« 新企画! 司法浪人いろはガルタ 【き】 | トップページ | 最高裁判所の地下に、コンビニがあるらしいゾ »

2007年6月 6日 (水)

満員電車は「違法」なんですか

 黄色い表紙でおなじみ「裁判官の爆笑お言葉集」(幻冬舎新書) ……勢い止まらず、各方面よりご好評をいただいております。 どうもありがとうございます。

 もちろん、この世は盛者必衰。 今週発売の新潮新書 「とてつもない日本」(麻生太郎外務大臣 著)に、売り上げにおいてアッサリ抜き去られることも想定済みでございます。

 ま、ベストセラー列強の中に書名を連ねさせていただきさえすれば、ポジション的には何位だって構やせんのですが。

 

 来週は、大阪へ行ってきます。 関西テレビ「痛快!エブリデイ」の水曜日に、「裁判特集」を企画しているので生出演してください、とのご依頼があったからです。

 再現ドラマなど、いろいろと関テレさんは用意してくださっている模様ですから。 その想いには応える必要がありますね。

 13日の「痛快!エブリデイ」では、イケメン八代弁護士・浅草キッドから水道橋博士・高学歴芸人コンビ「ロザン」・小室ファミリー「SAM」さんと共演いたします。

 違う世界を体感できるのはいいけども、ただ、こんなスターの皆さん方を前に、どのツラさげて出るのよ。 本当はキッパリお断りしたいくらい恥ずかしいです。 オレのせいで視聴率下がったらどうしよう。

 つまんなかったからといって、帰り道に道頓堀へ突き落とされたらどうしよう。 着替えを多めに持っていこうか。 九州の笑いなど関西に劣るに決まってますので、大阪の皆さん、どうぞお手柔らかに。

 

 ナガミネは、つまんない男。 これが合言葉です。

 自分がつまんないことぐらい、自身が痛いほど思い知っています。 だから、見苦しくあがいているんです。

 でも、本職においては「つまんない」は決して許されませんけどね。 近いうちに単行本を相次いで出版し、立て続けに世に問いますこと、ここにお約束いたします。

 ……あーあ、面白くなりたいなぁー。

 

 

◆ 鉄道営業法 第15条

2 乗車券ヲ有スル者ハ列車中座席ノ存在スル場合ニ限リ乗車スルコトヲ得

 

 ハイ、 いきなり本題へ移ります。 相変わらずの脱線ブログです。

 知ってました? 座席が空いてなければ電車に乗っちゃいけないんですよ。 ……じゃあ、なんで吊り革があるのよ、って話ですが。 

 帰省ラッシュの季節によく聞く「新幹線乗車率150%」というのは、ありゃ何なんでしょう。 JRみずから鉄道営業法違反を公言しているのでしょうか。

 お年寄りや身体の不自由な人、妊婦さんには席を譲りましょう。

 だったら、席を譲った人は、その後どうすればいいんでしょう。 座席が空いてなければ乗車できないということは、強制退場ですか。 そんな世の中じゃ、道徳や人倫もロクに育まれまい。

 鉄道営業法15条に罰則がないのをいいことに、鉄道会社は、この規定を見て見ぬフリしてるんでしょうかね。

 鉄道営業法の制定は、明治33(1900)年。 電車というのは当時、セレブな乗り物ですから、さすがに現代日本の「満員電車文化」を想定してはなさそうです。

 

◆ 鉄道営業法 第26条

 鉄道係員旅客ヲ強ヒテ定員ヲ超エ車中ニ乗込マシメタルトキハ三十円以下(※罰金等臨時措置法により、現在は2万円以下)ノ罰金又ハ科料ニ処ス

 

 この26条は、何を言いたいのでしょうね。 朝の埼京線やら小田急線とかを利用しようとすると、外から鉄道員の方がギュウギュウ詰めの車内へ、情け容赦なく押し込んでくることがありますけど。 ……アレはOKなんですか?

 客のほうも、その電車に乗っていくのを望んでるわけだから、26条の文言にいう「強ヒテ」にはあたらない、ってことですか?? よーわからん。

 満員電車なんて、乗客にメリットは特になく、むしろデメリットだらけ。 考えてみれば、旅客輸送の効率が上がることによって、ただ鉄道会社がウハウハ儲かるだけなんですよね。 そりゃ効率はいいでしょうけども、そこには「お客様満足度」のカケラも見当たりません。

 外国人が被告人になっている「痴漢」裁判を傍聴していると、決まって「ワタシの母国では、満員電車なんてありえない」「車内で女性と密着させられるのはクレイジー」みたいな話が彼らの弁解として出てきます。

 日本の都市部にいると感覚が麻痺しがちですが、国際的に見れば、やはり車両の中に乗客がスキマ無く詰めこまれているというのは、異常な状態というべきかもしれません。 鉄道営業法は、そのようなグローバル視点に忠実な立場から規定されているのでしょうか。
 

 法の明文に反して現実が動いているような例は、憲法の中にチラホラありますけどね。 9条2項とか、89条(私学助成金)とか。

 皆さん、他にもご存知でしたら、いろいろと私に教えてやってください。 今日からコメント欄の凍結を解除しますので。 どうぞよろしくお願いいたします。

 

◆ 鉄道営業法 第34条
 制止ヲ肯セスシテ左ノ所為ヲ為シタル者ハ十円以下(※罰金等臨時措置法により、現在は1000円以上1万円以下)ノ科料ニ処ス

二 婦人ノ為ニ設ケタル待合室及車室等ニ男子妄ニ立入リタルトキ

 

 こ、これは!! もしや「女性専用車両」を想定した規定なのでは?

 電車の車両は、土地に定着した工作物ではありませんから、刑法上の「建造物」に該当しないのです。 だから、スケベ野郎が女性専用車両に乗り込んだからといって「建造物侵入罪」で処罰するわけにはいきません。

 そこで、この34条の出番となるわけですな。

 すごいですね。 鉄道営業法の法案をつくった人って。 これだけ本質を見通したり未来を先取りしたりできるとは。 ビジネス本を書けばいいのに。

 

>>>>> おすすめサイト

 私は、さんざん司法浪人したあげくに断念した元受験生たちの、興味深い「その後」を取材して……

 いつの日か「司法試験Zファイル(仮)」という本を書きたいと、密かに野望を抱いています。

 もちろん、このZファイルの「Z」とは、挫折者(Zasetsu-sha)の頭文字です。

 他方で、迷える元受験生たちの「その後」を、ビジネスとして支援するベンチャー企業があらわれました。

 この「モア・セレクションズ」さんの、目の付け所は鋭いものがあります。

 司法制度改革は、司法試験のシステムを腹いっぱい変えるだけ変えて、旧試験受験組の後始末なんか一切せずにほったらかしですからね。 旧試験から新試験に乗りかえるにしても、法科大学院の修了を経由しなければなりませんので、法曹になるためには、さらに数年費やす必要があります。

 これまで旧試験に対して、経済的にも時間的にもさんざん投資を続けてきた浪人にとっては、キツい現実ですよ。

 要するに、司法試験は「みんなの憧れ」「高嶺の花」。 男どもにモテモテのぴちぴちギャルみたいなもんですから、「あたしが何やったって、だーれも怒らなーい」と、わがまま言いたい放題。 完全に調子こいとるんですわ。

 「もう、いい加減にせんかーい!」と、司法試験に見切りをつける受験生たちは、これからさらに増えるでしょうね。

 サイトには、近日中に私のインタビュー記事も掲載していただく予定です。「司法浪人から別分野へと、どうにかこうにか転身を遂げた先輩」として……。

 

■ 司法試験経験者のための就職情報サイト
 『Legal Map』

 http://www.more-selections.com/legalmap/

|

« 新企画! 司法浪人いろはガルタ 【き】 | トップページ | 最高裁判所の地下に、コンビニがあるらしいゾ »

【採り上げてくださったメディア】」カテゴリの記事

コメント

戦前も婦人専用車両はありました。「男女差別である」ということで廃止されましたが…。

投稿: fox | 2007年6月 7日 (木) 19:21

http://blog.livedoor.jp/tokyokitty_seed_destiny/archives/51088546.html

貴方のブログの文が盗用されています。

投稿: 絶豚 | 2007年6月 8日 (金) 21:10

盗用というよりコピペレベルですね!
注意しようにもコメント欄やトラバも封印されてるし・・・
パクっても文句言われないように、そうしてるのかな?

投稿: 松戸 | 2007年6月 8日 (金) 21:39

>foxさま

まったく知りませんでした。どうもありがとうございます。はたして、どういった背景で導入されたんでしょうね。


>絶豚さま、松戸さま


教えてくださって、どうもありがとうございます。

さすがに「盗用」と言ってしまうのは可哀想というか、盗用だと指摘する資格が私にまるで無いといいますか。

別に鉄道営業法を作ったのは私じゃないですからね・・・。

おもしろい話題ですから、どんどん広まってほしいと思いますし、間違いがあれば詳しい方が指摘していただければと思います。

この鉄道営業法の話題をヒントに、出版企画を立てて1冊仕上げた人がいたなら、それはそれで、ぜひ著作を読んでみたいです。私のリサーチの手間も省けますし。(笑

投稿: みそしる | 2007年6月 8日 (金) 22:43

鉄道営業法 第15条の列車中座席ノ存在スル場合ニ限リ乗車スルコトヲ得は列車内に必ず座席を設置しないと乗客を乗せてはいけないという意味ではないかと聞いた事があります。
昔、この規定を守るためなのか一人しか座れない座席を設置した列車があったという話もあります。

投稿: ナナシ | 2007年6月 9日 (土) 05:21

>ナナシさま

 

どうもありがとうございます。

たしかに、そう読めなくはないですよね。 「座席ノ存在スル場合ニ限リ」という書き方が少し引っかかるといいますか。 空席があるかどうかの話なら、「座席に空きの有る場合」などと規定するでしょうか?

だとしたら、なぜ列車に座席の存在を義務づけたのか。 うちの近所のJR埼京線は座席が折りたたみ式になっていて、朝晩のラッシュ時には乗客全員が立たされる状態となるのですが、ああいうのは100年前は危険だと考えられていたのか……。

ただ、埼京線の座席も折りたたまれているにすぎないので、座席の「存在」の有無については疑いないですが。

また、15条2項は、お客さんに向けて言っているような規定とも取れるので、やはり疑問は残ります。 鉄道会社や国土交通省に問い合わせたほうが早いような気もしてきましたが、ひきつづき皆さまからのご指摘もお待ちしております。

※ 念のため、このエントリのタイトルを「違法なんですよ」から『違法なんですか』に変更しました。 弱気な私……。

投稿: みそしる | 2007年6月 9日 (土) 08:38

第15条は、乗車券では貨物列車のような列車に乗ってはいけない、という意味らしいですよ。
昔は旅客用の列車と貨物列車を連結して走ることも多かったので、お客さんに「座席がある列車が人間用の列車ですよ~」というニュアンスで、こういう書き方になったのではないでしょうか?

投稿: | 2007年6月 9日 (土) 15:59

昔、国鉄時代に
労働組合が遵法運動と称して
座席に座れない人を降ろすという嫌がらせ運動を繰り広げたらしい。

投稿: | 2007年6月 9日 (土) 21:14

>列車中座席ノ存在スル場合ニ限リ

書かれている文言は「座席」であって「空席」ではありません。
ですから、空席がなくても乗車することに何ら違法性はないのでは?
また、座席なし車両というものがありますが、これに乗車することにも今のところ違法性はないはずです。
なぜなら、現在存在する座席なし車両は、編成の一部に連結されているだけで、全てが座席なし車両で構成された列車というものは存在しないからです。
つまり、「列車中」座席ノ存在スル条件を満たしていると解釈できるからです。

なお、通勤用車両などの「定員」は、座席定員と立席定員(通常は吊り革の数)を合わせたもので定められています。
新幹線など吊り革のない車両の定員は座席数そのものであることが普通です。

満員という言葉は、この定員ぴったりの乗車を指し、これを上回る乗車があるなら、「超満員」と本来言うべきです。
つまり乗車率が100%なら満員、100%を超えると超満員で、違法性を議論できるのはこの領域からではないでしょうか。

その超満員の状態の違法性ですが、第26条を解釈するに、旅客が自らの意思で乗車した場合には必ずしも罪に問えない…と言えそうです。


>明治33(1900)年。 電車というのは当時、セレブな乗り物ですから、

そもそも当時は電車など存在しません。蒸気機関車牽引の列車です。
また現在においても、全ての鉄道路線が電化されているわけではありません。
この法律の条文では鉄道の動力方式は規定されていないのです。
最近は鉄道車両=電車と信じている人も多いようですが、条文に「列車」と表現されている以上、いたずらに適用範囲を狭めるべきではないと思います。

投稿: monmon | 2007年6月10日 (日) 04:03

どうもありがとうございます。

15条2項が「乗客が貨物列車に乗っちゃだめ」という趣旨の規定なら、座席の「存在する」場合というのは、「設置してある」という意味だと考えているのでしょう。

だとしたら、どうしてこのような回りくどい書き方をしたのか疑問なのです。「貨物用の車両に乗るべからず」でいいはずなのに。あるいは、100年前には「貨物列車」という言葉が無かったのか。

一方、国鉄労組の「運動」は、座席が「存在する」=「空いている」という前提だったはずです。


>monmonさま

なるほど。「列車中」というのは、1車両の中というわけではなく、列車1本の中に1つでも乗客向けの車両が存在すれば、客は乗って構わない、ということですか。

だとしたら、何のために存在している規定なのか、ますますわからなくなります。どういう立法趣旨なのでしょう。

「定員」についての解説、どうもありがとうございます。メールマガジンでも少し取り上げたことがありまして、鉄道会社によって定義が若干異なるようですね。

ただ、私は「定員」「満員」の厳密な定義については特に問題にしていません。それらは法律上の定義ではないと思いますので、今回のテーマである鉄道営業法の規定を考える上で、取り上げる実益に乏しいとみているためです。

ここにいう「満員電車」とは、乗客が車両にギュウギュウ詰めで、スペースにゆとりがなく、「できれば乗りたくないなぁ」と私たちが一般的に感じる、あのイメージです。

また、私が列車と電車をあまり区別せず混同して記述していたことは、迂闊であって、たしかに反省すべき点です。

しかし、そうした混同の事実をもって、条文中の「列車」の適用範囲を狭めた解釈をしていることになるわけではありませんよね。もし、それを承知のうえで書かれているのなら、ちょっと悲しかったです。

=====

 
もう少し周りを固めてから、本丸(国土交通省)に問い合わせたいと思っておりますので、まだまだコメントをお待ちしております。

26条は、「鉄道職員が、乗りたがらない客を列車へムリヤリ押し込んじゃダメ」ということで、ほぼ確信に至ってきたのですが、15条2項のナゾがますます深まってきました。

皆さん、何のための条文だと思います?

投稿: みそしる | 2007年6月11日 (月) 23:05

司法試験について
司法試験の合格者も米国の要望により大幅に増えるそうですね。しばらくすると年間3000人ときいています。

弁護士は就職するところがなくなるのですかね。そのうち交通事故や医療事故に群がる弁護士が想像されます。
米国では現にそうなっているようです。

陪審制度もできたので陪審員(裁判員)を選別するための会社もできどんな陪審員が自分の裁判に良いかを選別するようになるのですか。日本でも民事に裁判員制度を取り入れるようになるのでしょうか。

残念にも司法試験を断念せざるを得なかった方々はこのような会社をおこせば弁護士よりもお金になるかも知れませんね。興信所と提携すれば可能かも知れません。

米国の弁護士は、無料で裁判を受け勝訴のさいは歩合30%ほどを報酬としてうけとるようです。日本もそのうち民事でも裁判員制度が採用されるのでしょうか。狙いどおりの訴訟社会が実現されそうですね。

投稿: tomegane | 2007年6月25日 (月) 12:38

>tomeganeさま

どうも、いらっしゃいませ。

たしかに、アメリカ政府は、日本に訴訟社会になってほしいと願っていることは間違いなさそうです。

差し止め請求の強化とか、弁護士業の自由化、談合の徹底取り締まりなどを公式に求めてきているようですね。それもこれも、アメリカ企業が日本の経済社会へ乗り込みやすくするためです。

逆に、民事裁判への陪審制導入については、アメリカは何も言ってきてません。一般に、自国の企業と外国の企業が争う訴訟では、陪審員が噛んでくると自国企業に軍配を上げるケースが非常に多いそうですね。

現に、アメリカ進出を狙った日本企業は、向こうの陪審員の判断で非常に痛い目に遭ってきたとのことです。とすれば、アメリカ企業の進出にとって不利となる民事陪審制を、わざわざ日本に勧めることもないわけです。

アメリカによる「グローバルスタンダード被害」があまりにも大きくなれば、その流れを食い止めるための民事陪審制導入の声が、むしろ日本国内から出てくる可能性があるかもしれません。ひょっとしたら、ですけども。

なお、重大刑事裁判における裁判員制度に関しては、あくまで国内(経済同友会)発信で、最高裁や法務省が陪審制復活に猛反対しての「妥協の産物」ということになってます。

陪審員コーディネーターと同じく、日本に「裁判員コーディネーター」が登場するのも、きっと時間の問題でしょうね。

ただ、裁判員制度では裁判官も一緒に評議に参加しますので、裁判員のチョイスによって、そこまで大きく判決結果に影響を与えられるかどうか。やってみないとわからないところではあります。

コメントをくださいまして、どうもありがとうございました。

投稿: みそしる | 2007年6月26日 (火) 00:41

こんばんは、はじめまして。
15条2項ですが、どうみても貨物列車なのに旅客列車だと言い張られるのを防止するために、わざと回りくどい言い方をしているのではないでしょうか?
それにしても気になる条文ですね。続報を楽しみにしています。

投稿: なた | 2007年7月11日 (水) 18:56

>なたさま

立法当時には、貨物列車に乗客を乗せるようなことが横行していたのでしょうか。

国鉄は、早くも明治時代から経済的に余裕がなかったのかどうか。 私鉄はどれだけあったのか。 まず、そこからしてナゾですね……。 鉄道に詳しい人は世間に多そうですが、わたしゃ何にも知りませぬ。

投稿: みそしる | 2007年7月16日 (月) 23:14

 座席や満員電車の話からは脱線しますが、明治時代の中頃からは一種の鉄道ブームが沸き起こって、日本各地に私鉄の建設ラッシュが起こり、一時期は私設鉄道(私鉄)の合計の営業キロ数が官設鉄道(官鉄。後の国鉄)の営業キロ数を上回る事もあった。政府は建設を予定していた主要幹線ルート上にある私鉄を手っ取り早く買収し、官鉄に編入しようと目論み、私鉄を買収する法律、鉄道国有法を無理矢理に議会に通して次々に私鉄を買収した。現在の東北本線は元の日本鉄道で、山陽本線は元の山陽鉄道です。おカネがない政府が手っ取り早く日本列島に鉄道網を張り巡らせる為には既存の私鉄線を買収した方がイチから鉄道を敷くよりも安上がりだったのは言うまでもありません。
 閑話休題。第二次世界大戦の終戦直後には、客車の絶対数が足りず、有蓋貨車に粗末な座席を格好だけ付けて電灯は裸電球のみという車両や、戦災で焼けた電車のベコベコに歪んだ車体を叩き直しただけといった代用客車に乗客を乗せて走らせていましたし、買出し客が貨車に乗って田舎へ食糧を買出しに出かけた等という話はよくあります。

投稿: に~みや | 2008年6月18日 (水) 22:01

>に~みやさま

詳細に教えてくださいまして、どうもありがとうございます。

私鉄を手っ取り早く買収… のくだりで、地下鉄の銀座線の話を思い出しました。「東洋初の地下鉄」?の触れ込みで、相当気合いを入れて、凝ったつくりをしたみたいですが、戦時中だったか、東京都にあっさり買収されたんですよね。

作り手としては、どういう心境なんですかねぇ。他人の手に渡って寂しいのか、作ったものに値が付いてうれしいのか。

貨物列車に人が乗っていた状況というのも、よくわかりました。終戦直後は、ある種の緊急避難的に、いろいろと法律の規定にそむくような運用も事実上行われていそうですよね。

どうもありがとうございます。

投稿: みそしる | 2008年6月19日 (木) 07:49

 明治期の私鉄の国有化に関しては、私鉄側も議会でも大きな反対がありましたが、結局、法案が可決されて買収が実施されました。ただ、田舎の儲かってない小私鉄の中には、経営が厳しいところもあり国に買収された事で路線が今まで残ったような路線もあります。また、徳島鉄道(現在のJR徳島線)は路線建設に当たって、政府の計画する路線とルートが重なる為、国から買収の打診があった場合には買収に応じる事という条件で免許が下りた事例すらあります。(後に買収されたのは言うまでもありません。)また、営業期間を限定されて開業した私鉄すらあります。(例えば、明治99年末までといった具合に。)
 第二次世界大戦中にも私鉄線の買収が行われて、南武鉄道(現在のJR南武線)は戦後、路線の返還運動を起こしました。南武鉄道という会社は社名を変えて現在も不動産会社として残っているそうです。

投稿: に~みや | 2008年6月19日 (木) 10:33

どうもありがとうございます。

旧国鉄が、私鉄をつなぎあわせた集合体だという状況がよくわかりました。

まぁ、今のJRは株式会社ですから、いちおう私鉄あつかいになってるんでしょうけども。

そうなると、国鉄に買収された私鉄と、買収されずに民間として独立し続けた私鉄の違いというのが気になってきますね。

単に、国鉄が欲しかった、国鉄の運営にとって都合の良い路線か否か、という差にすぎないのでしょうかね。

でも、に~みやさん、必ずしも返信を要求しているわけではございませんので。(^^;

お時間とってコメントしてくださいまして、ありがとうございます。

投稿: みそしる | 2008年6月20日 (金) 12:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/15332510

この記事へのトラックバック一覧です: 満員電車は「違法」なんですか:

» 鉄道営業法によると満員電車は「違法」 [テンプルナイツ 宮殿騎士団]
 法治国家つまみぐいさんによると、鉄道営業法 第15条に2 乗車券ヲ有スル者ハ列車中座席ノ存在スル場合ニ限リ乗車スルコト... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 19:54

» 満員電車は適法です [一法科大学院卒業生による就職活動の記録]
満員電車は違法 http://miso.txt-nifty.com/tsumami/2007/06/post_024b.html と言っている方がいるようですが、 これは誤りです(刑法総論を講義に出席してしっかり学んだ法学部学生ならその理由は分かるはずです) 満員電車は違法 の根拠は ◆ 鉄道営業法 第26条 鉄道..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 23:14

» 満員電車は「違法」なんですか(法治国家つまみぐいさん) [Clear Aether]
http://miso.txt-nifty.com/tsumami/2007/0 [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 00:04

« 新企画! 司法浪人いろはガルタ 【き】 | トップページ | 最高裁判所の地下に、コンビニがあるらしいゾ »