« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月24日 (月)

通称「ツミダス」

20081122060115  

 たぶん潜在的な需要はあるのに、なぜか今まで誰も作らなかった“罰則の事典”を、少しだけ本邦初公開してみます。

※本文が見えすぎているので、写真全体を加工処理する判断をさせていただきました。雰囲気だけ感じてください。(2008.11.28)

 少しでも罰則の全体像を知っていれば、これまで毎日のように漫然と受け取っていた、犯罪に関するニュースや新聞記事が、スッキリわかって、腑に落ちるようになりますよ。

 

 今回のプロジェクトは、「六法全書のビジュアル化」でございます。 いかがでしょうか? 

 「窃盗罪(刑法235条)」と書かれている下にあるのは、アイコンです。

 手錠アイコンは、逮捕状なしで緊急逮捕ができることを示しています。 まぁ、それでも事後承諾で逮捕状はとらなきゃいけないんですけど。

 告訴状アイコンは、被害者が告訴しなければ裁判に持ち込めないこと(親告罪)を示しています。 同居していない兄弟や親戚のものを盗んだ場合は、被害者が告訴しなければ罪には問われないのです。

 大きく「7」と書いてあるのは、犯行から7年で時効にかかることを示しています。

 

 その下では、犯行の主体と客体などの状況をイラストで図示しています。

 そして、一番の売りは「法定刑グラフ」ですね。 これはおかげさまで、出版社内の一部で評判が良いです。

 じつは、司法試験受験の2年目あたりで、個人的に似たような刑法ノートを作ったことがあったんです。

 労力のわりに得点アップにつながらないので、あっさりやめたのですが、まさか、その10年後に商品化することになるとは……

 

 当時の私には予想できるわけありません。 これでも敏腕弁護士になるつもりだったので(大恥)。

 このほかにも、法律相談本のパロディで、Q&Aコーナーも入れてみました。

 ・ 「死に神からもらったノートに、他人の名前を書いて殺害するのは、殺人罪ですか?」
 ・ 「お笑い芸人の一発ギャグに、著作権はありますか?」
 ・ 「隣の庭に核ミサイルがあるのですが、どうすればいいでしょう?」 などなど。

 たしかにふざけてますけど、弁護士さんの法律監修も受けていますので、内容はたしかです。

 まぁ、そういう種類の読み物を、天下の小学館から刊行してもらえることになりました。

 おかげさまで、ナガミネ4冊目の著書です。

 罪が簡単にひける新型事典ということで、タイトルは「ツミダス」にしたかったのですが、なんと! NGが出ちゃった模様です。

 「イミダス」を出していた集英社と小学館とは、兄弟みたいな出版社だと認識していた私は「ギリギリ大丈夫じゃないかな~」と思っていたのですが、そんなに世の中あまくありませんでした。

 正式な書名は…

 罪と罰の事典 ~ 「裁判員時代」の法律ガイド

 

 

 小学館から、来年2月20日(金)に、定価1800円(+税)で発売予定でございますよ。

 今から書店に予約しても、「はぁ?」と迷惑がられるだけですので、しばらくお待ちください。 それまでどうか忘れずにいてください。

 

 本当は「法律や裁判に興味を持とう!」とか、「面白さには自信があります!」というふうに、のんきでアットホームな売り文句にしたかったのですが、そうも言っていられません。

 これは、来年から始まる裁判員制度を、モロに意識した本でもあります。実際、あなたが法廷で、誰かに刑罰を宣告するかもしれない。 そんな大変な時代が、すぐそこまで来ています。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »