« 解散権は、ホントに首相の専権なのか? | トップページ | 速さは力、だが… »

2009年3月16日 (月)

確定申告を終えて

 お金の細かい計算が苦手だからと、後回し(政治家的に言うと「先送り」)にしていたら、本日、受け付け最終日の確定申告になってしまいました。 今年は消費税も納めなきゃいけません。

 去年の領収書を1枚1枚整理していると、当時のことをいろいろ懐かしく思い出しました。 「人情お言葉集」の傍聴取材で、全国各地の裁判所を巡りましたからねぇ。

 ああいうふうに、また自腹で取材旅行できるよう、今年こそガッツリ頑張らなきゃいけません。 去年の所得を確定させて、だいぶ尻に火が付きました。

 
 

 今年は、秋までに必ず衆議院の総選挙があって、国民審査もあります。

 そこで、こないだの土曜日をまるまる使って、国民審査の判断資料サイト「忘れられた一票 2009」を立ち上げました。

 とりあえず、最高裁の裁判官に、少しでも親近感を持てるような「おまけコーナー」から先に充実させてみました。 いかがでしょう。

 完成へ向けての進捗度は、まだ5%ぐらいですね。

 ただ、まだバイトで食いつないでいた時代に、仕事を3日休んで「法Wiki」というものを一気に立ち上げ、「忘れられた一票200X」と名付けたページも作ったんですが……。

 どうも私には、Wikiよりブログ形式のほうが作りやすい。 法Wikiは、そのうち消します。

 

Photo



  

 「罪と罰の事典」(ツミダス)の発売から、もうすぐ1カ月。 この段階で売れゆきの芳しくない本は、次第に店頭から消えていくという、かなり厳しい時期です。

朝日新聞の一面「サンヤツ広告」

↑ なんでも、これひとつ載せるだけで、100万以上かかるという話ですよ。 ありがたい。

 小学館が出稿してくださった、この広告の効果で、一時期の売り上げが跳ねたんですが、やはり文字だけの広告ではインパクト不足なのか、また元に戻っています。

 受け身じゃダメだと、編集の方と大雨の中、書店に挨拶めぐりをしたり。 また、先週末に大阪へ行く用事があったついでに、ひとりで挨拶めぐりしてきました。

 梅田のブックファーストでは、ありがたいことに書店オリジナルのPOPが! 法律書の担当の方から直接「面白かったです」と言ってもらえたのが、とてもうれしかったです。

 

 そうそう、現在発売中の「週刊文春」の書籍コーナーでも紹介してくださっています。

 また、木曜日発売の「女性セブン」では、“罪と罰”特集が、4ページにわたって掲載される予定です。これはデカイ。

 金曜日には、県内ローカルですが、福島テレビの裁判員制度の特番にVTR出演します。

 東京地裁前と、うちの事務所(兼自宅)で、都合3時間近く収録していただいたのですが、完成VTRになるのは3分程度とのこと。 テレビも大変な仕事です。 

 

 丹念に作った自信作が、なかなか世の中に知られない状況は、ショックといいますか、ちょっと悔しくはあるけれども、各メディアの皆さんからのお力添えは、少しずつ確実に頂戴できています。

 まったくあきらめていません。 5年前、弁護士になるのをあきらめて、もうあきらめるのはそれで十分だと。

 ひとりでも多くの方に「ツミダス」(罪と罰の事典)を広める活動。 手を替え品を替え、じつは今日もまた、次の一手を打っています。

|

« 解散権は、ホントに首相の専権なのか? | トップページ | 速さは力、だが… »

★『罪と罰の事典』(小学館)」カテゴリの記事

【採り上げてくださったメディア】」カテゴリの記事

第21回 最高裁判事国民審査に向けて」カテゴリの記事

コメント

「本が売れる」って大変なことなのですね!

買う側からすると、自分好みの本に出会う楽しみに本屋に行きますが、作られる方の並々ならぬ苦労と売れ行きを案ずる心中は計り知れないのでしょう。

最近、手詰まり感のある私に、ある人が言葉をくれました。「難問は、それを解決できない人には降りかからない」と、、、

最近の私のプチ感動でした。

投稿: にしざわ | 2009年3月16日 (月) 23:06

>にしざわさま

どうもありがとうございます。

私の場合は、難問というほどのものでもないんですけどね…。

ツミダスを見放して、次の原稿をさっさと仕上げてしまうという手もありますので。

いずれにせよ、似たり寄ったりの本にしか火が付かない、出版業界の閉塞感あふれる状況に、なんとか一矢報いたい気持ちはあります。

その閉塞感は、誰の責任でもないんですが、「面白い本」の違ったバリエーションを、私がひとつでも世の中に提示したいと考えています。

投稿: みそしる | 2009年3月17日 (火) 07:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/44364244

この記事へのトラックバック一覧です: 確定申告を終えて:

« 解散権は、ホントに首相の専権なのか? | トップページ | 速さは力、だが… »