« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月25日 (月)

にわかに高まる「飲酒運転叩き」の論調、司法判断にも影響か

>>>「1人1人意識変えないと」  危険運転判決 裁判官が説諭
 飲酒運転の発覚を恐れてパトカーから逃走、事故を起こしたとして、危険運転致傷と道交法違反(酒気帯び運転など)の罪に問われた福岡県大牟田市三池の会社員の男(22)の判決公判が14日、福岡地裁久留米支部であり、沢村智子裁判官は「飲酒運転をはじめ、交通規範順守の意識が非常に低い」として懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 沢村裁判官は、被告人に「(過去にも飲酒運転の経験があり)一歩間違えば大事故になるところだった。(最近)報道されていて分かるように1人1人が意識を変えなければならない」と言い聞かせた。
 判決によると、被告人は昨年5月8日未明、同県久留米市国分町で乗用車を飲酒運転し、赤信号を無視。パトカーに追われたが、飲酒運転の発覚を恐れて逃走、同市諏訪野町でも赤信号にもかかわらず車5台を追い越して時速約70キロで交差点に進入し、同市内の女性=当時(21)=の軽乗用車に衝突、女性に軽傷を負わせた。被告人からは呼気1リットル当たり0.15ミリグラムのアルコールが検出された。 =2006/09/14付 西日本新聞夕刊=

 

 ニュースで裁判の判決について報じられるとき、裁判官の名前や訓戒に注目する人はいても、その裁判官の年齢まで気にしている人は、あまりいないのではないでしょうか。

 ま、私も気にしてこなかったんですが。 マスコミも情報として報じませんし。

 私、先週の金曜日に、国会図書館の開館から閉館ギリギリまで、裁判官の経歴総覧や、新聞の縮刷版など、細かい文字ばっかりみっちり読みこんでおりました。 ひさびさに図書館の中で一日じゅう引きこもれて、とても幸せでした。

 それで、この沢村智子裁判官についても、なんとなく調べてみたんですが、そしたらビックリ。

 昭和48年7月2日生まれ。33歳ですよね。私の2コ上ってことですか。

 51期ですから、平成8年、ちょうど10年前の司法試験合格組(のはず)です。 まだ判事補の身分じゃないでしょうか。たぶん。

 そういう方でも、遠慮なく説諭をしたりするんですね。 もちろん、変に肩ひじを張って人生を語ったりしているわけではありません。 無理に背伸びせず、「意識を変えねば」という一般論を、11歳年下の男に忠告しているわけです。 結構なことだと思います。
 

 考えてみたら、裁判官が、自分の親ぐらい年上の被告人に説諭する場面だってありうるんですよね。 あらためて、大変な仕事だなと心中お察しします。

 

 平成8年11月、京都地裁(当時)の藤田清臣裁判官が、ある飲酒運転の交通死亡事故で、「交通事故被害者の命の重みは、駅前で配られるポケットティッシュのように軽い」と宣言し、当時、日本の刑事司法史上初になるという、求刑超えの判決(懲役3年)を言い渡したことがありました。

 

 また、平成11年11月、東名高速で泥酔トラックドライバーが引き起こした、幼い女児2人の死亡事故。 理論上は、業務上過失致死罪と道路交通法違反(酒酔い運転罪)の合わせ技(併合罪加重)で、めいっぱい懲役7年まで言い渡せるはずです。 しかし、当時の量刑相場では、懲役4年を告げるのが精一杯でした。

 遺族の無念は、民事で十分な損害賠償を命じる判決が出されることにより、なんとか晴らされた感がありますが、刑事面では課題が残る結果となりました。

 この事故・裁判をきっかけに平成13年、刑法で危険運転罪が新設されまして、量刑上限のリミッターが外されることになったのです。 翌年には道路交通法でも、飲酒運転の基準がより厳格なものに変更されましたね。

 
 そういう話題が届いてくるたびに、マスコミの論調は沸騰していたはずなのに。 世論も繰り返し覚醒していたはずなのに。 悲劇も相変わらず繰り返されなければならないのでしょうか。

 そして、今年8月、福岡・海の中道で、男児3人の命が強引に踏みにじられました。

 

 「酔ってないから大丈夫」 「すぐ近くだから大丈夫」
 

 運転免許が、自動車という『危険物』の取り扱い資格だという、当たり前の自覚すら欠落しているのでしょうか。 公務員のクセに。

 

>>>酒気帯び死亡事故:「時節柄、刑軽すぎ」 1審より半年重く
 酒気帯び運転で死亡事故を起こし、業務上過失致死と道交法違反の罪に問われた大阪府内の内装業の男(35)に対し、大阪高裁は14日、懲役1年とした1審・大阪地裁判決を破棄して懲役1年6月を言い渡した。白井万久裁判長は「やはり時節柄というか、そう簡単には済まされない。1審の刑期は軽すぎると言わざるを得ない」と付言した。被告側は、福岡市で幼児3人が死亡した飲酒運転事故後の厳罰化の流れが量刑に影響したとみており、弁護人は「世論に左右されるのはおかしい」と話している。
 判決によると、男は05年10月21日午前7時10分ごろ、同府豊中市内を軽トラックで走行中、安全確認を怠ったまま車線を変更。後続のバイクを転倒させ、男性(当時45歳)を死亡させた。未明に500ミリリットル缶の発泡酒を3本飲み、3時間ほど寝た後、運転していた。
 白井裁判長は量刑理由で、男に違反歴があることなどを挙げ、判決理由に続いて「(飲酒運転は)最近、非常にやかましく取り上げられており、厳しく責任を問われる」と述べた。(毎日新聞)2006/09/16

 

 この白井判事の言いまわし、どうなのかなぁ。 ご本人にしてみたら、あんまり深い意味を込めてらっしゃらないのかもしれませんが。

 ちなみに、お名前は「しらいかずひさ」とお読みします。 兵庫県出身。京都大学卒。 昭和16年9月26日生まれ。明日、65歳のお誕生日ですね。

……あれ? 今気づきましたが、ひょっとして今日で定年退官なのでは?
 

◆ 裁判所法 第50条(定年)
 最高裁判所の裁判官は、年齢70年、高等裁判所、地方裁判所又は家庭裁判所の裁判官は、年齢65年、簡易裁判所の裁判官は、年齢70年に達した時に退官する。

 

 どうも長い間、お疲れさまでした。

 白井判事は、和歌山カレー事件に続き、奈良の騒音おばさん事件でも控訴審を担当してこられ、面倒な個性を持つ中年女性たちの世話で大変でした。

 ほんの気持ちですが、私から、白井判事に花束をお送りしたいと思います。 心の花束を。

 

 

 

 いやぁ、『心の』という枕詞をくっつけると、何でも有りがたい代物のように聞こえてきますから便利ですよね。
 

 民主的手続きにのっとって制定された、それぞれの犯罪の法定刑と違い、「こういう状況の事件では、こういう刑が言い渡されるもんだ」という量刑相場は、裁判所内部での不文律です。 時の民意には基づいていません。

 ただ、似たような事件を起こした被告人の間で、言い渡される刑罰の内容に、格段の開きがあるというのでは考え物です。

 裁判官同士が互いに空気を読み合って形成されてきた量刑相場なのですが、これだって、憲法14条1項「法の下の平等」の問題として、尊重されるべきなのです。

 できれば、「時節柄」だとかで変えていただきたいものではありません。 司法は独立してるんですから、「マスコミの論調に影響された」という誤解を与えるような表現は、裁判所にとっても損でしょう。

 

>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<

 
 私も、つい間違えて、パソコンが変換したとおりに書いてしまうんですが、「減刑」と「(刑の)減軽」は、意味が違います。

 どんなに良いことを書いてみても、専門用語の使い方を間違えてしまえば台無しですからね。 電話回線や光ファイバーの向こう側にいる読み手・専門家に、鼻で笑われてしまうのがオチ。 「誰かが注意してくれるだろう」なんて、期待すべきではありません。 

 歴代の法令エリートたちが、自らの優位性を醸成するために積み重ねてきた、面倒なジャーゴン群……、と、腹立ちまかせに批判してみても仕方がありません。 微妙に使い分けなければならない法律用語というものが数多く存在する。それは、厳然たる事実。 不安な方は必携です。

 

図解による法律用語辞典
図解による法律用語辞典
おすすめ平均
stars収録用語が豊富
stars法律系資格の受験にはコイツがもってこい
stars法律用語を調べるなら本書で!
stars間違いなく買い!
stars安くて質が高い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

有斐閣 法律用語辞典
有斐閣 法律用語辞典 法令用語研究会

おすすめ平均
stars某講師言う通り

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年9月 1日 (金)

ミラクルニュースの研究

>>> 窃盗・器物損壊:「腹減って」自首 日立署で別々に2容疑者逮捕 /茨城
 日立署は8日、住所不定、無職の男(55)を窃盗容疑で、同(46)を器物損壊容疑でそれぞれ逮捕した。
 2人は知人ではないが、自首して逮捕され、理由を「腹が減っていた。捕まって食事を取りたかった」と同じような供述をしているという。いずれも所持金は65~70円だった。
 調べでは、A容疑者は8日午前4時ごろ、福島県いわき市平の路上で、鍵付きの軽トラックを盗んだ疑い。B容疑者は同日午前4時半ごろ、日立市鮎川町2の病院駐車場で、乗用車をコンクリート片で壊した疑い。(毎日新聞)2006/08/09

 

 ♪ そのクニの名はケイムショ  どこかにあるユートピア

 ♪ どうしたら行けるのだろう  教えーてほしいぃぃぃ

 

 ……などと、ゴダイゴの「ガンダーラ」を、替え歌で口ずさみたくもなるってもんです。

 元ネタがわかんない若者は、お父さんお母さんに尋ねてみましょう。
 

 わずか30分差で、同じ住所不定無職の男が、同じような言い訳をして、同じ警察署に自首ですか。

 もっと言うなら、Aが盗んだトラックをBが壊していれば凄い縁ですが、そこまで行ったら、少し出来すぎですかね。

 それにしても、ここまで頻繁なペースで「刑務所志願」の犯罪が横行するとは、ゆゆしき事態ですよ。 私が裁判傍聴をしていても、「刑務所に入りたかった」というのは、ありふれた言い訳のひとつとして飛び出してきますからね。

  

◆ 刑法 第42条(自首等)
1 罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。

 

 自首すると量刑に有利なのか、というと、そうとも限りません。 「刑を減軽することができる」としか書かれてませんから。 大目に見て、相場よりも刑を軽くするかどうかは、審理を担当する裁判官のみぞ知る、といったところでしょう。

 でも、彼らは1日でも長く、現実社会を離れた桃源郷にいたいんでしょうけどね。

 

>>> 車椅子の女性が、全力疾走で警官から逃げる
 身体障害者用の施設不備をめぐって何度も法廷に訴えていた、車椅子使用のロサンゼルス在住の女性が木曜日、突如立ち上がり、走って警察から逃走を試みたため詐欺行為の罪で逮捕された。
 詐欺の罪に問われているのは、飲酒運転による事故で体が不自由になったと主張していたローラ・リー・メドレー(35)。メドレーはこれまで、車椅子で生活していて何度もケガをしたことについて「市に責任がある」と主張し、少なくとも4つの市を相手取って訴訟を起こしていた。 最終的にはラスベガスの病院で身柄を拘束された。   
 ベリンダ・メイス検察官は、「メドレーは病院にやって来て、診察の順番を待っていたのです。ところが突如立ち上がり、逃走したのです。その場に居合わせた人が、『奇跡が起こった』などと叫んでいたそうです」と語っている。[ロサンゼルス 2006年6月11日 ロイター]

 

 メドレーが立った! しかも、全力で走った!

 いやぁ、ミラクルです。 いろんな意味で、メイクミラクルです。

 メドレーさんは、他にもカリフォルニアで、文書偽造・重窃盗未遂・保険金詐欺の容疑に問われているんだそうです。

 すごいですね。容疑メドレーですね。

 

>>> 普通なら死んでるはずのアルコール濃度でケロリ運転
 飲酒運転で捕まえたリトアニアのトラック運転手(41)の血中アルコール濃度が100ミリリットル中727ミリグラムと、基準値の18倍にも達していることに警察官はわが目を疑った。
 専門家によると、ほとんどの人が死ぬほどの濃度で、警察官は計測装置が壊れたかと思ったほど。だが運転手はいたって上機嫌で、これから「ビールを飲みながら朝食をとろうと思っていた」。
 運転手は罰金3000リタス(約12万4000円)を科され、最長3年の免停。同国は交通マナーの悪さで知られ、死亡事故の多くが飲酒運転絡みだ。(ビリニュスAP) 2006/05/30

 

 直視したくない現実を前にすると、人は、機械的エラーに原因を求めようとするのかもしれません。 その気持ち、痛いほどわかります。

 界王さまのもとで厳しい修行を終えた悟空が、ありえないほどの戦闘力を叩き出して、「ちっ、壊れてやがる」と、スカウター(サイヤ人の戦闘力読み取り機)のせいにしたベジータの心境と重なるでしょうか。

 たとえがややこしくて、すみません。

 いやぁ。 怖いなぁ、バルト三国は……。 リトアニアの空港を降りたら、どんだけアルコール臭いのでしょうか。

 この被疑者、ひょっとして、人間じゃないんじゃないですか? どちらかというと、お酒の神様なのでは。

 血中アルコール濃度が、じつに0.7%以上ですよ。 低アルコール飲料が身体をめぐっているようなもんですから。

 私が、この人の血を飲んだら、間違いなく酔っ払います。 飲まんけど。

 

>>> 消防車が出動している間に、消防署が火事に
 米国で、消防車が出動している間に消防署が火事になったと、プリンストンデイリークラリオンが報じた(Princeton Daily Clarion 2006年3月22日)。
 インディアナ州の学校で火災報知機が作動したため、消防署から消防車が出動。火災ではなく、装置の誤作動だったことが分かり、消防車は消防署に引き返した。
 ところが、この間に消防署で火災が発生。消防車が踏切で足止めされ、戻るのに手間取っているうちに燃え広がったとのことだ。 火災の原因は調査中だという。(国際時事新聞) at 23:00 2006年03月25日

 

 消防署が火事になった場合、署員は119番通報するんでしょうか。

 ここには、消防車が1台しか無かったんですかね。 小さな街の、小さな消防署なのかもしれません。

 消防署で起きた、この火事の原因が、署員の火の不始末だったら目も当てられませんよね。 これから消火活動のとき、避難する市民や野次馬たちに、偉そうに命令できなくなるじゃありませんか。 先が思いやられます。
 

 そういえば、日本でも、島根で、消防署長が自宅の庭でバーベキューをしていて家が全焼した、というニュースがありましたっけ。

 ミラクルニュースに関しては、日本も負けていませんよ。

 

>>> 落し物 届けてみたら父親のだった - 大分
 先日、大分中央署に、女性が「落とし物です」と名刺入れを持ってやって来た。 署員が名刺入れを開けて所有者の名前を確認していると、女性が申し訳なさそうに「済みません。落とし主はわたしの父親です」。家の近くで拾い、中を見ると悪いと思って、そのまま持ってきたという。署員は女性に名刺入れを返し、「何から何まで父親の持ち物を覚えているわけではないから、仕方ないかな」。 (大分合同新聞)2006/03/04

 

 親父の持ち物でも、財布や携帯電話ならともかく、名刺入れは、さすがに判別できる人は少ないかと思います。

 ちょっとだけ心温まるエピソードですが、「家の近くで拾った」という点で、ミラクル度はあまり高くなりませんかね。 わざわざ、こういう記事を新聞に載せる九州地方は平和ですね。

 一方で、笑ってられない運命のいたずらもあります。

 

>>> 交通事故:同姓同名の女性がはねる 愛知
 17日午前9時40分ごろ、愛知県知多市南粕谷1にある現金自動受払機前の歩道で、お金を下ろして歩いていた同所、パート、高橋ひろみさん(53)が、駐車場から飛び出してきた同市南粕谷本町1、パート、高橋ひろみさん(43)の乗用車にはねられた。はねられた高橋さんは、脳挫傷などで意識不明の重体。
 知多署の調べでは、運転していた高橋さんはお金を下ろしに駐車場に入ったが、方向転換中にブレーキとアクセルを踏み間違えたらしい。
 同署によると、同姓同名で自宅も近いため、お互いに顔見知りだったという。(毎日新聞) 2005年8月18日 18時45分 

 

 名前が重要なファクターであるニュースですが、気の毒な事件ということもありまして、おふたりに関しては仮名とさせていただきました。

 脳挫傷といえば、一命を取り留めたとしても後遺症が残りやすいですから、心配ですね。

 捜査にあたった警察官は、驚いたといいますか、混乱したでしょうね。 「加害者の高橋さん」「被害者の高橋さん」という感じで区別するしかありませんよね。

 昔、ダウンタウンのフリートークで、松本さんが、ボクシングの世界王座戦に臨むとき、たまたまリングネームがチャンピオンとかぶってしまい、「メガトン松本(兄)VSメガトン松本(弟)」で闘った、という話をなさってましたが。

 空気を読まずに、こんなネタを引き合いに出す私も私ですけどね。

 これから、加害者の高橋さんは、自身の名前を見たり書いたりするたびに、この事故の場面をありあり思い出してしまうのかもしれません。

 

>>> クルマが「KURUMA」に突っ込む
 18日午後10時ごろ、立川市錦町1の「ラーメン屋さんKURUMA立川通り店」に乗用車が突っ込み、店内が大破した。
 店関係者によると、事故当時、店内に客はおらず、男性店長が軽いけが。 立川署が詳しい事故原因を調べている。
 現場は都道「立川通り」沿いで、繁華街にも近く、週末の事故とあって見物人らで一時、騒然とした。事故を目撃した近くのアルバイト女性(30)は、「キューという大きな急ブレーキ音がした後、車が吸い込まれるように店に突っ込んで行った」と驚いた表情で話していた。(読売新聞)2006/03/19

 

 まだまだありますよ。 交通事故のミラクルニュース。

 リンク先に、立川KURUMAのラーメンレポートがありますけど、結構うまそうですよね。

 豚骨スープが豚骨くさくて、何が悪いのよ。哺乳ビンで豚骨スープを飲んで育った九州人としては、逆に魅力です。 ライスが無料という太っ腹なサービスにも惹かれますねぇ。

 なのに、この「ミラクル事故」のせいで、立川から一つの味が消えてしまったのだとしたら、じつに悲しい!

 どうか、今も変わらずに、豚骨を煮込み続けていてくれ! KURUMAの店長!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »