« 日本史上に燦然と輝き、シビれる「弁護士弁論」の備忘録(4) 『極東国際軍事裁判(東京裁判)一般最終弁論』 日本側弁護人・高柳賢三弁護士 1948.3.4 | トップページ | 「公然わいせつ罪」についての補足説明…… 『R25』の記事をお読みになった方へ »

2012年10月12日 (金)

日本史上に燦然と輝き、シビれる「弁護士弁論」の備忘録(3)-2 『大阪空港訴訟』 木村保男弁護団長ほか

Yuu0080039
( pro.foto )

 
 

((参考過去ログ))

日本史上に燦然と輝き、シビれる「弁護士弁論」の備忘録(3) 『大阪空港訴訟・第一審原告最終準備書面』 木村保男弁護団長ほか7名 1973.6.20

 

 

 関西地方屈指の人口過密地帯にできた国際空港・伊丹空港周辺の上空で、ひっきりなしに飛び交うジェット機の轟音に苦しめられた住民たちは、

(1)午後9時から翌朝7時までの、離着陸禁止
(2)過去の騒音被害の損害賠償
(3)将来の騒音被害の損害賠償

を求めました。

 

 一審の大阪地裁は、(3)は認めませんでしたが、(2)を認め、さらに(1)については、「午後10時から翌朝7時」というふうに、一部認めました。

 しかし、「午後9時から午後10時」について、住民の訴えは認められなかったのです。

 原告や弁護団は、これを「命の1時間」と位置づけ、二審の大阪高裁に望みを託しました。

 まだ、ハワイが「夢の島」と呼ばれていた頃。 私はハワイに行ったことが一度もないので、未だに夢ですが、それはともかく…… 海外旅行なんて一般庶民には無縁で、大金持ちしか行けなかった時代です。

 ある意味で、騒音問題は、資産あるものが資産なきものを虐げて、犠牲にしているという構図が成り立っていたのかもしれません。 ある意味でね。

 それを前提に、弁護団が控訴趣意書で展開した主張の記録をお読みください。

  

 航空会社のポスターを見れば、どれも南の海に全国から観光客を呼び寄せる派手なポスターであり、冬になればスキー客を呼ぶポスターがこれに代わることになる。われわれは、観光を罪悪視するものでは決してない。しかし、日頃航空機公害で苦しんでいる住民たちは、この派手なポスターのなかに、そして、それに誘われて集まる観光客に、今日の航空機需要の伸びの実像を見る思いがし、公共性の名において、この騒音に耐えなければならないことに複雑な思いがするのである。

 しかし、これらの乗客に、せめて一時間の行動予定を繰り上げてほしいと求めることが、全体的、総合的立場から考えて許されないことだとは思えないのである。

 観光客は勿論のこと、ビジネスに空港を使う人も、空港周辺の住民にもう一時間の安らぎをとりもどさせることの重みを考えるならば、一時間行動を繰り上げることができないとはいわないであろうと確信する。

 

 

 二審の裁判官らは、騒音に苦しめられている現場へ実際に足を運ぶ、異例の「検証」を行ったうえで、住民の請求(1)(2)(3)をほぼ全面的に認めるという、奇跡的な結論を示しました。

 もちろん、「命の一時間」も確保され、全日空(ANA)は判決の翌日に運輸局へダイヤ改正を申請したそうです。 午後9時から飛行機を一切離着陸させなくても、伊丹空港では何も混乱は起きませんでした。

 しかし、国側はこの二審判決を不服として上告。

 最高裁では審理が大法廷へ送られました。

 最高裁の裁判官15人が集結する大法廷。より慎重な審理をしようとする姿勢のアピールでもあります。

 もしかすると、住民側を逆転敗訴させる布石かもしれない。

 現場検証をせず、書面審理のみの最高裁判事たちへ、どのようにして被害をリアルに伝えるか、弁護人は頭を悩ませたようです。 

 以下、上告審での弁論要旨の一部です。

 

 

「被上告人らの居住地区の上空には、目に見えないレールが敷設されており、その上をジェット機が飛来するたびに、被上告人らの居住地区は、ガード下を遥かに上まわる騒音地帯に一変するのである。このような被上告人らの居住地区を滑走路代わりに使用している状況は、現在も継続しており、被上告人らは他に類を見ない異常な騒音にさらされ続け、甚大な被害をこうむっているのである」

(いずれも『大阪空港公害裁判記録6』(大阪空港公害訴訟弁護団 著・ 第一法規出版 刊)より)

 

 最高裁は、(2)のみ認め、(1)(3)は認めませんでした。

 それでも、航空各社の自主的な営業努力で、「午後9時から翌朝7時の離着陸禁止」は維持されました。

 

 当時は日本国が相手方だった騒音公害でしたが、現代でも、騒音問題での係争は、特に米軍基地(嘉手納基地や普天間基地、厚木基地など)を相手に行われています。

 まだまだ、この当時の裁判記録は色あせていないのです。

|

« 日本史上に燦然と輝き、シビれる「弁護士弁論」の備忘録(4) 『極東国際軍事裁判(東京裁判)一般最終弁論』 日本側弁護人・高柳賢三弁護士 1948.3.4 | トップページ | 「公然わいせつ罪」についての補足説明…… 『R25』の記事をお読みになった方へ »

法律家の語録集」カテゴリの記事

コメント

 
 いっそのこと最高裁の裁判にも裁判員制度を導入してはいかがでしょう。民事、行政関係に精通した人は我が国にたくさんいらっしゃいます。人材の宝庫ともいえます。
 刑事裁判の一審のみに国民を引っ張りだすよりも最高裁に参加させたほうが司法参加のPR効果は大です。市民の日常感覚や一般常識と一番かけ離れた裁判所である最高裁に裁判員が入れば判決の流れはかなり変わってくるでしょう。
 法曹資格を持たなくても法的思考に長けていれば最高裁の裁判なんて誰でもできます。なにせ書面審理オンリーなのですから。

投稿: きたひろさとう | 2012年10月14日 (日) 07:47

さとうさん、貴重なご意見、有難うございます。

裁判員制度や陪審制ですと、特定の事件1件限りに携わるということですが、ご意見は、民間の専門家が、ある程度の幅を持たせた任意をもって裁判にかかわるということではないでしょうか。

諸外国で「参審制」という形で行われているものに近いかと思いますが、参審制を最高裁に導入している国はたぶん無いので、これが日本に導入されれば画期的ですよね。

最高裁の裁判官15人のうち、主流の法曹枠の他、事実上「学者枠」「官僚枠」が各1人ずつ設けられています。

ここに民間人が登用される枠を1~2人ぶん食い込ませることができれば、最高裁に対する国民の関心が高まるのではないかと期待されます。

ちなみに、最高裁の書面審理は、決して簡単な仕事ではないと思いますよ。上告してきた当事者は最高裁の英断に賭けていますので、どうしても提出される資料の分量が膨大となりますし、事実関係を審理する一審・二審と違って、三審の最高裁は法的論点のみを審理するのが役割なので、法律知識の習得は大前提なのです。

人情の機微を心得たそのへんのおばちゃんを掴まえて、山ほど積まれた書類を「読め」と強制しても、残念ながら「ムリムリ!」と断られてしまうんでしょう(^_^;

投稿: みそしる | 2012年10月14日 (日) 14:12

2012年12月16日、投票に行く前に裁判官国民審査の判断材料を探していて、
「忘れられた一票2012」を知りました。大いに参考にさせていただき、感謝の意を表したく、こちらにコメントを残させていただきます。

「わかりにくい事柄を、わかってない人にもわかりやすく」というのは、非常に困難であり、価値ある行いであると考えます。また機会があれば、ぜひ頑張っていただきたい、と願っております。

このブログ記事に関しては、いやすみません何か難しくて簡単にコメントできません。申し訳ない。

投稿: | 2012年12月16日 (日) 09:19

有難うございます。

あのサイトのコメント欄は今回閉鎖したのですが、それでもこうしてお時間を作って書き込んでくださること、そして投票のお役に立てたことを本当に嬉しく思います。

この記事が難しいのは申し訳ないです。気になさらないでください。次回作に関する備忘録みたいなもので、まだ表現がこなれていないと思います。

投稿: みそしる | 2012年12月16日 (日) 10:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3002/55875342

この記事へのトラックバック一覧です: 日本史上に燦然と輝き、シビれる「弁護士弁論」の備忘録(3)-2 『大阪空港訴訟』 木村保男弁護団長ほか:

« 日本史上に燦然と輝き、シビれる「弁護士弁論」の備忘録(4) 『極東国際軍事裁判(東京裁判)一般最終弁論』 日本側弁護人・高柳賢三弁護士 1948.3.4 | トップページ | 「公然わいせつ罪」についての補足説明…… 『R25』の記事をお読みになった方へ »