« 「ぐっとくる条例」洗い出し作業【福島県】 | トップページ | ついに受けたぜ! 自由業(フリーランス)の洗礼 »

2007年9月27日 (木)

「裁判員」制度は、もう始まっている!

 裁判員制度が、いよいよ再来年から始まりますねぇ?

 ……って、いえいえ、何をおっしゃいますやら。

 もう始まってますよ。 裁判員の制度なら。

 

 裁判官を裁く「弾劾裁判所」ってありますよね。 裁判官が何か不祥事を起こしても、裁判官という職業には手厚い身分保障がありますから、裁判所の内部で懲戒免職を決めることは許されません。

 代わりに14人の国会議員が、この裁判官を強制的に辞めさせるべきか判断するのです。 そして、

 
 

◆ 裁判官弾劾法 第16条(裁判員・予備員)
1 裁判員の員数は、衆議院議員及び参議院議員各7人とし、その予備員の員数は、衆議院議員及び参議院議員各4人とする。

 
 

 弾劾裁判所で、裁判官を裁く国会議員のことを「裁判員」と呼ぶそうです。 だから、とっくの昔に裁判員制度はスタート…… あぁ、あっ! 痛い痛い! 殴らないでください! せめてグーでなく平手でぇ!

 

 ……えー、この小ネタは、ただいま書いている「最高裁判所」の本(年内刊行予定)の原稿で、追加の調べものをしている際に見つけました。ちょっと嬉しかったです。

 いい加減に原稿を仕上げないといけませんけどねー。光文社の担当編集者さんが「面白い」と褒めてくださったので、今までにない司法系の本になる手ごたえはありますが…… 書けども書けども書き終わる気がしねぇ。

 次回作は国民審査に関する本でもありますので、福田政権が10月とか11月にいきなり衆議院解散なんか決めたら、リリースのタイミングを思いっきり外してしまいます。国民審査の時期は、解散総選挙と運命共同体ですからね。

 なので、ちょっとビクビクしながら政治ニュースを監視している、今日このごろでございます。

|

« 「ぐっとくる条例」洗い出し作業【福島県】 | トップページ | ついに受けたぜ! 自由業(フリーランス)の洗礼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

裁判員制度を裁く!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/16593982

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判員」制度は、もう始まっている!:

« 「ぐっとくる条例」洗い出し作業【福島県】 | トップページ | ついに受けたぜ! 自由業(フリーランス)の洗礼 »