« 子午線裁判所 | トップページ | お金の半分は、優しさでできている »

2010年2月24日 (水)

世界の貯金箱博物館 (兵庫県 尼崎市)

20100220123835

 
 先週の土曜日のこと、せっかく取材で兵庫県に来たのだから、前々からぜひ立ち寄ってみたいと考えていた場所に向かいました。

 

20100220130147

 
 
 尼崎信用金庫が運営する、「世界の貯金箱博物館」

 以前お伝えした「大麻博物館」とは違って、今回は、法律や裁判とは全く関係ございません!

 ただ単に、珍しモノ好きの血が騒いだだけで。

 

20100220124123

 
 1階の特設会場に、黄色く広がる阪神タイガース試用の貯金箱たち。

 まるで、ひなまつりの段飾りを先取りしているかのよう。 (?)

 このスペースは、数カ月単位で企画が用意されていて、そのたびに全面的に品物を入れ替えるそうです。

 
 

20100220124224

 

20100220124857

 

20100220125042

 

20100220125330

 

20100220125424

 帰りがけに、受付のご婦人に声をかけてみました。

 貯金箱に関する博物館は、ほぼ世界で唯一。

 以前はオランダにあったけど、無くなったらしい。

 そして、現在展示してある貯金箱は、所蔵品のわずか5分の1程度にすぎないこと。

 ……などなど、仕事と何の関係もないのに、いろいろ聞いちゃいました。
 

 千葉の船橋からやってきて、懸命に展示物の写真をとる私は、どうやら「貯金箱に大変興味のある人間」と思われたよう。

 「全国の珍しい博物館をまわるのが趣味です。 まだ始めたばかりですが」と、適当な説明を返しておきましたが、ホントにまわってみようかな、マニアック博物館を。

 東京にもいろいろと、細かいテーマで珍品を集めている博物館は散在しているようなので、裁判所の閑散期にでも、少しずつ訪れてみようと思います。

 

 今回、私の一番のお気に入り貯金箱は、コチラ ↓
 

20100220124320

 

|

« 子午線裁判所 | トップページ | お金の半分は、優しさでできている »

( 日本全国 マニアック博物館の世界 )」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/47629586

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の貯金箱博物館 (兵庫県 尼崎市):

« 子午線裁判所 | トップページ | お金の半分は、優しさでできている »