メールマガジン【ナマの犯罪法廷! 人生と世の中を “感じて” “考える” 裁判傍聴録】のお知らせ

 
 
  

Photo 

 

 ようやく翌朝から日雇いの仕事にありつけることになり、
 気分を新たに、10日ぶりに着替えようと……
 深夜にコンビニでトランクスを万引きして、店員に見つかり現行犯逮捕されてしまったホームレスの男。

 間もなくの結審を控えた最終陳述で、実刑の覚悟ができたのか、
 「青森の刑務所は寒くて死にそうだったので、今度は沖縄の刑務所に入りたいです」
 
……と、裁判官に向かって言いはなった暴行容疑の被告人。

 

 窃盗の罪で前科10犯の被告人を、もはやフォローのしようがなかったのか、
 「被告人は過去に、出版社主催の俳句コンクールで1位をとった経験もあり、みずみずしい感性の持ち主です」

 ……と、法廷で入選作を一句詠ませた弁護人。

 

 10年近くにわたって、業務上の無免許運転を行ってきた被告人を、どうにかかばおうとする親心のあまり、
 「免許は無いけれども、息子の運転技術に問題はない」「会社の商品の受注が多く、その配送のための無免許運転は、緊急避難のようなもの」
 ……などと、的外れな援護をしてしまった、情状証人の父親。

 
 

( ※注※ なお、このメールマガジンの本文において、被告人・被害者・証人の氏名や住所、犯行日時や犯行場所などは、すでに大きく報道された類の事件を除いて、伏せてあります。 御了承くださいますようお願いいたします。 )

 

 

■ 裁判は 非日常であると同時に、現実の一部でもある 

 私は、法廷の“傍観者”であると同時に、法廷でのやりとりから得られた情報を分析する“責任者”であろうと心がけています。

 なぜなら、「法廷の内側」「柵の向こう側」で語られている話は、まぎれもなく、私たちの住んでいる「法廷の外側」、つまり現実の世界で被告人が起こした出来事だからです。

 法廷の「内側」と「外側」とは、厳格に区切られているように見えて、完全につながっています。

 

■ “犯罪者”は、意外にあなたと似ているかもしれない

 法廷に立つ被告人は、社会のルールを破り、罪を犯したのは確かだとしても、その一線を踏み越えた行為の大半には、なんらかの切実な事情があります。

 その事情の裏にも、さらに気の毒な背景が控えていたりします。

 むしろ、「けっこう、骨のある被告人かもな」 「仕事ができて、家庭でも頼られている人なのに、どうして?」と思い直したり、
 
 「自分にもそういう性格、近い傾向があるなぁ」
 「もし、この人と同じ境遇に遭ったら、自分は罪を犯さずに我慢していられるだろうか」
 
 ……などと、被告人との意外な共通点を見いだしながら、自らを客観的に見つめ直す機会になるかもしれません。

 それで世間を見下してヤサグレて、道を外れ続けてしまうのか、それとも重い十字架として背負い、世間の偏見も覚悟の上で立ち向かっていくのか。

 「前科者」という一事だけで、ある人間にレッテルを貼って遠くへ突き放しておけば楽ですが、それはただ「クサイものにフタ」をするだけの中途半端な人付き合いです。

 都合の悪い事柄を、自分の目から見えない場所に追いやるだけでは、何の問題解決にもなりません。 鬱屈した怨恨のツケは、必ず回ってきます。

 

■ あなただって「犯罪者」になってしまうかもしれない

 ほんの1秒間の脇見運転をきっかけに、歩行者を轢いてしまい、自動車運転過失致死傷の罪に問われ、被告人として証言台に立つかもしれません。

 深夜に道ばたで酔いつぶれていて、声をかけてきた警官に逆上して殴ってしまって、公務執行妨害で追及されることもありえます。

 満員電車の中で見知らぬ女性からチカンに間違われたものの、いずれ疑いは晴れるだろうと鷹揚に構えていたら、いきなり起訴状が届いてビックリさせられるかもしれません。

 どんなに恵まれた暮らしをしていたって、なにかの拍子に転落し、過去の栄光を懐かしみ、その栄光を取り戻そうにも取り戻せず、その不甲斐なさから自分を責めていくうちに、思わず道を踏み外し、法廷の柵の向こう側で裁かれる可能性があるのです。

 刑事裁判を立て続けに傍聴すると、身体の芯からドッと疲れてきます。

 ただ観覧しているだけでなく、裁判の行方を見届ける、いわば「オブザーバー」として参加している感覚があるからです。

 傍聴人の「参加」の仕方は、いろいろあるでしょう。

 法廷で出てくる断片的な話をもとに、被告人の「心の闇」を一方的に想像してみたり、法廷の登場人物の言動に、心の中でツッコミを入れてみたり、あるいは判決予想をして「当たった」とか「軽すぎる」などと一喜一憂してみたり、

 もっとも、そういったヤジウマ根性があったって、心の中にしっかり留めておく限りは、ご自由に結構なのですが。

 事件当事者の方に聞こえるような場所で、同行者と好き勝手な想像を話すことを慎む、最低限の配慮さえあれば、どんどん裁判所へいらして、法廷の傍聴席に座ってみてください。

 今までの日常生活では気づかなかった発見が、きっとあるはずです。 

 
 

■ 裁判傍聴録を、世の中のお役に立てられないか……

 たしかに、裁判の公開は日本国憲法82条で保障されたタテマエです。

 それでも裁判傍聴なんて、社会勉強が目的ならともかく、「趣味」や「暇つぶし」なんぞでやるとしたら、極めて悪趣味な行為であると、私は確信しています。

 何者かの犯行によって、はらわたをかき回されるかのような苦しみに押しつぶされそうになっている被害者・遺族が実在しているのです。

 にもかかわらず、事件と何の関係もない人間によって、まるで評価・吟味でもするかのような感覚で見物されれば、関係者は二次的・三次的な精神的苦痛を味わわされることになるといっても、決して過言ではありません。

 よって私は、傍聴席で接した出来事を、法律関連知識も絡めながら、なんとかして社会全体に還元すべきだ、いや、しなければならないという使命感にさいなまれています。

 うまく申し上げられませんが、そうでなければ、今に天罰がくだるのではないかと感じているからです。

 私は、「法廷の中」で見聞きした話を、「法廷の外」の暮らしで活かすことはできないだろうか……と考えています。

 

■ 「人間の業の深さ」を痛感し「生きるヒント」にもなる 

 法律を破りたくて破って法廷に来ている人は、そう多くありません。

 これまでに犯罪歴のない、自分と似た性格を持っていたり、同じような境遇をたどってきた人が、なぜ犯罪なんかに手を染めたのだろうか。

 仕事を失い、住む家もなく、支えてくれる家族や友人も失った人間が、どれだけ社会的に弱い存在か。

 その一方で、犯罪をきっかけに、冷ややかだった家族が目覚め、一丸となって結束するという、皮肉な成り行きもありますが。

 ……傍聴しながら、だんだん気が滅入ってくると同時に、被告人や法律家の発言などから、思いがけず「生きるヒント」をもらえることもあります。

 間違いを犯してしまった被告人を取り巻く人間関係から、家族・職場というものの厳しさや温かさなどが、浮き彫りになってくる場面もあります。

 

■ 最前線の「社会勉強」になり、「防犯」に対する油断も見直す

 良い目的で使うために開発されたモノは、たいてい悪い目的でも使えます。 便利な新技術にも落とし穴がある、その実態だって垣間見えます。

 気の利いた裁判官が、被告人に対して「うまい叱り方」や「鋭い褒め方」を披露することもあり、そういった言い回しは日常の人間関係の中でも活かせるかもしれません。

 犯罪手口の具体的な供述から、私たちが犯罪被害者とならないために、最低限、何をどう気をつければいいか、心がけておくことができます。

 人間という存在の“どうしようもなさ”を痛感するとき、
 世の中の救いに気づかされるとき、
 社会システムの矛盾点が違った角度から見えてくるとき、

 私は裁判傍聴に、かえって大いなる醍醐味や魅力を感じるのです。

 

■ メディアが報じたがる犯罪だけが、犯罪の全てではない 
 

 もちろん、法廷で出てくる話の中で、ある犯罪行為を取り巻く全ての事情、背景が明かされるとは思っていません。

 それでも、様々な刑事裁判を集積、総合することにより、時代が抱える問題点が透けて見えてくるかもしれない、と考えています。

 

 大手メディアが伝え忘れた、小さな事件の一部始終をできるだけ拾い集めて、少しでも社会のお役に立つために、

 また、私の知らない法廷で、注目に値する裁判が行われているんじゃないかと想像するだけで、悔しい思いが湧きあがってくるがために、

 また今日も、裁判所の入口に足を踏み入れ、傍聴席のイスに腰かけ続けます。

 

 この裁判傍聴の記録は、以下のような皆さんにお勧めします。

>>> テレビや本だけでは伝わってこない、現実の“裏側”の動きについて知りたい、好奇心の強い方へ。

>>> 重大刑事裁判につき、裁判員制度が始まったことをきっかけに、犯罪と刑罰の関わりについて考えたい方へ。

>>> 仕事や家事(育児・介護など)の関係で、裁判所へなかなか足を運べないけれども、記録を読みこむことで、傍聴の疑似体験をしたい方へ。

>>> すでに裁判傍聴を精力的に行っているけれども、ほかの裁判所での法廷で何が起こっているかも気になる方へ。

>>> 証人尋問や被告人質問の組み立てを、実践的に学習したい法律家の卵へ。

>>> 小説や脚本などの筋書きをつくる際のヒントに

 また、裁判傍聴を始めたばかりの方のため、スムーズに傍聴できるコツやヒントをお伝えする予定もございます。

 法廷は、被告人の人生の汚点であるだけなのか?

 ターニングポイントにはなれないのか?

 現代社会の1ページを切り取り、刑事裁判の空気が感じられる資料・読み物として、この裁判傍聴録をご愛顧くだされば幸いです。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 
 

Photo_4 (※ なお、今月末日までの配信分は、特別に無料でお読みいただけます)

● サンプル号
 (ご老人がご老人を狙う… 巣鴨の“超ベテラン”御年80歳スリ)

Photo_2
 ● 2011年
 ● 2010年
 ● 2009年

 
 (※ 当メールマガジンは「まぐまぐ」のシステムを利用し、配信しております)