« 【法廷傍聴】 新パターン?の振り込めサギ | トップページ | 刑事裁判の量刑は、やっぱり検察官が決めちゃうのか? »

2009年6月16日 (火)

明治大学教授 西川伸一さんのインタビュー記事

 近いうちに予想される、麻生さんが「解散!」を宣言する事態に備えて、

 ただいま、個人的に

 最高裁国民審査の特設サイト忘れられた一票2009を鋭意作成中です。

 

 そして、このサイトのためだけに、日本で最も最高裁判所にお詳しい、明治大学政経学部の教授、西川伸一さんが、

 私のインタビュー取材に快く応じてくださいました!

 テープ起こし作業に、1カ月近くもかかってすみませんでした!

 

 日本国内では、選ばれし優秀なエリート裁判官ほど、裁判の現場から離されてしまう不思議な現状、

 「無罪判決が多い裁判官は、左遷される?」というウワサの真相、

 そして、国民審査の今後について、

 いろいろとお話をうかがってまいりました。

 

 ハッキリ言って、すごく楽しいインタビューでした。

 その楽しさが、忘れられた一票2009スペシャルインタビューの文面から、皆さんに伝わるのなら幸いです。

 よろしくお願いいたします。

|

« 【法廷傍聴】 新パターン?の振り込めサギ | トップページ | 刑事裁判の量刑は、やっぱり検察官が決めちゃうのか? »

第21回 最高裁判事国民審査に向けて」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治大学教授 西川伸一さんのインタビュー記事:

« 【法廷傍聴】 新パターン?の振り込めサギ | トップページ | 刑事裁判の量刑は、やっぱり検察官が決めちゃうのか? »