« 「恋の六法全書」を読んでほしい! 3年ぶりの書店まわりの旅(大阪→仙台→福島→郡山) | トップページ | “カレログ”の社長にお会いした »

2011年10月 9日 (日)

法律に引っかからないよう、スマートに恋人を“束縛”する方法

 

 秋、それは人を人恋しくさせる季節。
 
 
 ようやく付き合うことができた恋人がいても、その心がなんとなく離れていくような気がして、どうにかして引き止めたくなる季節。

 そして、自分のほうに気持ちを向けておきたい季節。

 さらに、自分色に染めたい季節。 まさしく、自分だけのステディであると確認したい季節。

 ……まあ、だんだん季節感と関係ない話になってますけど、その恋人のことをめちゃくちゃ好きでいて、他が見えなくなり、決して手放したくないという「束縛」の欲求。

 初めて恋愛を経験する若者たちなら、相手の気持ちを汲み取る余裕を失って、そういう気持ちにまで高まることもあるだろうなと理解できます。
 
 でも、相手の気持ちをむりやり繋ぎ止めるなんて、そんなことはできるんでしょうか?

 そもそも法律的に許されてるんでしょうか?

 
 個別に確認していきましょう。

 
 

 【束縛1】
 休みの日に、恋人がひとりで繁華街へ出かけていったので、こっそり20メートルぐらい後ろから付いていってみた。

 
 ……彼は、彼女は、今どこで何をしているんだろう。 付き合いたてのころは気になりますよね。
 
 ただ、こういう探偵きどりの尾行みたいなことを何度も繰り返していれば、ストーカーの罪に問われてしまうかもしれませんね。
 
 悪質だと「懲役1年」なんてこともありえますよ。

 決して脅す意図はないですが、現役の恋人同士でもストーカー犯罪はちゃんと成立しうるのです。

 ちなみに、私は良かれと思い、「週末には毎週会おう!」と彼女と約束したことがあったんですが、そのことがだんだん彼女にとって、知らず知らずのうちに精神的な負担になっていたようで。
 もう15年ぐらい昔の苦い思い出を、たわむれに搾り出してみましたが……。

 だから、自分では束縛しているつもりがなくても、相手にとっては束縛されていると受け取られる場合もあるかもしれませんね。 すれ違いの始まりです。

 

 
 【束縛2】
 休みの日に、恋人がひとりで繁華街へ出かけていったけど、前もって恋人のスマホにこっそり「カレログ」をインストールしておいたので、今どこにいるかをGPS追尾で確認してみた。

 
 ……うーむ、ずいぶんハイテク(死語)な恋の束縛ですね。

 最近は「カレログ」のように、スマホGPSの現在位置情報を、離れた場所にあるパソコンやケータイへ送信する機能があるアプリが出現してきています。

 つまり、尾行しなくても恋人の居場所がわかるという。

 もっとも、スマホの持ち主である恋人が、「カレログ」を使うことに同意していればいいんです。
 でも、その持ち主に黙って、勝手に「カレログ」などの現在位置送信アプリをスマホに入れて動かすと、不正指令電磁的記録供用罪という、ややこしい犯罪が成立してしまうおそれがありますよ。

 持ち主の意思に反して動いてしまうプログラムは、法律上「不正指令電磁的記録」(コンピュータウイルスなど)として扱われ、他人が勝手に導入することが禁止されているのです。

 ちなみに、今年7月から適用されるようになったばかりの、生まれたてホヤホヤ罰則です。
 

 そういえば、今月に入ってからは、早くも「カレログ2」なんてものが発表されましたね。 根本的に機能は何も変わってないみたいですが。

 

 【束縛3】
 「ケータイの電話帳、私以外の女のデータを全部消してよね!!」

 うーむ、彼氏がよほどの色男で、心配なんでしょうなー。
 というより、彼氏のケータイの電話帳を事前にこっそりのぞいていないと、あんまり出てこないセリフだと思うのですが。
 それはともかく、彼女にこんなこと言われるぐらいモテてみたいものです。実際に言われたら鬱陶しいし、軽い恐怖でもあるのは目に見えてるとはいえ。
 
 でも、こういうふうにデータ消去を強く要求する束縛的セリフも、この程度なら犯罪や不法行為には該当しません。
 
 だから、この彼女、法律的には上手に束縛を実行しているといえます。

 これがですね、「全部消去してよ! さもないと、そのケータイごと壊すからね」などと脅すと、他人に害悪を告知して、義務のないことをさせようとしていることになり、強要罪が適用されてしまうかもしれません。

 この「消去しなければ、さもないと……」という、「さもないと」(や、それに近い意味の言葉)の有無がポイントです。
 
 「お願いだから、私の好きな俳優の髪型にしてきてよ。言うこと聞かないと○○してやる!」とか、「オレ以外の男としゃべるなよ! さもないと○○だ」みたいな。
 
 こういうのは、もはや強要行為のレベルにまで至っていて、決してスマートな束縛とはいえません。

 「消去しないと、どうなるかわかってるんだろうね!」というあいまいな脅しなら、まだギリギリでセーフかもしれません。
 だけど、「どうなるんだよ?」と聞き返されて、「だからさぁ、ケータイ壊してやるってことだよ!」と、つい素直に告白してしまったら、強要罪のリスクが。

 「女のデータを消去してよ! さもないと別れる!」という脅しも考えられますが、これは果たして有効かどうか。
 「別れる」ということが相手に対する何らかのダメージになるなら、脅しが害悪の告知になって強要罪が成立しえますが、「あー、よかった。別れられてせいせいした」と、むしろ長年の願望が叶ったように思われたら、脅しになってませんよね。

 束縛に従うことを強要すればするほど、相手を束縛できないという、心が左右に引き裂かれるような恋の矛盾が発生してしまいます。

 だから、

 「データ、全部消去してよね!」 ……ここまでで言葉を止めて、飲み込んでおくのが、賢い束縛だといえそうです。

 ただし、「さもないと」に続く害悪の告知を入れず、強要罪を成立させなければいいというわけではありません。
 「仕事から帰ったら連絡してよね!」「朝昼晩メールしてよね!」「私の料理は残さず食べてよね!」「私の選んだ服しか着ないでよね!」と、しょっちゅう要求し続けて、相手がノイローゼとかうつ病などの疾患に陥ったなら、傷害罪が成立するリスクがあるので、これも注意です。

 
 

 なんだかんだ言ってみましたが、相手のことがどうしても好きで、どうしても相手の気持ちを繋ぎ止めたいと思ったなら、むしろ「繋ぎ止めようと思わないこと」が大切じゃないかと。

 逆説的なようにも聞こえるでしょうけど、私は普通のことを言っているつもりです。 これでも36年以上生き永らえてきましたし。

 

 皆さんからの「こんな束縛をした/された」体験談も、よかったらコメント欄に書き込んでください。 お待ちしてます。

 
 私に恋愛ノウハウなんか書けません。 ただ、恋愛をする皆さんの幸せを願っています。

『恋の六法全書 ― ガールズトークは“罪”ですか?』 (阪急コミュニケーションズ 刊)

【おもな内容】
 ・ 同棲を解消した彼の部屋から、何を持ち出していいかが、わかる。
 ・ やっていい路チューと、やっちゃいけない路チューが、わかる。
 ・ 浮気チェックは、彼のケータイでなくて、彼の○○を見ろ!
 ・ 合コンで男に渡された名刺のインチキ肩書き、犯罪になるものの見分け方。
 ・ 安物の電球が切れて、部屋にいた彼が勝手にLED電球に替えてた。
 ・ デートの約束をすっぽかすのが、法律に引っかかるかどうかが、わかる。
 ・ ドライブデート中にケンカして、高速のサービスエリアに置き去りにされた…。
 ・ 女子会のガールズトーク、犯罪に引っかからないよう、もっとスマートに話す方法。

 ……みたいなことを、会話ベースの物語に乗せて解説してます。

|

« 「恋の六法全書」を読んでほしい! 3年ぶりの書店まわりの旅(大阪→仙台→福島→郡山) | トップページ | “カレログ”の社長にお会いした »

★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ)」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。新書のご出版おめでとうございます。

私の先輩で、彼女の名前を手の甲に掘られ、外出時にはいつも車の助手席で目隠しをされて、他の女性に目が向かないようにされている人がいました。ミザリーを彷彿とさせます。

私ですか?束縛もしなければ、束縛もしません。。。
♪わがままは男の罪、それを許さないのは女の罪♪
私の座右の銘ですhappy02

投稿: にしざわ | 2011年10月12日 (水) 20:45

ご無沙汰しております!

彼女のうなるほどの独占欲に支配された先輩さん、どんだけイケメンなんですかcoldsweats01 でも、おとなしく従ってるんですね。

もちろん、当事者が納得してればいいんですが、その関係性、あんまり長続きはしないだろうなぁと思います。

あのスニーカーは、もう捨てたかい~

投稿: みそしる | 2011年10月13日 (木) 08:21

男子校野球部出身といえば、決してジャニーズ系ではないことは容易に想像がつくかと、、、
その後、彼女から逃れるために先輩は消息不明になったとか。

昔、合コンに来た女の子に、私の同僚の電話番号を聞かれました。その子は言動が奇妙で、ややもすれば畏怖の念をも抱かせる大変ユーモラスな女の子でした。

ネタ的に面白いと感じた私は、喜んで同僚の電話番号を迷うことなく教えてあげました。happy02
その後、同僚はストーカー紛いの攻撃を彼女に受ける羽目となりました。

同僚が電話番号を教えられることを望まないことは分かっていました。
私は罪を犯したのでしょうかwobbly


投稿: にしざわ | 2011年10月14日 (金) 23:31

罪ではないですけど…… その同僚さんに対して恨みがなければ、女の子のユーモラスさを事前に伝えたうえで、連絡先を教えていいかどうか要確認だったのかもしれませんね。

もっとも、にしざわさんよりもマズいのは、そのユーモラスな女の子の言動ってことで、異論はないかなと思いますけど。

あんまり魅力がありすぎると、困った異性まで惹き寄せてしまうリスクがあるので、色男は大変だなー。

投稿: みそしる | 2011年10月15日 (土) 16:40

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/52948103

この記事へのトラックバック一覧です: 法律に引っかからないよう、スマートに恋人を“束縛”する方法:

« 「恋の六法全書」を読んでほしい! 3年ぶりの書店まわりの旅(大阪→仙台→福島→郡山) | トップページ | “カレログ”の社長にお会いした »