« 竹富島の文化景勝 vs リゾート界のカリスマ | トップページ | 「わいせつ」アレコレ »

2010年3月12日 (金)

はじめての特許審判傍聴

20100312132511

 

 虎ノ門のJTビル!

 ひたすらタバコを売り続けて、これだけ立派な塔を建てられれば大したもんだと思うわけですが、ここには、なぜか特許庁の審判部が入っています。

 JTビルの斜向かいに、特許庁そのものの庁舎がありますけれども、どうやら知的財産がらみのトラブルに関しては、ここへ審理機能が移されているようです。

 審判廷は、16階にあるとのこと。

 今日は14時から、アースvs金鳥、因縁の対決。

 両者は、家庭用殺虫剤の国内シェアで、それぞれ1位と2位。 熾烈な争いです。

 

 特許の審判。 初めて覗きますよ。 ドキドキ。

 まぁ、まだ今年の確定申告を終えてないので、こんなところで傍聴取材なんてしとる場合じゃないのですが……。

 今週ようやく重い腰をあげて、会計ソフトに触り始め、これでもけっこう頑張ったので、残すは領収書(現金払いの経費)の入力作業のみ。

 明日じゅうには、ひととおり申告書類はできあがるだろうと目論んでおります。 だから、まぁいいかと。

 細かいお金の計算が大の苦手で、延ばしに延ばしたあげく、相変わらず最終日の3月15日(月)に申告せんとする、かなりガキっぽく恥ずかしい私ですが、

 それでも、いちおう申告するだけ、どこぞの脳科学者さんよかマシやろうと、自分をなぐさめています。

 

20100312132759

 

 地震が来たら、ワイヤーが切れて2,3本落っこちてきそうな、不思議なオブジェをくぐって、ビル内部へGO。

 玄関脇には、「携帯灰皿博物館」なんてモノが……。

 珍ミュージアムに興味が湧きつつある昨今の私ですが、ここは単なる灰皿の売店のようにも見えます。

 エレベーターで、まったく人気のない16階に上がると、ドアの前に控える警備員に手荷物検査を求められました。

 もっとも、カバンのファスナーを開けて一瞥される程度ですが。

 さらに、受付の女性に氏名と所属と用件を尋ねられます。

 「審判の傍聴です」と答えると、傍聴人待合所というところで、いすに座って待機するように言われました。

 所属に関しては、正直に「フリーランスです」と答えても、何の問題もなく。

 ただ、開廷の5分前まで審判廷には入れてもらえません。 暇つぶしが大変。

 公正取引委員会の場合、建物に入る前に身分証明書の提示を求められるものの、いったん中に入ってしまえば、裁判所と同じく、けっこう自由に17階の審判廷へ出入りできます。

 なので、特許庁の対応には、いささかの戸惑いが。

 審判廷には傍聴席が24席。 傍聴席と審判の場を区切る柵は存在しません。

 ほかに傍聴人も10名ほどいましたが、私以外は全員、アースか金鳥の関係者のようです。

 午後2時、審判官の3名が入廷し、場にいた全員が起立・礼。

 まずは中央の審判長が名を名乗り、さらに陪席審判員と書記の女性の名前も紹介していました。 ここは、裁判所と大きく違う点。

 ただ、いったん審理に入ると、両者は何のことを話しているのやら、さっぱりわかりません。

 なぜなら肝心な内容は、双方が審判官に提出した書面にすべて書かれているからです。

 このへんのもどかしさ、モヤモヤ感は、民事裁判を傍聴しているときに似ています。

 

 1時間ぐらい、じっくりやりとりを聞きながら話を総合して、

 「アース側が、金鳥の特許の無効を申し立てていること」

 「金鳥の特許は、どうやら液体蚊取り器の装置の材質にあるらしいこと」

 ……が、ようやく、なんとなく読み取れました。

 殺虫有効成分が染みこまない材質のプラスチックを使って、装置のケースを作っているっぽい話をしているので、そのへんに金鳥の特許が認められたのでしょう。

 それに対して、アースは「そのプラスチックは既存のモノだし、大して試行錯誤せずに選んでいるだろう」と言いたげです。

 数年前には、アースが持っていた「電池で殺虫成分を空気中に拡散させる」という、電池式蚊取りの特許を、金鳥が侵害したとして訴訟になり、話題になりましたが、東京地裁は、金鳥の主張を一部認めて、最終的にアースの特許を無効だと判断しました。

 それを苦々しく思ったアースが、今度は金鳥の持つ特許を無効だと訴えて反撃に打って出たのかもしれません。

 

 ……今回は推測が多くて、歯切れが悪く、すみません。

 だって、手元に何の資料もないんですし。

 かえって、刑事裁判のやりとりの親切さ(?)が身に浸みました。

 帰りがけ、受付のお姉さんに「ありがとうございました」とお礼をいわれた私。

 なんとなく嬉しいけれども、不思議な感覚の残る特許審判傍聴でした。

 
 
 

( おしらせ )

 おかげさまで、新たな連載が決まりそうです。

 『会社法務A2Z』(第一法規)という月刊誌に書かせていただきます。

 「堅い話題の“箸休め”になりそうな内容」という方針は明確なのですが、具体的に何について書くかは、まだカッチリ固まっていません。 いずれ改めてお知らせしますね。

|

« 竹富島の文化景勝 vs リゾート界のカリスマ | トップページ | 「わいせつ」アレコレ »

裁判傍聴録「レペタな私」」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、大谷と申します。
コメントではなく、質問です。
その日(月?)に審理される無効審判ほ、具体的に、特許庁ホームページのどこから検索すればよいのでしょうか?
ご教示いただけますよう、よろしくお願いいたします。

投稿: 大谷 | 2011年6月 6日 (月) 16:27

こんにちは。
特許庁の審判の予定については、このページに載っています。

http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/kousyo.htm

ここに載っている特許審判が全てなのかどうかは、わかりかねますが、私はここだけしか知らないです。

投稿: みそしる | 2011年6月 6日 (月) 18:34

ありがとうございます!
勉強のために、傍聴してみます!

投稿: 大谷 | 2011年6月 7日 (火) 20:55

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめての特許審判傍聴:

« 竹富島の文化景勝 vs リゾート界のカリスマ | トップページ | 「わいせつ」アレコレ »