« 仕事と犯罪の、ビミョーな関係 | トップページ | 福岡3児死亡 飲酒ひき逃げ事故 判決公判 »

2007年12月27日 (木)

忘れられない年

 ガキのころは漫画家になりたかった人間が、紆余曲折いろいろあって、20年後、結局は物書きという似たような職業に就くことができました。

 デビュー作を全国各地の大勢の皆さんに読んでいただき、幅広くご意見をうかがうことができました。

 テレビ番組にも出させてもらいましたし、裁判官の皆さんの前で講演なんてやっちゃいました。

 今まで縁など持てなかったはずの人々と、たくさん知り合うことができました。

 都心のマンションにも引っ越せて、霞が関の東京地裁へ出かけるにも、隼町の最高裁へ向かうにも、地方へ取材に飛ぶにも、本当に便利な立ち位置につくことができました。

 幸せ者ですね。

 去年と変わらないのは、彼女がいないことぐらいです。 ハイ、引きずり過ぎです。

 私にとって、2007年というのは、一生忘れられない年になりました。支持してくださる方も、ご批判をくださる方も、本当にありがとうございます。

 まー、「忘れられない年」とかナントカ言いながら、たった今、「忘年会」に呼ばれて帰ってきたところなんですけどね。

 司法試験受験生を支援するベンチャー企業「MORE SELECTIONS」の飲み会にお招きいただきました。 ワケあって、私が到着したのは1次会も終わりに近づいたころだったんですが、ちゃっかり本の宣伝もさせてもらいまして、2次会ではガッツリ参加させてもらいました。

 1次会が済んだら、女性の参加者が全員帰ってしまって、そこはちょっと(かなり?)ガッカリでしたが、沖縄料理の店において、男同士でかなり有意義な話ができましたね。

 これからの弁護士は、法律だけ知っていてもダメなんですね。ちゃんと実社会のリアルな動きを肌で感じた人でないと任せられないと思います。

 法学部を出た人間の悪いクセで、「お金のことが、考えから抜け落ちがち」という弱点があります。

 もちろん、社会的立場が弱い人々の味方をしようとする熱い気持ちも大切ですし、「親方日の丸」で権力の担い手になるのも結構なんですが……

 たとえば、経済・経営の流れを踏まえて、どういうふうに弁護士活動を継続・拡大させていくかという視点がないと、せっかくの気持ちが空回りしてしまう懸念はあるでしょうね。

|

« 仕事と犯罪の、ビミョーな関係 | トップページ | 福岡3児死亡 飲酒ひき逃げ事故 判決公判 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/17489910

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられない年:

« 仕事と犯罪の、ビミョーな関係 | トップページ | 福岡3児死亡 飲酒ひき逃げ事故 判決公判 »