« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月23日 (月)

大変失礼しました …「勾留」と「拘留」

 「裁判官の爆笑お言葉集」(幻冬舎新書)にて、またしても重大な間違いが発覚いたしました。ある読者の方からのご指摘です。どうもありがとうございます。

 161ページの最後のほうですね。

主人公が容疑を否認し続けて、逮捕→拘留→起訴と、みるみる泥沼にハマっていく過程も、現実のままなんでしょうね。いやぁ、怖かった。

 

 怖いのは、こっちのほうです。 「勾留」とあるべきところを、堂々と「拘留」などと書いています。

 指摘してくださったのは、20歳の学生さんだそうです。 「法律用語は正確に記述しなければいけないと思います」と叱られてしまいました。 すみませんでした。

 

 

 いずれも「コーリュー」と発音しますし、公的機関の管理のもと、強制的に狭いところで閉じ込められる点も共通してますので、似てるといえば似てるんですけど、法学を専攻した者なら、全員が「まったくの別物」と断言するはずです。

 どう違うのかを知りたい方は、ぜひ「正義の法律用語辞典」を参照なさってください。 簡単に説明すれば、「拘留」は刑罰の一種で、「勾留」は刑罰ではなく犯罪捜査の一環ということになります。
 

 少しだけ釈明させてください。 この問題の部分なのですが、初校ゲラ(本として出す形式で最初に印刷された、修正や間違いチェックのための用紙)におきまして、私が赤の手書きで大幅に追加して入れた中に含まれていたんです。

 あらためて確認したんですが、そこで私は確かに「勾留」と書いています。

 ただ、特に間違いや入力ミスなどが起きやすいところですから、遅くとも再校(2回目の間違いチェック)の段階で、「勾留」→「拘留」となっている連絡の行き違いに気づいてなければなりませんでした。

 重大な恥ずかしいミスです。 申し訳ありませんでした。 以後、気をつけます。 刑事法の初学者の皆さんは、くれぐれも間違えて覚えないようにお願いします。

 出版から4ヵ月近くも、この間違いに気づかずに放ったらかしでしたから、「うわー、『拘留』だってよ! ダッセー! さすが司法試験挫折者!」と、ひそかにクスクス笑っておられた方がいらっしゃることも仕方がありません。 「失笑お言葉集」ですね。

 また、「おまえ、ホントに初めは勾留って書いとったんか? 言い訳クサイぜ」とお疑いの方だって多々おられることでしょう。 たしかに、今なら何とでもいえますからね。 後だしジャンケンみたいなものです。

 そこで、「自弁第1号証」を示します。
 

「裁判官の爆笑お言葉集」初校ゲラ161ページの写し

 なお、「自弁」とは、自己弁護の略です。

 「どうせオレしか見ねぇだろう」という、いい加減な気持ちが出てか、もともとのコピーがだいぶ右に曲がってましたね。 コピーのゆがみは心のゆがみ。 仕方がないので、本文の活字に合わせる形で、あらためてスキャンを録りました。

 なにも別に、バカが必死に賢いふりをしたがってるわけじゃないんですよ。 ただ、この「拘留」という間違いは、私にとって致命的。 まがりなりにも「司法ライター」を自称している人間が、ド基本の法律用語を知らん、ということになれば死活問題なのです。

 裁判官の年齢を計算間違いしたとか、車掌を運転手と書いてたりとか、そういうのとはワケが違います。

 したがいまして、「たしかに間違いは認めます。 失礼いたしました。 けれども、別に『勾留』と『拘留』の違いを知らなかったわけじゃないのですよ」ということは、この場で文字を大にして言いたいのです。 いくら見苦しくても。

 現在、書籍を執筆・出版なさっている大半の方々と違って、私は他に何か本業を持っているわけじゃありませんから。 プロです。 書くこと以外にツブシが効かない、残念な男なんです。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

奈良の都のミラクルニュース

 最近、つくづく思うんですよねー。

 自分にとって、原稿を書く以上に面白いことがありゃしない…… ということを。

 特に、好きな女の子すらいない今の生活では。

 いや、もちろん矢吹春奈は好きですけど、ありゃグラビアの人ですからね。 そういう話じゃなくて。

 世の中、本当に面白いことって、そうそうあるもんじゃないなと。 やっぱり、もともと面白いことなんか存在しない世界を、自分の手で面白く、強引に住みやすく変えていかなきゃならんのだなぁ。

 それはそれで面倒くさいなぁ。

 

 矢吹春奈ちゃんの特技がバドミントンであることは、今さら改めて言うまでもありませんが(さっき検索して知ったけど)、運動神経がいい女の子って、なんとなく注目して見ちゃいますね。

 浅尾美和ちゃんとか、上村愛子ちゃんとか。

 うん、うんうん、 単なる面食いですね!

 ま、愛子ちゃんには男がいると聞いて、一気につまんなくなりましたが、それでも涙をふいて応援するオレってケナゲ。

 スポーツができる女性には、ついつい憧れちゃいますね。

 おおぉ、自分の持ってないモノを持ってるんだなぁー、いいなぁーと感じて、オレの中の遺伝子がうずくというか…… って、気持ち悪いわ!

 

 さてさて、70%以上の訪問者がひいたところで、えー、もうすぐ陸上の世界選手権が始まりますね。大阪大会。

 開催時期が、次回作の原稿締め切りのタイミングとモロかぶりなのが、今から気になるところですが、まぁ、なんとかなるでしょう。
 

 TBS世界陸上 私の注目選手はもちろん!

 日本代表 織田裕二!

 かーんち!(以下、自主規制)



 ♪あー 子どものこーろに

 というテーマソングが、寝ぼけてるときに「子どものコオロギ」と聞こえて意表を突かれるのはご愛嬌です。 秋口の開催ですから、コオロギの歌を熱唱しても構わんじゃないですか。

 注目です。キャスターの織田裕二選手。 だって、期間中は毎日、独走態勢ですから。

 今のうちに、織田選手の「お言葉集」を復習しておきたいものです。 たぶん、この国の誰かが、今大会ぶんについても新たな「お言葉集」を作成してくださることでしょう。 楽しみにしています。

 ガキのころは気づかなかったのですが、私が興味を持つスポーツは、なぜか常に個人競技なんですよね。 チームプレーを面白いと感じる脳のレセプターが最初から無いというか。

 高校から大学にかけて、にわか近鉄バファローズファンになったことがありましたけど、あれは近鉄が好きというより、正確には、野茂やブライアントや石井浩郎のいるチームが好き、という認識でした。

 ばっちり、ドジャーズの「NOMO Tシャツ」着こんでましたから。

 誰がなんと言おうと、野茂は素晴らしい。 勇者ですよ。 野茂英雄が切り拓くまで、日本人選手が「メジャーリーグへ行く」という選択肢は裏メニューでした。

 私にとっては、ゴジラマツイ も イチロー も マツザカ も、ただ野球が上手な兄ちゃんたちです。 残念ながら、彼らは用意されたメニューを指さして選んでる男たちとしか見てません。

 野茂に対する世間の評価って、低すぎませんか?

 同じことを電気グルーヴや伊集院光に対しても思いますけど。 彼らはテレビじゃ、ネコかぶって大人しくしとるだけなのに。

 でもなー、最近の伊集院さんは、ラジオでもパワーダウンし始めていて悲しいです。 「やっぱり、パン屋のパンは美味い」とか、そんな情報求めとらんよ!

 伊集院さんは、やっぱり腸内洗浄しながらトークするのが似合います。 お願いします。

 

 さて、今回も相変わらず、注目を浴びずに消えそうになってたニュースのご紹介です。


>>> 窃盗:高2、電気自転車盗み転売 父親、知らずに購入し発覚--容疑で逮捕 /奈良

 ◇奈良西署が容疑で逮捕、家裁に送致

 スーパーマーケットで電気自転車を盗んだとして、奈良西署は奈良市内の高校2年の男子生徒(19)を窃盗容疑で逮捕した。男子生徒は窃盗の非行事実で、奈良家裁に送致された。男子生徒が盗んで転売した電気自転車を、父(49)がたまたま購入したことから発覚した。

 調べでは、男子生徒は6月4日、市内のスーパーマーケットから電動自転車1台(9万円相当)を盗んだ疑い。その後、近くのリサイクル店に転売した。父親が同月8日、同じ店を訪れて購入。防犯登録をするため、男子生徒が自転車を盗んだスーパーに行ったところ、盗難車だったことが判明。男子生徒はリサイクル店に転売する際、名前などを明らかにしていた。(毎日新聞[奈良]) 2007年7月4日

 

 んー、メイク ミラクルですね。

 盗んだ自転車を転売する際に、正直に名を名乗っちゃうとは、なんとも憎めません。

 1台の盗難チャリが結びつけた、父と息子の絆といいますか。 19歳とか、その年頃の男って、父親を敬遠するか、あるいは張り合うか、どっちかになってしまいがちですよね。

 どんな形であれ、キズナは美しいもんですよ。 たぶん。

 

◆ 民法 第192条(即時取得)
 取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。

◆ 民法 第193条(盗品又は遺失物の回復)
 前条の場合において、占有物が盗品又は遺失物であるときは、被害者又は遺失者は、盗難又は遺失の時から2年間、占有者に対してその物の回復を請求することができる。

 

 以前もどこかで書きましたとおり、民事上は、盗まれた自転車だと知らずに買い受けたとしても、盗品と見抜けなくても仕方ない状況だったら、そのリサイクルショップに自転車の所有権が移転します。 (※もっとも、盗品だと知らず、見抜けなくても仕方なかった状況については、リサイクルショップが証明する必要はありませんが)

 ただ、2年間はスーパーマーケット側から取り戻しを請求できることになっています。 もっとも、取り戻しを請求する前に、お父さんが持ってきてくれた形になりましたが。

 本件では、少年によって持ち込まれた自転車が盗まれたものだと、リサイクル店が見抜くべきだったんでしょうかねぇ。 明らかにピカピカの新品でしょうしねぇ。 ただ、防犯登録がないという1点だけで怪しむのは、ちょっと無理がある気がします。

 防犯登録するのは法律上の義務とはいえ、違反の罰則はありませんので、やらない人も決して少なくないんですよね。 特に「警察の天下り組織が潤うだけだからイヤだ」と、運転免許更新の際に交通安全協会への加入を拒む人は、自転車の防犯登録もしないのでしょう。


◆ 自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律 第12条(自転車等の利用者の責務)
1 自転車を利用する者は、道路交通法 その他の法令を遵守する等により歩行者に危害を及ぼさないようにする等自転車の安全な利用に努めなければならない。
2 自転車等を利用する者は、自転車等駐車場以外の場所に自転車を放置することのないように努めなければならない。
3 自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録(以下「防犯登録」という。)を受けなければならない。
 

◆ 同 第14条(自転車製造業者等の責務)
2 自転車の小売を業とする者は、自転車の販売に当たつては、当該自転車の取扱方法、定期的な点検の必要性等の自転車の安全利用のための十分な情報を提供するとともに、防犯登録の勧奨並びに自転車の点検及び修理業務の充実に努めなければならない。

 

>>>>>>> みそしるオススメ本
 

 古本屋……。

 今や、減ることはあっても、増えることはないような気がする商業形態。

 本を20冊売ったら「ちょうど1000円」だと言われたが、2,3冊少なかったとしても、やっぱり1000円で買い取ってくれそうな気がする店。

 商店でありながら、ビジネスやマーケティングの論理とは正反対のエネルギーで動いていそうな気がする、不思議でステキな魔力を感じる場所。

 だがしかし、希少本をめぐる独特な競争があったり、本のクリーニングには一家言あったり。 古本屋さんに独身者が多いというのは…… わかる気がする。

 「気がする」ばっかりでスミマセン。

 

 そんな古本に関する新刊本。

 渋い作りなのかな? と思いきや、

 

意表を突いて、中身はマンガ本ですよ。 

 
ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記
ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記 グレゴリ青山

おすすめ平均
stars古本屋の世界・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »