« オーストラリアの大地が育んだ、トホホな強盗 (裁判官のお言葉つき) | トップページ | オバマ市がオバマ氏支持 (早口言葉) »

2008年2月 4日 (月)

気になった裁判ダイジェスト【1月5週】

■ とある窃盗事件 〔1月29日 東京地裁〕

 

 刑務所を出た翌日に自転車を盗んだという、身寄りなき50代の男。

 当時の所持金は約3500円。犯行動機について「遠距離を移動するのに荷物を運ぶために盗った。自転車はゴミだと思っていた」と供述。

 どの程度の荷物なのか問われ、「ボストンバッグを1個」と答えたため、「それは着替えの類ですか? じゃあ、2~3キロといったところですね」と裁判官にツッコまれる。

 弁護人からの質問には、マジメそうに答えている。決して刑務所に入りたい目的で盗んだのではなく、保護会に行って働こうと思っていると何度も繰り返す。

 一方、検察官からの反対質問に対しては、ぶっきらぼうな口調に。「前刑のときに、工場長が残業代払ってくれなかった」と、本件と関係ないことを繰り返し。「その弁解はもう終わりね」と、たしなめられる。

 どんな仕事に就くのか? という質問には「向いている仕事があればやりたい」と答えるも、今までの人生でまともに続いた仕事は無い模様。

 【 被告人の最終陳述 】
  「まず、工場長が残業代払ってくれなかったのが、今でも納得いってないこと、そして、裁判長が刑務所に入れるつもりなら、こんどは沖縄の刑務所が良いです」

 

 

■ とある窃盗事件  〔1月30日 東京地裁〕

 スーツ姿の34歳の男が出廷。自信ありげな立ち振る舞いで、えらく歯切れよいハキハキした口調。 会社員であるというが、電車内(東京メトロ東西線)でスリをはたらいて捕まっている。

 車内の座席に座っていると、前に立っていた若い女性のカバンから、財布がのぞいていたため、隙を見て抜き取ったのだという。

 被害女性が気づき、「財布がない!」声を上げると、被告人は「みんな足を上げて、下を探して」と指示しながら、急に次の駅で下車。

 女性が追いかけ、駅員を呼ぶが、とたんに暴れだし、その駅員に対して、柔道技の大外刈りをかけて転倒させ、めがねを壊すなどする暴行。強盗罪に切り替えられていてもおかしくない事件である。

 暴れたことについては「あまり覚えていない」といい、大外刈りについては「ケガを負わせるつもりはなかった。 柔道の心得があるので、しりもちをつかせる程度に調整した」と主張したため、検察官から「記憶がないほど暴れていたのに、そこだけ冷静だったんですか?」と、矛盾を指摘される。

 犯行動機については「妻が難病にかかって心配だった。職場では昼メシも食べられない忙しさで、しかも経済的に困窮していた。自分の弱さに勝てなかった」と供述。

 しかし、検察官から、東京近郊にマンションを購入しており、200万円の自家用車も売り払っておらず「それで困窮するのは当然ですよね」と指摘され、返答に詰まる場面も。

 被害弁償もしておらず、めがねを割った駅員に謝罪すらしていないことについて、「保釈条件である『東西線の利用禁止』が切れてから行こうと思っていた」とテキトーに答えたため、「別に地下鉄でなくても、クルマで行けばいいでしょう」と、さらにツッコまれていた。

 【 被告人の最終陳述 】
  「私、思いますに、もう一度、私に再スタートのチャンスを与える判決をくださってもいいのではないかと思います(涙)」

 

 【 即日判決 】
  懲役1年6カ月 (4年間の執行猶予)

 

 裁判官 「あなたの法廷での話を信じて、執行猶予の判決としました」

 

======================================================================

 閉廷後、一般待合室で座っていると、執行猶予を言いわたされたばかりの被告人が、弁護人とともに入ってきた。

 弁護人 「ふつう、相場は執行猶予3年だよ。 4年にしたのは、実質的に処罰する意図だね」

 被告人 「ホントですよね。 あの裁判官、ひどいですよ! 『私はケンカするときは、いつも冷静なんだ』って検察官に反論しようと思ってたんですけど、言っとけばよかった」

 

 私はただ傍聴していたにすぎない立場だが、えらく傷つけられた気もした。 あの被告人は、妙に演じたり強がったりしていたのが鼻についたが、あそこまで露骨に「たねあかし」をされると萎える。

 刑事裁判の法廷で、虚勢を張ったり演技をしたがる人間は いったい全体の何割ぐらいいるのだろう。

|

« オーストラリアの大地が育んだ、トホホな強盗 (裁判官のお言葉つき) | トップページ | オバマ市がオバマ氏支持 (早口言葉) »

裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕」カテゴリの記事

コメント

いつも興味深く読ませてもらっています。

1月30日の窃盗事件、検察官による被告人質問の途中から傍聴しました。閉廷後にそのようなやりとりがあったとは興味深いです。

それにしても、「お言葉集」の著者写真を見ていながら、傍聴席に長嶺さんがいらっしゃることに気づかなかったのは不覚でした。

投稿: 恒点観測員342号 | 2008年2月 5日 (火) 17:28

>恒点観測員342号さま

 
コメントありがとうございます。

なるほど、私と同じ法廷を傍聴していた方が、ブログを見てくださっている場合もありえますね。 これはまさに運命ですね? (いやがらないでください★)

裁判傍聴に際して、特に変装等はしておりません。 人見知りなヤツなので、声をかけても素っ気なかったらすみません…。

投稿: みそしる | 2008年2月 5日 (火) 20:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/17956195

この記事へのトラックバック一覧です: 気になった裁判ダイジェスト【1月5週】:

« オーストラリアの大地が育んだ、トホホな強盗 (裁判官のお言葉つき) | トップページ | オバマ市がオバマ氏支持 (早口言葉) »