« 国会議員の「世襲」と「職業選択の自由」 | トップページ | 被告人TKに有罪判決 »

2009年5月10日 (日)

偶然の確率は、決してゼロじゃない?

>>> 同姓同名詐欺:無職の女に1年6月求刑 /石川

 同姓同名で生年月日も同じ女性の預金を引き出したとして詐欺罪に問われた金沢市内の無職の女(38)の論告求刑公判が8日、金沢地裁(入子光臣裁判官)であり、検察側は懲役1年6月を求刑した。判決は6月16日。
 起訴状によると、女は昨年9月24日、市内の銀行窓口で被害女性になりすまし、通帳をなくしたと偽って再発行させ、この日と26日の2回にわたり計約54万円を引き出した、とされる。 (5月9日15時1分配信 毎日新聞)

 
 

 去年の11月に被疑者が逮捕された当時の、毎日新聞の記事によりますと……

 被疑者の女と、被害者の女性は、氏名・生年月日・口座を開いている銀行まで同じだったといいます。

 被疑者の女は、国民健康保険の保険料を滞納しており、金沢市は、被害女性の口座番号を記載した差し押さえ通知書を、その女に送ってしまいました。

 金沢市は、同一人物が複数の口座を持っていたと思いこみ、残高が多い口座を選んで差し押さえたんだそうな。

 同姓同名だが別人の口座の存在を知り、「しめしめ」と思った女は、銀行で通帳を無くしたとウソを言って、女性の口座の通帳を再発行させ、現金37万円を引き出したとのこと。

 もし、保険証など写真がない身分証明書なら、十分に偽ることが可能でしょうね。 生年月日まで一緒なんですからね。

 同姓同名で生年月日が一緒なら、占いでの運勢はあまり変わらない気もしますけど、実際、これだけ運命が食い違っているのですから、人生わからないものです。

 3月には大阪市でも、職員が間違えて、同姓同名で生年月日も同じで、同じ銀行に口座を持ち、しかも口座の銀行支店名まで一緒だった、別のちゃんと納税していた女性の預金を差し押さえてしまったという話もあります。

 ここまで偶然が揃うと、チョンボを犯した職員をあまり責められないような気も……。

 

 ちなみに私の場合、1億2千万人の中に、同姓同名の人がいるのかどうか、疑わしいぐらいです。下の名前すら、同じ人に会ったことがないので。

 ま、こういう詐欺に遭う可能性はゼロなので、いいのですが、

 たとえば、ネット通販でエッチなDVDを買ったりするときは、個人があっさり特定されてしまうので、あんまり知名度が上がらないように気をつけます。

 「へぇ~、爆笑お言葉集のライターは、こういう趣味があるのか~」と、通販業者にこっそりニヤニヤされたら悔しいし。

|

« 国会議員の「世襲」と「職業選択の自由」 | トップページ | 被告人TKに有罪判決 »

ミラクルニュースの研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/44970558

この記事へのトラックバック一覧です: 偶然の確率は、決してゼロじゃない?:

« 国会議員の「世襲」と「職業選択の自由」 | トップページ | 被告人TKに有罪判決 »