« 裁判官だって、テレビでドキュメンタリー番組を観るのだ、の巻 | トップページ | チカンだと疑われない手袋 今秋にも発売! »

2009年7月 5日 (日)

「ぐっとくる条例」洗い出し作業【宮城県★前編】

○宮城県 ふるさと宮城の水循環保全条例
平成十六年六月二十二日
宮城県条例第四十二号
<前文>
水は、あらゆる生物にとって命の糧であり、人間が社会生活を営む上で欠くことのできない資源である。
しかし、近年、社会経済活動の効率化、高度化や都市化の進展に伴い、森林の保水能力の低下や河川水量の減少等による公共用水域における水質の悪化等、健全な水循環に対する弊害が顕著となってきており、水を取り巻く自然の生態系にも深刻な事態が生じている。
このような中で、自然の生態系に悪影響を与える負荷行為を抑制し、健全な水循環を保全することが強く求められている。
よって、宮城県のもつ恵まれた水環境を次代へ引き継ぎ、現在及び将来の県民が豊かな水の恩恵を享受し、快適な社会生活を営むことができるよう、この条例を制定する。

 

○宮城県 かきの処理に関する取締条例
昭和二十九年七月二日
宮城県条例第四十三号
〔かき処理業取締条例〕をここに公布する。
かきの処理に関する取締条例
(昭三二条例三九・改称)
第一条 この条例は、かきにより発生する虞のある食品衛生上の危害を防止し、公衆衛生の向上に寄与することを目的とする。
第二条 この条例で「かき」とは、食用の目的で販売の用に供する海産の生かきをいう。
2 この条例で「処理」とは、かきをむき身にし、洗滌し又は詰合せることをいい、「処理場」とは、処理を行う施設をいい、「処理業者」とは、処理を業とする者をいう。
第三条 かきの処理は、処理場で行なわなければならない。ただし、食品衛生法(昭和二十二年法律第二百三十三号)第五十一条の規定により政令で定める営業を営む者がその営業の目的として処理(むき身にすることを除く。)する場合は、この限りでない。
(平一五条例八三・一部改正)
 (※以下略)

 

○宮城県 みやぎ海とさかなの県民条例
平成十五年三月二十日
宮城県条例第四十八号
<前文>
宮城の海は、世界有数の三陸沖漁場の南方に広がり、金華山の沖合には季節ごとに行き交う黒潮、親潮が豊富な海の幸を運んでくる。古来から沿岸で暮らしてきた私たちの先人は、厳しい自然の中で幾多の困難を乗り越え、沿岸から遠洋まで豊穣の海を拓き、その恵みを授かってきた。
海洋生物資源を活用する漁業は、湖沼、河川の恵まれた水域を持つ内陸での営みとあわせ、貴重な食料として多様な水産物を供給し、地域社会を支える水産業として発展してきた。
また、水産業は豊かな食と生活を実現しながら、固有の風土や文化も育んでおり、今や本県は、全国屈指の水産県として国民への水産物の安定供給に大きく貢献している。
一方、自然との共生の中で守られてきた漁村や海浜、河川流域などの自然環境は、生産の場としてだけでなく訪れた人々を癒す貴重な空間として、大変重要な役割を果たしている。
しかし近年、水産業を取り巻く環境は厳しく、漁場環境の悪化、漁業生産量の減少、漁業就業者の減少、輸入水産物との競合などにより、その将来に不安が生じている。
地球人口の増加による食料危機も危惧され、食料としての水産物確保のために、国際的な協調のもと、持続的な生産体制の確立を図っていく必要がある。さらに、県民の健全な食生活を実現するため、情報化社会に対応した生産、加工、流通、販売体制の整備も求められており、生産から消費に至る透明性の確保が必要となっている。
私たちは、水産業が果たすべき役割と豊かな自然環境を次代に引き継ぎ、健康で潤いのある県民生活を築きあげなければならない。
ここに、県、県民、水産業者等が互いに連携しながら、それぞれの責務と役割において、本県の水産業の振興に努めることを宣言し、その方策を明らかにするためにこの条例を制定する。
(目的)
第一条 この条例は、水産業の振興について、基本理念を定め、及び県の責務等を明らかにするとともに、施策の基本的な事項を定めることにより、水産業の振興に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって水産業の健全な発展及び県民生活の安定向上を図ることを目的とする。
 (※以下略)

 

○石巻市 マンガアイランド条例
平成17年4月1日
条例第21号
(設置)
第1条 田代島の豊かな自然環境と文化に親しみ、マンガとふれあう場を設けることにより、市民の自然と文化への理解を深め、その心身の健康を増進するとともに、住民と来訪者との交流による田代島の活性化を図るため、石巻市マンガアイランド(以下「マンガアイランド」という。)を石巻市田代浜字敷島24番地に設置する。
(施設)
第2条 マンガアイランドを構成する施設(以下「施設」という。)は、次のとおりとする。
(1) センターハウス
(2) ロッジ
(3) テントサイト
(4) 炊事場
(5) その他維持管理施設
(開設期間)
第3条 マンガアイランドの開設期間は、4月1日から10月31日までとする。
(休業日)
第4条 マンガアイランドの休業日は、火曜日(火曜日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日)とする。ただし、4月29日から5月5日までの期間及び7月1日から8月31日までの期間は、除くものとする。
2 市長は、マンガアイランドの管理上必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、休業日を変更することができる。
 (※以下略)

 
 

○石巻市 石ノ森萬画館条例
平成17年4月1日
条例第245号
(設置)
第1条 マンガ文化及び地域文化を発信することにより、市内外の人々の交流の促進を図り、もって市における文化の発展と地域経済の振興に寄与するため、石ノ森萬画館(以下「萬画館」という。)を石巻市中瀬2番7号に設置する。
(指定管理者による管理)
第1条の2 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定により、萬画館の管理を指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせるものとする。
2 前項の規定により当該指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。
(1) 利用の許可に関すること。
(2) 萬画館の施設、設備等の維持管理に関すること。
(3) 次条に規定する事業の実施に関すること。
(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認めること。
(事業)
第2条 萬画館は、次に掲げる事業を行う。
(1) 石ノ森章太郎氏の作品の原画並びにマンガ及びアニメーションに関する文献等の資料の収集、保管、展示等
(2) マンガ及びアニメーションに関する企画展、講演会、講習会、研究会等の開催
(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事業
(開館時間及び休館日)
第3条 萬画館の開館時間は、午前9時から午後9時までとする。
2 常設展示室(常設展示室の観覧に伴う映像ホールでの映写の観覧を含む。)及び企画展示室の観覧時間は、3月から11月までの期間においては午前9時から午後6時までとし、1月、2月及び12月の期間においては午前9時から午後5時までとする。
 (※以下略)

 
 

○白石市 新婚家庭へのプレゼント要綱
平成11年9月30日
告示第58号
白石市新婚家庭へのプレゼント保険要綱(昭和62年白石市告示第15号)の全部を改正する。
(目的)
第1条 この要綱は、白石市が婚姻届を受理した家庭に対し、新婚プレゼントを贈り、前途を祝福するとともに定住の一助とすることを目的とする。
(贈呈要件)
第2条 新婚プレゼントは、白石市に住所を有し、次のいずれかに該当する家庭に贈呈する。ただし、新婚プレゼントを受けた者が離婚し、同一人物と再婚した場合は、再贈呈は行わない。
(1) 白石市に婚姻届を提出し受理された家庭
(2) 他市区町村に婚姻届を提出し受理され、白石市に送付された家庭
(新婚プレゼント)
第3条 新婚プレゼントは、予算の範囲内で市長が定める。
(交付台帳の整備)
第4条 市長は、新婚プレゼントの贈呈等の状況を明確にするため贈呈台帳(別記様式)を整備するものとする。
(委任)
第5条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。
附 則
この告示は、平成11年10月1日から施行する。
附 則(平成19年3月13日告示第17号)
この告示は、平成19年4月1日から施行する。

○名取市 農業先駆者援助条例
昭和39年4月1日
名取市条例第14号
(目的)
第1条 この条例は、農業構造を改善するため、さきがけて農業経営の近代化を行う農業先駆者(以下「先駆者」という。)の経営上の困難を打開援助し、農業近代化の促進に寄与することを目的とする。
(用語の定義)
第2条 先駆者とは、農業近代化の線にそって、先駆的な経営を行い、将来農業のパイロットとなり得る個人又は団体をいう。
(先駆者の認定)
第3条 先駆者の認定を受けようとする者は、別に定める審査規則(以下「審査規則」という。)により、その認定を受けなければならない。
(適用の要件)
第4条 先駆者の認定を受けた者が更に第7条の規定の適用を受けるには、審査委員会の審査を受けなければならない。
(適用の認定)
第5条 前条の規定による審査を受けようとする者は、審査規則に定める所定の手続きを経なければならない。
(審査委員会の設置)
第6条 第3条及び第4条の規定による認定を行うため、審査委員会を設置する。
(援助)
第7条 市長は、審査委員会の審査により援助の対象となる先駆者に対して経営指導を行い、かつ、予算の範囲内で助成金を交付する。
(委任の規定)
第8条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

|

« 裁判官だって、テレビでドキュメンタリー番組を観るのだ、の巻 | トップページ | チカンだと疑われない手袋 今秋にも発売! »

条例で見る“地方の時代” (東北)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/45537495

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぐっとくる条例」洗い出し作業【宮城県★前編】:

« 裁判官だって、テレビでドキュメンタリー番組を観るのだ、の巻 | トップページ | チカンだと疑われない手袋 今秋にも発売! »