 判決期日等は、直前になって変更される場合があります。 また、すでに期日の変更がされているにもかかわらず、私自身がフォローできていない場合もございますので、その点はご了承ください。

 ([ ]は、原審の結果や、関連する別件の裁判です)

 ※ 前号でご紹介した、4月19日の「住基ネット 東京統一訴訟」は、判決期日が延期されていたようです。失礼しました。 6月22日に結審。 判決期日は現時点で未定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月25日(火)/横浜地裁】
 ●行政 国家賠償請求

──────────────────────────
 <保土ヶ谷事件>
 1997年7月、横浜市保土ケ谷区の路上。フロントガラスにひびが入った乗用車の中で、男性(当時54)が倒れているのが見つかり、当時の神奈川県警 保土ケ谷署員は、車を移動させそのまま放置。 その後、男性は死亡し、監察医は死因を「心筋梗塞」とする死体検案書を作った。
 2004年、横浜地検は筑波大学に再鑑定を依頼。監察医が提出した男性の保存臓器は「女性の臓器」であり、血液型も異なるという鑑定結果。
 ・ 男性の死亡は、事故後に警察官が適切に保護しなかったのが原因ではないのか。
 ・ 監察医も司法解剖せずに検案書を作成したのではないか。 
──────────────────────────
 (原告)男性の遺族
  ↓請求額:約1億6000万円
 (被告)神奈川県、担当の監察医(74)
──────────────────────────
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/director/20020209_010.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月25日(火)/高松地裁】
 ■刑事 収賄罪、贈賄罪

──────────────────────────
 <香川・特養ホーム贈収賄事件>
 2002年11月、被告人宮武は、当時建設中だった高松市の特別養護老人ホーム「高松さんさん荘」が、国の補助金対象に選ばれるように、市の審査会で便宜を図ってもらおうと、審査会副会長だった被告人井竿に現金200万円を渡したが、井竿被告は2日後に返した。さらに翌03年3月末ごろ、同荘が補助金対象となった見返りに現金300万円を渡し、井竿被告が受け取った疑い。
 「高松さんさん荘」は、国と高松市から、計約5億9000万円の補助金を受け、2004年4月に開所した。
──────────────────────────
 (被告人・求刑)高松市 前助役 井竿辰夫(71)
           ↑ 懲役2年 追徴金300万円
          高松市議会議員 宮武登司雄(68)
            ↑ 懲役1年6ヶ月
          「行政への信頼を著しく失墜させた。高齢者福祉を食い物にしており悪質」
──────────────────────────
 (裁判長)増田耕児
──────────────────────────
 [小比賀剛一(74)・前 社会福祉法人"燦々会"理事長]
 贈賄容疑で別個に公判中。 被告人が体調不良を訴え、少し長引いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月25日(火)/金沢地裁】
 ■刑事 強要未遂、詐欺

──────────────────────────
 <警察官の脅し>
 2004年7月、コンビニエンスストアで、職務中に入手した金沢市内の20代男性の運転免許証のコピーを使い、不正にプリペイド式携帯電話を購入。また、2005年11月から2回にわたり、石川県野々市町に住む主婦宅に「連絡しないと辱めるぞ」などと書いた文書を届けて、携帯電話への連絡を強要した。
──────────────────────────
 (被告人)元 石川県警巡査、槙野直人(27)
 (求刑) 懲役2年6ヶ月 「被害者を恐怖のどん底に陥れ、警察への信頼を著しく損なわせた」
──────────────────────────
 (裁判長)堀内 満
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4月26日(水)/富山地裁】
 ●行政 国家賠償請求

──────────────────────────
 <北アルプス遭難事故死>
 2000年3月、文部科学省 登山研修所が主催した研修登山において、大日岳頂上付近で学生ら27人が休憩していた雪庇が崩落。 11人が巻き込まれ、東京都立大2年の学生(当時22・横浜市)と、神戸大2年の学生(当時20・兵庫県尼崎市)が遭難死した事故。
 ・ 同行した研修所講師に、雪崩を回避する注意義務の違反があったかどうかが争点。
──────────────────────────
 (原告)遺族
  ↓請求額:約2億円
 (被告)国
──────────────────────────
 [刑事] 主任講師と引率講師につき、業務上過失致死罪では不起訴処分。
──────────────────────────
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/13/02/houkoku/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<<<<<<<<<< みそしるオススメ本 >>>>>>>>>>

 裁判をいくら傍聴しても、見えないものがある。 法廷が「表」だとすると、その背後には、じつに大きな「ウラ側」があるといいます。

  裁判が始まる前から、すでに判決の原稿はできている?

  酒の席で「私の起訴状は無罪にしないでください」と裁判官に絡む検察官。

  裁判長・右陪席・左陪席 … 3人の裁判官による「合議」の正体。

 

 司法試験という競争を勝ち抜いた修習生が、司法実務の現場をとりまく「驚きの実態」を内部告発!  それぞれが実名を挙げられないほど、深くえぐってくださってます。

 53期ですから6,7年前ぐらいの話ですか。 ここに書かれている内容が、今は少しでも改善されていることを祈りつつ。

司法修習生が見た裁判のウラ側―修習生もびっくり!司法の現場から

司法修習生が見た裁判のウラ側―修習生もびっくり!司法の現場から

司法の現実に驚いた53期修習生の会

おすすめ平均
stars司法に不信感を抱くような内容が満載。
starsやや偏った記述も見られるが・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 海で、そして空でも…… | トップページ | 「適切な職務」 »

『話題』『重大』の判決日程表」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/9739796

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の判決スケジュール 【4月第5週】:

« 海で、そして空でも…… | トップページ | 「適切な職務」 »