« 日本○○協会 | トップページ | マイケーのライブ »

2009年3月19日 (木)

裁判官が、衝動買い!

長官自ら 言渡しする AV自販機 「罪と罰」 (「弁護士任官どどいつ集」より)


 弁護人として上告したのは、知る人ぞ知る良心的ヤメ検ブロガー落合洋司弁護士。

 最近、長嶺超輝さんとの共著で「罪と罰の事典」を発刊された。斬新な構成に感心して衝動買いしてしまった。

 増補改訂版を出す際には、「自動販売機等に有害図書類を収納する罪」(福島県青少年健全育成条例違反)を追加してほしい。


 

 お褒めにあずかりまして、どうもありがとうございます!

 法律のプロから「斬新な構成」なんて言われたら、舞い上がってしまいますよ。

 これを読んだとき、少しウルッときてしまいました。

 このブログをお書きの裁判官とは、じつは面識があるんですが、あれからメールアドレスが変わっていて、連絡取れず…。

 改訂版を出すためには、「改訂版を出せば、買ってくださる方の人数がある程度見込める」だけの実績が必要。

 なので、今は「罪と罰の事典」の存在を、ひとりでも多くの方に知っていただきたい。 こうして、ちょっとずつ、ちょっとずつ広がっていけばいいなと願います。

 

 この国には、どんな種類の犯罪があるのか?

 この国で、何をやらかしたら、どんな刑に処せられるのか?

 裏を返せば、この国で認められている自由とは何か?

 純粋に知りたい人、興味のある人、話題にしたい人って、潜在的に必ずいると思うんですよ。

 そんな方々の手元に届くまで、私は「罪と罰の事典」を粘っこく広報いたします。

 

 「罪と罰の事典」は、いちおう私の単著でして、落合先生には、内容に間違いがないかどうか、法律監修をお願いしました。

 さらに、イラストレーターの方と、デザイナーの方と、装丁イラストレーターの方にも協力をお願いしています。

 もし落合先生との共著だったら、もっと完成度が高くなって、さらに去年には発売できていたかも…。

 

 えー、今日は裁判所で3件傍聴してきましたが、やっぱり皆さんにお伝えするほどのものは……。

 法廷でネタ探しするのは、相変わらず効率がよくないけれども、数を打たなきゃ「すごい裁判」に巡り会えませんのでね。

 来週ぐらい、ひさびさに八王子支部へ行ってみようと思います。まもなく閉鎖されますし、思い出づくりに。

 

 本日の傍聴取材は、午後2時で切り上げて、帰りに春物のシャツを1枚買い、ドンキホーテに寄って、トイレ芳香剤(198円とは安い!)などを購入。

 そして、次回作の原稿、「連帯保証」を書き上げようと思ったら、某スポーツ新聞記者の方から電話がかかってきて、バーで飲み話。

 たった今、帰ってきました。 酔っぱらいながら書いていて、すみません。

 

 明日は、倉木麻衣ファンの友人から強引に誘われている、シークレットライブへ行ってきます。

 なんでも、ファンクラブに入ってないとチケットが買えないらしい。 ふぅーん。

 ただ、あんまり気が進まないんですよねー。

 倉木麻衣のデビュー曲を耳にすると、私の脳裏に、司法浪人時代の苦々しい空気感がフラッシュバックするので♪

 あのノリノリのデビュー曲が出たのが、浪人3年目か4年目でしたかね。

 予備校や図書館の自習室で勉強するのに飽きてきて、長崎の田舎の、亡くなった婆ちゃん家で「ひとり山ごもり」と称して、2週間ぐらい単独訓練をやっていたころです。

 当時は、ラジオで「パワーリコメンド」されて、しつこく毎日何度もかかってましたから、ちょっとウンザリなイメージが今でも染みつき……… あ、書いちゃった。

 だから別に、麻衣女史とか、その周りの人たちに罪があるわけではないのです。

 「明日に架ける橋」はイイ曲ですよね~。 あれは倉木麻衣の名曲だと認めよう。

|

« 日本○○協会 | トップページ | マイケーのライブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/44403237

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官が、衝動買い!:

« 日本○○協会 | トップページ | マイケーのライブ »