« 「ありがとう」は、ステキな言葉 | トップページ | 解散権は、ホントに首相の専権なのか? »

2009年3月 2日 (月)

麻生太郎の「無知」は、漢字だけに限らなかった!?

 

【KYですまない】麻生首相が「最高裁国民審査は○を付ける」と大勘違い (「国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行」さま)

 

 ↑のブログにて、先月5日に行われた、国会予算委員会の様子が報告されています。

 最後に鈴木宗男議員が質問に立ったのですが、選挙事務担当である鳩山邦夫総務大臣に対して、

「衆院選のときに最高裁判所の国民審査ってありますよねえ。あの名前の上に×をつけるやつです……」と切り出しています。

 その質問に割り込むかたちで、「麻生首相が閣僚席からヤジ。『×じゃないよ、○マル』と言ったのですが、これは勘違い。」と、ブログ主は書いてらっしゃいますね。

 ご指摘のとおり、そのヤジは勘違いです。

 国民審査の用紙に、○印は付けられません。 ×以外の印を付けたら無効票になりますから。

 気になったので、国会サイトで当日の議事録を検索してみました。

こちら

 

 329番、鈴木議員の質問ですが、こう記録されています。

 

 総務大臣、衆議院の解散・総選挙のときに最高裁判官の審査がありますね、バッテンをつけるの。恐らく、大臣でも、ここにいる・・・(発言する者あり)マルですか。マルをつけるんですか。信任する人はマルですね。(発言する者あり)マル・バツどっちでもいいんですけれども、

 

 不規則発言ですので、誰が言ったことなのかは公式に特定されていません。 実際に映像を確認してみたいなあ……。

 

 と思っていましたら、いやあ、便利な世の中になったものです。 ヤフーにおいて、国会中継のストリーミング動画が無償で提供されています。

 

こちら



 問題のヤジは「21:04」あたりですね。 私には、何を言っているのか聞き取れないので、麻生さんの声色なのかどうか判別することは極めて困難です。

 しかし、その前後になされている、宗男さんから各大臣への呼びかけ、そして、ヤジの瞬間に宗男さんが首を向けている方向から推測するに、

 おそらく有力なのは、麻生総理か河村官房長官あたりかなと。

 このヤジの主、皆さんは、誰だとお考えですか?

 

 いずれにせよ、日本国の主要閣僚が、最高裁判所裁判官の国民審査のやり方を知らないというのは、ムチャクチャです。

 もっとも、最高裁の判事は内閣が任命しますので、内閣メンバー自ら×を付ける気など、ハナからないのでしょう。

 しかし、いくら信任するつもりであっても、○を付けちゃったらダメ。 もしや、今までの人生、国民審査でずっと知らずに無効票を投じていたんでしょうか。

 こんな無知は、仮にド忘れにしたって、あまりにもヒドすぎますね。

 

 時期は予想できませんが、今年の秋までに、総選挙は100%行われます。つまり、国民審査も100%行われます。

 いや、「100%」は無いか。

 国内で革命が起こって、体制がまるごと塗り替えられる可能性も…… ひたすら限りなく0に近いですが、0ではないでしょう。

 

 今回も私は、前回以上に充実させた最高裁判事の判断資料を作成するつもりですよ。

 このブログを訪問してくださる皆さんだけは、国民審査の方法を間違えずに把握していただきたいと思います。 よろしくお願いします。

 

 繰り返しますよ~。 国民審査では、やめさせたい裁判官の氏名の上欄に「×」を付けてください。

 やめさせる必要がない裁判官には、何も書かないでくださいね。

 国民審査を棄権したい場合は、用紙を係員に返却してください。

 総選挙の投票と違って、国民審査で無記載の票を投じるのは、全員信任の有効票になりますので、注意が必要です。

 

 鈴木宗男さんは、国民審査制度について素晴らしい提言をしてらっしゃいますので、ぜひ直接聞いていただきたいなと願いますね。

 まぁ、宗男さんのほうだって、ウッカリ「最高裁判官」と2回も言っちゃってるので、それもかなり気になりますが。

 そんな役職はありません。 略すにしても、せめて「最高裁裁判官」としていただきたかった。

 残念ですが、宗男さんサイドも、トータルするとプラマイゼロでしょうか。

|

« 「ありがとう」は、ステキな言葉 | トップページ | 解散権は、ホントに首相の専権なのか? »

とほほ権力」カテゴリの記事

第21回 最高裁判事国民審査に向けて」カテゴリの記事

コメント

中学のときの政治の先生も「マルをつける」と説明しちゃってました。その先生はなんかもういろいろダメで…(苦笑)
「検察官は被害者の代理として」「刑事事件で起訴された被告は」「地裁と家裁は各都道府県にひとつずつで50あり」プリントには「小額訴訟」などなど。。。ツッコミに行ったところ「わたし刑事法はほとんどやってないのよ~」と言われ。

遅ればせながら、はじめまして。
ブログにちょっと司法関係なことも書いてるので誰か読んで頂けると嬉しいです。建設的な批判を頂けるともっと喜びます。ちなみに裁判員制度は反対派。

投稿: 北落師門 | 2009年3月12日 (木) 18:52

>北落師門さま

いらっしゃいませ。コメントが遅れて失礼しました。

その政治の先生も、悪い人じゃないんでしょうが、知識の怪しさがポロポロ見えると、つい他の発言も怪しんでしまうのが、人のサガですよね。

自分も、法律以外の分野で知ったかぶりして書かないように気をつけてるつもりですが、それぞれの専門の方が読んだらどうなのかな…と心配しています。自戒します。

ブログを拝見しましたよ。いろんな分野に興味をお持ちのようで、私もこれから勉強させてもらいます。

投稿: みそしる | 2009年3月15日 (日) 06:26

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/44219350

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎の「無知」は、漢字だけに限らなかった!?:

« 「ありがとう」は、ステキな言葉 | トップページ | 解散権は、ホントに首相の専権なのか? »