« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月11日 (水)

「かす汁」で飲酒運転?

 近ごろ、中学・高校時代の懐かしい友人たちから立て続けに連絡が来たりしてます。 こういうことがあると「本を出してよかったな」と素直に思います。

 
 
 「おぉ、ナガミネマサキ?」
 

 「新学期の自己紹介で、『たまに神田マサキに間違われます』などと口走り、思いっきりスベっとったナガミネか?」
 

 「広島に行った修学旅行のバスで、花の都 大東京~~♪などと、長渕の『とんぼ』をカラオケで熱唱しとった、空気の読めんナガミネか?」
 

 「応援団の飲み会で5分でつぶれて、校舎の屋上に放置されたナガミネか?」
 

 「学級委員のクセに忘れ物と遅刻の2冠を達成した、あのナガミネか? 懐かしいのぉ~!」

 

……などなど思っている、そこのあなた。 さぁ、レッツ・メール。

 ただし、「ニセ友達」が出現してきて、ややこしいことになるのを防ぐため、あなたが知っていて、私もたぶん知っているはずのマニアックな思い出、ローカル過ぎる懐かしのキーワード等を明記の上で、よろしくお願いします。

 

>>> かす汁で飲酒運転に 小学教諭に懲戒、処分後退職/神戸市教委
 かす汁を飲んで車を運転し、兵庫県警に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で検挙されたなどとして、神戸市教委は26日、同市立小学校の男性教諭(52)を停職6か月の懲戒処分とした。教諭は同日付で退職願を受理された。
 市教委によると、教諭は昨年9月15日午後11時ごろ、友人宅から乗用車で帰宅中、同市西区の路上で飲酒検問を受け、呼気1リットル中0・15ミリ・グラム以上のアルコール分が検出された。教諭は「かす汁を2杯飲んだだけで、酒は飲んでいない」としたが、同法違反容疑で検挙され、罰金20万円の略式命令を受けたという。
 市教委の調査に対し、教諭は当初、検挙されたことを否定していたが、5回目の調査で事実を認めたといい、市教委は「原因にかかわらず、飲酒運転で検挙され、事実を隠ぺいしていたことから処分した」としている。(読売新聞・大阪)2007/03/27

 

 日本酒をつくる過程でできた搾りかすを「酒かす」といいます。 搾りかすとはいえ、10%弱のアルコール分が含まれているそうです。

 その酒かすを、だし汁に溶いて野菜などを煮込めば、「かす汁」のできあがり。 冬はあったまりますね。

 
【 菊正宗 『酒蔵のかす汁』 】
http://www.kikumasamune.co.jp/kasujiru/kasujiru_top.html

 
 私、食い物に好き嫌いはほとんど無いんですが、かす漬けとか奈良漬けが苦手なんですよね。 アルコールにはそんなに強くないこともあって、酒かすのニオイに違和感といいますか、あんまり好ましくない感覚があるのです。

 本件の元教諭、「酒気帯び運転」と判断された原因が、食事としての「かす汁」を事前に飲んでいたことなのだとしたら、とてもお気の毒です。

 
 

◆ 道路交通法 第65条(酒気帯び運転等の禁止)
1 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。
2 何人も、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。

◆ 道路交通法 第117条の4 (罰則)
 次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
 三  第65条(酒気帯び運転等の禁止)第1項の規定に違反して車両等(軽車両を除く。)を運転した者で、その運転をした場合において身体に政令で定める程度以上にアルコールを保有する状態にあつたもの

◆ 道路交通法施行令 第44条の3(アルコールの程度)
 法第117条の4第3号の政令で定める身体に保有するアルコールの程度は、血液1ミリリットルにつき0.3ミリグラム又は呼気1リットルにつき0.15ミリグラムとする。

 
 

 上記の通り、酒気帯び基準には「血液バージョン」と「呼気バージョン」の2種類ありまして、そのどちらか一方でも超えていたらアウトです。

 まぁ、人間の「酔い」に直接関連するのは、血中のアルコール濃度のほうらしいのですが、飲酒検問で警官がドライバー1人ひとりに対して、いちいち腕に針をプスプス刺して血液検査しとったらラチあきません。

 なので、ふつうは「はい、フーッて息吐いてぇ」で済ませますわな。
 

 たとえば寝ている間、あなたが恨みを買っている何者かにアルコールを静脈注射されたとします(よい子はマネしないで)。 朝起きて「なんかフラフラするなぁ……」と思いつつも、通勤でマイカーに乗っていたら、うっとうしいことに検問に引っかかってしまいました。

 その場合、客観的には基準値以上のアルコールが呼気から検出されたとしても、「自分は酒気帯び運転をするつもりはなかったんだ」と主張して、そのうえで、知らないうちにアルコールを注射されてしまった事実を証明できたなら、裁判所は無罪に言い渡さねばなりませんし、警官は彼を釈放しなければなりません。

 なぜなら、彼には酒気帯び運転という罪を犯す意思 「故意」がないからです。

 
 

◆ 刑法 第38条(故意)
1 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。 ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。

 
 

 同様に、かす汁に入っていたアルコール分を摂取していたことで、酒気帯び基準を超えていると認定された場合、「酒気帯び運転の故意がない」と主張する余地はあると思います。

 しかし、老舗の酒かす屋さんによると、どうも話が違うみたいなのです。
 

 「いえ、そんな(酒かす汁で検問に引っかかる)ことは考えられないと思います。酒かす汁は、酒かすや、こんにゃくなどの材料を10分間煮立てて作ります。アルコールの沸点は70度で、水の沸点は100度。煮立てている間に、ほとんどのアルコール分は飛んでしまい、0.01%ぐらいしか残りません。よっぽどの特異体質でない限り、酔っぱらうことはないと思います」(J-CASTニュース)2007/03/27

 

 では、元教諭は、その「よっぽどの特異体質」だったのでしょうか?

 だったら仕方がないところですが、とたんに元教諭の弁解は怪しくなってきます。

 ホントは飲んどったんやないの……?

 とはいえ、当日、元教諭と食事をしていたという友人の教員も、神戸市側が聴取したところ「かす汁は食べさせたが、酒類は出していない」と言っているそうなのです。

 「口裏合わせでもしているんでは?」と勘ぐりたくもなりますが、そんな証拠も特にない以上、「かす汁で酒気帯び」という主張を受け入れるしかないようです。

 どうなんでしょうね。

 先ほどの菊正宗の「酒蔵のかす汁」については、「家庭で作る本格粕汁に近づけるため、香り・味の点からアルコールを若干含んだ仕上げとなっております」という説明書きがありますけど。
 

 本件が起こったのは、昨年9月でした。 福岡・海の中道での幼児3人死亡事故で、世論がにわかに「飲酒運転憎し」で盛り上がっていたさなかです。

 それを受け、神戸市が「職員による飲酒運転は、原則懲戒免職」という指針を打ち出したのは、昨年9月26日。 ただ、本件が起こったのは15日だったため、その指針の適用外です。

 彼は飲酒運転で摘発された事実を、徹底して隠していました。 翌10月に匿名での情報提供があったことにより、学校側に知れることになったのですが、校長から繰り返し問い詰められても、なかなか口を割らなかったそう。

 今年3月、5回目の調査の段階で「ようやく」です。

 結局は旧指針で最も重い「停職6ヶ月」の処分を受け、自主退職をしたという形になりました。

 この「徹底して隠していた」という点を、どう見るかですよね。 本当に友人宅でかす汁を飲んでいただけなら、後ろめたいことは何も無いはずでしょうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

山口県光市「おっぱい都市宣言」をめぐる熱き議論

 木曜日に更新すると「予告」までしておいて、どうも失礼いたしました。 すっかり遅れてしまいました。
 

◆ 著作権法 第40条(政治上の演説等の利用)
1 公開して行なわれた政治上の演説又は陳述及び裁判手続(行政庁の行なう審判その他裁判に準ずる手続を含む。第四十二条において同じ。)における公開の陳述は、同一の著作者のものを編集して利用する場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる。
2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人において行われた公開の演説又は陳述は、前項の規定によるものを除き、報道の目的上正当と認められる場合には、新聞紙若しくは雑誌に掲載し、又は放送し、若しくは有線放送することができる。
(※3項略)

 

 著作物とは、人の思想または感情を創作的に表現したものをいいますが、地方公共団体の議会の会議録に関しても、その内容について著作権の問題は生じます。 いわゆる「職務著作」の一環みたいです。

 どうやら、著作権法にいう「創作」の意味は、私たちの一般的なイメージよりもはるかに広く設定されているようですね。

 なので、公共的な色彩が濃いであろう光市議会の会議録も、ネット上では引用の範囲内にとどめ、いろいろ気をつかいながらご紹介しなくてはなりません。 ルールですので。

 

 まず、世界で唯一だという「おっぱい都市宣言」の誕生の瞬間を見てみましょう。

1995.03.24 : 平成7年第1回定例会(第4日目)
 

◯15番(中本 和行君) お手元に配付いたしております決議案第1号及び2号の2件につきまして一括で御提案申し上げます。
 まず、決議案第1号は、光市における震災対策推進に関する決議で、今回の阪神・淡路大震災の経験を教訓とし、市民の生命と財産を守るため、従来からの防災対策を早急に見直し、これまでの火災、風水害対策に加え、地震対策にも重点を置いた地域防災計画の策定と震災対策の意識高揚のため本決議をしようとするものであります。
 次に、決議案第2号は、「おっぱい都市宣言」に関する決議で、WHO世界保健機構とユニセフの後援のもと、世界母乳連盟が毎年8月1日を世界母乳の日、また8月の第1週を世界母乳週間と定め、母乳による育児の啓発に努められたところでありますが、当市におきましては、母乳育児率において全国的にも高水準にあるやに聞き及んでおります。母乳を通して養われる母から子への触れ合いは、育児にとって最も重要であることは申し上げるまでもございません。そのため、当市議会としては、さらなる母乳育児の推進及び母と子、父、そして人に優しい光市のまちづくりを図るため、ここに宣言しようとするものであります。
 以上、2件を御提案申し上げますので、よろしく御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

◯議長(田中 虎男君) 説明は終わりました。本件に対する質疑がありましたらお願いいたします。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(田中 虎男君) なければ質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本件は、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(田中 虎男君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略いたすことに決しました。
 続いて、討論に入ります。討論がありましたらお願いいたします。
          〔「なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(田中 虎男君) なければ討論を終結いたします。
 これより採決いたします。お諮りいたします。決議案第1号及び決議案第2号の2件は、それぞれ原案のとおり決することに御異議ございませんか。
         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

◯議長(田中 虎男君) 御異議なしと認めます。よって、決議案第1号及び決議案第2号は、それぞれ原案のとおり可決されました。
 ──────────・────・──────────
  閉  会

 

 何のドラマもない、じつにアッサリした可決、成立の模様です。 地方自治体名物「シャンシャン議会」は、この「おっぱい都市宣言」をめぐっても例外ではなかったんですね。

 たしか98%は「シャンシャン」で終わるとかいうことです。 私にとって、その情報ソースが、TBSラジオ「伊集院光 日曜日の秘密基地」だってとこがミソですが。

 これは、執行部(行政府)と、議会(立法府)とが、とてもアッチッチな関係(←今年の流行語大賞候補)にある現実が横たわっているからです。 馴れ合いと言っても言い過ぎではないのかもしれません。

 モンテスキューの三権分立の精神からは本来、牽制しあう関係性にあってほしいところなんでしょうけど。

 国の場合は「議院内閣制」ということで、国会と内閣の蜜月関係は制度的にも裏付けられているのかもしれませんが、地方はどうなんでしょう?

 
 えーと、世界母乳連盟? 母乳の日?

 母乳が止まらなくて、練習中に疲れやすくなったという、柔道のヤワラちゃん(谷亮子選手)の話が先日報道されていましたっけ。

 なんでも、ヤワラちゃんは欧米では「ソフティーちゃん」と呼ばれているとのこと。 柔道の「柔」って、ソフトって意味なんだっけ?

 
 母乳は血液からできるそうで、子どもを母乳で育てている母親は、貧血状態になることが多いようです。 スポーツ選手にとっては厳しいでしょうね。 あいにく私は母乳を出した経験がないのでわかりませんけど。

 わが子を母乳で丈夫に育てたいが、お乳がなかなか出ないとお悩みのお母さんも少なくないようです。ただ、本当に体質として出ない人は1%以下とのこと。 おっぱい都市の手にかかれば、いろいろ対策はあるようです。
 

 あと、先日みかけたニュースでは、某アンケートによると、新婚カップルの3分の1は、ダンナが奥さんの乳を吸……

 これ以上書いたら「18禁法律学」のカテゴリに回さなきゃいけなくなるので、やめときます。 まぁ、書いたも同然ですけど。
 

 現に、光市の母乳育児率は、全国平均と比べてもかなり高い水準にあるとのことで、周辺の街に住む妊婦さんも、わざわざ光市内の産婦人科を選んでやってくることも多いのだそう。 母子の存在に配慮した施設が充実しているんでしょうね。さすがです。

 一方で、「おっぱい都市宣言」の認知率は、光市民へのアンケートでもかなり低いことが判明しています。 せっかくの思い切ったユニーク宣言なのに、その宣言が聞こえていたのはわずかだった、という寂しい現実があるようです。

 

1996.03.05 : 平成8年第1回定例会(第1日目)
 
◯市長(末岡 泰義君)

(略)
 保健予防対策につきましては、引き続き母乳育児の推進、40歳以上を対象とした基本健康審査、癌検診などの受診率の向上及び骨量検査など女性の健康づくりに努めるほか、市議会において「おっぱい都市宣言」が行われ全国へ情報発進されましたが、この趣旨を踏まえ、「安心して子供を産み、健やかに育てる環境づくり」をさらに推進するため、「おっぱいまつり」を8月1日の世界母乳の日に開催するなど、啓発活動に力を入れてまいりたいと考えております。

 

 世界母乳の日は、「おっぱいまつりの日」でもあったのですね。

 しかし、光市も借金がかさみ、緊縮財政のもとで開催しているので、おっぱいまつりも存続の危機にさらされている…… という悲しい話も会議録を読んでいると出てきます。 そういうギリギリの攻防、せめぎあいがあるのだとしたら、これも取材のテーマにしてみたいです。

 現在、おっぱいまつりは「あいぱーく光」という公共施設内で、毎年8月上旬に開催され、「あなたの子ども大丈夫? チャイルドシート体験」や「はしが上手に持てるかな(碁石遊び)」などのコーナーが設けられるとのことですけど……。

 どうなんでしょうか。 小さい子どもがいる家族だけでなく、もっと幅広い人々が「行ってみようか」と思えるようなイベントを盛り込んでいかないと、率直に言って生き残りは難しいような気もします。

 役所主導の「祭り」には限界がある、とは思いたくないのですが。

 

2006.03.07 : 平成18年第1回定例会(第3日目)【以下同じ】
 
◯6番(磯部 登志恵君)

 (略)
 1点目、おっぱいプロジェクト構想についてですが、旧おっぱい都市宣言から約12年間にわたる様々な取組みは、あいぱーく光内の健康増進課を中心に、社会課、そして教育委員会の一部の部署で、地道な活動として進められてまいりました。しかし、現状から考えると、おっぱい都市宣言の取組みというのはもっと大きな視点でとらえるべきであり、今後は、光市全所管が関わりながら、まちづくりの一環として進めるべきではないかと思っています。
 3月議会で自然敬愛都市宣言が決議いたしましたが、このときは既に基本構想ができ上がっておりました。私は、これを拝見して、おっぱい都市基本構想がぜひ必要であると考えました。議員提出の都市宣言にもこういう基本構想を付けて提出すべきであるという人もおられますが、私は、これは執行権の範疇に大きく踏み込むおそれが出てくると思っています。そこで、このような構想が、できるだけ早く、多くの人の思いを勘案されて、ぜひ策定していただきたいと思っております。総合計画との関係もあると思いますし、昨年12月議会での私の質問に市長がおっぱいプロジェクト構想について発言をされたことがありますので、このあたりを含めて、お考えをお聞かせいただけたらと思います。

 

 いろんなキーワードが出てきましたよ。

 光市は最近「自然敬愛都市」も宣言しているのですね。これも全国的にみて非常に珍しいもののようです。

 人づくりに欠かすことの出来ない自然との関わりを謳っています。 ただ「自然環境を大切に」と、ボンヤリ言いっぱなしにするのではなく、森や草花、動物たちとふれ合うことが人の心を育てる、という考え方を採用している(ようにみえる)のが特徴的です。

 他方、「おっぱい都市基本構想」「おっぱいプロジェクト構想」とは具体的に何なのか、ネットでこれ以上探すのは限界です。 どっちが上位概念なのかすら不明ですしね……。「総合計画」というキーワードもありますし、現時点では、なかなか全体構造が見えてきません。

 しかし、磯部議員のこの発言から、おっぱいまつりの会場である「あいぱーく光」は、健康増進課が入っているようですから、市役所の一施設(出張所?)だということはわかりました。

 また、あいぱーく光の中には「チャイベビステーション」というところがあるようです。 まぁ、「チャイルド」と「ベビー」ってことなんでしょうね。

 そこは、いろんなイベントの会場として利用されているようで、2002年度には「おもちゃライブラリー」が開設されたそうな。

……続々と出てきますよ。専門用語が。 なんだか、「おっぱい都市用語集」でもつくらないと、混乱してきそうなほどですが。
 

 市議会議員で基本構想を立てることは「執行権の範疇に踏みこむ」ことになりかねない、との言及もあります。 この、いわば「立法と行政のなわばり関係」みたいなものにも興味がわいてきますね。

 

◯市長(末岡 泰義君) それでは、磯部議員さんのおっぱいプロジェクト構想についてお尋ねをいただきましたので、お答えを申し上げたいと思います。
 御承知のように、わが国はいよいよ人口減少社会に突入しておりまして、また、最近の新聞報道等にもありますように、2005年の合計特殊出生率が1.25へと低下するなど、少子・高齢化は加速度的に進行しているのは、ただいま御紹介いただいたとおりであります。このことは、若い世代が高齢者を支えるという従来の社会保障制度の枠組みからの転換を余儀なくされているものであり、少子化対策は、国、地方を挙げて取り組むべき最重要の課題の一つとなっておるところであります。
 そうした中、本市では、子育て支援対策の柱として、母乳育児を通して、子供の健康面のみならず、母と子のふれあいや家族の絆を深めていくため、いわゆるおっぱい育児による総合的な子育て支援策を展開してきたところであります。合併後の昨年6月には、議会におきましても、全国に例のない新たなおっぱい都市宣言が採択されたところでございます。私といたしましても、議員同様、このおっぱい都市宣言の理念の下、母乳育児にとどまらず、恵まれた環境や温かいふるさとの人情に育まれ、健やかな子供を生み育て、人に優しいまちづくりに向けて、地域社会と一体となった取組みを進める必要があるものと考えておるところであります。
 このおっぱい都市宣言は、本市で生まれ育ち、学び、働き、憩い、長寿を全うするという、人の誕生から人生を終えるまで、まさに人の営みを象徴するものであると考えておりまして、議員仰せのように、福祉や教育といった分野に限らず、全庁的な、また横断的な取組みが必要であると思っておるところであります。
 現在、本市では、平成17年3月、社会全体で子供と子育てを支えられる優しいまちづくりを目指した光市次世代育成支援行動計画を策定し、主として福祉、教育の分野を中心に、ライフスタイル全体に係る子育て支援策に取り組んでおりますが、子育て支援や少子化対策は本市のまちづくりにおいても最重要課題の一つであることから、こうした取組みをさらに進めるため、新おっぱい都市宣言の趣旨を踏まえ、総合的な子育て支援対策を展開してまいらなければならないと思います。このため、今後、庁内関係各課による連絡調整会議、名称等は別にしても、そのようなものを設置しまして、御提言のありました基本的構想について検討を進めるとともに、現在策定中の総合計画におきましても、おっぱい都市宣言の趣旨を十分踏まえた戦略的プロジェクトの立案に向けて取り組んでまいりたいと、このように考えておりますし、そのようなことを進めておるところでございます。御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 「おっぱい」の響きと、「戦略的プロジェクト」という言葉のアグレッシブさとのギャップがたまりませんが、ここでも新発見がありました。

 おっぱい都市宣言の目的は、ただ単に「子育て先進都市を目指す」というだけではないのです。 市長による「人の誕生から人生を終えるまで」という発言がポイントですよね。

 もともと、おっぱい都市宣言にいう「おっぱい」の意味も、通常よりだいぶ広いようです。 第2項には『私たちは、おっぱいという胸のぬくもりの中で、子どもをしっかりと抱き』とありますから。

 おっぱいはともかく、「胸」は男にだってありますから、別に父親が抱いたって、いちおう意味は、通るといえば通るわけです。

 それに、「母乳による育児」は、その後の第3項で謳われているのです。 それよりも、光市としては子どもの抱擁行為の奨励に重点を置いている、とみることだってできます。

 だったらなおのこと、おっぱいまつりは「幼い子どもの育て方」一辺倒でなく、狙うターゲットをもっと広くとらえていく必要があるんじゃないかと思います。

 光市には、あの「母子殺害事件」の痛ましい記憶がまだ残っているかと思います。 そんな自治体だからこそ、幼少期だけでなく、思春期における親と子の関係の重要性にだって、もっとスポットライトを当てていいかもしれません。

 まだ「戦略的プロジェクト」の全貌が明らかになってない段階ですが、今後の展開には目が離せませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »