2012年6月10日 (日)

最高裁判所の「キャラ」が なかなか見えないという 相変わらずの問題

20110407130748

 

 次回の国民審査は、どんなに遅くとも、来年夏に行われると噂される衆参同日選挙で実施されるはずです。

 そのときは、東京都議選まで同時にやろうとも言われてますから、ただでさえゼロに近い国民審査への注目度が、ますます薄まってしまうことでしょう。

 それに、次回、国民審査の対象となる裁判官の人数は、最大で12人になりますから、ひとりひとり丁寧に吟味することも難しくなります。

 行く手が結構ハードルだらけになりそうな予感。

 

 最高裁の国民審査に関する、有権者向けの資料を作っています、と言えば、「いつも誰に×を付ければいいのかわからないので、助かります」という反応と、「あんなもの、無駄だから早く廃止してしまえばいいのにね」という反応と、結構まっぷたつに分かれます。

 こうした反応で、初対面の方でもだいたいどういうキャラの持ち主なのか、把握できるので、それはそれで助かるんですけどね。

 私としては、国民審査が導入された経緯はどうあれ、せっかく日本に存在する制度だし、1回やるごとに約6億円の税金が投入されているといわれているのだから、もっと活かすべきだろうと考えています。

 

 それにしても、最高裁の裁判官のキャラクターが見えず、どうすれば関心を持っていただけるかなあと苦心しています。

 良くも悪くも「大物」といわれる最高裁の裁判官も、過去にはいましたけれども、現在は、なんだか折り目正しく無難なことしか言わない方ばかりだなと。

 もっとも、裁判官キャリアからそのまま最高裁入りしたような方は、無難で折り目正しくても別に構いませんが、弁護士出身とか、学者出身の最高裁判事まで面白みが薄いってのは、多様な価値観の持ち主を「法の番人」として受け入れる趣旨から外れてますよね。

 

 5年前に書いた『サイコーですか? 最高裁!』という本では、なんとかして最高裁判所というものに対して、キャラ付け・色付けをしようと試みたわけですが、政治家やに比べるとどうしてもインパクトが弱まってしまいます。

 アメリカなど諸外国の最高裁判事の場合、「この人は保守派で、この人はリベラルだ」なんて、就任当時から思想傾向がハッキリ示されています。

 「たとえ裁判官だって中立な立場なんてありえない」という、人間の持つ自然な心理に沿った現実路線を地で行っているわけです。

 まあ、思想傾向のラベリングをあんまり強調するのも、いかがなもんかな、という思いもありますよ。 「おれは、あいつほどリベラルじゃねえよ」「この問題に関しては、結構コンサバだぜ」という、裁判官ご本人からの(心の)異議クレームもありそうですしね。

 

 それにしても、「中立中道らしさ」というフィクション演出を最重要視する日本の司法の世界は、どうにかならんのかなーと思います。

 わたしは、各裁判官の過去のデータを分析、整理して、『忘れられた一票』のサイトで皆さんに提示しているわけですが、それにも限界があります。

 特に裁判官以外の領域から最高裁に迎え入れられた方の場合、「いっぺん判決を出してもらわないと、何もわからない」という場合が多いです。

 中には、裁判官出身だけれども、最高裁に入った途端、えらく市民寄り(少数派重視)の判決を出すなあ、という方もいらっしゃいますしね。

 それに、国民審査を受け終わった後の裁判官が、意外な判決や意見を示したりして、「えっ、そういう人だったの?」と思い知らされることもあります。

 ……困ったもんだなあ。

 でも、現行の国民審査制度を前提に、できるだけ良い物を作っていこうと思います。宜しくお願いします!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

( 日本全国 マニアック博物館の世界 ) ★『47都道府県これマジ!?条例集』(幻冬舎新書) ★『サイコーですか? 最高裁!』(光文社) ★『ズレまくり! 正しすぎる法律用語』(阪急コミュニケーションズ) ★『罪と罰の事典』(小学館) ★『裁判官の人情お言葉集』(幻冬舎新書) ★『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書) ★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ) ☆『裁判傍聴マガジン』(イースト・プレス) 『話題』『重大』の判決日程表 【採り上げてくださったメディア】 とほほ権力 ぬれぎぬという理不尽 はじめてのお改憲 らしくない弁護士 正木ひろし クローン人間が誕生したときの法律問題 ニッポン「違法状態」探訪 ニッポン全国 これマジ!?珍部署 ニュース フィクション(架空)世界の法 フジサンケイ「新規参入」騒動 ミラクルニュースの研究 メールマガジンの追補 交通安全 ふしぎ発見! 人権擁護法案の「危険部位」を検証する 出版企画「疑似恋愛で乗り切る受験」 司法浪人いろはガルタ 司法試験挫折後…… 人生再建あれこれ 地方 ふしぎ発見! 地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集 実定法としての皇室典範 文明VS大自然 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 本日の乱暴者 条例で見る“地方の時代” 〔その他〕 条例で見る“地方の時代” (中国・四国) 条例で見る“地方の時代” (中部) 条例で見る“地方の時代” (九州・沖縄) 条例で見る“地方の時代” (北海道) 条例で見る“地方の時代” (北陸) 条例で見る“地方の時代” (東北) 条例で見る“地方の時代” (近畿) 条例で見る“地方の時代” (関東) 死刑という刑罰 法と実態の矛盾 法と生命 法律の種(法案) 法律の芽(新法) 法律家の語録集 法科大学院 ふしぎ発見! 法解釈という名の言葉遊び 泥棒 ふしぎ発見! 私の知らない『原発裁判』の世界 私の知らないマイナー法の世界 第22回 最高裁判事国民審査へ向けて 第20回最高裁判事国民審査に向けて 第21回 最高裁判事国民審査に向けて 自由と正義の三百代言 ― 弁護士 自由業者の行き当たりバッタリ取材旅行 薬物犯罪と芸能界 街で見つけた「なんじゃこりゃ」 裁判ニュースつまみぐい 裁判傍聴録「レペタな私」 裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕 裁判員制度を裁く! 裁判員制度を輝かす 100の改善案 裁判所 このワンダーランド 裁判所が認めた「あたりまえ」 講演・シンポジウムの観覧録 逮捕ニュースつまみぐい 音楽 ( 小学生からわかる 裁判所のつくりかた ) ( 映画「ショージとタカオ」 ) 18禁法律学 4コマまんが