« 夢のような現実 | トップページ | 言いワケの多い更衣室 »

2006年5月13日 (土)

注目の判決スケジュール 【5月第3週】

 ※ 判決期日等は、直前になって変更される場合があります。 また、すでに期日の変更がされているにもかかわらず、私自身がフォローできていない場合もございますので、その点はご了承ください。

 ([ ]は、原審の結果や、関連する別件の裁判です)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5月15日(月)/大津地裁】
 ●民事 慰謝料請求

──────────────────────────
 <いじめリンチ「殺人」>
 2001年3月31日(※厳罰化で話題となった改正少年法の施行前日)、中学3年時に交通事故に遭い、下半身不随となった少年を、「障害者のくせに生意気だ」と叫び、笑い声をあげながら、バックドロップでコンクリートの地面に頭部を3回叩きつけ、死亡させた事件。
──────────────────────────
 (原告)被害少年(当時16)の母親
  ↓請求額:約3000万円
 (被告)事件の見張り役、傍観者となった少年3人(当時15)、その両親
──────────────────────────
 (裁判長)稲葉重子
──────────────────────────
 [実行犯への少年審判](2001/05・大津家裁・村地勉裁判官)傷害致死容疑で、中等少年院送致の決定
──────────────────────────
http://www.mercury.sannet.ne.jp/kazuyo_aoki/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5月16日(火)/松江地裁】
 ■刑事 殺人、殺人未遂

──────────────────────────
 <キャッチボール親子殺傷事件> 
 2005年7月28日午前7時ごろ、島根県浜田市の被告人宅前の路上で、キャッチボールをしていた消防士の男性(当時36歳)の長男(11)を、背後から軽乗用車ではね、息子のもとに駆け寄った男性の腹などを、持っていた包丁で刺して殺害。 長男は幸い、かすり傷程度で済んだ。
 互いに1軒をはさんだ近所同士で、かねてから被告人は、被害家族の飼っているハスキー犬の鳴き声などがうるさく、嫌がらせを受けていると感じていたと供述。 しかし、公判の中で「被害妄想だったと思う」とも述べている。
──────────────────────────
 (被告人)無職の男(54)
 (求刑) 懲役20年 「被害者に落ち度はなく、被告人の邪推による犯行」
──────────────────────────
 (裁判長)飯島健太郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5月17日(水)/長野地裁】
 ■刑事 強盗殺人など

──────────────────────────
 <長野・愛知両県にまたがる連続強盗殺人>
  2004年1月から9月にかけて、長野県飯田市と高森町、愛知県春日井市で、ひとり暮らしのお年寄りら男女4人を殺害し、合わせておよそ30万円を奪ったとされる事件。 被告人は、消費者金融からの借金があり「金が欲しかった」と供述。
──────────────────────────
 (被告人)住所不定・無職の男(29)
       ※弁護人は自首の成立を主張
       ※自身は「死をもって償いたい」と陳述
 (求刑) 死刑 「まれに見る凶悪重大事件で、最大級の非難に値する」
──────────────────────────
 (裁判長)土屋靖之
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5月19日(金)/東京地裁 八王子支部】
 ■刑事 脅迫、強要未遂

──────────────────────────
 <“一夫多妻男” 女性勧誘同居事件>
 被告人は、1999年ごろから、占い師を装って就職情報誌に女性アシスタントを募集する求人広告を出し、応募した女性らと自宅で同居を始めた。 同居女性に知人らを勧誘させ、女性11人と集団生活をしていた。
 
 公訴事実は、2005年10月20日、自宅で女性(当時20)に対し、「君の体はミンチにされる。助けられるのは私だけだ。そのためにはここにいなければならない」などと脅迫。 また、同年8月21、22の両日には別の女性(当時25)を脅迫し、集団生活をさせようとしたが、女性が応じなかったとするもの。
 逮捕直前に報道陣に対し、「モテる呪文を唱えたら女性が集まってきた。ハゲ、デブのおっさんがモテるわけが無い」「結婚するなら、5人以上集めると家庭が安定しますよ」などと話し、一時耳目を集めた。
──────────────────────────
 (被告人)無職 渋谷博仁(58)
       ※容疑認め、集団生活の解消を誓約
 (求刑) 懲役1年6月 「原因となった一夫多妻生活は反倫理的」
──────────────────────────
 (裁判長)小原春夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 なんだかなぁ…… 殺人ばっかで気がめいりますね。

 しかし、裁判員制度が始まってしまったら、のんきに気をめいらせてる場合じゃなくなります。 地元の人間が責任を持って裁かなきゃいけなくなりますからね。 無罪の可能性まで念頭に置きながら。
 

 

|

« 夢のような現実 | トップページ | 言いワケの多い更衣室 »

『話題』『重大』の判決日程表」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/10048083

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の判決スケジュール 【5月第3週】 :

« 夢のような現実 | トップページ | 言いワケの多い更衣室 »