« 住民が裁判員になりやすい都道府県、なりにくい都道府県ランキング! (2009年実績) | トップページ | 法律本がカワイくって、何か問題でも? »

2011年8月22日 (月)

セピア色の味わい…? 昭和初期の裁判官お言葉集

 ひょんなきっかけで、国会図書館にて戦前の東京朝日新聞の記事をパソコンで検索できることを知りまして、ついでに、戦前(おもに昭和初期)の裁判官のお言葉を拾ってみました。

 なんともいえない味があるんですよね。

 

 

『馬鹿な真似をしちゃいかんぜ』

 1927(昭和2)年10月19日 (東京控訴院・遠藤裁判長)

 若槻禮次郎首相(当時)の官邸へ、白木の三方(神事に使う台)に短刀一口、さらに棺おけ1個をかつぎこんだとして、「暴力行為取締法違反」に問われた某結社(おそらく右翼団体)の「首領」(39歳)に、懲役6月(3年間の執行猶予)を言いわたして。

 

『この種の犯罪は刑法上でも軽い犯罪に属し、路傍で行われた場合にはおそらく起訴もされなかったであろう。場所がたまたま神聖な議場であった故に、ついにこの結果を致したことは遺憾である。法律を曲げることはできぬ。無罪にしえないことは誠に気の毒にたえない。将来この種のことがないように望む』

 1927(昭和2)年12月16日 (東京地裁・垂水裁判長)

 国会議事堂で代議士の演説中に演壇の上に駆け上がって、殴打したり、背後からのどを締め付けたり、演説草稿を破ったりして、演説を妨害した10人の代議士が起訴され、9人に懲役3ヵ月などの有罪判決を言い渡して。

  政治家に対して「無罪にできないのは気の毒」と、権力作用への同情を寄せる本音を裁判官が露わにしたのは、やはり時代性かなと思います。……ただ、一部の代議士には罰金50円の求刑に対して、罰金300円という求刑越え判決を言い渡すなど、判決内容には厳格さも見られました。

 

『刑事訴訟法の規定により、被告人の陳述を聞かずに判決したが、このような異例の裁判をしたことは遺憾である。被告人の父親も心配していることもわかっているだろう。よく周囲を考えなければならぬ』

 1932(昭和7)年8月4日 (東京地裁・藤井裁判長)

 治安維持法違反で起訴された被告人(26歳)が、法廷で不規則発言を繰り返して、ついに退廷命令をくだすに至り、その後、懲役3年の実刑判決を言い渡して。

 

『時間があるから聞こう。ただし、これは裁判所としてでなく、個人として会談しているのだから。ただ、共産党の被告人の場合、もし出所後も運動するでは保釈できないではないか。これは法律でなく常識だ。被告人は妙に意地を張るように見えるが、これは改めるように忠告する』

 1933(昭和8)年9月19日 (東京地裁・西村裁判長)

 5・15事件の判決公判で、なおも被告人が保釈のことや無罪主張をくどくど述べ立てたことを受けて。

 

『他人に金を貸すのに、自分から、しかも役所にご持参するとは、たぐいまれなる親切ぶりだね』

 1931(昭和6)年9月30日 (東京地裁)
 
 福澤桃介が勲3等に叙せられた見返りに、福澤と関係の深い増田次郎(大同電力社長)らから3000円が渡り、賞勲局総裁の天岡直嘉が1000円の小切手を受け取ったとされ、天岡の私設秘書である鴫原亮暢が逮捕された、いわゆる「勲章疑獄事件」。
 鴫原被告人が、「金銭に窮した天岡氏が、元北海道鉄道の渡辺・兵頭両氏にお金の融通を頼んで、私の一存で自分を介して天岡氏に渡した。渡辺・兵頭両氏が1500円ずつを賞勲局へ持ってきたのも、自分に対してのことだ」と供述したことを受けて。

 

 
 

<< 番外編 >>

『裁判長、過分に思うぞよ』 [※被告人の言葉]
 

 1930(昭和5)年2月13日 (東京地裁・大野裁判長)
 
 母親から預かっておつかいに出ていた9歳の女の子が、踏み切りを通りかかった際、持っていた6円を奪って、強盗の疑いで起訴された27歳の男。 朝日新聞紙上に、法廷でのやりとりの一部が記されていた。
 
 裁判長 「住所は」
 被告人 「赤いレンガ造りの大きな家で…… 今、自動車に乗ってきたばかりだ」
 裁判長 「どうして金を盗った」
 被告人 「(女の子は)嫌だ嫌だと言ったが、構わずグイと盗りましたよ」
 裁判長 「あんなことをして、悪いと思はぬか」
 被告人 「とにかく、腹が減ったね」 (傍聴に来ていた女子高生たちを笑わせた)
 
 裁判長 「今回は、このくらいにしておこう」
 被告人 「裁判長、過分に思うぞよ」 (演劇ばりの台詞もどき)

 ⇒ 当該新聞記事は「次回は精神鑑定が行われるだろう」と結んでいる。 昔の新聞って、けっこうな毒舌を平気で吐いている気がする。

 

 

 国会図書館の端末で可能な戦前新聞検索は、[東京朝日新聞]の[見出し]だけなので、他の新聞、しかも記事全文で探せればいいのになと思います。
 本腰を入れてアナログ的に捜索を始めれば、もっとたくさん見つかるかもしれませんが、あくまで個人ブログのネタですので、この程度の精度でご勘弁を……。

 なお、2年以上にわたってお送りしてきた、裁判傍聴記事のメールマガジン『ナマの犯罪法廷!人生と世の中を「感じて」「考える」裁判傍聴録』は、残念ながら諸事情により、先月いっぱいで配信終了させていただきました。 購読してくださった方々、まことにありがとうございます。

|

« 住民が裁判員になりやすい都道府県、なりにくい都道府県ランキング! (2009年実績) | トップページ | 法律本がカワイくって、何か問題でも? »

法律家の語録集」カテゴリの記事

コメント

私は法学に興味があるんだが、とても興味深い内容で感心する。

投稿:   | 2011年9月 4日 (日) 23:08

評価してくださいまして、どうも有難うございます!

投稿: みそしる | 2011年9月 7日 (水) 16:06

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/52538361

この記事へのトラックバック一覧です: セピア色の味わい…? 昭和初期の裁判官お言葉集:

« 住民が裁判員になりやすい都道府県、なりにくい都道府県ランキング! (2009年実績) | トップページ | 法律本がカワイくって、何か問題でも? »