« 足利事件の再審初公判、奇跡の傍聴券ゲット! その大きな代償も…? | トップページ | 世界初! ペットボトル禁止条例 »

2009年10月27日 (火)

【地方探訪2】 珍しいネーミングの観光大使(ミス○○)

 台風一過! 雲一つ無い青空が広がっておりますなぁ~~。

 20091027115200

 
 ↑ 今朝、うちのベランダに落ちてました。 昨日の台風でどこからともなく飛んできたんでしょう。

 フォーエバー21って、男モノあったっけ?

 サイトを観てみたら、あるんですね。 へぇ~。

 今朝からフォーエバー21の袋が見あたらない女性は、ぜひご一報を。 そのへんで、お茶でも飲みましょう。

 もし、持ち主が男性である場合は、申し出ていただかなくて結構です。 ごみ袋として活用させていただきます。

 

 11月末に幻冬舎新書として出版させていただく、次回作の書名が『47都道府県これマジ!?条例集』と決まりました!

 そう、仮タイトルが、正式タイトルになったかたちです。

 皆さんがお住まいの街、そして故郷を、ますます好きになれるか? それとも嫌気が差すか……? ふふふ。

 さらに、この出版タイミングで、『裁判官の爆笑お言葉集』がコッソリ増刷されることも決まりました。 どうもありがとうございます。

 出版業界には極めて厳しい時代ですが、愛車の板金塗装代を稼がなければいけないので(←まだ言ってる)、なりふり構わず書き続けるしかありません。

 

 さて、全国各地では、自治体の観光PRに一役買う「ミス○○」として、大勢から選ばれた好感度の高い女性が活躍しています。

 しかし、一部には募集定員を大幅に割って、応募者がゼロというミスコンもあり、たまたまコンテストの事務を手伝っていた淑女がミスに抜擢されるなんて、苦し紛れの珍事もあるそうで……。

 まぁ、今の時代、地方のミスコンにエントリーして選び抜かれる明確なメリットは、ほとんど無いのかもしれません。

 地方の容姿端麗な娘さんは、受験勉強を頑張って、東京の大学に出てきて、ミスキャンパスに選ばれて、女子アナになって、プロ野球選手と結ばれて、大リーグを目指す夫に付き添ってアメリカに渡り、数年後に戻ってきて、旦那が引退したらフリーアナやママさんタレントとして活躍するんだろうなぁと思うのですが、

 それだけに、露骨な見返りを求めず、故郷の振興のために力を貸そうとする女性には、とても好感が持てますね。

 それに、

 単純に男の子として、きれいなお姉さんは大好きです。 っつーことで、

 

【北海道・札幌市】 ミスさっぽろ・雪の女王

【秋田県】 ミスあきたこまち

【岩手県】 いわて純情むすめ

【宮城県・石巻市】 ミス川開き

【宮城県・大崎市】 ミスこけし 
 ※ 2009年廃止。 以前には、ミスに選ばれた女性が直後に辞退し、自治体が民事提訴する騒ぎにもなった模様。

【栃木県・真岡市】 ミスコットン 
 ※ 外国の方!

【埼玉県・草加市】 草加さわやかさん

【神奈川県・大井町】 ひょうたん娘

【富山県・砺波市】 プリンセスチューリップ

【石川県・金沢市】 ミス百万石

【山梨県】 ミス宝石

【山梨県甲州市】 ぶどう娘
 ※ モーニング娘ぐらい多い。

【長野県・佐久市】 ミス佐久鯉

【静岡県・富士宮市】 ミス富士山

【三重県】 伊賀っ娘

【滋賀県・甲賀市】 ミスくの一忍者 (甲賀の里 忍術村)

【奈良県・大和郡山市】 女王卑弥呼
 ※ 福岡にも同名の観光大使がいます。邪馬台国の位置論争も背景にあり、複雑ですね…。

【京都府・宮津市】 プリンセス天橋立

【兵庫県】 ミス揖保乃糸

【兵庫県姫路市】 お城の女王

【鳥取県】 しゃんしゃん鈴の音大使

【岡山県】 備前焼小町

【広島県・熊野町】 ふで娘


【徳島県・鳴門市】 うずしおレディ

【愛媛県】 みかん大使

【福岡県・朝倉市】 女王卑弥呼

【福岡県・柳川市】 水の精

【宮崎県・延岡市】 若鮎レディ

【宮崎県・高千穂町】 ミス神様 (高千穂建国まつり)
 ※ おそれおおすぎる名前。

【沖縄県】 泡盛の女王

 

<< 番外編 >>

【岩手県・西和賀町】 ミスターきのこコンテスト

|

« 足利事件の再審初公判、奇跡の傍聴券ゲット! その大きな代償も…? | トップページ | 世界初! ペットボトル禁止条例 »

地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集」カテゴリの記事

コメント

袋の持ち主はわ・た・しheart01うっふんheart04
こんど、お茶しましょ。。。

おっと、失礼しました。

先日の珍イベント、海外にも見渡すと本当にたくさんあります。特に、注目はフィンランドです。

北欧の国は“NOKIA”で有名ですが、様々な世界選手権で話題を集めます。

エア・ギターの世界大会は日本でも話題になりましたが、体重49kg以上の奥様運びなんていうのもあります。

他にも、携帯投げ選手権やコケモモ摘み世界大会、水中ジョギングの世界大会まで催しています。雪合戦の世界大会もフィンランドで行なわれます。

個人的には奇妙な大会よりも、北欧の美女としっぽりお茶を飲みたいところですが、、、

投稿: にしざわ | 2009年10月28日 (水) 17:34

>にしざわさま

北欧美女、いいですねぇ~~。

どこでもドアと翻訳こんにゃくさえあれば、私にも挑戦権がありそうです。(何の?)

個人的には、各地の珍イベントにがぜん興味が湧いているのですが、一般的にはどうなんだろう。

にしざわさんが挙げてくださったなかでは、携帯投げ選手権しか知りませんでした……。未熟者です。

あとは、スイスかどこかで、オフィス椅子に乗っての坂下り競走をやっていたのを、テレビで観ました。異次元の迫力があります。

投稿: みそしる | 2009年10月29日 (木) 09:52

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/46596178

この記事へのトラックバック一覧です: 【地方探訪2】 珍しいネーミングの観光大使(ミス○○):

« 足利事件の再審初公判、奇跡の傍聴券ゲット! その大きな代償も…? | トップページ | 世界初! ペットボトル禁止条例 »