« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月20日 (日)

薬物犯罪と芸能界 (1) 槇原敬之と西川隆宏

 わざわざ私が指摘するまでもないのですが、芸能界における「薬物汚染」に、あらためて大きな関心が寄せられています。

 依存性の高い覚せい剤を乱用し、有罪判決を受けながらも、再び芸能界で鮮やかに活躍できる人もいます。

 大麻の所持で、完全に表舞台から去ってしまう人もいます。

 最初だけネタとして面白がられて、多くのマスコミに採り上げられるも、しばらくしたらパッタリ姿を見せなくなったりする人もいますね。

 

 こうした帰結の差は、芸能人としての才能の有無という、身もフタもない要素によって左右されているのでしょうか?

 「夢や希望を売る職業の者が、犯罪を犯した時点で、永久追放だ」という徹底した立場もありえます。

 更生の舞台は、なにも芸能界だけではないのですから。

 しかし、ビジネス上のメリットが見えたら、あまりにもあっさり芸能界に復帰させてしまうような業界の悪いクセもあるように思います。

 ちょっと残酷な気もしますが、同じような罪で捕まった同業者を比較しながら、「芸能界と薬物」について、この機会にあらためて考えてみたいと思います。


 

シンガーソングライター
槇原敬之

(事件の概要) 1999年

覚せい剤0.875グラムを、友人と共謀して所持
(※覚せい剤使用とMDMA所持は不起訴)

 

(事件の影響)

 所属事務所(ソニーミュージックエンターテイメント)は、音楽活動の「無期限停止」を決定。

 

保釈(保証金300万円)

 逮捕から1週間もせず、店頭のCDが回収されることになり、慌ててファンが買いに走ったため、過去の作品の売上が一時的に伸びた。このあたりの反応は、酒井法子被告人のケースと重なって映る。

 

(判決)
 懲役1年6カ月(3年間の執行猶予)
 覚醒剤所持の初犯としては相場どおり。

 

(裁判官の説諭)
 「家族らの信頼を裏切ったが、多くの人たちが更生を期待していることは十分、分かっていると思う」

 

(事件後)

 2001年に、古巣のワーナーミュージックと再契約。

 デビューしてから事件時までに作っていた曲は、ラブソングが大半だったが、事件の後は、人生や日常生活、平和などを考えさせる曲が多くなっている。

 SMAPに提供した楽曲「世界にひとつだけの花」のCD売り上げが、ダブルミリオンの大ヒット。

 バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」の顧問として、たびたび出演し、より親しみやすいイメージに。

 

 

 

キーボード奏者
西川隆宏

 

(事件の概要)2002年

 「自分自身の音楽と生き方を追求するため」に、3月にドリームズカムトゥルーから独立。実の兄と組むプロジェクトを進めていく過程で、口論となり、その場にいた兄の妻に暴行し、逮捕されたもの。
 勾留中に、自宅マンションで覚せい剤0.01グラムを使用したとして再逮捕。「2~3年前から常習的に使っていた」と供述。

 

(事件の影響)

◆ ドリカムの2人(吉田美和・中村正人)のコメント

 デビュー前から、“アンチドラッグ”という姿勢を強く貫いてきました。西川自身
の言葉を信じていた我々にとっては、大変残念なことです。

 これまで西川を信じ、応援してくださった皆さんに対しては、言葉も見つからない
ほど申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 今後は、一社会人としての責任を果たしてくれることを願うばかりです。

 

(判決)

 懲役1年6カ月(3年間の執行猶予)
 覚醒剤所持の初犯としては相場どおり。

 

(事件後)
 ラジオでのパーソナリティーをしたが、自分のやりたいことを違っていたため、故郷の北海道に帰ってDJをやっていた。
 睡眠不足で疲れていて、東京へ来たときにクラブに立ち寄り、売人の誘いについ乗ってしまった。(覚せい剤再犯の法廷での供述より)

 2006年、執行猶予期間が満了して3カ月後、再び覚醒剤の所持で逮捕される。 →懲役1年6カ月の実刑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

ついに獲れたぞ、裁判員裁判の傍聴券

Photo  ようやくです。

 全国で5例目、大阪で初めての、しかも覚せい剤密輸事犯として全国初での裁判員裁判です。

 いやぁ、またまた外れても、別にいいやと半ば諦めていたんですが。

 大阪地裁にだって詐欺とか窃盗とか、他にもたくさん裁判があるから、と。

 

 なんのこたない!

 ついに無欲の勝利を果たしました。

 いやぁ、懲りずに生きてたら、たまには良いこともありますね。

 

 東京と埼玉で、5回連続で抽選に外れたときは、このブログでグチグチ愚痴って、みなさん、すみませんでした。

 

 しかも、今日の裁判長は杉田宗久さん! これほどのプレミア傍聴券は、なかなか無いですよ。

 『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書)を読んでくださった方なら、覚えていただいているかもしれませんが……

 生活苦でつい盗みをしてしまった主婦の被告人に、執行猶予判決を言いわたした後、

 「もう、やったらあかんで。 がんばりや」

 と声をかけながら、握手を求めたという、全国でも屈指の人情派裁判官です。

 

 肝心の裁判の中身のほうは…… 非常に興味深かったですね。 1時15分から、5時半過ぎまで審理してましたが、時間が経つのを忘れていました。

 詳しくは、裁判傍聴録のマガジンにて、近日中に配信いたします。 

 ひとことでいえば、「タダより高いものは無い」ということでしょう。

 裁判員制度、初めてナマで観てみたら、意外と良いシステムなのかもなぁと思いました。

 もちろん、裁判員が快く協力に応じてくださっている状況が前提ですが。

 情状証人の母親に、質問ではなく、ついつい説諭をなさった、ご年配の裁判員もいらっしゃいましたが、杉田裁判長はおおらかに受け止めて、さらに「今、裁判員の方がおっしゃったこと、忘れずにいてくださいね」と念を押していました。 さすが。

 杉田さんご自身もたまに、補充質問で熱が入るあまり、説諭しちゃうこともおありなのでしょうね。

 

 明日も、朝8時前から裁判所まで整理券が配られますから、早起きして獲りに行きます。 

 まぁ、奇跡は2日連続で起こらないでしょうけど。 ふふふ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

裁判員制度を輝かす 100の改善案 〔No.36-45〕

【 36 】
 傍聴席の最前列に“緩衝地帯”を設けては?

 法廷の被告人が傍聴席に飛び込んで、遺族・被害者や傍聴人を襲ったり、逆に、感情的になって行動が止められなくなった遺族・被害者が被告人に飛びかかったりする事態を防ぐため、アメリカなどの刑事法廷では、傍聴席の最前列には、あえて誰も座らせないようにする運用も行われているようです。

 ならば、凶悪事件ばかりを扱う裁判員裁判では、それだけ当事者の感情が爆発するほど膨らむ潜在的リスクがありますから、同じ運用がなされてもいいでしょうね。

 ただし、そのぶん傍聴席が減る結果となるのは、傍聴人としては厳しいですが。

 
 

【 37 】
 裏で隠れての「打ち合わせ?」疑惑問題

 裁判員裁判第1号の法廷で、初日は裁判員からの発言・質問がゼロ、2日目が1回、そして3日目になって、6人の裁判員が各1問ずつの質問を行ったと報じられました。

 「6人全員」がキレイに「1問ずつ」という点に、違和感をぬぐいきれません。

 これでは裁判長が、裁判官が行うべき質問の取捨選択をしているんじゃないかと勘ぐられても仕方がありませんよ。 当の裁判長は「痛くもない腹を探られている」と不愉快かもしれませんが。

 質問内容はプロ裁判官が統制せず、なるべく裁判員が自由に話してもらうのが、庶民感覚を借りる裁判員制度の趣旨にも合うと考えます。

 
 

【 38 】
 「わかりやすさ」のワナ

 生々しい証拠、複雑な事実関係が、CGなどを駆使してビジュアル化されています。

 ただ、「わかりやすくする」とは、「加工する」ということです。

 わかりやすくすればするほど、かえって真実から遠くなる危険が、常につきまとうことを忘れちゃなりません。

 いや、もちろん忘れてはいないと思いますが、ある証拠がどのように加工されたか、その過程は追えるように担保してもらいたいと思います。

 とことん真相を追いたいと希望する裁判員には、ナマの証拠を吟味させることも、真剣に検討していただきたいです。

 

【 39 】
 被害者参加で情緒的になりすぎないように

 

 被害者・遺族による「復讐」の権利を、いったん司法が預かり、法に基づいて客観的に裁くことにしていますが、それだけ、被害者・遺族の悲しみや怒りといった原始的な感情が封じ込められ、被告人が犯した過ちに身をもって気づかせる「感銘力」が薄れる可能性があります。

 その点で、被害者参加という制度趣旨は理解できますね。

 ときには、法廷で感情を爆発させるような場面もあるかもしれません。そうした感情の吐露も、一定程度は尊重すべきです。

 ただ、感情だけで犯罪行為を処理すればいいのなら、裁判は必要ありません。同時に冷静さも求められます。

 ブレーキ役として、裁判官や弁護士の役割も重要ですが、検察とマスメディアが、無意識にせよ被害感情をあおる側面があるので、その自制も欠かせません。

 むしろ、検察が遺族に「事実を淡々と伝えたほうが、人の心を打つ場合もあるんですよ」と説得するぐらいの、引いた立ち位置も必要でしょう。

 
 

【 40 】
 「弁護側求刑」の創設

 従来のような検察官による求刑と同時に、被害者・遺族の意見として、刑罰の希望を述べる機会が与えられるようになりました。

 ただ、弁護人は無罪でも主張しない限り、「寛大なる判決を」「執行猶予を」と述べるだけで、具体的な量刑数値については語りません。

 裁判員に、量刑目安の加減を示すべく、弁護人にも求刑意見を述べられるようにしたほうがいいでしょう。

 ただ、被告人をかばう立場である弁護人が「求刑」(刑罰を求める)というのも、若干の違和感があります。

 「弁護人の量刑意見」ぐらいの、中立的な言葉を作ってみるのもひとつの方向性です。


 

【 41 】
 傍聴券の受け渡しを防ぐ抽選の仕方は?

 多くの人々からの注目を集める裁判では、傍聴席に人が入りきれませんので、事前に整理券が配られ、のちの抽選によって人数が絞り込まれ、正式な傍聴券が配布されます。

 ただ、その抽選で当たる確率を上げるため、大量の整理券をとるだけの目的で、たくさんの臨時アルバイトを動員し、それで得た傍聴券で記者やお抱えのジャーナリストを入れたりしているんですね。

 まぁ、双方の利害は合致してますし、違法でないことは認めますが、「裁判の公開」という原則に反し、まるで金銭で傍聴券を買うようなまねをマスメディアが行うことで、裁判に興味を持った一般の方を閉め出しているのは、いかがなものでしょう。

 これは裁判員制度の問題に限らないのですが、8月3日からの第1号裁判員裁判(東京地裁)でも同様、このアルバイト動員は露骨に行われていて、一部に問題視する向きもあります。

 なお、8月10日から行われた第2号裁判員裁判(さいたま地裁)では、行列に並んで当選した本人しか傍聴券を得られないよう、「リストバンド型」の整理券が配られました。これは一歩前進といえるかもしれません。

 もっとも、整理券と傍聴券を交換した後に、傍聴人をいったん解放してしまったら意味がないわけですが。

 
 

【 42 】
 前科や余罪は、メインの事件と直接関係ないことを説明

 刑事裁判では、起訴されて「公訴事実」という枠のなかで書かれた問題を審理します。

 そのなかで、過去に被告人が行った犯罪の「前科」や「前歴」、ないし、証拠が不足するなどで起訴にまで至らなかった「余罪」は、公訴事実の枠のなかに入っていない以上、審理の対象ではありません。

 そのことは、事前にしっかり裁判員に説明しておく必要があります。

 ただし、メインの事件で、被告人が「有罪」を認めるのであれば、彼/彼女に前科前歴・余罪が存在する事実は、犯罪に染まる生活態度や性格などを示す「情状資料」として扱われる可能性があります。

 メインの事件で無罪を主張している場合には、前科前歴・余罪の存在は、判断者である裁判員に先入観や偏見をもたらすおそれがありますので、慎重に排除していく必要があるでしょう。

 
 
 
 

【 43 】
 異議が出た回答は忘れるように

 質問者が欲しがる回答へと導くかのような誘導尋問、

 同じことを表現を変えながらしつこく質問して、回答が変化していくことを期待する重複尋問(単純に、時間のムダでもありますが)、

 実際に経験・知覚したことしか話せない立場の証人に、意見を求めたり議論を持ちかけるかのような尋問、

 回答者をバカにするような侮辱的な尋問、

 ……などは禁止されています。

 わざと質問者がトラップを仕掛けている場合もあるでしょうし、うっかりやってしまう場合もあるでしょう。

 特に、被告人が無罪を主張している事件で、目撃証人や被害者証人を尋問する場合などで、問題になります。

 本来は、こうしたズルイ尋問に対して、証人が答える前に、相手方の法律家(弁護人や検察官)が異議を出すべきなのですが、そううまくいく場合ばかりとは限りません。

 ズルイ尋問に対し、証人が回答してしまったなら、判断者である裁判官や裁判員は、その回答を頭の中から消す、そうでなくても、判断の資料として使ってはいけません。

 そのことも、裁判員に説明しておく必要があるでしょう。

 裁判員の負担を取り除くことも大切ですが、裁判のルールを貫く配慮も同じように重要です。

 
 
 

【 44 】
 えぐい証拠は、強制的に見せるべきではない

 裁判員裁判では、人が亡くなったような事件を中心的に扱うものですから、被害者の遺体の状況など、非常に凄惨な証拠もあがってきます。

 ただ、そうした証拠を直視しなければ、「有罪/無罪」や「量刑」を判断できない、というケースはごく少数でしょう。

 できれば、見る勇気のある裁判員は、そういった類の証拠も見るべきですが、どうしても見られない場合は、無理強いすべきでありません。

 えぐい証拠を直視できなかった裁判員も、質問や評議など、ほかのシーンで十分に、裁判を充実させる貢献はできるはずです。

 また、凄惨な証拠を見た裁判員と、見られなかった裁判員との間で、まるで立場に差が生じるかのような空気が流れる場面も考えられます。裁判長をはじめとする職業裁判官は、そうした空気を敏感に察知し、公平に意見を述べる機会を与えることが重要でしょう。


 
 

【 45 】
 いわゆる「区分審理」について

 区分審理というのは、たとえば一連のオウム事件のように、凶悪犯罪をたくさん犯している被告人について、裁判が長引きそうな場合に、それぞれの事件を分割して審理する方法です。

 たとえば、別々のタイミングで3つの殺人事件を犯している場合は、それぞれの事件につき、裁判員を6名ずつ召集することになります。そして、各グループの裁判員は、それぞれの担当事件につき、有罪か無罪かの判断さえくだせば、任務から解放されるため、一般国民への負担が軽くなると考えられています。

 ただ、職業裁判官の3名は、殺人事件3件をすべて共通で担当しています。

 ただでさえ法律知識に差があるのに、一連の事件に関する情報量まで、総合的に大きな差が生じてしまっては、個別の事件で駆り出されてくる裁判員が、単に市民参加という外観を満たす目的だけの「お客さん」となってしまう可能性も捨てきれないのです。

 負担を軽くするだけでなく、市民参加という目標がしっかり達成されるような仕組みづくりも忘れてはならないでしょう。

 たとえば、6名の裁判員のうち3名は、比較的時間に余裕のある国民(年金生活者など)のなかから選んで、裁判官と同じように一連の事件を共通で担当させるなど、なるだけ両者が対等に議論できるような環境も、工夫して作れるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

裁判所で働いてる「犬」の話

 裁判所で働く犬を育てるプログラムを推進している「Courthouse Dogs」の創設者エレン・オニール・スティーブンスさんは、検察官として米国シアトルで働いています。裁判所で犬が大きな役割を果たしてくれるだろうと思ったきっかけは、脳性麻痺を患っている彼女の息子を補助するサービス・ドッグのジーターと暮らし始めたことだったそうです。

 子供にとって、自らのことを見知らぬ大人に話すことはとてもハードルの高いことだといいます。ですが、大人に話すことをためらう子供たちも、犬に向かってならば突如として話し始めたりすることがあるそうです。実際に、ひどい虐待を受け、貝のように口を閉ざしていた女の子が、ジーターを1時間半にわたって撫で続けた結果、自らの身に起こった出来事を話せるようになったと言います。(ドッグ・アクチュアリー 2009年8月26日


 

 記事のなかにもありますが、証人尋問を待っている間に緊張感に包まれるのは、なにも子どもだけでなく、オトナの証人にだってあてはまるでしょう。

 そんな証人の緊張感を、「裁判所犬」は、優しく癒してくれます。

 緊張させられるのは、裁判所に呼び出された裁判員候補者、あるいは、これから裁判の開始を控えている裁判員だって同様です。

 彼らも「裁判所犬」が優しく癒してくれるはずです。

 また、初仕事の弁護人や検察官、裁判官も、法廷でとんちんかんな発言をやってしまわないか、緊張が抑えきれません。

 ナーバスになった新米法律家も、「裁判員犬」が、その高ぶった神経を和らげてくれます。

 初めて刑事裁判を観る一般の傍聴人も、手錠と腰縄でつながれた被告人を目の当たりにして、緊張に包まれて……

 大丈夫!「裁判所犬」がいますもの。

 

 保釈中で、看守がついていない被告人にも、「裁判所犬」の目が光り、少しでも不審な動きを見せたら、思いっきり頭から噛みついてきます。

 

 こんなんじゃ、働かせすぎで、裁判所犬の精神状態のほうが参ってしまいそうですが。

 

 ジョーダンはさておき、日本でも「裁判所犬」、早期導入が待たれますね。

 ただ、世間には犬が苦手な方もいますからねぇ。

 「裁判所猫」「裁判所アルパカ」「裁判所イグアナ」「裁判所グッピー」「裁判所耳かきお姉さん」など、証人の好みに合わせて、いろんな癒し系の仲間たちが控えていたほうが嬉しいですよね。

 いや、裁判所にいる人間を癒すだけなら、ロボット犬で事足りるのかも。

 だとすれば、「裁判所犬」が生体でなければならない必然性も検討すべきなのでしょう。

 

 ま、ややこしい話はともかく、日本の法廷、 少なくとも観葉植物の1鉢ぐらい置いていただきたいものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »