« 通称「ツミダス」 | トップページ | 失敗学会の成功 »

2008年12月 4日 (木)

芸人さんと同じ空間を共有

 六本木ヒルズ森タワーに本拠を構えるFMラジオ局、J-WAVEの番組「PLATOn」12月2日放送分(テーマ「裁判官」)に出演させていただきました!

 DJの渡部建さんは、すれ違いコントで著名な芸人コンビ「アンジャッシュ」のおひとり。 個人的にDVD4枚持ってます!

 そして、こちらも一流コント芸人「キングオブコメディ」のおふたりともご一緒しました。

 さすがに1時間半を超える生放送は初めてで、かなり緊張したけれども、むちゃくちゃ楽しかったです!

 そのなかでも何十秒間か、仕事であることを忘れてペラペラ会話していた瞬間があって、ふっと我に返って「あ、今、本番だった…!」と気づいたり。

 あのときは、アスリートの世界で言うところの「ZONE」に入っていたのかなと。(←かっこいい~)

 ……単に集中力が切れただけか。

 

 キングオブコメディのおふたりとは、放送ブースの外で待機中に、ありえないほど間近で、いろいろと話をさせていただきました。

 今まで、テレビ画面でだけ観てきた方々ですからね。

 「おふたりのコントが好きなんです」って告白したら、特に今野さんがかなり疑っていたのが面白かったです。

 一番好きなネタ(事件現場の中継)とか、最初にキングオブコメディのコントを見た番組(たぶんNHKのオンエアバトル)まで話して、ようやく信用してもらえたようでした。

 ま、ほかにどんな会話をしたかは、ここには書きこまず、自分だけの思い出にさせてもらいます。

 確固たるセンスとオリジナリティを持つ、ちゃんと面白い芸人が、キッチリと評価され、売れる世の中になってほしいですよね。

 実際にそうなるとは限らないのが不条理で、はがゆい限りですが。

 

 相方の高橋さんは、去年いろいろありましたよね。 地下鉄でのチカン容疑で逮捕された事件。

 結局は不起訴になったんですが、逮捕当時から、私は信じていました。 あんな面白いコントを演じられる人が、チカンみたいなツマランこと、やるわけなかろうと。

 そして、先日実際にお会いして、帰り道も少しご一緒して、いろいろと話をさせていただいた結果、それは確信に変わりましたね。

 渡部さんとは、放送ブースのなかでしかお話できませんでしたが、でも本当に十分です。 お笑い好きとしては、おなかいっぱいの空間でした。

 もちろん、お笑いの活動についてなど、核心的なことをたくさん質問したかったんですけど、好き過ぎて、尊敬しすぎて、とても根掘り葉掘り聞けない……ってこと、ありません?

 これが、ほとんど興味も憧れもないプロ野球選手とか、ヒップホップのカリスマだとかなら、的外れでもテキトーに質問できますけれども。

 

 私だって、本当はお笑い芸人の皆さんのように、自分のセンスだけで勝負したいですよ。 センスだけを信じて作品をつくって世に問うのが、やっぱり表現者として一番カッコイイ生き方だと思ってます。

 でも、笑いの感覚も中途半端。 法律知識も中途半端ってことで、仕方なく、それらをグチャグチャに混ぜた文章を書いてお茶を濁しているだけなんです。

 今月17日(水)には、いよいよTBSのテレビ番組の収録が待っています。 くわしくは、また後日!

|

« 通称「ツミダス」 | トップページ | 失敗学会の成功 »

【採り上げてくださったメディア】」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/43321956

この記事へのトラックバック一覧です: 芸人さんと同じ空間を共有:

« 通称「ツミダス」 | トップページ | 失敗学会の成功 »