« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月24日 (日)

証人の「ウソをつかない」旨の宣誓文が、日本各地で違うナゾ

 これから裁判員制度が動き出すことになると、法廷で語られる証人の証言というものの重要性がますます高まります。

 裁判員が参加する公判は、殺人事件でせいぜい1,2週間に3回など、短期間で終わらせることになっています。 となると、一般の方に大量の調書を読み込ませる負担を課すわけにはいきません。

 そこで、実際に法廷でしゃべってもらい、その証言内容を聞き、証言態度を観察することで事件を把握していくわけです。 取り調べを担当した刑事や検事にも、どんどん法廷に出てきてもらうことになるでしょう。

 となると、証人が法廷でウソをつかれたら、今までにまして困ってしまいますよ。 冤罪など、取り返しのつかない事態に陥るおそれもあります。

 

◆ 刑法 第169条(偽証)
 法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、3月以上10年以下の懲役に処する。

 

◆ 刑事訴訟法 第154条
 証人には、この法律に特別の定のある場合を除いて、宣誓をさせなければならない。

 

◆ 刑事訴訟規則 第117条(宣誓の時期)
 宣誓は、尋問前に、これをさせなければならない。

 

◆ 刑事訴訟規則 第118条(宣誓の方式)
1 宣誓は、宣誓書によりこれをしなければならない。
2 宣誓書には、良心に従つて、真実を述べ何事も隠さず、又何事も附け加えないことを誓う旨を記載しなければならない。
3 裁判長は、証人に宣誓書を朗読させ、且つこれに署名押印させなければならない。証人が宣誓書を朗読することができないときは、裁判長は、裁判所書記官にこれを朗読させなければならない。
4 宣誓は、起立して厳粛にこれを行わなければならない。


 

 ところで、宣誓の文章が、裁判所によって微妙に違っていることをご存知でしょうか。


【東京高裁/地裁/簡裁】

「良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います」


 

【神戸地裁】

「良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、また何事も付け加えないことを誓います」



【福岡地裁】

「良心に従い、知っていることを正直に述べることを誓います」



 なぜなのでしょうか。 こんなところに裁判所の地方自治が??

 こういうテクニカルなことこそ、最高裁の事務総局が全国まとめて、まっさきに統一してしまいそうなものなのに。 不思議です。

 ちなみに、神戸地裁のは、国会での証人喚問のときと同じ宣誓文みたいです。

 

 ところで、私は先日、大阪へ行ってまいりました。前のエントリでお伝えしたとおりですが、じつは、大阪地裁の法廷も傍聴してきたのです。

 浪速の地では、はたしてどんな衝撃的な宣誓文が飛び出すのか?

  

【大阪地裁】

「良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います」


……あれ? 東京と同じでした。 くっそー、楽しみにしとったのに、つまらんなぁ。(←勝手)

 東京と大阪が共通だということは、高等裁判所の管轄ごとに宣誓文がつくられているわけでもなさそうです。 ますますわからなくなってきました。

 ところで、大阪から東京へ戻る前に、名古屋にも寄ってきたんですよね。 絶坊主さんと一緒に地裁を傍聴。 さて、宣誓文は いかに!?

 

【名古屋地裁】

「良心に従ってほんとうのことを申しあげます。知っていることをかくしたり、ないことを申しあげたりなど決していたしません。右のとおり誓います」



 右のとおり誓います…… ということは、宣誓書は縦書きなのかと思いきや、遠目で確認した限りでは横に書いてありましたよ。 きっと、昔のなごりでしょう。

 全国の他の裁判所では、どういう宣誓文になっているのか、他にどんなバリエーションがあるのか興味があります。 皆様、お気軽に情報をお寄せください。

 また、このように各地で違う理由についてご存知の方も、ぜひ教えていただきたいと思います。

 もうひとつ気になること。 証人が宣誓文を読みあげる際、民事や行政裁判では傍聴人も裁判官も全員が起立するのに、刑事裁判では座ったままでも怒られないんです。 あの運用もナゾですね。 あれは東京だけ?

 法廷は、まだまだ私にとってワンダーランドです。

 
 

>>>>>>> みそしるオススメブログ

 「志布志事件」や「富山強姦事件」など、無実の者にぬれぎぬを着せる捜査が耳目を集めている昨今。

 

過去のエントリでご紹介しました、熊本弁護士(元裁判官)のブログを見つけました。

 袴田事件(昭和41年・静岡・4人殺害・死刑確定)の被告人について、2人の先輩裁判官に反旗を翻し、いったんは「無罪」の意見を述べた方です。

 評議の場は一切非公開で、内容も他言無用なのですが、今年になって熊本弁護士はあえて、その評議内容を語りはじめました。

 大学の大先輩だったのか…… 知らなんだ。

『裁判官の良心』 袴田事件えん罪 ~ 熊本典道 Blog ~

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007年6月12日 (火)

最高裁判所の地下に、コンビニがあるらしいゾ

 こんにちは。

 この文章は、何を隠そう、東京発 新大阪行きの新幹線の中で書いております!!

 先週末は、大学時代の友人が結婚するということで、京都まで入ってきたのですが、行きの新幹線では本を読んで、次の原稿のフレーズを思いついたらメモして。

 そして、帰りは隣の友達と他愛も無いことしゃべって、富士山も見ずに寝て…… ってな感じ。 それはそれで有意義なのですが。

 ただ! きのう、注文していたノートパソコンが届いてからは状況が一変しましたよ。 いえ、今週から私の人生そのものが変わります。

 移動時間に原稿を執筆できるなんて、素晴らしい! 夢のようです。

 新しいパソコンの到着が、大阪でのテレビ出演の仕事に間に合ってよかった。 ほんにえがった。

 これからは、図書館でだって、裁判所の待合室でだって書けちゃうわけです。 楽しいじゃないですか。 いやぁ、テンション上がるわー。

 

 これまで私は、司法浪人時代と自称ライター時代を通じて、高額の買い物に縁の無い生活を続けてきました。 よって、家電屋さんのパソコン売り場なんて、まともに入ったのは…… 5年ぶりでしょうか。

 とんでもないことになってますね。 最新モデルのパソコンは。 何がとんでもないのか説明できないぐらい、とにかくすごい。 つまり、わかってない。

 ひげそり売り場も見てきまして、現代ひげそりの、あまりのカッコよさに衝動買いしてしまいました。 ひげを剃った後に、充電器に突っ込んどけば、自動で勝手に洗ってくれるというんですから。 これ以上ステキなものは、この世になかなか無いでしょう。

 今まで使っていた電動ひげそりは、父が昔、ゴルフの景品として授与されたものをもらいうけたヤツです。 ブラウン社の良品なのですが、もう10年近く使いたおしてきました。

 替え刃も数千円するので、交換せずにイケるところまでいってやろうと、ごまかしていたのですが、最近ではアゴのあたりを剃るたびにヒリヒリしてきたり、ひどいときは流血したりして、毎日ハラハラしながら使ってましたよ。

 

 多くの皆さんからの、熱いご支持のおかげで、今後しばらくは、もうアルバイトをせずに生活できるぐらい、まとまったお金が入ってくることになりました。 このたびは、どうもありがとうございます。

 でも、お金を持ちなれていない私が言うのもなんですが、独身男が自分のためにお金を使うのって、そんなにウキウキすることじゃないですね。 テンションが上がっているのも今のうちでしょう。

 一度でいいから、ベタでもいいから、しっとりした余裕のあるオトナのデート…… ってもんをしてみたいです。 「してみたい」と思うだけではダメなのが悲しいですが。

 ナガミネ、ひきつづき恋人募集中です。 えーと、「金貸してくれ」とか「今日はワリカン」とか言ったりしません。 どうぞよろしくお願いします。

 

 新大阪駅のホームに降りたとたん、ブラマヨの小杉さん発見! 東京でも道端で芸能人にゃあ、なかなかお目にかかれませんが、さすがショービズの街、大阪は違いますね。

 東京でも、最高裁の法廷の傍聴席でなら、有名な方に結構出会えますよ。 そのへんは、「レペタな私」を参照していただければと思います。

 

■ 東京都 千代田区 隼町4-2 (googleマップ)

 見えますか? 最高裁判所の真上に、コンビニエンスストア「am/pm」のマークが乗っかっていますね。 私が上京したころ買った地図に、このような印はありません。 この2,3年でひっそりと動きがあったのでしょうか。 それとも、普段使いの地図には最初から載せないのでしょうか。


am/pm 最高裁判所庁舎店

〒102-0092
東京都千代田区隼町4-2

サービス:ATM

営業時間: 7:30~21:00
※年末年始など時期により
営業時間が異なる場合がございます。



 近ごろは、東京高裁/地裁/簡裁の地下にもファミリーマートが完成しましたし、この最高裁のコンビニにも入ってみたいんですけどね。 ジャパンネット銀行の口座を持ってますので、預金をおろすのにam/pmのATMは便利ですから。

 だがしかし!

 これがどうやら「関係者以外 立ち入り禁止」らしいのです。


 どういうことですか? とすると、このコンビニを利用できるのは、最高裁の判事とか、事務総局の職員とか、あとは検事とか弁護人ですか?

 am/pm最高裁店で弁当買いたかったら、司法試験に受かれってことなのかぁぁ!? なんてこった!! あのテストは、どこまでオレの人生に影響を及ぼせば気が済むのか。

 でもっ! それでも、自民党本部裏のローソンは、そんな司法試験崩れの味方になってくれる! 悔しくないゾ!!

 ……わからん。 この法曹向けビジネス、am/pmサイドに何のメリットがあるんだろう。

 もともと、最高裁って不自由な空間なんですよね。 広報課が主催する小中学生向けの見学会なら、職員は判事の席に子供を座らせてみたり、和気あいあいとしているようなのです。

 しかし、いざ法廷が開かれる段になれば、なかなか一般人にあちこちウロウロさせてくれません。 警備員や職員が、大理石づくりの廊下のそこかしこに立っておられますので、傍聴希望者は構内をまとまって移動しなければなりません。

 入場時に金属探知機を通るよう指示されることはもちろん、荷物もロッカーに預けさせられますし。 東京高裁/地裁/簡裁よりも、警備は厳重です。

 コンビニどころか、別の階へ勝手に移動することすら許されないと思います。

 

 この先、決して入るべからず…… となると、ますます気になりますねぇ。

 コンビニですから、さすがに外観は他と似たようなものでしょうが、am/pm最高裁庁舎店の雑誌コーナーには、模範六法とかジュリストとか判例タイムズなんかも売られているのでしょうか。 弁当の温めを頼んだら、さんざん待たされたあげく、店員から「やっぱりダメですね」と突き返されたりするのでしょうか。 最高裁の棄却判決のごとく。

 もし、最高裁店でバイト募集してれば……。 履歴書持って行って「潜入取材」としゃれこむのも可能でしょうが、コンビニバイトにしては家から現場が遠すぎます。 もし、最高裁店も何の変哲もないフツーのコンビニだと判明したとして、その段階でなかなか辞められない状態になってたらツラいですし。

 ただ、トヨタ自動車の期間工に応募して実際に働き、その体験をルポにまとめたという「自動車絶望工場」(鎌田慧氏 著)もありますし、まぁ、労働者として中に入り込むというのも、取材の手法としてはアリなんですよね。


【【 おまけ 】】

>>> 最高裁判所中庭にカルガモ親子が住みつく

 ▽…東京・三宅坂の最高裁判所中庭に、カルガモの親子が住みつき=写真=、職員の間からは、「大手町の三井物産とともに、カルガモの名所になるのでは」という声が出ている。
 ▽…人前に姿を見せ始めたのは、16日ごろからで、当初は母ガモ1羽に、ヒナが6羽だったが、“天敵”にさらわれたのか、子ガモの数が減り、24日現在、母子3羽。茂みの中を歩き回ったり、人工池で愛きょうをふりまいている。
 ▽…目と鼻の先の国会では、参院選の自民大敗など激動が続いているが、“法の殿堂”の中で、カモたちはのんびり。職員たちも「元気に巣立って、また戻って来て欲しい」と、カルガモ一家に熱い声援を送っている。 (読売新聞)1989/07/24夕



 80年代の一時期、「カルガモブーム」がありましたよね。 皇居のお堀から引っ越すということで、母ガモの後ろに数羽の仔ガモが付いていき、一列で道路を渡っていく。 その様子をドライバーが一時停車して見守っている、という映像が印象的です。

 最高裁も皇居のそばにあるのですが、そのカルガモとは別働隊のようですね。

 最高裁の「中庭」とやらも、どこにあるのか存じませんが、記事を読む限りでは、なかなかステキな都心のオアシスのように思えます。

 ただ、中庭の仔ガモが1羽減り2羽減り…… という悲しい話もあるみたいですが。

 なお、カルガモの天敵は、ネコやカラスなんだそうです。 どうやら、最高裁判事がオヤツとして召し上がったわけではなさそう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年6月 6日 (水)

満員電車は「違法」なんですか

 黄色い表紙でおなじみ「裁判官の爆笑お言葉集」(幻冬舎新書) ……勢い止まらず、各方面よりご好評をいただいております。 どうもありがとうございます。

 もちろん、この世は盛者必衰。 今週発売の新潮新書 「とてつもない日本」(麻生太郎外務大臣 著)に、売り上げにおいてアッサリ抜き去られることも想定済みでございます。

 ま、ベストセラー列強の中に書名を連ねさせていただきさえすれば、ポジション的には何位だって構やせんのですが。

 

 来週は、大阪へ行ってきます。 関西テレビ「痛快!エブリデイ」の水曜日に、「裁判特集」を企画しているので生出演してください、とのご依頼があったからです。

 再現ドラマなど、いろいろと関テレさんは用意してくださっている模様ですから。 その想いには応える必要がありますね。

 13日の「痛快!エブリデイ」では、イケメン八代弁護士・浅草キッドから水道橋博士・高学歴芸人コンビ「ロザン」・小室ファミリー「SAM」さんと共演いたします。

 違う世界を体感できるのはいいけども、ただ、こんなスターの皆さん方を前に、どのツラさげて出るのよ。 本当はキッパリお断りしたいくらい恥ずかしいです。 オレのせいで視聴率下がったらどうしよう。

 つまんなかったからといって、帰り道に道頓堀へ突き落とされたらどうしよう。 着替えを多めに持っていこうか。 九州の笑いなど関西に劣るに決まってますので、大阪の皆さん、どうぞお手柔らかに。

 

 ナガミネは、つまんない男。 これが合言葉です。

 自分がつまんないことぐらい、自身が痛いほど思い知っています。 だから、見苦しくあがいているんです。

 でも、本職においては「つまんない」は決して許されませんけどね。 近いうちに単行本を相次いで出版し、立て続けに世に問いますこと、ここにお約束いたします。

 ……あーあ、面白くなりたいなぁー。

 

 

◆ 鉄道営業法 第15条

2 乗車券ヲ有スル者ハ列車中座席ノ存在スル場合ニ限リ乗車スルコトヲ得

 

 ハイ、 いきなり本題へ移ります。 相変わらずの脱線ブログです。

 知ってました? 座席が空いてなければ電車に乗っちゃいけないんですよ。 ……じゃあ、なんで吊り革があるのよ、って話ですが。 

 帰省ラッシュの季節によく聞く「新幹線乗車率150%」というのは、ありゃ何なんでしょう。 JRみずから鉄道営業法違反を公言しているのでしょうか。

 お年寄りや身体の不自由な人、妊婦さんには席を譲りましょう。

 だったら、席を譲った人は、その後どうすればいいんでしょう。 座席が空いてなければ乗車できないということは、強制退場ですか。 そんな世の中じゃ、道徳や人倫もロクに育まれまい。

 鉄道営業法15条に罰則がないのをいいことに、鉄道会社は、この規定を見て見ぬフリしてるんでしょうかね。

 鉄道営業法の制定は、明治33(1900)年。 電車というのは当時、セレブな乗り物ですから、さすがに現代日本の「満員電車文化」を想定してはなさそうです。

 

◆ 鉄道営業法 第26条

 鉄道係員旅客ヲ強ヒテ定員ヲ超エ車中ニ乗込マシメタルトキハ三十円以下(※罰金等臨時措置法により、現在は2万円以下)ノ罰金又ハ科料ニ処ス

 

 この26条は、何を言いたいのでしょうね。 朝の埼京線やら小田急線とかを利用しようとすると、外から鉄道員の方がギュウギュウ詰めの車内へ、情け容赦なく押し込んでくることがありますけど。 ……アレはOKなんですか?

 客のほうも、その電車に乗っていくのを望んでるわけだから、26条の文言にいう「強ヒテ」にはあたらない、ってことですか?? よーわからん。

 満員電車なんて、乗客にメリットは特になく、むしろデメリットだらけ。 考えてみれば、旅客輸送の効率が上がることによって、ただ鉄道会社がウハウハ儲かるだけなんですよね。 そりゃ効率はいいでしょうけども、そこには「お客様満足度」のカケラも見当たりません。

 外国人が被告人になっている「痴漢」裁判を傍聴していると、決まって「ワタシの母国では、満員電車なんてありえない」「車内で女性と密着させられるのはクレイジー」みたいな話が彼らの弁解として出てきます。

 日本の都市部にいると感覚が麻痺しがちですが、国際的に見れば、やはり車両の中に乗客がスキマ無く詰めこまれているというのは、異常な状態というべきかもしれません。 鉄道営業法は、そのようなグローバル視点に忠実な立場から規定されているのでしょうか。
 

 法の明文に反して現実が動いているような例は、憲法の中にチラホラありますけどね。 9条2項とか、89条(私学助成金)とか。

 皆さん、他にもご存知でしたら、いろいろと私に教えてやってください。 今日からコメント欄の凍結を解除しますので。 どうぞよろしくお願いいたします。

 

◆ 鉄道営業法 第34条
 制止ヲ肯セスシテ左ノ所為ヲ為シタル者ハ十円以下(※罰金等臨時措置法により、現在は1000円以上1万円以下)ノ科料ニ処ス

二 婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ

 

 こ、これは!! もしや「女性専用車両」を想定した規定なのでは?

 電車の車両は、土地に定着した工作物ではありませんから、刑法上の「建造物」に該当しないのです。 だから、スケベ野郎が女性専用車両に乗り込んだからといって「建造物侵入罪」で処罰するわけにはいきません。

 そこで、この34条の出番となるわけですな。

 すごいですね。 鉄道営業法の法案をつくった人って。 これだけ本質を見通したり未来を先取りしたりできるとは。 ビジネス本を書けばいいのに。

 

>>>>> おすすめサイト

 私は、さんざん司法浪人したあげくに断念した元受験生たちの、興味深い「その後」を取材して……

 いつの日か「司法試験Zファイル(仮)」という本を書きたいと、密かに野望を抱いています。

 もちろん、このZファイルの「Z」とは、挫折者(Zasetsu-sha)の頭文字です。

 他方で、迷える元受験生たちの「その後」を、ビジネスとして支援するベンチャー企業があらわれました。

 この「モア・セレクションズ」さんの、目の付け所は鋭いものがあります。

 司法制度改革は、司法試験のシステムを腹いっぱい変えるだけ変えて、旧試験受験組の後始末なんか一切せずにほったらかしですからね。 旧試験から新試験に乗りかえるにしても、法科大学院の修了を経由しなければなりませんので、法曹になるためには、さらに数年費やす必要があります。

 これまで旧試験に対して、経済的にも時間的にもさんざん投資を続けてきた浪人にとっては、キツい現実ですよ。

 要するに、司法試験は「みんなの憧れ」「高嶺の花」。 男どもにモテモテのぴちぴちギャルみたいなもんですから、「あたしが何やったって、だーれも怒らなーい」と、わがまま言いたい放題。 完全に調子こいとるんですわ。

 「もう、いい加減にせんかーい!」と、司法試験に見切りをつける受験生たちは、これからさらに増えるでしょうね。

 サイトには、近日中に私のインタビュー記事も掲載していただく予定です。「司法浪人から別分野へと、どうにかこうにか転身を遂げた先輩」として……。

 

■ 司法試験経験者のための就職情報サイト
 『Legal Map』

 http://www.more-selections.com/legalmap/

| | コメント (18) | トラックバック (3)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »