« 「ぐっとくる条例」洗い出し作業【北海道2】 | トップページ | 「クルマのプロ」が、立て続けに道交法違反 »

2006年12月13日 (水)

タウンミーティング「やらせ」 が、司法改革関連でも!

>>> タウンミーティングやらせ質問で首相含め処分へ
 安倍首相は、小泉内閣時代に開いたタウンミーティング(TM)での「やらせ」質問などに関する政府の調査委員会(委員長・林芳正内閣府副大臣)の最終報告書が13日にまとまるのを受け、首相自身を含む関係者を処分する方針を固めた。首相がTMの責任者である官房長官を務めていた期間にも「やらせ」が判明しており、自ら「けじめ」をつける必要があると判断した。
 計174回開いたタウンミーティング(TM)で、これまで教育改革TM8回のうち5回で同様の「やらせ」質問が発覚している。今回の政府の調査では、さらに複数回の司法制度改革TMを含む10回程度が新たに確認された。
(朝日新聞)2006年12月12日23時42分

 
>>> 司法制度改革TMでもやらせ
 政府のタウンミーティング(TM)調査委員会(委員長・林芳正内閣府副大臣)は13日、政府が2001年6月以降主催した計174回のTMのうち、計15回で発言内容を事前に依頼する「やらせ質問」があったことなどを柱とする最終報告書を公表する。教育改革TMに加え、裁判員制度をテーマとした司法制度改革TMでも「やらせ質問」が行われていたことが新たに判明した。[2006年12月12日22時42分]ニッカンスポーツ

 
 なるほど。 よりによって裁判員制度のヤツでしたか。 どんな捏造質問があったのか、具体的な続報が待たれます。

 TMやらせネットワーク。

 すいません。書いてみたかっただけです。

 私は、裁判員制度はおかしい、よしたほうがいい、と当初から言っております。 「主権者意識の喚起」などという説教くさい目的など、余計なお世話だと吐き捨ててやりたい気持ちで一杯です。

 ですが、むやみな反対意見というわけでもありません。 運用の工夫次第では「遠慮の無い、素朴で多様な意見」がもたらされ、「できるだけ誤判をなくす」強力なインパクトを、硬直化した司法に与えることができるのではないかと。

 判決内容が出世に影響しない一般人なら、検察官の疑わしい主張を疑わしいと、「王様は裸だ」と率直に言え、無罪の評決を出していただけるのではと。

 その可能性に賭けつつ、私はムチャを承知の上で、あえて裁判員制度を活かす方向で無い知恵を絞っているのです。

 今回の「やらせ」が行われた疑いをもって、“裁判員制度反対”という考えを補強するのは簡単です。 しかし、「やらせ」があったとされる事実と、「司法判断への一般庶民関与の是非」は、まるで次元の違う話であるはずでしょう。

 その違いをごまかして、「それ見たことか。やっぱり裁判員制度はダメだ」と強引に結びつけるのでは、「やらせ」を決行するような人間と、あんまり発想は変わらない気もいたしますね。 それこそ余計なお世話ですが。

 にしてもですよ。 「やらせ」という言葉に改めて注目すると、なんだか変な気持ちになってきますね。 「やらせ」という文字に、条件反射でやらしい連想をしてしまう私は、「やらせ」を行う政府よりも悪い子です。 誰か叱ってください。

 

>>>>>>> 翼の折れたエンジェル <<<<<<<

 ご存知、呉智英「以費塾」のプロデューサーである著者の最新刊です。呉氏の著作は、教養の中に潜む抜群のギャグセンスが売りですが、浅羽さんの文章は、じつに「上手い」。私などが上手いと言ったら怒られるでしょうが、上手いものは上手いのです。

 「右翼と左翼は、対立概念というより、同じ穴のむじな」……そこまでは気づいている人も多いでしょうが、本当に頭の切れる方が説明に乗り出すと、こうなります。このテーマについて、もっと知りたくなる一冊です。
 傍目には「難しいテーマを易しく語る難しさ」を、やすやすと乗り越えておられるように見えますね。 うらやましいな。

右翼と左翼
右翼と左翼 浅羽 通明

幻冬舎 2006-11
売り上げランキング : 1424

おすすめ平均 star
star満艦飾の固有名詞:広く浅くの最高レベル
star二項対立解体の後先

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 「ぐっとくる条例」洗い出し作業【北海道2】 | トップページ | 「クルマのプロ」が、立て続けに道交法違反 »

とほほ権力」カテゴリの記事

裁判員制度を裁く!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/13049007

この記事へのトラックバック一覧です: タウンミーティング「やらせ」 が、司法改革関連でも!:

» 司法改悪TMやはりやらせ発覚!! [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 昨日の日経新聞で高山俊吉弁護士が「法テラス」問題について「弁護士は就職難時代に入った。金目当てと、国の言いなりになる弁護士が大量に出てくる恐れがある」と懸念を述べていらっしゃいます。今度の16日(...... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 14:57

» やらせ質問 [貸し店舗]
政府のタウンミーティングやらせ質問。 [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 15:56

« 「ぐっとくる条例」洗い出し作業【北海道2】 | トップページ | 「クルマのプロ」が、立て続けに道交法違反 »