« 日本全国 裁判官語録2 (賛否両論?編) | トップページ | 村上ファンドの最終陳述 »

2006年6月 8日 (木)

日本全国 裁判官語録3 (裁判官は冷たくない!編)

『相手の気持ちを考えるように。 長い人生、今の気持ちを忘れずにいれば社会的に有用な人物になると思うから、教訓にしてほしい』

 店内で女性を脅し、額面300万円の借用書を書かせたとして、強要罪に問われた、大阪大学工学部4回生のホストクラブ経営者に有罪判決を言い渡して。
 (大阪地裁 水島和男裁判官)2006/06/08

 

『君は能力がある。 このままでは巨大な悪を行わないか心配だ。 自分がしたことをよく考えなさい』

 店内で女性を脅し、額面300万円の借用書を書かせたとして、強要罪に問われた、大阪大学工学部4回生のホストクラブ経営者に対して。※被告人質問で
 (大阪地裁 水島和男裁判官)2006/05/26

 

『何とかして当選したいと思ったのは当然ですが、その手段を誤ったのは残念です』

 有権者に飲食接待などをしたとして、公職選挙法違反に問われた前 南丹市長に有罪判決を言い渡して。
 (京都地裁 上垣猛裁判官)2006/05/23

 

『親友は真の友ではなく、愛する妻は良い妻ではなかった、ということですか。 十分に理解はできるが、殺害は許されない』

 幼なじみでもあった妻の不倫相手を刺殺したとして、殺人罪に問われた被告人に対して、「結果は重大だが、同情を禁じ得ない」として、求刑より5年軽い懲役8年を言い渡して。

 (札幌地裁 遠藤和正裁判長)2006/02/28

 

『あなたは獣の道に踏み込んだ。 早く人の道に戻って更生しなさい』

 自宅で、13歳と14歳の養女(当時)に対し、暴力で従属させ、抵抗されないのを知りながらそれぞれに性的虐待を繰り返したとして、準強姦罪に問われた男に、懲役9年の実刑判決を言い渡して。

 (札幌地裁 遠藤和正裁判長)2005/12/27

 

『警察のツラ汚しであり、職務に励む大多数の警察官の名誉を傷付けたことを反省してください』

 覚せい剤事件の取り調べ中、女性の被告人との性交渉に及んだ元警察官に有罪判決を言い渡して。
 (東京地裁 大西達夫裁判官)2005/12/05

 

『裁判所としても、いろいろ考えました』

 兵庫労働局裏金事件で、当時の上司の指示のもと、裏金作りを担当していた経理係の労働局職員に、実刑判決を言い渡して。

 (神戸地裁 的場純男裁判長)2005/10/26

 

『勉強のために来た日本でなぜ事件を起こしたのか。 もう一度正面から考えてほしいです。 後輩が同じ間違いを犯さないために自分に何ができるかを考えていってほしい』 ※涙声で

 30人以上の留学生の身元保証人となり、彼らの世話をしていた建設会社会長夫婦を殺傷したとして、強盗殺人罪などに問われ、死刑を求刑された中国人留学生と韓国人留学生に「殺意が認められない」として無期懲役、もうひとりの中国人留学生に懲役14年を言い渡して。

 (大分地裁 鈴木浩美裁判長)2005/04/15

 

『社会経験を積みながら、なぜ罪の意識が薄いまま犯行に及んだのか。 組織の論理に流されたのかもしれないが、それでは済まされないことを自覚して下さい』

 自民党旧橋本派への1億円ヤミ献金事件などで、政治資金規正法違反や贈賄などの罪に問われた、元 日本歯科医師会の常務理事・内田裕丈被告に有罪判決を言い渡して。

 (東京地裁 岡田雄一裁判長)2005/03/29

 

『今回の件で刑事責任は問いませんが、3人に重軽傷を負わせたことは事実です。 おわびの気持ちを持ち続けてほしいと思います』

 乗用車を運転中に対向車と衝突し、3人に重軽傷を負わせたとして業務上過失傷害罪に問われた50代の男性に対し、当時あまり知られていなかった「睡眠時無呼吸症候群」で、予兆なく眠気が襲ってきたことが事故の原因として、被告人に過失がなかったことを理由に無罪判決を言い渡して。

 (大阪地裁 杉田宗久裁判長)2005/02/09

 

『子どもは、あなたの所有物ですか? 社会全体の宝でしょ』

 長男(※のちに死亡)をクローゼットに閉じこめ、その扉を冷蔵庫でふさいで監禁した母親に対して。 ※被告人質問で

 (大阪地裁 堺支部 坪井祐子裁判官)2005/02/08

 

『会社に残る道を選んだことを悪いとは思いません。 会社を変えるため、あなたの役割は小さくないので、活躍してほしいと願います』

 国産牛肉買い上げ事業をめぐる牛肉偽装事件で、対象外肉の取引に関するパソコンのデータを削除したなどとして、証拠隠滅罪に問われたハンナングループコーディネート(HGC)元取締役に有罪判決を言い渡して。

 (大阪地裁 佐藤建裁判官)2004/11/09

 

『農業を営んでいるご家族も、肩身の狭い思いをしているに違いない。 二度とこんな事件を起こさず、刑務所に入るような生活はここで断ち切ってください』

 大量の米や農作物など、食料品の盗みを約250件重ねていた被告人に対し、実刑判決を言い渡して。
 (水戸簡裁 高橋敏郎裁判官)2004/08/12

 

『あなたを応援してくれる大勢の人のためにも、死ぬまで薬物に手を出さないことを固く決意して下さい』

 4度目の検挙で、覚せい剤取締法と麻薬取締法違反の罪に問われた俳優の清水健太郎氏に対して、懲役2年4月の実刑判決を言い渡して。
 (東京地裁 高山光明裁判官)2004/08/09

 

『息子が憎くて殺したとは思わないが、ひと一人を殺した重みを噛みしめてください』

 10年以上にわたる家庭内暴力に耐えかねて長男を殺害したとして、殺人罪などに問われた父親に対して、懲役5年の実刑判決を言い渡して。

 (東京地裁 栃木力裁判長)2004/05/26

 

『あなたにも、いろいろな感慨があることと思う。 過去を清算し、これからは堂々と健全な社会生活を送ることを期待します』

 1970、71年に沖縄返還協定反対などのデモに参加して凶器準備集合などの罪に問われた元中核派活動家に対して。この被告人は、保釈中に姿をくらまし、29年間にわたる逃亡生活を続けていた。

 (東京地裁 中谷雄二郎裁判長)2003/11/21

 

『本来なら、どう考えても実刑です』

 アパートに侵入し、盗んだ預金通帳を使い、多額の預貯金を引き出した窃盗犯につき、一部被害者への弁済が済んでおり、家族が今後の監督を誓約していることから、執行猶予を付した判決を言い渡して。

 (東京地裁 八王子支部 大淵敏和裁判官)2003/06/30

 

『もはや、立ち直る最後の機会です。 無理をせず、困ったことがあったら保護司などに相談して、再び法に触れることがないように十分注意してください』

 執行猶予期間中に、スーパーの甘栗を万引きした住所不定・無職の50代女性に対して、保護観察付き執行猶予判決を言い渡して。
 (新潟地裁 榊五十雄裁判官)2003/06/18

 

『これはいわば、水咲ちゃんが与える罰です』

 2歳の長女(水咲ちゃん)に虐待を繰り返した上、自宅のベランダに裸で放置するなど、十分な水分を与えずに死亡させたとして、殺人罪に問われた実母に懲役9年の実刑判決を言い渡して。

 (さいたま地裁 若原正樹裁判長)2003/02/21

 

『刑は短縮されたが、犯情が良いとか、情状酌量の余地があるわけではない。 刑をこれ以上重くするには、法の改正が必要』

 当時小学4年生で9歳だった女児が下校途中、乗用車で通りかかった被告人に連れ去られ、約9年2か月にわたって被告人の自宅一室に監禁され続けた事件の控訴審で、新潟地裁の懲役14年を、併合罪規定の解釈が誤っているとして破棄し、懲役11年(※最高裁で確定)を言い渡して。

 (東京高裁 山田利夫裁判長)2002/12/10

 

『刑は重いが、被害者は人生をやり直すことはできず、それに比べればまだ軽い』

 酒を飲んで車を運転し、猛スピードで急ハンドルを切ったり、5回も信号無視を繰り返したりしたあげく、交差点で男性(当時87歳)をはねて死亡させ、そのまま逃げた19歳の少年(危険運転致死)に、懲役3年6月以上7年以下の不定期刑を言い渡して。

 (新潟地裁 榊五十雄裁判長)2002/10/22

 

『面白半分、ストレス解消を目的に暴行を加えた。 人として許されないこと。 本来ならば刑罰を受けて当然である』

 少年グループによるホームレス暴行死事件で、結果は重大だが、集団審理で暴行がエスカレートした一面もあり、若年で矯正が可能として、14歳の少年3人を少年院送致の保護処分として。 ※改正少年法により新たに導入された、少年審判での「合議」による

 (東京家裁 八王子支部 猪俣和代裁判長)2002/03/13

 

『犯行19件を詳しく読み上げるのはいささか戸惑いがあり、つらいが、被害者の傷に比べたら比較にならない。 懲役12年の刑事的な責任を果たすだけで、あなたの罪がすべて償われたことにはならない』

 女子中高生らに対する連続強制わいせつ事件(未遂5件)を起こした警察官に対して、実刑判決を言い渡して。

 (横浜地裁 志田洋裁判長)2002/01/29

 

『あえて執行猶予にしました』

 パソコンなどで偽造した一万円札を使ったなどとして通貨偽造・同行使の罪に問われた、元小学校教頭に対して、透かしがないなど偽造の程度が低いことや、被害弁償が済んでいることから、執行猶予付きの有罪判決を言い渡して。

 (新潟地裁 榊五十雄裁判長)2001/07/24

 

『扱った量も多いので猶予にはできませんでしたが、まじめに務めれば早く出られます。フィリピンへ帰ったら、いいお母さんになって』

 覚せい剤の密売に携わったフィリピン人女性に対して、懲役2年の実刑を言い渡して。複数の在日フィリピン人女性に預けられていた無国籍の息子は、先に帰国し、祖母の元へ預けられることになった。 ※裁判官も検察官も弁護人も、書記官や通訳まですべて女性

 (東京地裁 女性裁判官※調査中2001/03/02

 

『最後にどうしても一言述べておきたい。 自分自身の心の中に存在する良心に目をつぶらず、現実をしっかり見つめ、被害者、遺族の苦しみに思いをいたせ』

 地下鉄サリン事件での実行犯の運転送迎役を担当した、オウム真理教元幹部 北村浩一被告に対して無期懲役判決を言い渡して。

 (東京地裁 木村烈裁判長)1999/11/12

 

『波乱の人生を送り、一個人としては魅力ある人だと思う。 これからは社会的な評価をもっと高める生き方をしてほしい』

 「末野興産」(現・マッセ)元社長、末野謙一被告に、懲役4年の実刑判決を言い渡して。

 (大阪地裁 上垣猛裁判長)1999/10/27

 

『生きて地獄を見て、自分の犯した罪の重さに苦しんでほしい』

 会社の従業員寮に放火し、起きてきた従業員とその妻を刺殺、2歳の長女も焼死させたとして、死刑を求刑され、自らも「死んで責任をとる」と一貫して主張しつづけた被告人に、無期懲役判決を言い渡して。

 (大阪地裁 大島隆明裁判長)1999/06

 

『裁判所からの最終警告が発せられたと受け止めてもらいたい。 率直に言って、国民は今回の事件を"また性懲りもなく"と受け止めている。 再び同様のことを繰り返せば、自浄能力なしと思われる』

 故・新井将敬衆院議員に対する、日興証券の利益供与事件判決で。

 (東京地裁 中山隆夫裁判長)1998/09/21

 

『控訴し、別の裁判所の判断を仰ぐことを勧める』 ※涙ながらに

 知人の女性2人を殺害し現金を奪ったとして強盗殺人罪などに問われた被告に対して求刑通り死刑を言い渡して。

 (宮崎地裁 小松平内裁判長)1990/06/20

 

『幼い子にとって、母親の存在のいかに大切なことか。 早く子供を引き取れるよう最善の努力をしなさい』

 愛人と同棲するために、母親がマンションに子供4人が置き去りにした事件。 執行猶予付きの有罪判決を言い渡して。

 (東京地裁 高橋省吾裁判官)1988/10/26

 

『あなたは"信念があれば何でもできる"が信条だそうだから、それを他の方向に向け、立派にやっていって下さい』

 都内の中学校構内に深夜侵入し、警備員を拘束してトイレに監禁、その後、教室から机447個といす9個を校庭に運び出し、午前4時半ごろまでかかって「9」の字を描いた事件。 「自己顕示欲にもとづく幼稚な発想で行われた犯行。世間に無用の憶測を生じさせた」として、3被告に有罪判決を言い渡して。

 (東京地裁 佐藤文哉裁判長)1988/07/07

 

|

« 日本全国 裁判官語録2 (賛否両論?編) | トップページ | 村上ファンドの最終陳述 »

法律家の語録集」カテゴリの記事

コメント

お初にお目にかかります。

以前に長嶺さんの書かれた本を読んだことがあり、作者名もよく覚えていたため、こちらにたどり着くことができました。

裁判官の説諭、とても心に響くものがあります。
裁判での長々とした判決文よりも、裁判官の人としての言葉が心に訴えかけてくるようでした・・・。

裁判官の言葉はなるほど、道理ですよね。
重たい一言もありますが、それゆえに響く。

涙ながらに訴えかけてくれた裁判官のお話を聞くと、裁判官も人間なんだな、って思ってしまいました。←

時に判決、というものは重たいものですね・・・。
裁判官でない私が言えた義理ではありませんが、いろいろ大変な思いもしていらっしゃるのでしょうね・・・。
しかし、自らの良心に従って判決を下している裁判官がなんと神々しいことでしょうか。
本当に心を打たれました。


考えさせられる裁判官の名言集、ありがとうございました。
これからも頑張ってください。
応援しております。

投稿: 鴇 | 2010年2月11日 (木) 19:12

>鴇さま

いらっしゃいませ。拙著に目を通してくださったそうで、感謝しております。

裁判官という人たちは、十把一絡げに「法律しか知らない世間知らず」などと、雑に揶揄されがちですが、そんな安易な論調に異議を唱えるべく、一面的なイメージへのアンチテーゼとして「爆笑お言葉集」を上梓させていただきました。

もちろん、ホンネでは「裁判官のナマの言葉は、ネタとして面白い」という要素も大いにあるのですが。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: みそしる | 2010年2月12日 (金) 22:52

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/10442609

この記事へのトラックバック一覧です: 日本全国 裁判官語録3 (裁判官は冷たくない!編):

« 日本全国 裁判官語録2 (賛否両論?編) | トップページ | 村上ファンドの最終陳述 »