« 注目の判決スケジュール 【5月第3週】 | トップページ | ホリエモンの最終陳述 »

2006年5月20日 (土)

言いワケの多い更衣室

 ご無沙汰しております。 今日から、当ブログのサブタイトルを変更しました。 今までのやつがマニアックでしたからね……。 「キミのハートを無主物先占」って、よく考えたらワケわからんし。

 瑞穂署は12日、名古屋市緑区の会社員(38)を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した。調べでは、容疑者は昨年7月6日、山梨県の町立中学校の女子更衣室に侵入し、3年生の女子生徒の下着6枚を盗んだ疑い。
 容疑者は「カブトムシとクワガタを探しているうちに学校を見つけ、下着を盗ろうと思った」と供述しているという。 (毎日新聞) 2006年5月13日

 
 この方にとって、昆虫採集と下着採取は、同一の延長線上にあるのでしょうか。 まぁ、童心をアピールすりゃ許されるってもんじゃないですけど。

 黒い甲虫から白いパンティへのパラダイムシフト。 うーむ、ますますミステリーは深まります。

 去年の7月ですよね。 たぶん「学校を見つけた」というより、「学校のプールで授業中の、女子生徒たちを見つけた」というほうが正確なのではないでしょうか。 そうでなければ、更衣室に下着は置いてありませんからね。 くっそー、罪作りなお嬢ちゃんたちだぜ。

 ……って、なんで私は、こんな変態さんの心の動きがわかるんでしょうか。

 更衣室を狙う下着ドロって、捕まったとき、じつに理解に苦しむ言い訳をする人たちが多いようなんですよね。 それでは第2問、ふしぎ発見っ!
 

>>> 市役所の男性更衣室に侵入した男を逮捕 - 埼玉・草加
 8日午後1時ごろ、草加市高砂1の同市役所本庁舎2階で、男性職員の更衣室に不審な男が侵入したのを職員が発見、通報した。駆けつけた草加署員が男を窃盗未遂容疑の現行犯で逮捕した。
 同署などの調べでは、逮捕されたのは八潮市に住む無職の男(44)で、「暑いので更衣室に入った」などと供述しているという。(毎日新聞) 2006年2月9日

 
 2月ですよ? いったい、どこをほっつき歩いていて暑かったのでしょうか。

 暑い、 ので、 更衣室へ潜入…………??  考えれば考えるほど、オモシロ文章です。

 それとも、更衣室に近づくにつれ、テンションや心臓の鼓動とともに、ご自分の体温も高まっていったと、そういうことなのでしょうか。 だとしたら、原因と結果がひっくり返って「更衣室に入ったので暑かった」という供述になるはずです。

 あるいは、市役所の職員が、庁舎内の暖房をガンガンに効かせ過ぎていた? それは、ちょっとありうるかも。
 

 うむむ。 暑いので、更衣室へ入った……とな。 (← しつこい)

 なんだか、取り調べにあたっておられる警官が、容疑者の話の断片をムリヤリつなぎ合わせて調書を作成したような感じも、若干見うけられますかねぇ。

 などと、どさくさに紛れて権力をチクリ。
 

>>> 旅行会社に侵入、更衣室の栄養ドリンク盗み逮捕
 大和署は21日、横浜市瀬谷区、土木作業員の男(54)を窃盗と建造物侵入の現行犯で逮捕した。
 調べでは、容疑者は同日午前4時10分ごろ、大和市大和南1丁目、雑居ビル1階の旅行会社にビル裏側壁のボードをバールで突き破って侵入、店内の女子更衣室に置いてあった栄養ドリンク3本(約6百円相当)を盗んだ。(神奈川新聞) 2005/11/22

 
 おぉ、バールで突き破って侵入! 前2者に比べても、なかなかの「本格派」ですねぇ。 うん、なんかドロボーっぽい。

 この方は、カネ目当てだった、と供述しておられるようですが、バールで突き破った先が、まさか更衣室だとは思わなかったようです。 きっと、「ブラより金庫」という優先順位をお持ちなんですね。

 そりゃそうですかね。 壁を破るぐらいのワイルドさがあれば、パンツ盗りなどという、しみったれたマネはせんでしょう。

 下着ドロにとっては、甘ったるくてクラクラする匂いが充満するシャングリラであろう女子更衣室ですが、彼にとっては、まるっきり無価値で用のない空間。

 仕方なく、手近に置いてあった栄養ドリンクでも頂戴して、「ダメだこりゃ、次いってみよー」ってなもんでしょうか。 めげません。 前向きです。 ぜひ、その前向きさを、善き方向に活かしていただきたかったですが。

 それにしても、人前でも構わず、天井向いて栄養ドリンクをグビグビ飲み干しているような女はイヤですね。 職場の更衣室で、日々ひっそりと英気を養っている。 そんなあなたが好きです。

 でも、栄養ドリンク3本の持ち主が、もしオバちゃんだったら…… すいません。 聞かなかったことにしてください。

 

>>>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<<<
 

 刑事手続きは、誰のためにあるのか。 警察や検察が手柄をあげるためにあるのか。

 人間は、世の中で起こっていること全てを把握する「神の視点」は持ち合わせていません。 過去に起こった出来事を把握する「タイムマシン」も獲得していません。

 つまり、われわれの中から、「法を守れない社会不適応者」を取り出して「排除」する作業というのは、本来は至難の業なのです。 少なくとも、ちりめんじゃこの中から小エビをつまみ出すようなわけにはいかない。

 人の立場の数だけ正義はありえます。 「犯人を逃がさない正義」も大切ですが、「犯人を決め付けない正義」も忘れずに。

冤罪はこうして作られる
冤罪はこうして作られる 小田中 聰樹

おすすめ平均
stars冤罪は他人事ではない!。
stars冤罪研究の入門書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 注目の判決スケジュール 【5月第3週】 | トップページ | ホリエモンの最終陳述 »

泥棒 ふしぎ発見!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/10152256

この記事へのトラックバック一覧です: 言いワケの多い更衣室:

« 注目の判決スケジュール 【5月第3週】 | トップページ | ホリエモンの最終陳述 »