« 足利事件 現場周辺を歩き回る(昨年12月24日) | トップページ | コンビニ「サンクス」限定の法律本! »

2010年1月16日 (土)

プロ野球「契約更改」は、法律的にヘンだ

>>> ヤクルトつば九郎が出来高契約 「ますこっとでいちばんに」

 ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が25日、東京・新橋の球団事務所で契約更改交渉を行った。交渉役の鈴木球団社長から“事業仕分け”されそうになる一幕もあったが、打倒ドアラを必死にアピール。これまでのヤクルト飲み放題に加え、2896円プラス出来高払い、東京23区内交流会の提供という “大型契約”を勝ち取った。

 一番になりたい! メタボなおなかに秘めた思いが実った。石川から「お願いすることが大事」と言われたが、忠告は柳に風。平身低頭どころか猛アピールをかけた。

 「どあらにかちたい。ますこっととして、いちばんになりたい」。しかし、返ってきた言葉は予想外。「どうしても1位なのか? 2位じゃダメなのか」。蓮舫参院議員顔負けの厳しい“事業仕分け”が待っていた。

 しかし、ここでめげないつば九郎。今度は打倒ドアラにかける思いをひたすら訴えた。一番になりたい、一番になりたい! ヤクルト自慢の“ギネス打線”さながらの畳みかけに球団も降参。「しょうがない」とばかりに、「バック宙できるようになったらプラス2896万円」などの出来高を含めた大型契約を提示し、一件落着となった。
(中日スポーツ 2009年12月26日)

 
 
 

 これは面白い。

 そういえば、中日ファンの友人に連れられ、東京ドームまで巨人中日戦を観に行ったことがありますが、中日ドラゴンズのマスコット・ドアラは、試合の合間にバック転をやって、スタンドを盛り上げたりしますよね。

 バック宙は頭がデカイと難しいでしょうから、着ぐるみの軽量化も条件に入れてほしいですよね。

 「年俸100万%アップ」を目指し、つば九郎にも頑張っていただきたいものです。

 

 今までは「ヤクルト飲み放題」だけだったんですね。 つば九郎の待遇は。

 でも、うらやましいですよ。

 私はガキの頃、ヤクルトの分量に納得いってなかったですから。

 ヤクルトは分量が寂しいですが、牛乳を混ぜると、なかなかウマく、かさも増えますので、風味の違う別バージョンのヤクルトを大量に飲んだつもりで、重宝してました。

 ま、うちのおふくろからは、「また、そんなセコい飲み方して!」と呆れられてました。

 牛乳を混ぜたヤクルトを「セコルト」と命名され、侮蔑されてたことを、昨日のことのように思い出します。

 

 それにしても、蓮舫さんの強気な発言やキャラクターも、ほとんどネタとして消費されてますよね。 クラリオンガールという輝かしい経歴とともに。


 

 さて、

 プロ野球はキャンプのシーズンが近づき、選手たちの「契約更改」も、ほぼ出そろいつつあります。

 

 ただ、前々から気になっていることがあります。

 ありゃあ、契約更改ではなく「契約更新」というべきじゃないのかぃ?

 

◆ 民法 第513条 (更改)
1 当事者が債務の要素を変更する契約をしたときは、その債務は、更改によって消滅する。

 
 

 本来、契約の「更改」とは、契約における根幹となる部分を変える法律行為を指します。

 プロ野球の契約更改といえば、年俸の金額を変更したり、複数年契約にしたり、ホームラン王や最多勝などのタイトルをとった場合に出来高として報酬を上乗せしたり……といったことですよね。

 これらは、契約の“根幹”の変更とまではいえません。

 たしかに「お金は大事」なのですが、法律上、契約上の報酬金額などが上下したとしても、それは根幹部分の変更ではなく、よって「更改」にはあたらないのです。

 契約の当事者が変わるとか、選手を引退してチームの監督に就任するとか、年俸がお金でなく現物支給になるとか、それぐらい過激な変化がなければ、「更改」とはいいません。

 

 でも、ま……、別にイイんですけどね。

 契約更改だって、容疑者や起訴事実などと同じように、いかにも法律用語っぽい「マスコミ用語」として捉えれば済む話です。

 よろしければ、新年会の会話のネタにおひとつどうぞ。

 

【お知らせ】
 このたび、拙著『47都道府県 これマジ!?条例集』を、ソフトバンク社のサイト「ビジネス+IT」が、私へのインタビューつきで取り上げてくださいました。 ありがとうございます。

|

« 足利事件 現場周辺を歩き回る(昨年12月24日) | トップページ | コンビニ「サンクス」限定の法律本! »

法と実態の矛盾」カテゴリの記事

コメント

プロ野球選手の年俸報道で一番最初に「契約更改」の四文字造語を使ったのは誰なんでしょうね。造語なので目くじらを立てたくはありませんが、正しい日本語をマスコミには希望します。来年のシーズンオフでは「契約更新」もしくは「契約公開」に改めて欲しいです。

投稿: きたひろさとう | 2010年1月17日 (日) 00:01

セコルト〜‼
うけました〜!

ヤクルトと牛乳まぜたあの味ってチルミルですよね⁇なつかしー

投稿: まつたけ | 2010年1月17日 (日) 19:06

>きたひろさとうさん

 たしかに、最初に「契約更改」などと言い出したメディアが何者なのかは気になりますね。プロ野球ができて、条件交渉が本格的に始まった頃なのでしょう。

>まつたけさん

 そうか、ヤクルトと牛乳を混ぜたら、たしかにチルミルっぽいかも。懐かしい。

「セコルト」の命名は、ウチの母でございます。

投稿: みそしる | 2010年1月19日 (火) 22:52

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/47310919

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球「契約更改」は、法律的にヘンだ:

« 足利事件 現場周辺を歩き回る(昨年12月24日) | トップページ | コンビニ「サンクス」限定の法律本! »