« 石巻に乗り込んだ、ボランティア偽医者のお言葉集 | トップページ | 最高裁判所の「キャラ」が なかなか見えないという 相変わらずの問題 »

2012年6月 9日 (土)

仙台市太白区長嶺

201206090958000

 仙台からの帰り道にたまたま見つけたバス停なんですけど、こういう地名があると、仙台に(私だけ)親しみが持てますね。

 日頃から「長嶺さんって、沖縄の人ですか?」と、よく尋ねられます。 「○嶺」という苗字は沖縄に多いようですし。

 でも、以前も書きましたが、沖縄に親戚はいませんし、32歳の頃にようやく初めて沖縄に上陸したぐらいのもので。

 ゴーヤは好きですけどね。

 熊本市内にも長嶺町というところがあり、小学校時分には友人らから、よくイジられたもんです。

 で、仙台にも「長嶺」を発見したということで、写メをパシャリ。

 

 うちのおふくろは、佐竹という旧姓でして、その昔、今でいう茨城とか秋田にいた大名、佐竹氏の遠い末裔なのだと、事あるごとに言っていたもんです。

 家系図的なものは見せてもらったことないのですが、とにかく遠い遠い末裔なのだと。

 なんで佐竹氏の末裔が九州の端っこである長崎・平戸で生まれ育ったのやら、よくわからんのですが……。 よっぽど遠いんでしょうかね。

 でも、「長嶺」という地名が仙台にあることがわかり、東北地方とのほのかな結びつきを感じます。
 東北の人の温かさって、なんとなく九州の人間のそれに近い気がするので。

|

« 石巻に乗り込んだ、ボランティア偽医者のお言葉集 | トップページ | 最高裁判所の「キャラ」が なかなか見えないという 相変わらずの問題 »

地方 ふしぎ発見!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/54920717

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市太白区長嶺:

« 石巻に乗り込んだ、ボランティア偽医者のお言葉集 | トップページ | 最高裁判所の「キャラ」が なかなか見えないという 相変わらずの問題 »