« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月22日 (火)

「ぐっとくる条例」洗い出し作業【群馬県】

 最近、「裁判官の爆笑お言葉集」を読んでくださった一部の方から、私は「死刑存置派・厳罰派」の「右寄り」だと思われたりしているようです。

 右寄り左寄りはともかく、「死刑執行の署名は法律通りに行われない」とか「オウム松本智津夫に対する裁判所の結論は、弁護団が何をどうこねくり回しても動かしようがない」などは、いちおう事実に沿って説明を行ったまでです。

 前作では説明スペースが1ページずつでしたから、基本的に、自分の意見を出すよりも、客観データを提示することに徹したんですよ。

 そういえば、このブログで、だいぶ前に「死刑は、社会防衛のために私たちが引き受けるべき罪だ」みたいなことを書きましたが、そこでも「こんな刑罰、無いに越したことはない」とも付け加えたとおり、基本的には死刑制度に消極的・懐疑的です。

 

 光市事件で、ついに死刑判決が出ましたね。

 それにしても、おととし、被告人の出てこない最高裁弁論の傍聴希望者が約70人でしたよ。 まぐれで傍聴券を当ててみたところで、弁護人が「お休み」して10分で終わったため、フタを開ければハズレクジだったんですが。

 そして本日、被告人の出頭する差し戻し控訴審判決の傍聴希望者、なんと4千人近くにのぼったというから驚きです。

 皆さん、そんなに人殺しに死刑判決がくだされる様子が見たいのでしょうか。 別に趣味の問題だからいいのですが。

 

 ただ、人をふたり殺して、死刑を科す。 おかしいですよね。

 自分のしでかしたことに対する落とし前は、どう付ける気でしょう。

 謝罪は? 反省は? 償いは?

 そいつが命を絶たれたところで、何がどうなるというのでしょう。 2人の死を、1人の死で償おうなんて、どう繕おうと無理が生じるに決まってます。 傲慢きわまりない。

 私は、「どんな理由があろうと、人を殺めることは許されない」とか、非人道的だとか、憲法36条に反するとか、そういう論拠で死刑制度にツッコミを入れているのではありません。

 むしろ、「死んでオシマイで、それでいいの?」と思っているのです。

 彼に対する処遇として必要なのは、「生かし続ける」ことではないでしょうか。 前にも書きましたが、現世で大きな過ちを犯してしまった人間にとっては、「死」よりも「生」のほうが辛かろうと考えるからです。

 生き続けることが極刑ではないか、と思いはじめています。

 犯罪被害者・遺族が死刑を求めているから、私は命をもって償う。 ……とんでもない思い上がりです。

 少なくとも被害者から恨みを買っている間は、どうか現実から目をそむけずに生きていただきたい。

 そして、自分の過ちを総括し、「一時の快楽で人を殺めても、何も生まない」ということを、同じような境遇の者に対して生きるヒントを与える「かたりべ」になったりできれば、わずかな社会貢献となるでしょうか。

 もっとも、そこまでうまくやれなくても、ただ生きているという事実が、私たちに警句・戒めをシンボリックに投げかける存在となりえます。

 重大な過ちを犯した人間こそ、すべてと向き合うべく、腹いっぱい長生きしてください。

 そのために、毎日ちゃんとバランスよく栄養を摂取し、十分な運動・睡眠を心がけてください。 拘禁ストレスを解消するプログラムも受けてください。

 

 そもそも、「生きている死刑囚」が100人以上いるのに、年間の執行数は、数人というオーダー。

 心身に支障、再審開始請求中などの事情が死刑囚にあれば、執行リストから外れるらしいのです。 そのため、裁判所が死刑判決を出しても、その多くがなかなか執行されず、「渋滞」しているのが実際のところです。

 こんな現状で、死刑という刑事罰の威嚇力やら犯罪抑止力などを議論したところで、へのつっぱりにもならん空論にしかなりえないといえるでしょう。

 できっこない刑罰なら、サッサと止めることも視野に入れていいのではないでしょうか。

 

 かの凄惨な事件が起こってしまった、山口県光市ですが、その街には同時に「おっぱい都市宣言」という素晴らしいコンセプトが根底に流れています。

 さぁ、またまた地方条例をめぐる旅に出かけましょう。 あいかわらず強引な導入ですみません。

 条例から、ニッポンが見えるか!?

 今回は、群馬県の「なんじゃこりゃ条例」です。 ちょっぴり収穫が少なくて残念でした。



====================



○群馬県 ぐんま星空憲章

平成11年10月28日
告示第626号
ぐんま星空憲章を次のように定める。
(できれば、青空も曇り空も見ようね!)

わたしたちのふるさとぐんまは、自然に恵まれ、夜空にはたくさんの星がかがやいています。
人々は、星をながめて詩(うた)をつくり、流れ星に願いをかけ、宇宙への夢をはぐくんできました。
そして、遠い宇宙からの光によって、地球がかけがえのない星であることを知りました。
いま、わたしたちは、たくさんの人工の光で、夜も安全に活動することができます。
わたしたちは、先人の努力で発展してきた産業の恵みを受けているのです。一方で必要以上に強い光は、美しい星の光をさえぎり、産業の活動や便利になった生活の営みは、限りある資源を浪費し、かけがえのない地球の環境をそこなうことがあるのです。
星は宇宙の中で処(ところ)をえてかがやき、そこでは長い間かかって生物の生きながらえる環境が整(ととの)えられてきています。
わたしたちは、豊かな自然の象(しょう)徴(ちょう)であり財産でもある美しい星空を守り、地球をより住みやすい環境に保ち、未来をになう次の世代に引きついでいく努力をすることを誓い、ここに、ぐんま星空憲章を定めます。
1 見よう、星空を
1 きれいにしよう、星空を
1 伝えよう、うつくしい星空を

 

 

○群馬県 尾瀬憲章

昭和四十七年五月十一日
告示第二百九十二号
(はるかな おぜ~♪)

群馬県尾瀬憲章を次のように定める。
群馬県尾瀬憲章
尾瀬は、自然の偉大な恵みによつて生まれ、自然界の厳しゆくな法則のもとに、すぐれた原始的景観を保つてきた。
高層湿原をいだく美しい自然は、ここに生育する動植物とともにきわめて高い学術的価値を有している。
この貴重な尾瀬の自然は、祖先から受け継いだとうとい共有の遺産であつて、これを国民の宝として大切に保護し、後世に伝えることは、われわれの責務である。
ここに、われわれは、尾瀬の自然の美しさを愛し、そのとうとさをいつそう深く認識し、厳正な保護と秩序ある利用のもとに、国民の願いをこめて尾瀬の自然を守ることを誓う。
一 尾瀬を訪れる人は、その自然を愛そう。
一 尾瀬に接する人は、その利用に責任を持とう。
一 尾瀬を尊ぶ人は、その景観を破かいから守ろう。
一 尾瀬に親しむ人は、その豊かな恵みに感謝しよう。
一 尾瀬に誇りを持つ人は、その美しさを後世に伝えよう。
尾瀬を後世に伝えることは、県民あげての願いである。

 

 

○群馬県 群馬県における農薬の適正な販売、使用及び管理に関する条例
  平成14年10月11日

<前文>
 人は食べて生きている。
 食物は人の健康に影響を及ぼす。
 したがって、農産物がどのようにして生産され、流通を経て消費者の口に入るか、我々は高い関心を持つ。
 農産物は品質的に優れ、かつ、安全なものでなければならない。
 群馬県は食料の生産、供給県であり、その使命を果たす。
 食料に関係する人々はすべてこのことを自覚し、特に農薬の適切な使用について万全の注意を払うためこの条例を制定する。

 

 

○沼田市 準市民制度運営要綱
平成13年3月30日
告示第21号
(準市民と呼ばれて嬉しい人が、どれほどいるのかナゾ)

(目的)
第1条 この制度は、本市出身の県外在住者等との様々な情報交換や交流を図ることにより、市民はもとより、沼田を郷土とし、沼田を愛する多くの人々がきずなを深め、“ふるさと沼田”の更なる発展に資することを目的とする。
(定義)
第2条 この要綱において「準市民」とは、次条の規定に該当する本市出身の市外在住者等で任意に準市民登録をしたものをいい、何ら法的な根拠に基づくものではない。
(登録対象者)
第3条 準市民登録の対象者は、本市出身又は本市に居住した経験を有し現に市外に在住する者とする。
2 市長は、前項の規定に該当しない者であっても、本市とのゆかりやかかわりがあると認められ、準市民登録を希望する者については、登録対象者とすることができる。
(登録の手続)
第4条 準市民登録は、市で保有する準市民名簿に氏名、住所、生年月日その他参考となる事項を掲載することにより行うものとし、口頭、郵便、電話その他適宜の方法で差し支えないものとする。
(制度の運営)
第5条 市長は、準市民制度を推進するため、次の事業等を行うものとする。
(1) 準市民の帰郷機会の創出
(2) 準市民と市民又は準市民相互の交流機会の創出
(3) 市の刊行物等の送付による情報提供
(4) その他市長が制度の目的に即して必要と認める事業
2 準市民制度は、交流会の出席負担金等一部の実費負担を除き、無料とする。
(制度の普及及び啓発)
第6条 市長は、準市民登録者の拡大を図り、準市民の輪を広げていくため、定期的な制度の周知・普及及び登録の啓発に努めるものとする。
(その他)
第7条 この要綱に定めるもののほか、準市民制度の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

 

 

○沼田市 善行青少年顕彰基金管理条例
昭和57年3月18日
条例第16号
(青少年よ、善い行いを!!)

(設置)
第1条 青少年の健全育成を図るため、善行青少年の顕彰を行うことを目的とし、沼田市善行青少年顕彰基金(以下「基金」という。)を設置する。
(基金)
第2条 基金の額は、430万2,149円とする。
2 青少年の健全育成を図る目的をもって寄附されたものについては、基金に追加して積立てをすることができる。
3 必要があるときは、予算の定めるところにより基金に追加して積立てをすることができる。
4 前2項の規定により積立てが行われたときは、基金の額は、当該積立額相当額が増加するものとする。
(管理)
第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。
(運用)
第4条 基金の運用から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して善行青少年の顕彰に必要な費用に充てるものとする。
(処分)
第5条 基金は、第1条に規定する事業の財源に充てる場合に限り、全部又は一部を処分することができる。
(委任)
第6条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

 

 

○館林市 つつじオーナー制度実施要綱

平成14年10月29日
館林市告示第70号

改正   

平成17年12月12日告示第76号

館林市つつじオーナー制度実施要綱(平成12年館林市告示第5号)の全部を改正する。
(目的)
第1条 この要綱は、花を活かしたつつじの町づくりを推進するために、つつじを守り育て、開花期には市内につつじの鉢を設置し、まちをつつじで飾ることにより市民参加による潤いのある市政を実現することを目的とする。
(実施主体)
第2条 この制度の実施主体は、館林市とする。
(定義)
第3条 この要綱において「オーナー」とは、この目的に賛同する個人、企業、団体等で市からつつじを購入し、市に肥培管理を委託し、開花に応じて市長の指定する場所につつじを設置するものをいう。
(申込み)
第4条 オーナーを希望するものは、館林市つつじオーナー申込書(別記様式)により、市長に申し込むものとする。
(オーナーの期間)
第5条 オーナーの期間は、2年とする。
(実費の徴収)
第6条 市長は、つつじの鉢植え13号鉢1鉢につき、3,000円を徴収する。
(オーナーの表示)
第7条 市長は、鉢ごとにオーナーの氏名等を表示するものとする。
(寄附の申出)
第8条 オーナーは、管理の期間を経過したつつじを市に寄附することができる。
2 オーナーは、期間満了までに実費の全部若しくは一部を支払わないときは、市へつつじの寄附をしたものとする。
3 市長は、前2項により寄附を受けたつつじを公共機関等に植栽するものとする。
(委任)
第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

 

 

○富岡市 富岡製糸場のユネスコ世界遺産登録に関する決議
平成18年9月29日
告示第166号
(がんばれ、まちおこし)

富岡市には、明治5年に政府が威信をかけて創設した製糸場が往時の姿を変じることなく保存されている。その主体は木骨レンガ造という他にあまり類例のない建造物群である。
明治政府は、殖産興業政策を進展させるため幕末期からわが国の主力輸出品であった生糸の「品質向上」と「大量生産」を目途とした洋式器械製糸場の建設に力を注いだのである。その指導者としてポール・ブリューナを首長とするフランス人の男女技術者を雇い入れ操業開始した。
洋式技術の習得と器械製糸場の設立ということを主目的とした富岡製糸場は、予期していたとおり全国各地に大きな影響力を及ぼし、これらが要因となって明治期末にはわが国は世界第一の生糸輸出国となり、これを基礎としてわが国の近代化が進展した。
官営の払下げ後も堅牢かつ大規模な建造物群が同じ製糸場としての役割を果たし続け、その継続的実績は、わが国の「近代産業発祥の原点」であると同時に今日の「工業立国の原点」であり、さらに生糸を通してアジアやヨーロッパ諸国に大きな影響と貢献をしてきたことは紛れもない事実であり、その功績は高く評価すべきである。
現在、富岡製糸場は、各方面から産業近代化遺産として大きく注目されている。富岡市と群馬県では、これを核として「養蚕・製糸・織物」というシルク産業を構築し、ユネスコの世界遺産登録を目指したさまざまな取り組みが行われている。
こうした中、中核をなす富岡製糸場の世界遺産を目指す手続きと運動は、昨年来よりの国指定史跡、建造物群及び敷地の富岡市への移管、さらには創業当初の建造物群が国指定重要文化財に指定されるなど順調に展開されている。これらを基盤として本年度後半には世界遺産国内暫定リスト登載に向けて最大の山場を迎えることになる。
富岡市議会は、高い歴史的・文化財的価値を保有する富岡製糸場のユネスコ世界遺産登録に向けて、市民と強い連携を図りながら、市当局はもちろん、国や群馬県並びに関係市町村、関係団体等の機関に働きかけを行い、その目的実現に向かって積極的に取り組むことを決議する。
平成18年9月26日


○東吾妻町 富永一朗あづま(吾妻)漫画廊の設置及び管理に関する条例

平成18年3月27日
条例第165号
(お笑いマンガ道場!!)

(趣旨)
第1条 この条例は、東吾妻町富永一朗あづま(吾妻)漫画廊(以下「漫画廊」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。
(設置)
第2条 美術に関する町民の知識及び教養の向上を図り、文化の発展に寄与するため漫画廊を設置する。
2 漫画廊の名称及び位置は、次のとおりとする。
名称 東吾妻町富永一朗あづま(吾妻)漫画廊
位置 東吾妻町大字奥田39番地1
(業務)
第3条 漫画廊は、次に掲げる業務を行う。
(1) 富永一朗画伯の漫画・図書等を収集し、保管し、及び展示すること。
(2) 美術に関する講演会・講習会等を開催すること。
(3) 前2号に掲げるもののほか、漫画廊の目的を達成するために必要な業務
(管理)
第4条 漫画廊は、東吾妻町が管理する。
(委任)
第5条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

 

 

○ 片品村「尾瀬の日」条例

平成19年9月18日
条例第27号
(趣旨)
第1条 国民の財産である貴重な尾瀬の自然を、将来にわたりこれを守り後世に伝えるのはみんなの願いです。
尾瀬の郷片品村民は、恵まれた自然をいつくしみ感謝する日として片品村尾瀬の日(以下「尾瀬の日」という。)を定める。
(尾瀬の日)
第2条 尾瀬の日は尾瀬国立公園指定日の8月30日とする。
(委任)
第3条 この条例の施行に関し必要な事項は、村長が別に定める。

 

 

○板倉町 合同金婚式等実施要綱

平成15年10月29日
告示第62号
(合同結婚式なら聞いたことが……[以下略])

(目的)
第1条 この告示は、結婚後50年又は60年を迎え、長年にわたり共に手をとりあい、家運の隆昌及び地域社会発展のため尽力された夫婦を慶祝し、もって高齢者福祉の増進を図ることを目的とする。
(対象夫婦)
第2条 慶祝の対象夫婦は、次のいずれかに該当し、当該年の4月1日から町長が別に定める慶祝を行う期日まで継続して板倉町に住所を有し、かつ居住している夫婦とする。
(1) 戸籍法による婚姻の届出をした年から婚姻期間が満50年(以下「金婚式」という。)を迎える夫婦
(2) 戸籍法による婚姻の届出をした年から婚姻期間が満60年(以下「ダイヤモンド婚式」という。)を迎える夫婦
(申出)
第3条 前条に該当する夫婦は、ダイヤモンド婚式・金婚式を迎える夫婦申出書(別記様式)を、町長が別に定める日までに提出するものとする。
2 前号の申出漏れを防止するために、老人クラブ及び民生委員等に協力を依頼するとともに、町広報紙等を活用し、広く町民に対し周知するものとする。
(慶祝の期日)
第4条 慶祝の期日は、毎年、町長が別に定める。
(慶祝の方法)
第5条 慶祝は、合同祝賀会を開催し、慶祝状及び記念品を授与して行う。ただし、ダイヤモンド婚式の夫婦には祝金を贈ることができる。
(その他)
第6条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

 

 

○千代田町 人にやさしい美しいまち宣言
平成6年9月28日
告示第57号
(なんか、理由もなく「ごめんなさい」って謝りたくなる迫力)

「一人ひとりがみんな幸せになりたい。」「人間らしく生きたい。」
この願いが私たちの生きがいや生きる喜びにつながります。
かつて私たちの祖先は、ひたすら自然を愛することで、その恵みを受ける農耕の民であったに違いありません。そこにはお互いに助け合うことの尊さと自然への思いやりが息づき、人と人、人と自然との営みが理想的に展開されていたことが想像されます。
私たちは、この人と人、人と自然との信頼関係を大切に、同和問題をはじめとするすべての差別をなくし、人と自然への思いやりに満ちたまちづくりを進めることを誓い、ここに「人にやさしい美しいまち」を宣言します。
(1) すべての差別をなくし、人権を尊重するまちをつくります。
(2) 福祉をひろめ、思いやりのあるまちをつくります。
(3) 小さな善意を積み重ね、心豊かなまちをつくります。
(4) 健全な青少年をはぐくむ、健康なまちをつくります。
(5) 自然を大切にし、清潔な美しいまちをつくります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

幻冬舎新書 in ローソン

Photo 

 うちの近所にあるローソンの店長さんに許可をとり、(チョイ怪しまれたので、名刺を渡して)1枚撮ってまいりました。

 これからちょっと、弁当買いに行きづらくなった?(←自意識過剰)

 

 ただいま、コンビニエンスストア、ローソンの、東京・大阪(その近郊ふくむ)にあるチェーン店に、期間限定で幻冬舎新書が乗り込み鎮座しております!

 このラインナップは、きっと売り上げ上位の4つですね。 それぞれ3冊ずつ置けるようになってるんですが、紳助さんのご著書が、早くも1冊なくなってました。 いいなぁ~。

 お言葉集はですね……、手前の1冊につき、お客さんがいっぺん立ち読みして戻しているような形跡がありました。

 「裁判官」と「爆笑」という、両キーワードの絶妙なギャップに惹かれて手に取り…… パラパラめくってみたうえで、結局は「やっぱ別にイイわぁ」という判断がくだったのでしょう。 ぐっすん。

 まぁ、この1年間、全国の本屋さんの売り場で、何十万回か何百万回か知れませんけど、そういった「買うまでもない」とのシビアな判断が静かに繰り返されていたんでしょうねぇ。

 読んで何かの役に立つ本ではないので、やっぱり難しいなぁ。

 「お言葉集2 (仮)」では、どうやったら皆さんに購買動機を持っていただけるか、けっこう真剣に考えてますが、うだうだ考えすぎて、ただいま原稿の一部箇所を消して書き直し中です……。

 すみません、幻冬舎さん。 お待たせしてます。

 
 

>>>>> おすすめブログ
 

 ふつうに世間から弁護士と間違えられてしまう国家資格の筆頭。

 アイデアやブランドなどをつかさどる、知的財産権の守護神…… それが「弁理士」という職業です。

 そんな弁理士のひとりが、内に外にツッコミを入れまくる!

 

  ある弁理士の本音

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »