« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月20日 (土)

良い意味でのあきらめの悪さ ― Perfume

 水曜日に、赤坂のTBSへ、「新知識階級クマグス」の収録に行ってまいりました。 V6と竹内香苗アナと、ナマで話してきました。

 この番組でいう「クマグス」とは、粘菌研究の先駆け、第一人者として知られる南方熊楠の名から採られていて、誰も注目していないニッチ分野の研究に異常な情熱を捧げる人に向けられる称号ともなっています。

 私は僭越ながら「裁判官のクマグス」と呼ばれちゃいました。えへ。

 関東地区では、来年の1月30日(金)深夜24:40~25:30に、放送予定です。

 あくまで予定なので、変更があるかもしれません。

 

 番組で、V6の岡田さんから「裁判官は全国で何人ぐらいいるんですか?」という質問を受けました。

 「3500人ぐらいです。だいたいNHKホールの収容人数と同じなので、紅白歌合戦のときに客席を見ればいいかも」と、回答を返したら、イノッチさんから「わかりやすい」と褒められちゃいました。てへ。

 えーと、たしか弁護士人口は、約2万5000人ですか。だったら、日本武道館公演(2days)ぐらいのキャパシティでしょうか。

 

 そして、今年の紅白歌合戦と、武道館公演といえば、Perfumeですね。

 なぬ? パフュームご存じない?

 いったい今まで、どこに山ごもりしてたんですか。 おかえりなさい。

 

 去年、公共広告機構やNHKのリサイクル推進CMにて、テーマソングとなった「ポリリズム」を世に広め、一躍大ブレイクを果たした、20歳の女性3人組。

 近未来っぽいピコピコしたサウンドに、妙に熱く切ない内容の歌詞を組み合わせた曲が特徴的。ダンスも斬新で定評があります。

 正直、最初テレビで見かけたときは、「なんじゃこりゃ」としか思わなかった私。

 完全に、理解の範疇を超えていたんですね。

 

 しかし、この子たち、あなどれません。

 小学校時代に、広島のパフォーマンススクールで出会い、地元でデビューし、上京し、ここまでの高い評価を獲得するまでに「苦節8年」かかったというじゃありませんか。

 小さなイベントやお祭りを盛り上げるなど、地道で細かい活動を続け、ようやく花開いたんですってね。

 そんな事実を今ごろになって知り、完全に見る目が変わりました。

 「よー頑張ったのぉ~!!」

 「ええ娘たちや!」

 手のひら返しで、好感度が一気に急上昇して、目頭が熱くなったオジちゃんは、思いっきり応援したくなりました。

 もし、Perfumeの3人が、どこぞの「ポッと出」だったら、悪いけど見向きもしてなかろうと思います。

 ああいう調子のデジタル感覚ポップを、たとえばクールなファッションモデルみたいな印象のムスメたちがスマートに披露するというのは、もはやイメージ的に当たり前で、結構つまんないと思うんですね。

 無機質な楽曲に乗せて、素朴で温かいパーソナリティを持つ女の子たちが、懸命に歌って踊るから、それが新感覚で楽しい。

 新曲の「Dream Fighter」も、爽快で気持ちいいですね。

 いや~、彼女たちのパフォーマンスを観ながら「こういう可愛らしい妹がいたらなぁ~」と思ったり。

 こんなこと書いたら、実家の妹に横腹蹴られますね。

 

 そして、先月の武道館公演の模様が、昨日、NHKのBSハイビジョンで放送されました。 素晴らしい!

 ホントに売れてよかったのぉ~!

 たまに、売れ線の音楽を網羅的にバカにする人がいますけれども、売れないよりは売れたほうが絶対にいいじゃないですか。

 それだけ、たくさんの人を喜ばせて、世の中に貢献してみせたのです。

 売れれば制約も出てきますが、それを上回る可能性も広がります。

 

 こないだ、Perfumeのアルバム買いそうになりましたもん。

 まぁ、買いたきゃ買えばいいんですが、ちょっとだけ、こっぱずかしいですよね。 ある意味で、エロ雑誌買うより恥ずかしくないですか?

 それはともかく ……どうして恥ずかしいんやろう。 照れる必要ないですよね。

 彼女たちの活動を本気で支援するなら、CDを購入すべきなんですよね。

 

 不肖この私、大学卒業後に司法試験浪人(フリーター・ニート)を、ズルズル7年を続けちゃうという、恥ずかしい古傷を持っています。 中途半端なプライドがアダとなりました。

 さらに、派遣バイトと並行しながら、勝手にライターとして活動するも、数々の出版企画がボツとなり、いろいろ迷走し、デビュー著書を出すまで結局3年近くかかってますからね。

 なので、こういう個人的な汚れた「黒歴史」を、Perfumeちゃんの下積み時代と重ね合わせて見てしまいます。

 まぁ、その「黒歴史」が無かったら、現在の状況も無いわけですが…。

 

 聞くところによると、奥田民生さんもPerfumeの音楽性やパフォーマンスを高く評価しているようです。

 だったら間違いないですが、もっとすごい新曲つくってくださいよ、民生さん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

裁判所の金属探知機が!

 

次の書籍の仕上げ作業も、おかげさまで山は越えました。

 いや~、えらくデカイ山で、しんどい目に遭いましたな~。

 自分で設定した山だけど。

 担当編集者はベテランで、非常に手際がよく、話もわかる方ですが、それでもこの企画に関しては、いろいろと悩ませ、かなりお手をわずらわせてしまいました。

 ごめんなさい。 著者がワガママなもので。

 

 最初に「犯罪事典をつくりましょう」と言い出して、もうすぐ2年が経とうとしています。

 長かった~。 しみじみ。
 

 表紙のデザインもできあがりつつあります。

 扱っている題材のわりに、かなり爽やかな見た目になりそうで、ギャップが効いていますよ。 いまから完成が楽しみ。

 

 というわけで、ちょっとした解放感のなか、久しぶりに裁判傍聴へ行ってまいりました。 なんと、1カ月チョイぶりです。

 霞が関の裁判所合同庁舎(東京高裁・地裁・簡裁)には、入口にガッツリ、金属探知機と、手荷物のX線検査マシーンが用意されており、いつも利用者の行く手を阻みます。

 

 で、

 キンコーン……♪

 

 なんと、私としたことが、引っかかってしまいましたぜ!

 

 いったい何を見つけたんだ? 金属探知機よ!

 オレさまのハガネの肉体にでも反応したか?
 

 残念ながら違いました。

 ポケットに入ってた50円玉1枚に対してですよ。 あと、家のカギ。

 そんなもの、今まで1回も引っかかったことありませんですよ。

 

 東京の裁判所は、しばらく行かないうちに、厳戒態勢になっちゃったようですな。

 ピストルでも法廷に持ち込まれたかな? 大変だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

失敗学会の成功

 えーと、新宿で行われた「失敗学会」の年次大会を観覧してきました。

 先週の火曜日のことです。

 火曜の出来事を月曜に書いちゃう、そんな間違った勇気の見せどころ。

 それが、このヘッポコブログのフリーダムなところ。

 幼少のみぎり、夏休みの日記に、「きのう、家族みんなで花火を見に行った」と書いているのを祖母に見つかり、

 

「日記に昨日のことを書くバカが、どこにおるね?」 

 ……と、あきれ口調で注意された過去が、しみじみと思い出されます。

 そんな婆ちゃんは、もうこの世にいませんが。

 

 婆ちゃん!

 マサキは33歳になっても相変わらずだよ!

 というより、

 先週のことを今週書いてますので、より症状は悪化してます。 

 

 それはさておき、行きつけのバーの常連さんが、その失敗学会の壇上で講演をするというので、「ぜひに」と観覧を勧められて、なんとなく行ってみたのですが……

 行ってよかったです!

 

 意外と興味深いんですよ。 人間の失敗の研究って。

 もちろん真面目な研究なのですが、会長さんをはじめ、みなさんの話が面白い。

 法律の世界にドップリつかっていると、事業活動による人身事故が発生した場合は、「業務上過失致死傷罪」とか「使用者責任」といった話が条件反射的に頭をよぎるわけです。

 が、実態は「みんながみんな、少しずつ悪い」とか「全体のシステム構築そのものが悪い」ということが多く、個人責任って問いづらいんですよね。

 視野がだいぶ広くなったような気になれました。

 その気分が、気休めにならないよう、今後もいろいろと励みます。

 今回は、朝10時から夕方6時まで、ぶちぬき講演が行われました。

 私はやむを得ず、ケツカッチンにより中座してしまいましたが、次の機会にはちゃんと、終了後の懇親会まで参加したいなと希望しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

芸人さんと同じ空間を共有

 六本木ヒルズ森タワーに本拠を構えるFMラジオ局、J-WAVEの番組「PLATOn」12月2日放送分(テーマ「裁判官」)に出演させていただきました!

 DJの渡部建さんは、すれ違いコントで著名な芸人コンビ「アンジャッシュ」のおひとり。 個人的にDVD4枚持ってます!

 そして、こちらも一流コント芸人「キングオブコメディ」のおふたりともご一緒しました。

 さすがに1時間半を超える生放送は初めてで、かなり緊張したけれども、むちゃくちゃ楽しかったです!

 そのなかでも何十秒間か、仕事であることを忘れてペラペラ会話していた瞬間があって、ふっと我に返って「あ、今、本番だった…!」と気づいたり。

 あのときは、アスリートの世界で言うところの「ZONE」に入っていたのかなと。(←かっこいい~)

 ……単に集中力が切れただけか。

 

 キングオブコメディのおふたりとは、放送ブースの外で待機中に、ありえないほど間近で、いろいろと話をさせていただきました。

 今まで、テレビ画面でだけ観てきた方々ですからね。

 「おふたりのコントが好きなんです」って告白したら、特に今野さんがかなり疑っていたのが面白かったです。

 一番好きなネタ(事件現場の中継)とか、最初にキングオブコメディのコントを見た番組(たぶんNHKのオンエアバトル)まで話して、ようやく信用してもらえたようでした。

 ま、ほかにどんな会話をしたかは、ここには書きこまず、自分だけの思い出にさせてもらいます。

 確固たるセンスとオリジナリティを持つ、ちゃんと面白い芸人が、キッチリと評価され、売れる世の中になってほしいですよね。

 実際にそうなるとは限らないのが不条理で、はがゆい限りですが。

 

 相方の高橋さんは、去年いろいろありましたよね。 地下鉄でのチカン容疑で逮捕された事件。

 結局は不起訴になったんですが、逮捕当時から、私は信じていました。 あんな面白いコントを演じられる人が、チカンみたいなツマランこと、やるわけなかろうと。

 そして、先日実際にお会いして、帰り道も少しご一緒して、いろいろと話をさせていただいた結果、それは確信に変わりましたね。

 渡部さんとは、放送ブースのなかでしかお話できませんでしたが、でも本当に十分です。 お笑い好きとしては、おなかいっぱいの空間でした。

 もちろん、お笑いの活動についてなど、核心的なことをたくさん質問したかったんですけど、好き過ぎて、尊敬しすぎて、とても根掘り葉掘り聞けない……ってこと、ありません?

 これが、ほとんど興味も憧れもないプロ野球選手とか、ヒップホップのカリスマだとかなら、的外れでもテキトーに質問できますけれども。

 

 私だって、本当はお笑い芸人の皆さんのように、自分のセンスだけで勝負したいですよ。 センスだけを信じて作品をつくって世に問うのが、やっぱり表現者として一番カッコイイ生き方だと思ってます。

 でも、笑いの感覚も中途半端。 法律知識も中途半端ってことで、仕方なく、それらをグチャグチャに混ぜた文章を書いてお茶を濁しているだけなんです。

 今月17日(水)には、いよいよTBSのテレビ番組の収録が待っています。 くわしくは、また後日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »